周防大島町 サタデーフラ

「ちょるる部長」おすすめ!山口の夏旅

「ぐるるん!山口フェスタ」の紹介
Vol.2
「ぐるるん!山口フェスタ」の紹介

今回は「ぐるるん!山口フェスタ」の「SL『やまぐち』号復活運転33周年記念イベント」や、山陰観光列車「みすゞ潮彩」、「錦川清流線」と「とことこトレイン」、県立山口博物館で開催される大鉄道展を紹介するよ。

動画を見る
ちょるる部長

▲このページの先頭へ

やまぐち写真館|第八回目テーマ「山口のおいしいもの」|2012年9月30日まで|あなたの撮影した山口県の写真をやまぐち写真館に掲載しませんか?| もっと知って欲しい、知っているならぜひ来て欲しい ひとのくに山口ファンクラブ|Web会員コースは無料

行ってみよう!見てみよう!

今号のイチオシ
夏は博物館で冒険の旅へ!

萩博物館「最恐!危険生物アドベンチャー-海と山のアブナイ生きものたち-」

萩博物館「最恐!危険生物アドベンチャー-海と山のアブナイ生きものたち-」ポスター

 萩博物館では、9月9日まで特別展「最恐(さいきょう)!危険生物アドベンチャー-海と山のアブナイ生きものたち-」を開催中です。
 これは、体長約1.4メートルにもなり、ピラニアの一種でアフリカに生息し、鋭い歯を持つ巨大な肉食魚「ムベンガ」をはじめとする県内初公開の剥製など、国内外の約200種類の危険生物の標本や写真を通して、多様な生き物と人間との共生について学ぼうというものです。世界で唯一毒を持つといわれる鳥の剥製など、会場へ行かないと分からないシークレットの展示もあります。展示室は、洞窟などをイメージさせる小空間を巡って、萩をイメージさせる空間へ至るよう構成され、日常生活に潜む危険生物とどうすれば安全に共生できるかも学べます。
 子どもたちが楽しく学べる企画として、展示室を進みながらクロスワードパズルを解き、応募すると抽選でオリジナル缶バッジが当たる「危険生物からの挑戦状」(会期中の平日(8月10日(金曜日)から16日(木曜日)までを除く))や、7月29日(日曜日)には「怪魚(かいぎょ)ハンター」小塚拓矢(こづか たくや)さんのトークショーも開催されます(10時からと14時からの2回。各回先着80人)。また、毎年夏の特別展では、学芸員のユニークなふんそうが評判で、今回は「危険生物界の王子デンジャロス」として会場に時折現れる予定です。
 さらにエントランスホールでは、テレビ番組で人気を集めたヒーローのおもちゃを展示する「父さんが子供だったころ-なつかしの昭和50年-」を9月30日(日曜日)まで開催中です(無料)。好奇心いっぱいの子どもたちと一緒に、大人の皆さんもワクワクする夏をどうぞ。

【期間】
9月9日(日曜日)まで 9時から17時まで(入館は16時30分まで)
【場所】
萩博物館
【休館日】
会期中無休
【観覧料】
大人500円、高校・大学生300円、小・中学生100円
【問い合わせ】
萩博物館 電話:0838-25-6447

やまぐち旬な話

早食い競争などお楽しみいっぱい!

福賀すいかまつり

福賀すいか
阿武町福賀(あぶちょうふくが)地区では、高品質なスイカ作りが行われています。JAあぶらんど萩の福賀すいか部会の全員が、減化学肥料・減農薬栽培にも取り組み、環境に優しい農業を実践する、県のエコファーマーに認定されています。7月28日(土曜日)と29日(日曜日)には、国道315号沿いの「福の里」直売所で「福賀すいかまつり」が行われます。さね(※)とばし大会、早食い競争、すいか獲得じゃんけん大会など楽しい企画がいっぱいです。甘いだけでなく、シャリッとした食感が評判のスイカをどうぞ。


