下関市 功山寺|壁紙プレゼント

やまりん便り 第63回全国植樹祭やまぐち2012

式典参加者の募集
Vol.2
式典参加者の募集

今回は、第63回全国植樹祭やまぐち2012の「式典参加者」募集について紹介するよ。募集期間は平成24年1月13日(金曜日)まで。やまりんと一緒に植樹してみよう。たくさんの応募、待ってるよ!

やまりん
動画を見る

▲このページの先頭へ

やまぐち写真館|第五回目テーマ「山口の秋」|2011年11月30日まで|あなたの撮影した山口県の写真をやまぐち写真館に掲載しませんか?| もっと知って欲しい、知っているならぜひ来て欲しい ひとのくに山口ファンクラブ|Web会員コースは無料

行ってみよう!見てみよう!

今号のイチオシ

周南市美術博物館「児玉源太郎と近代国家への歩み」展

児玉源太郎

黒船来航の前年1852(嘉永5)年に現在の周南市で徳山藩士の家に生まれ、明治時代に陸軍軍人や政治家として活躍し、日露戦争の翌年1906(明治39)年に亡くなった児玉源太郎(こだま げんたろう)。その55年の生涯は、日本の近代国家への歩みと重なります。幕末から日露戦争までの日本の歩みをたどる中で、児玉の生涯を紹介する「児玉源太郎と近代国家への歩み」展が、12月2日(金曜日)から平成24年1月15日(日曜日)まで、周南市美術博物館で開催されます。

児玉は、陸軍軍人として西南戦争で熊本鎮台(ちんだい)参謀副長を、日露戦争では満州軍総参謀長を、政治家としては内務大臣や文部大臣を、また、台湾総督も務めました。

児玉源太郎と近代国家への歩み展では、現在のニュース映像のように、激動の西南戦争の様子を人々に伝える役目を果たした多色刷りの木版画のほか、赤坂離宮晩さん会案内状とメニュー、児玉のシルクハット、ロシア製軍用太鼓といった児玉の貴重な遺品も展示されます。

司馬遼太郎(しば りょうたろう)作の小説『坂の上の雲』や、そのドラマにも登場する児玉は、今あらためて注目されています。日本が開国後、欧米列強と肩を並べようとし始めた時代の中で生きた児玉とはどういう人物だったのか、ふるさとの地、周南で知ってみませんか。

【期間】
12月2日(金曜日)から平成24年1月15日(日曜日)まで
【場所】
周南市美術博物館
【開館時間】
9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
【休館日】
毎週月曜日(ただし1月9日は開館)、12月29日から平成24年1月3日まで、1月10日(火曜日)
【入館料】
一般700円、大学生500円、18歳以下・70歳以上・身障者の方は無料
【問い合わせ】
周南市美術博物館 電話:0834-22-8880

やまぐち旬な話

大笑いして福を呼び込もう

「笑い講」と「お笑い講世界選手権大会」

笑い講
防府市台道小俣(だいどう おまた)地区では、毎年12月第1日曜日に「笑い講」という伝統的な神事が行われています。これは神前に供えたサカキを持って向き合った2人が、今年の豊作を喜び、来年の豊作を祈り、今年苦しかったことや悲しかったことを忘れるため大声で3度笑い合うものです。笑い声が小さいときなどは、やり直しを命じられます。その神事にちなみ、誰でも参加できるチーム戦の「お笑い講世界選手権大会」が12月17日(土曜日)に天神ピアで開催されます(予選は書類審査。申し込み期限は12月5日まで)。大きな笑い声で来年の福を呼び込みましょう。

●問い合わせ
(一社)防府市観光協会
電話:0835-25-2148

山口市|日本のクリスマスは山口から

旧聖堂シンボルモニュメント

「日本のクリスマスは山口から」を合言葉に、市内でさまざまな関連イベントを開催します。期間中は、パークロード一帯が美しいイルミネーションで飾られます。

【期間】
12月1日(木曜日)から31日(土曜日)まで
【場所】
パークロード一帯
【問い合わせ】
日本のクリスマスは山口から実行委員会
電話:083-925-2300

