萩市 見島|壁紙プレゼント

やまりん便り 第63回全国植樹祭やまぐち2012

みどりのホームステイ(苗木とドングリのホームステイ)
Vol.3
みどりのホームステイ(苗木とドングリのホームステイ)

今回は、第63回全国植樹祭の「みどりのホームステイ(苗木とドングリのホームステイ)」について紹介するよ。全国植樹祭で植樹する苗木の一部を今、県内各地でのホームステイを通じて育てているんだ。どんな取り組みなのか、紹介するね!

やまりん
動画を見る

▲このページの先頭へ

やまぐち写真館|第六回目テーマ「山口の冬」|2012年2月29日まで|あなたの撮影した山口県の写真をやまぐち写真館に掲載しませんか?| もっと知って欲しい、知っているならぜひ来て欲しい ひとのくに山口ファンクラブ|Web会員コースは無料

行ってみよう!見てみよう!

今号のイチオシ
今年も新しい温泉が続々誕生!

「ロハス島地温泉」「上関海峡温泉 鳩子の湯」

(上)ロハス島地温泉(下)上関海峡温泉 鳩子の湯

県内には、多くの温泉がありますが、今年新しく加わった温泉を2つ紹介します。1つ目は、山口市の山あいにある徳地島地(とくぢ しまじ)地区に今年6月にオープンした「山口市島地温泉ふれあいセンター ロハス島地温泉」です。ロハス島地温泉は、2003(平成15)年に閉鎖された温泉施設の復活と中山間地域の交流拠点を目指し、山口市が整備したものです。泉質は単純弱放射能冷鉱泉で、効能は神経痛や冷え性などです。温泉施設には「ヒノキ風呂」と「岩風呂」のほか、地元産の農産物を販売する「ロハス島地温泉朝市」のコーナー、特産品販売所、食堂、交流室が備えられています。緑豊かな自然の中でゆったりと流れる時間や、地域との人との触れ合いを楽しめる素朴さが魅力です。

2つ目は、観光振興の拠点などとして、上関大橋のたもとの室津(むろつ)小学校跡地に上関町が整備した「上関海峡温泉 鳩子(はとこ)の湯」で、きょう12月9日(金曜日)にオープンしました。その名はかつてNHKで放映された、上関町を舞台とした朝の連続テレビ小説「鳩子の海」にちなむものです。泉質はナトリウム-塩化物冷鉱泉で、効能は神経痛や切り傷などです。黒を基調にした「石の風呂」と、ヒノキを用いた「木の風呂」があり、それぞれに露天風呂やサウナを備えています。そのほか、家族風呂や、リラクゼーションルーム、和洋食を楽しめるレストランなどがあります。上関は維新の志士らも潮待ちなどで滞在した歴史ある港町で、萩藩が船舶の取り締まりなどを行った「旧上関番所」(県指定有形文化財)などが往時をしのばせてくれます。

温泉巡りを機に、山あいや海辺のまちの自然や歴史に浸ってみませんか。

  • 山口市島地温泉ふれあいセンター ロハス島地温泉
【場所】
山口市徳地島地
【時間】
[入浴]10時から20時まで(入浴受け付けは19時まで)
[朝市]8時から12時まで(土曜日・日曜日は15時まで)
[特産品販売所]10時から19時まで
[食堂]11時から18時まで
【休館日】
毎週水曜日(祝日の場合は翌営業日)、12月29日(木曜日)から平成24年1月4日(水曜日)まで
【入浴料】
大人(中学生以上)500円、小学生250円、乳幼児無料
【問い合わせ】
ロハス島地温泉 電話:0835-54-4545
【場所】
上関町室津
【時間】
10時から21時まで(入浴受け付けは20時まで)
【休館日】
年中無休(不定休あり)
【入浴料】
大人(中学生以上)600円、小学生以下300円、3歳以下無料
【問い合わせ】
上関海峡温泉 鳩子の湯 電話:0820-62-1126