※「さね」は山口県の方言や古語で種のこと。


●問い合わせ
JAあぶらんど萩 福賀支所
電話:08388-5-0311


長門市|童謡詩人『金子みすゞ』の生誕地を歩く

「童謡詩人『金子みすゞ』の生誕地を歩く」の様子

童謡詩人・金子(かねこ)みすゞのふるさと仙崎(せんざき)をガイドが案内します。みすゞ通りや金子みすゞ記念館、詩で歌われた「祇園社」(八坂神社)などを回ります。

【期間】
8月までの毎週土曜日、日曜日 10時から
【場所】
JR仙崎駅スタート(所要時間 2時間)
【料金】
無料
【予約】
不要
【問い合わせ】
(一社)長門市観光コンベンション協会
電話:0837-22-8404

周防大島町|サタフラ(アロハ周防大島サタデー
フラ)

ナイトステージ

ハワイとの絆の強い周防大島で「瀬戸内のハワイの、アロハ(親愛)な土曜日」をキャッチフレーズとして行われるイベントです。天然芝の上や星空の下などですてきなフラが披露されます。

【期間】
7月21日(土曜日)から9月1日(土曜日)までの毎週土曜日
【場所】
[デイステージ]13時から15時まで
道の駅サザンセトとうわ
[ナイトステージ]18時から20時まで
グリーンステイながうら、ホテル&リゾートサンシャインサザンセト、竜崎温泉
【問い合わせ】
(社)周防大島観光協会 
電話:0820-72-2134

上関町|上関水軍まつり

上関水軍まつり大花火大会

上関における水軍の歴史についての講演会や、地魚のつかみ捕り(無料)、水軍太鼓の演奏などが行われます。フィナーレには、水中花火など2,500発が打ち上げられ、夜空を彩ります。

【日時】
7月21日(土曜日) 15時から21時まで
【場所】
上関(かみのせき)大橋周辺
【問い合わせ】
上関水軍まつり実行委員会 
電話:0820-62-0606

防府市|レンタサイクルで行く「マイマイ新子
と千年の魔法」ロケ地めぐり

レンタサイクルで行く「マイマイ新子と千年の魔法」ロケ地めぐりの様子

昭和30年代の防府が舞台のアニメ映画「マイマイ新子(しんこ)と千年の魔法」で描かれた地を地元ガイドの案内でサイクリングします。周防国衙(すおうこくが)跡や、明治維新ゆかりの地も巡ります。

【期間】
7月25日(水曜日)、8月25日(土曜日) 10時から
【場所】
まちの駅「うめてらす」スタート
【参加費】
1,000円 ※レンタサイクル料含む
【予約】
必要(3日前まで)
【問い合わせ】
防府市地旅の会事務局(まちの駅「うめてらす」内) 電話:0835-28-0500

周南市|徳山夏まつり

徳山夏まつり

周南市の企業や商店街の団体がみこしを担いで練り歩きます。今年は商店街60周年を迎えるに当たり、子どもたちが担ぐ「こどもみこし」や、晴海(はるみ)親水公園では、夏フェスが10時から行われ、川嶋(かわしま)あいなどのゲストが出演します。

【日時】
7月28日(土曜日) 17時から22時まで
【場所】
徳山地区市街地一帯
【問い合わせ】
徳山商工会議所 電話:0834-31-3000

宇部市|宇部市花火大会

宇部市花火大会

1万発の花火が予定されている、県内有数の規模の花火大会です。大迫力の連続打ち上げ花火や、前半と後半の、花火と音楽がきれいにシンクロする「音楽花火」が見どころです。

【日時】
7月28日(土曜日) 20時から21時まで
【場所】
宇部港周辺
【問い合わせ】
宇部市花火大会実行委員会(宇部商工会議所内) 電話:0836-31-0251