宇部市|TOKIWAファンタジア

TOKIWAファンタジア

一般公募作品や巨大ペットボトルの装飾、彫刻ライトアップ、噴水池のイルミネーションが公園全体を光でいっぱいにします。 23日「クリスマスフェスタ」ではゴスペルライブなどが行われます。

【期間】
12月3日(土曜日)から平成24年1月9日(月曜日・祝日)まで 17時30分から21時30分まで(12月29日から平成24年1月1日を除く)
【場所】
ときわ公園内(ときわ遊園地、噴水池、彫刻野外展示場)
【問い合わせ】
宇部市常盤公園活性化推進室
電話:0836-54-0551

周南市|冬花火「銀嶺(ぎんれい)の舞」

冬花火「銀嶺の舞」

空気の澄んだ冬の夜空に花火が打ち上げられます。美しい光と幻想的な音楽に合わせて打ち上げられる花火が、夜空をロマンチックに彩ります。

【日時】
12月10日(土曜日) 16時から※花火は19時10分から
【場所】
鹿野(かの)総合体育館周辺
【問い合わせ】
周南市鹿野総合支所 電話:0834-68-2335

萩市|萩イルミネフェスタ

萩イルミネフェスタ

1925(大正14)年に建築された洋風の意匠を持つ、レトロなJR萩駅舎(国の登録有形文化財)周辺がライトアップされます。10日に点灯式が行われ、年明け後も美しいイルミネーションを見ることができます。

【期間】
12月10日(土曜日)から平成24年1月6日(金曜日)まで
【場所】
JR萩駅周辺
【問い合わせ】
萩イルミネフェスタ実行委員会
電話:0838-22-3346

下関市|タワークリスマス[県立施設情報]

タワークリスマス

「恋人の聖地」海峡ゆめタワーがクリスマスムード一色になり、タワー内外がイルミネーションで装飾されます。 期間中、タワー30階展望室で人気のプリントシール機には、クリスマス限定フレームが登場します。

【期間】
12月25日(日曜日)まで
【場所】
海峡メッセ下関
【問い合わせ】
海峡メッセ下関 電話:083-231-5600

周防大島町|サザン・セト大島ロードレース大会[参加者募集]

サザン・セト大島ロードレース大会

「海と緑と太陽」をキャッチフレーズに行われるロードレースです。周防大島の美しい自然を舞台に、2キロメートルからハーフマラソンまで4コース10部門に分かれて行われます。

【日時】
平成24年2月5日(日曜日) 9時から ※小雨決行
【場所】
町総合体育館
【参加賞】
参加者全員にオリジナルTシャツ・特産ミカンを進呈
【参加料】
一般3,000円、高校・大学生2,500円、小・中学生1,500円
【申し込み締め切り】
12月16日(金曜日)
【問い合わせ】
サザン・セト大島ロードレース大会事務局
電話:0820-78-2512

▲このページの先頭へ

おもしろ山口学

大内氏館と庭園(前編)

今年復元された「大内氏館跡池泉(ちせん)庭園」を紹介します。

山口市にある、西国一の栄華を誇った大内氏の居館跡「大内氏館跡」。現在は大内義隆(おおうち よしたか)(※1)の菩提寺(ぼだいじ)「龍福寺(りゅうふくじ)」の地となっていますが、1978(昭和53)年から始まった発掘調査で、室町時代に造られた庭園の遺構がこれまでに少なくとも3つ確認されています。その1つが池泉庭園跡(※2)で、今年8月、「大内氏館跡池泉庭園」として復元されました。

中世の庭園は全国各地に現存しますが、後の改修や日々の手入れなどもあり、原形をとどめるものは多くありません。それに対し、大内氏館跡は大内氏の滅亡後、寺の境内としてタイムカプセルのように土の中に埋まったことが幸いし、発掘された庭園は中世当時の庭園の様式を伝える極めて貴重な存在となっています。