やまぐち旬な話

見通しが良い縁起物

岩国れんこん

岩国れんこん
岩国れんこんは、もっちりとした粘りとシャキシャキとした食感が評判で特産品として知られています。レンコンには穴が通常8個から9個空いており、江戸時代には、岩国藩主・吉川(きっかわ)氏の家紋である、中央の丸を8つの丸が囲む「九曜紋(くようもん)」に形が似ていることから吉川氏が岩国れんこんを大層喜んだといいます。また、レンコンは穴が空いていることから「見通しが良い」として、おせち料理に用いられます。それに合わせ、出荷も年末に向けて最盛期を迎えます。

●問い合わせ
県流通企画室
電話:083-933-3395
●関連リンク
まるごと!やまぐち.net

周南市|周南冬のツリーまつり

周南冬のツリーまつり

街路樹に新設されたLED(発光ダイオード)など約20万個の明かりがともされます。メインの御幸通り会場には6つのゾーンが設けられ、周南市の伝統や特色を生かした演出が行われます。

【期間】
12月25日(日曜日)まで 点灯時間は17時30分から22時まで
【場所】
JR徳山駅前ロータリー、御幸通り(みゆきどおり)、青空公園など
【問い合わせ】
徳山商工会議所 電話:0834-31-3000

防府市|毛利博物館企画展「正月飾り」

毛利博物館企画展「正月飾り」

毛利家ゆかりの華やかな正月飾りに焦点を置いた展示です。来年のえとの辰(たつ)にちなんだ絵画や美術工芸品、毛利元就(もうり もとなり)の甲冑(かっちゅう)も展示されます。

【期間】
平成24年1月29日(日曜日)まで ※12月22日(木曜日)から31日(土曜日)まで休館
【場所】
毛利博物館
【料金】
博物館入場料 大人700円、小・中学生350円
【問い合わせ】
(一社)防府市観光協会 電話:0835-25-2148
毛利博物館 電話:0835-22-0001

山口市|クリスマスナイトフェスティバル

クリスマスナイトフェスティバル

26メートルと20メートルのモミの木に約4万個の電球の明かりをともします。点灯式は23日17時から行われ、メインツリーには17時40分に点灯。会場ではバザー、餅つきなどが行われます。

【日時】
12月23日(金曜日・祝日) 14時から20時まで
【場所】
阿東地域交流センター地福(じふく)分館前駐車場
【問い合わせ】
阿東地域交流センター地福分館
電話:083-952-0379

宇部市|第九「歓喜の歌」でHAPPY END 2011 IN 渡辺翁記念会館

昨年の様子

年末恒例の第九演奏会です。今年は「市制施行90周年」を記念して、第1部で「宇部市民の歌-オーケストラバージョン-」を、来場者を含めた会場全体で合唱する予定です。

【日時】
12月23日(金曜日・祝日) 開演16時30分
【料金】
前売り券1,000円、当日券1,200円※高校生以下無料
【場所】
渡辺翁(わたなべおう)記念会館
【問い合わせ】
第九「歓喜の歌」宇部実行委員会事務局(宇部市文化振興課内) 電話:0836-34-8616

下関市|海響館カウントダウン

海響館カウントダウン

新年を海響館(かいきょうかん)のイルカたちと迎えるイベントです。カウントダウン特別バージョンのイルカショーや、スペシャルライブ、ダンスパフォーマンスが披露されます。

【日時】
12月31日(土曜日)21時から平成24年1月1日(日曜日・祝日)1時まで、最終入館は0時30分まで
【場所】
下関市立しものせき水族館「海響館」
【料金】
大人1,000円、小・中学生450円、幼児200円
【問い合わせ】
下関市立しものせき水族館「海響館」
電話:083-228-1100

柳井市|花のクリスマス[県立施設情報]