▲このページの先頭へ

おもしろ山口学

角島の海の信仰とツノシマデンマ

 北国からの北前船による奇妙な儀礼と、角島独特の舟を紹介します。

 響灘(ひびきなだ)(※1)に浮かぶ下関市豊北(ほうほく)町角島(つのしま)。本土との間を隔てるコバルトブルーの海峡は海士ケ瀬(あまがせ)(※2)といい、角島大橋(※3)で結ばれて以来、その美しい風景は広く知られるようになりました。
 主に江戸時代から明治時代、東北・北陸-大坂(大阪)間を、下関を経て往来した北前船(きたまえぶね)(※4)では、海士ケ瀬や角島の近くに差し掛かると、奇妙な儀礼を行っていました。その儀礼とは、カシキと呼ばれる船乗りの中で最も若い炊事役が裸になり、ふんどしの上に、しめ縄を巻き、船べりを3度回ったり、船首で杓子(しゃくし)と鍋蓋(なべぶた)を持って踊ったりするものでした。そしてそれは海の神に無事を祈り、角島の海域を通過することを承認してくれるように願った儀礼として「角島マイリ(参り)」と呼ばれました。
 そもそも北前船にとって角島は、日本海沿岸の諸地域から下関を目指す際には、「目当て」となる重要な島であり、穏やかな瀬戸内海から響灘を抜けて東北を目指す際には、荒々しい日本海へと繰り出す境界に位置する島でした。また、海士ケ瀬は潮の流れが複雑で水深も浅く、角島沖には無数の暗礁があり、角島の海は操船の腕を試された全国有数の「難所」でした。角島の岬には、さまざまな神がいる、と恐れられてもいました。
 それらのことから角島の海は、船乗りにとって危険で神聖な場所だったと考えられています。船乗りの仕事は「板子(いたご)一枚下は地獄」(※5)といわれるほど危険であり、この海を無事通過できるよう、非日常の祭り騒ぎの儀礼を示すことを通して、神の加護を祈ったようです。

角島の海で舟を止めて漁をするために

 今年、下関市立豊北歴史民俗資料館が収集してきた、約3,800点に及ぶ明治時代から昭和30年ごろまでの「豊北の漁撈(ぎょろう)用具」が、国の有形民俗文化財に登録されました。その中に、角島で使われていた全長約7メートルの木造の伝馬舟(てんまぶね)(※6)「ツノシマデンマ(角島伝馬)」があります。
 伝統的な船の形は、海の特徴や漁の形態、船大工の系譜によって全国各地で異なり、ツノシマデンマの特徴は安定性に優れていること(※7)です。この舟は、時間帯によって風向きや潮の流れが変わる角島の海で、舟を止め、ワカメやアワビなどを採る漁(※8)に用いられていましたが、近年、手入れの手間が少ないFRP船(※9)にとって代わられるようになり、ツノシマデンマを造る船大工もいなくなりました。
 しかし、ツノシマデンマは角島で盛んな漁の形態に適した形に、時を重ねる中で改良されてきたものであり、軽量なFRP船より潮に流されにくいことから、古いものを手入れしながらこだわって使い続けている人もいます。その舟造りの技の記録・伝承を目的に、かつて父とその舟を造った経験がある船大工の手で2002(平成14)年に復元され、子どもたちによって、それをこぐ体験学習も始まりました。角島の海だからこそ育まれた舟の文化を、次代に伝え残す取り組みが続けられています。


※1 本州西端の長門市油谷(ゆや)辺りから関門海峡辺りまでの海域。
※2 海士ケ瀬戸ともいう。
※3 2000(平成12)年に架橋。全長1,780メートル。
※4 東北・北陸の米などを、日本海から瀬戸内海を通り、大坂(大阪)へ運んだ。
※5 船底板の下は死につながる海。危険な仕事という意味。
※6 木造の小型舟。てんませんともいう。一般的には、本船にえい航あるいは搭載され、本船と陸との往来などに使用。
※7 波を切り分けて進むのに適した形であり、波や潮流の中での安定性に優れている。
※8 ワカメは角島の名産で万葉集にも詠まれている。アワビは箱眼鏡で海中をのぞき、鮑鉾(アワビボコ)という道具で、はさんで採る。
※9 強化プラスチック船。

参考文献
北見俊夫『日本海上交通史の研究』1986
桜田勝徳『漁村民俗誌』1934
下関市立豊北歴史民俗資料館『ツノシマデンマ(角島伝馬舟)造船記録-民俗技術伝承の課題-』2007
牧野隆信『北前船の時代』1979など

▲このページの先頭へ

応援します!「山口ふるさと大使」

山口県では、県外で活躍中の本県にゆかりのある方に、「山口ふるさと大使」へ就任いただき、全国に向けた、さまざまな魅力のPRにご協力いただいています。毎月、第2週目の配信号で、「山口ふるさと大使」が語る山口県の魅力をご紹介します。