栄華を物語る大規模な池泉庭園

調査の結果、池泉庭園は1400年代終わりごろから1500年代初頭にかけて造られ、2度の改修後、大内氏が滅亡した1500年代中ごろに廃絶したと現時点では考えられています。池はヒョウタンに似た形をした南北約40メートル・東西約20メートル、中世大名の居館の池としては大規模で、中ほどには島があり、池の縁には石を並べた所があったことが分かりました。作庭に当たって館の敷地を約20メートル東に広げたことも分かり、しかも、水はけの良い地でありながら、池を掘って十分な水を引き入れてためる工事は、大変な労力を要したと推測されます。そうしたことから、池泉庭園は、それを造り上げた大内氏の権力の大きさを物語るものだといえます。

復元に当たっては、庭園の遺構の保存を優先し、遺構の上に土を盛ってかさ上げし、その上に分かった範囲内で整備することにとどめられました。また、池の北東の岸には、ソテツが植えられました。これは、室町幕府の政治顧問を務めた京都の僧が書いた日記(※3)に「大内の庭にソテツという草があり(中略)、もし将軍様のお庭に植えられるならば進上いたします、と興文首座(こうぶん しゅざ)(※4)は言った」とあることに基づくもので、その姿形や大きさも詳細に記していることから、ソテツは当時まだ珍しいものだったことがうかがえます。ソテツは南方の植物で、大内氏の財を築いた大陸や琉球などとの交易でもたらされたのかもしれません。池の南西には、広大な庭を眺めながら公的な儀式や宴(うたげ)などを行った建物があったと思われますが、残念ながら建物の遺構は発見されていません。

歴代で最も栄華を誇った義隆が重臣たちに館を追われて(※5)460年目の今年、大内氏館跡によみがえった庭は、往時への空想をかき立ててくれます。


※1 父・義興(よしおき)とともに歴代で最も栄華を誇った。
※2 大内氏館跡の南東部で1992-3(平成4-5)年度の調査により発見。
※3 相国寺鹿苑院蔭凉軒(しょうこくじ ろくおんいん いんりょうけん)の僧が書いた『蔭凉軒日録』1488(長享2)年9月16日条。
※4 在京して朝廷や幕府との交渉に当たった大内氏の外交僧。
※5 陶隆房(すえ たかふさ)らのクーデターにより、1551(天文20)年、現在の長門市の大寧寺(たいねいじ)で自刃。

参考文献
山口市教育委員会文化財保護課編「史跡大内氏館跡池泉庭園」2011
山口市教育委員会文化財保護課編『大内氏館跡XI』2010
山口県編『山口県史 史料編 中世1』
飛田範夫『日本庭園の植栽史』など

▲このページの先頭へ

気になる山口 ここが知りたい!!

山口県では、県民誰もが住み良さを実感でき、活力に満ちた「住み良さ日本一の元気県」を実現するため、さまざまな取り組みを行っています。今回は「立志応援!企業立地は山口へ」について、県企業立地推進室の森光淳子(もりみつ あつこ)さんにインタビューしました。

イラスト

立志応援!企業立地は山口へ

企業立地は山口へ、おいでませ(森光さん) 全国規模の専門技術展などに出展し、産業団地や支援制度をPR! 用地取得額の80パーセント補助!今が狙い目です。 宇部テクノパークなど、抜群の交通アクセスを誇る産業団地がお待ちしています!産業団地などを詳しく紹介したパンフレットです。

企業誘致に取り組む必要性について教えていただけますか。

森光さんはい。大きく2つの目的があります。1つは、企業が工場などを建設し、大規模な投資を行うことにより、原材料の調達などで「地元経済の活性化」が見込まれることです。もう1つは、企業誘致に伴って労働力が必要となるため、「雇用の創出につながること」です。そうした理由から県や市町が先頭に立って、企業誘致を進めているのです。