花のクリスマス

期間中、イルミネーションを点灯したイベントホールのみ20時まで開放されます。23日には、ミュージックベルの演奏やキャンドル作り体験、24日にはハンドベル演奏などが行われます。

【期間】
12月23日(金曜日・祝日)から26日(月曜日) 9時から17時まで
【場所】
やまぐちフラワーランド
【料金】
入園料 高校生以上500円、小・中学生250円、園児は無料
【問い合わせ】
やまぐちフラワーランド
電話:0820-24-1187

▲このページの先頭へ

おもしろ山口学

大内氏館と庭園(後編)

2005(平成17)年度に復元された「大内氏館跡枯山水(かれさんすい)庭園」を紹介します。

国指定史跡「大内氏館跡」の発掘調査では、室町時代の庭園の遺構が、これまでに少なくとも3つ確認されています。1つ目は史跡中央付近で発掘された庭園、2つ目は池泉(ちせん)庭園跡、3つ目が1997(平成9)年度に初めて発見された枯山水庭園跡です。

枯山水とは、水のある池や流れを造らず、石組を主体に白砂・コケ・植栽の刈り込みなどで自然の景観を象徴的に表わしたものです。平安時代には、広大な池泉庭園の一角に造られる表現の様式でしたが、室町時代には、枯山水だけで独立した庭が生まれました。

発掘調査の結果、大内氏館跡の枯山水庭園は、1500年代前半の大内義隆(おおうち よしたか)(※1)のころに造られたものではないかと推測されています。

焼け跡が残る庭石も発見され、それらは1500年代中ごろの火災に伴うもので、その火災により、枯山水庭園は廃絶したと考えられています。1500年代中ごろは大内氏滅亡期に当たります。義隆が館を追われた重臣らのクーデター(※2)、重臣らが当主として迎えた義長(よしなが)(※3)が毛利元就(もうり もとなり)(※4)に攻められて館を追われた事件など、大内氏滅亡期の事件のいずれかと枯山水庭園の火災との関連も考えられます。

枯山水庭園の全貌は不明ですが(※5)、2005(平成17)年度に復元され、室町時代、斬新な様式の庭園を取り入れた大内氏の進取的な気風をしのばせてくれます。

今年新たに第4の庭園が発見?

大内氏館の発掘調査は現在も行われており、4つ目の庭園となるかもしれない、立石(たていし)や石敷(いしじき)(※6)などからなる庭園状遺構の一部が今年、池泉庭園跡の北で見つかりました。室町時代はごみ捨て場だったのでは、と想定された場所だったため、庭園状遺構の発見は意外なことでした。池泉庭園あるいは枯山水庭園として造られたのかは検討中ですが、その庭園状遺構は、土の中で立石や石敷などがほぼそのまま残っており、貴重な遺構となっています。

庭園状遺構の近くでは、1400年代末以降に造られ、やはり大内氏滅亡のころに埋まった石組水路も今年見つかり、そこからは高級品の青磁の酒海壺(しゅかいこ)(※7)の破片が出土し、はかなく消えた大内氏の栄華を物語ります。

庭園は幾つあり、どんな建物がどこにあったのかなど、まだ謎が多い大内氏館跡。土の中に眠り続けた遺跡は何を語るのか。今後も続く発掘調査が楽しみです。


※1 父・義興(よしおき)とともに歴代で最も栄華を誇った。
※2 1551(天文20)年、陶隆房(すえ たかふさ)らのクーデターにより、義隆は現在の長門市で自刃。
※3 陶氏らが、大内氏と血縁関係にあった大友氏から擁立した当主。
※4 1555(弘治元)年、陶晴賢(はるかた。隆房から改名)と戦って勝利した武将。
※5 後に堀などが掘られ、失われた部分が多い。
※6 径10センチメートルほどの石が敷き詰められている。
※7 花弁などが全体に刻まれた、口の広い、肩の張った中国産の青磁のつぼ。日本では当時、床の間などの座敷飾りの品として珍重された。