第18回 LLP(有限責任事業組合)ことばの杜(もり)代表:山根基世(やまね もとよ)さん

山根基世さん

1948(昭和23)年防府市生まれ。県立防府高等学校卒。1971(昭和46)年早稲田大学文学部を卒業後、NHK入局。主婦や働く女性を対象とした番組、美術番組、旅番組、ニュース、「ラジオ深夜便」、NHKスペシャル「人体」「映像の世紀」等、大型シリーズのナレーション多数を担当。2005(平成17)年、女性として初のアナウンス室長。2007(平成19)年、NHK退職後、LLPことばの杜を設立し、「子どもの話し言葉を育てる」ことを目的に、朗読会や読み聞かせ講座、教育教材の開発など、放送経験を生かした社会貢献活動を行っている。2000(平成12)年・放送文化基金賞、2009(平成21)年・徳川夢声(とくがわ むせい)市民賞受賞。東京大学客員准教授、女子美術大学講師等歴任。「ことばで『私』を育てる」他、著書多数。

ふるさと一言Q&A

Q.ふるさとの好きな場所は? 1つ挙げると防府天満宮。スケッチ大会に行ったり、牛替(うしかえ)神事(※1)のときに牛替券を引き換えに行ったり、夏の花火大会のときには浴衣を着て行ったり…。境内の春風楼(しゅんぷうろう)から見渡す市街の風景が、好きなんです。暑い中、汗をかいて上がっていって、両親と妹と一緒に夜景を眺めたときの記憶…、忘れられないですね。
Q.他県の方にお薦めの山口県の観光地は? 日本で最初にできた天満宮とされる防府天満宮から、周防(すおう)国分寺、美術番組で何度も作品を紹介させていただいた毛利博物館のある毛利邸(※2)、そして周防阿弥陀(あみだ)寺へ。ほぼ一直線で並んでいるので、ぜひ観光に訪れてほしいですね。
Q.帰郷すると食べたくなる物は? 昔から金太郎(※3)の煮付けと、エソ(※4)のすり身の団子汁が大好物なんです。防府の「天神鱧(はも)」のハモ鍋も、いいと思いますよ。とにかく私は食いしん坊なんです(笑)。
Q.山口県のおみやげといえば? かまぼこや、生外郎(なまういろう)、干しエビ。最近のお薦めは、萩の金太郎のオイル漬け。小さな瓶に入っていて、味も香りも良く、商品名にルージュ(※5)と入っているのもオシャレですね。

防府天満宮御誕辰祭(ごたんしんさい)
防府天満宮御誕辰祭
(ごたんしんさい)
天神鱧(はも)
天神鱧(はも)
金子(かねこ)みすゞ記念館
金子(かねこ)みすゞ記念館
青海島(おおみじま)
青海島(おおみじま)

県立防府高等学校が母校だそうですね?

山根さんはい。高校時代は、とにかく楽しかったですね。今も同窓会が盛んで結束力もあり、私は同窓会の東京支部の副会長を10年以上務めていました。同級生に会うと「あのころあなたは、背丈よりも高く本を積み上げて読書したいって言っていたわ」って。私は全然覚えていないんですが(笑)。

アナウンサーになりたいと思われたのは高校時代からですか?

山根さんいいえ、そのころは全然。でも、経済的に自立できる女性になりたいと思っていました。言葉の関係でいえば、中学生のとき、国語の先生が授業の合間に無駄話をよくされていたことを思い出しますね。私はそれがすごく好きで、特に映画「風と共に去りぬ」の話をされたことが、とても印象に残っているんですよ。NHKを退職後、ことばの杜を設立してから、教育の中で無駄話って、とても大事なものなんだなって感じるようになりましたね。

昨年の東日本大震災の後、CMで金子(かねこ)みすゞ(※6)の詩が感動を呼びました。旅番組で長門市の「金子みすゞ記念館」を訪ねられたり、朗読を行ったりされていますね?