なるほど!では、山口県のセールスポイントを教えてください。

森光さん数ある中でも、まず「交通網が充実していること」です。中国自動車道と山陽自動車道が県内を東西に走り、各インターチェンジからは有料道路や一般国道が主要都市を結んでおり、「道路利用者満足度調査(平成17年度国土交通省)」では、山口県は全国総合1位となっています。次に、国際拠点港湾や重要港湾など大型の港湾が多く整備され、「輸出入の拠点として優位な立地であること」です。そのほか、中国や韓国などの「東アジアに近接している地理的優位性」や「温暖な気候」、過去の例を見ると地震発生頻度が少なく「災害リスクが少ないこと」も挙げられます。

優遇制度が充実していて、全国トップクラスの団地取得補助制度があるそうですね?

森光さんはい!山口県の「産業団地取得補助金制度」は産業団地取得額に80パーセントの補助が適用されるもので、立地される企業にとって有利な優遇制度になっています。山口テクノ第2団地、宇部テクノパーク、宇部新都市、小野田・楠企業団地が対象で、いずれも高速道路のインターチェンジから4キロメートル以内という抜群の交通アクセスを誇る団地です。ほかにも、一定の雇用を伴う設備投資に対して最大30億円を補助する「企業立地促進補助金」や、不動産取得税の減免、特別償却が受けられる支援制度などもあります。

企業誘致実現に向けて、どんな取り組みをしているのですか?

森光さん誘致につながらなくとも、まず気軽に相談してもらえる関係をつくることや、企業と行政の関係部署、企業と企業、産・学・公連携の橋渡し役になるため、年間1,600件を目標に度々企業訪問させていただいています。現場のリアルな声に耳を傾けながら、情報収集や、こちらからの情報提供を行っており、企業からもご好評をいただいております。こうした取り組みなどの成果により、おかげをもちまして昨年の企業誘致件数は、目標の20件を超えて23件、さらに今年も11月1日現在で22件となっています!

昨年も今年も企業誘致の目標20件達成!それはうれしいですね!

森光さんありがとうございます!優遇制度など、詳しい情報は県ホームページの「山口県企業立地ガイド」でご覧になれます。県の東京・大阪事務所でも、企業立地のパンフレットを準備しています。まずは、お気軽にお問い合わせください!

▲このページの先頭へ

山口県からのお知らせ

「ふるさと山口企業合同就職フェア」を開催

フェアの様子

平成24年3月に高等学校や大学、短大等を卒業予定の方や、求職中の一般の方などを対象に、県内企業の採用担当者と直接面談できる就職フェアを開催します。

【日時】
12月16日(金曜日)
[高校生] 10時から12時まで
[学生・一般] 10時から12時30分まで、13時30分から16時まで
※学生・一般の部は午前・午後で参加企業を入れ替えます。
【場所】
山口グランドホテル(JR新山口駅新幹線口前)
【参加費】
無料
【申し込み】
不要
※ただし、高校生は、学校を通じて事前の申し込みが必要です。
【問い合わせ】
県若者就職支援センター 電話:083-976-1145

「おいでませ!山口観光案内人検定」を実施!

募集チラシ

多くの人に、山口県の魅力を再発見して、愛着心を深めていただくとともに、自信を持って本県の魅力を紹介していただくために、観光面に焦点を当てた「おいでませ!山口観光案内人検定」を実施します。ぜひ、お申し込みください。

【日時】
平成24年2月4日(土曜日) 11時から15時30分まで
【場所】
県セミナーパーク
【内容】
午前:筆記試験 午後:実技指導試験
【募集人数】
300人
【検定料】
無料
【申し込み方法】
こちらからお申し込みください。
【場所】
平成24年1月27日(金曜日)必着
【問い合わせ】
県観光交流課 電話:083-933-3175
※詳しくはホームページをご覧ください。

「アート年賀状コンテスト2012」作品募集

募集チラシ

年頭を飾るイベントとして、「アート年賀状コンテスト 2012」を開催します。たくさんの思いやアイデアの詰まった年賀状を広く一般より募集し、美術館でご応募いただいた作品を展示します。