参考文献
山口市教育委員会文化財保護課編「史跡大内氏館跡枯山水庭園」2005など

▲このページの先頭へ

応援します!「山口ふるさと大使」

山口県では、県外で活躍中の本県にゆかりのある方に、「山口ふるさと大使」へ就任いただき、全国に向けた、さまざまな魅力のPRにご協力いただいています。毎月、第2週目の配信号で、「山口ふるさと大使」が語る山口県の魅力をご紹介します。

第13回 タレント:西村知美(にしむら ともみ)さん

西村知美さん

1970(昭和45)年宇部市生まれ。1985(昭和60)年、第1回ミスモモコグランプリで優勝し、翌年に映画「ドン松五郎の生活」で主演デビュー。同時に主題歌「夢色のメッセージ」で歌手デビュー。以来、女優・歌手・声優などとして、映画やドラマ、バラエティー番組など、さまざまな方面で活躍中。手話技能検定2級や、1級小型船舶操縦士(20トン未満)、けん玉検定5級など、数多くの資格・ライセンス・認定証・許可証を取得していることでも知られる。

ふるさと一言Q&A

Q.ふるさとの好きな場所は? 幼いころからよく遊びに行き、また、ペリカンのカッタ君との思い出も多い「ときわ公園」(宇部市)ですね。帰郷したときには、娘と一緒に行っているんですよ。
Q.他県の方にお薦めの山口県の観光地は? 冬ならフグがおいしい下関のカモンワーフ。夏の暑いときには、とっても涼しい秋芳洞(あきよしどう)ですね!
Q.帰郷すると食べたくなる物は? 川棚温泉(下関市)の瓦そばです。おみやげに買って帰って、家で楽しむこともあるんですよ。
Q.山口県のおみやげといえば? 宇部の利休まんじゅうや、生外郎(なまういろう)。最近はまっているのは、ウニしょうゆ。豆腐やサラダ、パスタにかけたり、納豆に混ぜたりしてもおいしいんですよ!

ときわ公園
ときわ公園
カモンワーフ
カモンワーフ
秋芳洞
秋芳洞
湯田温泉 足湯
湯田温泉 足湯

西村さんのふるさと宇部市は今年、市制施行90周年。西村さんにとって、宇部はどんなまちですか?

西村さん宇部は海も山も川も田んぼも街もあるし、全てそろっているところ。大好きだったピンク色のレンゲの田んぼが、住宅地に変わっていくのは寂しいけれど、それもいい意味で、まちが良くなっていることですよね。東京の友人がプライベートで山口県へ行くことが多く、宇部でどこがお薦めですかって聞かれると「まち全体!」って、よく答えているんです。宇部はまちじゅうにたくさんの彫刻があって、まち全体が美術館。たくさんの皆さんに知ってほしいですね。

東京日本橋にある山口県のアンテナショップ「おいでませ山口館」へお越しになられたそうですね。

西村さんはい!宇部の新しいB級グルメ「石炭包(せきたんパオ)」をそこで初めて知ったんです。宇部は石炭で栄えたまち。といっても石炭包に石炭が入っているわけじゃなく、私が食べたのは石炭にちなんで外見が真っ黒なカレーパン!でも、まさか黒い色で新しいB級グルメが出てくるとは(笑)。インパクトがあるし、食べてみると、これがおいしくて!石炭包って、お店によってスイーツとか、いろいろなものがあるんですよ(※)。

「おいでませ!山口国体・山口大会」では、山口県は国体で天皇杯・皇后杯を獲得するなど、大きな感動を得ることができました。開幕に当たっては、応援メッセージを届けてくださって、ありがとうございました!閉会式では、東日本大震災の被災地の県の皆さんが「山口県の皆さん、温かいご支援をありがとうございました」という横断幕を掲げられたんですよ。

西村さん今年は災害で大変つらい思いをされている方が多い中、山口県での山口国体・山口大会が皆さんの心に希望を届けるものになってほしいと思っていたので、それは本当に良かったですね!被災地と山口県の間に絆が生まれたのではないでしょうか。私もできれば会場を訪れたかったのですが、行けなくてとても残念でした。両親は見に行って「すごく盛り上がっていたよ」と教えてくれたんですよ。成功、本当におめでとうございました!