山根さんはい。彼女の詩の言葉は易しいけれどそんな言葉の奥に深い哲学やゆるぎない世界観がある。万物に対する愛が感じられます。あの時代に20代で亡くなった人なのに、どうしてそんな哲学を持ち得たのか、私は不思議だったんです。長門市青海島(おおみじま)へ行ってびっくりしました。鯨のお墓や、お寺には鯨の過去帳(※7)まであるんですね。それを見たとき、ああ、そうだ、彼女の哲学は、この風土から影響を受けて生まれたんだと感じました。大漁の喜び。命あるものを奪うことへのざんげの思い、命あるものを食べることで生きていくという本質的な哀(かな)しみ。そうした矛盾を深く受け止め、意識してきた風土だったからこそ、彼女はその哲学を持つようになったんだと実感しました。

県内各地で今、「ふるさと紙芝居」などの活動が盛んに行われています。語ることを通して地域の魅力を伝える活動を行っている皆さんに、何かアドバイスをいただけませんか。

山根さんそうですね…。ことばの杜は、同じころに退職したアナウンサーが集まって設立したもので「子どもの言葉を育てること」が主目的なんです。子どもは、8歳ごろまでの言語形成期にどれだけ多様な言葉を聞くことができるかが大事です。ことばの杜では、読み語りや朗読を通して、日本語の美しいリズムや肉声のぬくもりを子どもたちに届けたいと思い、教育現場を訪ねて活動しています。暮らしの中で隣の人と心を通わすには、どういう言葉を使えばいいのか。そういう基本の言葉が今、子どもたちに育っていないんですね。ありがとう、ごめんなさいと言葉を交わすだけで人生は変わります。いい人間関係を築くには、日々の話し言葉が大切なんです。今、異なる年齢の人が一堂に会していた冠婚葬祭など地域のつながりがなくなり、子どもが大人の会話を聴いて、人の振る舞い方や言葉の使い方を覚える機会が減ってしまいました。ですから紙芝居などの活動に、地域社会で子どもの言葉を育てるという意識も加えていただけるといいですね。

なるほど!ありがとうございます!!最後に、山口ふるさと大使として、山口県への応援メッセージを一言お願いします。

山根さん他県の方から「山口県って、先輩が後輩を引き上げようとする風土がある」と言われたことがあります。山口県人のバックボーンには、吉田松陰(よしだ しょういん)(※8)の思いが流れているのかもしれませんね。松陰は幅広い人間愛を持っていた人だと私は思うんです。これからも行く先々で山口県のことを話して応援していきます。食べ物がおいしいことも。「山口県は駅の肉うどんだって、おいしいのよ!これが文化だ!」って(笑)。

  • ※1 秋の大祭に神牛役を務める牛をはじめ、多彩な景品が当たる抽選会。節分のときに行われる。
  • ※2 国の重要文化財「旧毛利家本邸」。通称毛利邸。
  • ※3 体長15センチメートルほどの白身魚ヒメジの山口県における通称。体表が赤いのが特徴。
  • ※4 かまぼこの原料となる白身魚。
  • ※5 金太郎がフランス料理で使われる魚「ルージュ」の近縁種であることから名付けられたもの。
  • ※6 長門市出身の童謡詩人(1903‐1930)。
  • ※7 捕獲した母子鯨などの戒名が記された帳面。
  • ※8 萩藩士。幕末、松下村塾(しょうかそんじゅく)を主宰。多くの志士を育てた。

▲このページの先頭へ

山口県からのお知らせ

平成24年度山口県職員採用試験及び山口県警察官採用試験を実施

職員募集のイラスト

 短大・高校卒業程度試験、警察官(A・B)試験及び身体障害者を対象とした採用選考の受験申し込みを受け付けています。
 ※詳しくは、ホームページに掲載している受験案内をご覧ください。


山口宇部空港東京線ダブルトラック10周年記念キャンペーン実施中

キャンペーンのチラシ

 ダブルトラック(2社運航)10周年を記念して、山口宇部=東京線をご利用いただいた方の中から、抽選で112人の方に、山口県産100%の食のカタログギフト「まるごと!山口 -お日様-」などが当たるキャンペーンを実施中です。

【対象期間】
8月31日(金曜日)まで
【賞品】
A賞:往復航空券(山口宇部=東京線)+宿泊券 ペア2組
B賞:県産100%の食のカタログギフト「まるごと!山口 -お日様-」 10人
C賞:県特産品 100人
【応募方法】
申し込み用紙に必要事項を記入し、「応募箱」へ投函(とうかん)してください。
※申し込み用紙と「応募箱」は、山口宇部空港の搭乗待合室と到着手荷物受取所に備え付けてあります。
【応募締め切り】
8月31日(金曜日)