西村さんは「温泉ソムリエ」に認定されているそうですね?山口県で、好きな温泉はどこですか?

西村さん家族とよく行くのは一の俣温泉(下関市豊田町)、湯本温泉(長門市)、湯田温泉(山口市)、川棚温泉(下関市豊浦町)…。挙げるときりがないですね。私と同じ温泉ソムリエでタレントの大西結花(おおにし ゆか)ちゃんとはよく情報交換をしていて、私の方から「山口県のお薦め温泉ってどこ?」って聞いたら「油谷湾温泉(長門市)。トロントロンとしたお湯がとっても良かったよ」って。そのとき私は、油谷湾温泉を知らなくて、山口県出身なのに入ったことがないのは嫌だったので、実家に帰ったときに早速行ってみました(笑)。肌にまとわりつくような天然の化粧水みたいなお湯がとっても良くて。山口県には、いい温泉がいっぱいあるので、皆さんに入っていただきたいですね。私も山口県の温泉を、あちこち制覇しているんですよ!

最後に、山口ふるさと大使として、山口県への応援メッセージを一言お願いします!

西村さん「はなっこりー」とか、お薦めの食べ物を使った料理やお菓子とか、テレビ番組や雑誌を通じてもっと紹介していけたらなって思っています。山口県を訪れることができない方でも、そうしたものは今、インターネットなどを通じて気軽に購入できますよね。実は私は、個人的にも山口県のおいしさを、お世話になった皆さんに知っていただきたくて、山口県の農水産物や加工品が選べるカタログギフト(関連リンク参照)をお歳暮に贈っているんです。山口県にはいいものがたくさんあること、これからもお伝えしていきます!

  • ※ 「黒い生地で包む」「宇部産の具材を包む」などがコンセプト。さまざまな商品がある。

▲このページの先頭へ

山口県からのお知らせ

平成23年度山口県職員(獣医師)採用試験(第2回)を実施

獣医師のイラスト

 山口県職員(獣医師)の採用試験の受験申込みを受け付けています。
 ※詳しくは、ホームページに掲載している受験案内をご覧ください。

【採用予定人数】
4人程度
【受付期間】
12月22日(木曜日)まで(当日消印有効)
【問い合わせ】
県畜産振興課 電話:083-933-3430
Eメール:a17600@pref.yamaguchi.lg.jp

ミニ門松を作ろう

昨年の様子

 新年に向けて、ミニ門松作りを行います。新年を手作りの門松で迎えてみませんか。

【日時】
12月25日(日曜日)10時から11時30分まで、14時から15時30分までの2回
【場所】
県立きらら浜自然観察公園(山口市阿知須)
【定員】
なし
【申し込み期間】
事前申し込み不要。時間内随時参加可能。 ※門松は一家族一対まで作れます。
【参加料】
材料費ともに無料(ただし入館料200円が必要です。※18歳以下は無料)
【問い合わせ】
県立きらら浜自然観察公園 電話:0836-66-2030

県立美術館「HEART(ハート)2011」を開催中

こまねこのクリスマス 県立美術館蔵
こまねこのクリスマス 県立美術館蔵

 美術館(美術)とまち(日常生活)をつなぐ、さまざまなアート・プロジェクトを開催しています。

【内容】
第65回山口県美術展覧会、映画「こまねこのクリスマス」上映会、チャリティーカレンダー販売、ワークショップ、作家による作品解説など
【期間】
12月18日(日曜日)まで
【場所】
山口市中心市街地
※詳しくはこちらをご覧ください。
【問い合わせ】
県立美術館 電話:083-925-7788