※詳しくは、ホームページまたはチラシをご覧ください。

【問い合わせ】
県交通政策課 電話:083-933-2522
山口宇部空港利用促進振興会 電話:0836-31-2200

「山口海物語」製品カタログ(10訂版)を作成

「山口海物語」製品カタログ10訂版(表紙)

 山口県が推奨する水産加工品ブランド「山口海物語」の製品カタログ(10訂版)を作成しました。
 この製品カタログは、「山口海物語プレミアム(※)」17製品を含む122の認定製品を、認定品目(ねり製品、うに製品、ふぐ加工品、塩干品、煮干し品、みりん干し、海藻加工品、めんたいこ製品、鯨製品、あんこう製品)ごとに「物語」を添えて、内容量、価格、製品の特徴を紹介しています。
 こちらのページでも詳しく紹介しています。

※「山口海物語」認定製品のうち、さらに全国に誇れる優れた製品

【問い合わせ】
県流通企画室 電話:083-933-3556

「山口ゆかりのお店ガイドブック」第2弾を作成しました!

「山口ゆかりのお店ガイドブック」

 昨年8月に「応援します山口!」をテーマに、首都圏の「山口ゆかりのお店」を紹介するガイドブックを作成して以来、「山口ゆかりのお店」は着実な広がりを見せており、このたび「第2弾」を発行しました。お店の目印は、竹で作った「山口ゆかりのお店」の看板です。
 ガイドブックを手に取ってくださった方々に、首都圏の「山口ゆかりのお店」を知っていただき、訪れていただくことで、山口県を応援していただきたいと願っています!

【参加店舗】
108店舗
【配布部数】
20,000部
【配布場所】
おいでませ山口館(東京都中央区日本橋2-3-4)、山口宇部空港など
【問い合わせ】
県東京事務所 電話:03-3502-3355

知事定例記者会見

二井知事

 知事定例記者会見を7月10日(火曜日)に開催し、ルネサスエレクトロニクスの生産拠点再編計画に対する対応やリサイクル製品の普及拡大の取り組みについて発表しました。
 また、記者の皆さんからは、ルネサスエレクトロニクスの生産拠点再編計画のほか、オスプレイの配備計画などについての質問がありました。
 詳しくは、県ホームページに掲載している知事記者会見録をご覧ください。

【問い合わせ】
県広報広聴課 電話:083-933-2560

県政ワンショット

大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

▲このページの先頭へ

いいもん山口

車エビ

次号では、「車エビの西京漬」が当たる読者クイズ・アンケートを行います。

養殖事業発祥の地の新鮮な車エビ

 山口市南部の秋穂(あいお)では、昭和38年から塩田跡地を利用して車エビ養殖が行われています。一年を通して、新鮮な車エビを出荷できるため、地元の旅館での提供や贈り物として全国に配送されています。新鮮なものは刺し身や焼き物に、最近では日持ちがする味噌(みそ)漬けも人気です。毎年、秋穂では干潟に放した車エビをつかみ捕りする「えび狩り世界選手権大会」も開催されています。


[「県産スイカ」読者プレゼント]

 6月22日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。「アンケートの結果・クイズの答え」は、次回配信の「山口きらめーる」でお知らせします。

▲このページの先頭へ

【広告】

車エビなら山口市秋穂西の旭水産有限会社へ
(山口市秋穂西3312 電話:083-984-2710 FAX:083-984-2407)

広告:車エビの西京漬

瀬戸内海に面した山口市秋穂は養殖車エビの発祥の地です。
この瀬戸内の海に育った車エビを活(い)きたままボイルし、丸ごと自慢の味噌(みそ)に漬け込んだ西京漬。
通年で、車エビの甘み、特製味噌のうま味が味わえます。
また、産地直送の活き車エビは10月から4月まで販売いたします。季節のごあいさつのほか、お子様誕生の内祝い・快気祝いなどにも最適です。
全国発送を承りますので、お気軽にご連絡ください。

編集後記

 7月に入って、とても暑くなってきましたね!こんなに暑いとスイカが食べたくなりますね!!ということで今回の「やまぐち旬な話」では、スイカの祭りを紹介しました。山口のおいしいスイカをぜひ、食べてください!!

 次回の配信は、7月27日です。

▲このページの先頭へ