県立萩美術館・浦上記念館で特別展示「イタリア・ファエンツァが育んだ色の魔術師 グェッリーノ・トラモンティ展」 を開催

《猫と文字》c.1979
《猫と文字》c.1979

 イタリア・ファエンツァ出身の芸術家、グェッリーノ・トラモンティ(1915-1992年)の本格的な回顧展を日本で初めて開催します。
 本展では、初期から最晩年までの活動の軌跡を、約150点の作品でたどりながら、一作家の多彩な創造の全貌に迫ります。ぜひご来館ください。

【期間】
12月10日(土曜日)から平成24年2月12日(日曜日)まで
【場所】
県立萩美術館・浦上記念館 本館2階
【開館時間】
9時から17時まで(入館は16時30分まで)
【休館日】
毎週月曜日(ただし、平成24年1月2日、9日は開館)、年末年始(12月26日から平成24年1月1日まで)
【料金】
一般1,000円、学生・70歳以上800円 ※18歳以下の方および、高等学校・中等教育学校・特別支援学校の生徒の方は無料
※詳しくはホームページをご覧ください。
【問い合わせ】
県立萩美術館・浦上記念館 電話:0838-24-2400

山口県議会11月定例会を開催

本会議の様子

 県議会11月定例会が11月30日に招集されました。会期日程は11月30日から12月16日までで、平成23年度一般会計補正予算など15の議案が審議されます。
 また、二井知事は、議案の説明に先立ち、「おいでませ!山口国体・山口大会」や愛宕山(あたごやま)開発用地等について、報告を行いました。
知事議案説明
山口県議会

【問い合わせ】
県財政課 電話:083-933-2170

県政ワンショット

大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

▲このページの先頭へ

いいもん山口

フグの刺し身

次号では、「フグ加工品」が当たる読者クイズ・アンケートを行います。

山口県の冬の味覚「フグ」

 フグは縄文時代より食べられていたとされますが、毒があるため長い間食べることが禁じられ、初代総理大臣・伊藤博文(いとう ひろぶみ)が下関の料亭で食べてから解禁されたといいます。
 フグの中でも最も高級とされる「トラフグ」の旬は9月から4月ごろまで。2月から4月までは、萩で水揚げされる「萩の真ふぐ」がシーズンを迎えます。
 刺し身、ちり鍋、空揚げと調理方法もさまざまですが、最近では雑炊や一夜干しなど気軽に食べられる加工品も人気です。


[「ちりめん」読者プレゼント]

 11月25日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。「アンケートの結果・クイズの答え」は、次回配信の「山口きらめーる」でお知らせします。

▲このページの先頭へ

【広告】

ふぐ茶漬け・ふぐ雑炊の「松浦商店」

広告:フグ珍味の原点がここにあります-松浦商店-
(長門市仙崎1151番地 電話:0837-26-0855/FAX:0837-26-2002)

フグ珍味の老舗として、創業60年。創業当時の味を守るため、今もなお無添加・無着色、そして一番大切な天日干を守って、一品一品丁寧に作り上げています。
近海で捕れた新鮮な国産フグのみを使用し、安全で安心、自然の風味豊かなフグ珍味の数々、ふぐ茶漬け・ふぐ雑炊・ふぐ薫製などなど。
全商品製造直売だから、安全でおいしい本物の味をお届けします。ぜひご賞味ください。

編集後記

 12月に入り、気温も、ぐっと下がってきた今日このごろ。こんな時季にぴったりな温泉情報を「今号のイチオシ」でご紹介してみました。温泉は心も体もほぐれて最高ですよね!!
 また「行ってみよう!見てみよう!」では、クリスマスイベントを中心にご紹介しました。クリスマスの時季になると、駅や公園などいろいろな場所がクリスマスムードで、外を歩くだけで楽しい気分になりますね!

 次回の配信は、12月23日です。

▲このページの先頭へ