【応募締め切り】
12月26日(月曜日)必着
【展示場所】
県立萩美術館・浦上記念館エントランスロビー
【展示期間】
平成24年1月17日(火曜日)から1月31日(火曜日)
9時から17時まで(入館は16時30分まで)
【休館日】
毎週月曜日
【料金】
応募、見学ともに無料
※展示室へのご入場は別途料金が必要です。
※詳しくはホームページをご覧ください。
【問い合わせ】
県立萩美術館・浦上記念館 電話:0838-24-2400

12月1日は感謝デー

ミニ園芸体験の様子

これまで、やまぐちフラワーランドに来園された皆さんのご愛顧への感謝を込めて、毎年12月の第一木曜日に、無料開園を行い、さまざまな展示や体験イベントを開催します。ぜひ、ご来園ください。

【日時】
12月1日(木曜日) 9時から17時まで
【場所】
やまぐちフラワーランド(柳井市新庄)
【入園料】
無料(通常は高校生以上500円、小・中学生250円)
【問い合わせ】
やまぐちフラワーランド 電話:0820-24-1187

知事定例記者会見

二井知事

知事定例記者会見を11月14日(月曜日)に開催し、政府要望と山口宇部有料道路の無料開放日について発表しました。

また、記者の皆さんからは、政府要望に関するもののほか、東ソー株式会社の爆発・火災事故、TPPなどについての質問がありました。

詳しくは、県ホームページに掲載している知事記者会見録をご覧ください。

【問い合わせ】
県広報広聴課 電話:083-933-2560

県政ワンショット

大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

▲このページの先頭へ

いいもん山口

ちりめん

今回は、「ちりめん」を読者クイズの正解者の中から抽選で4人の方にプレゼントします。

「ちりめん」読者プレゼント

 日本海、響灘(ひびきなだ)、瀬戸内海と三方が海に開かれた山口県では、海の幸を生かした干物や煮干しなどの水産加工品が作られています。
 「ちりめん」は新鮮な魚を素材にしているため、品質のよさに定評があり、県外でも贈答品として親しまれています。
 また、各生産社独自の味わいがあり、天日干しや野沢菜を混ぜたものもあります。


[応募方法]

こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で、4人の方に「ちりめん」をプレゼントします。締め切りは12月8日(木曜日)です。当選者の発表は、発送をもって代えさせていただきます。皆さん、奮ってご応募ください。
※プレゼントのご応募は、毎月第4金曜日に配信されるメールマガジン「山口きらめーる」から行えます。


[アンケートの結果・クイズの答え]

10月28日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。「アンケートの結果・クイズの答え」は、こちらのページをご覧ください。

▲このページの先頭へ

【広告】

日本海、萩沖の味を全国の皆様へ-日本海印直売店「椙八商店」-

広告:うまさにはわけがある!-網元だから、収穫から加工・販売まで一元管理-
(萩市椿東6397(越ヶ浜) 電話:0838-25-0253/FAX:0838-25-9888)

山口県萩市に位置する、煮干し、ちりめんじゃこ、かえりちりめん等の製造元「椙八商店」は、きれいな日本海萩沖で代々の網元として漁をし、自社加工による無添加で味の良い商品をつくっています。全国の市場から表彰される知る人ぞ知る名店。
旬の情報をお届けするブログもありますので、ぜひご覧ください。
この機会に自慢の味を、ぜひお試しください。

編集後記

 急に寒くなりましたが、皆さん風邪をひかれてなどいないでしょうか。寒くなると、お鍋や中華まんが恋しくなりますね。私は、先日家で肉まんを作ってみました!時間はかかりましたが、なかなかおいしかったです。
 さて、今回の「行ってみよう!見てみよう!」では、イルミネーションイベントを中心にご紹介しました。イルミネーションは遠くから見ても、近くで見てもきれいですよね!
 夜は寒いですから、温かくしてお出掛けくださいね。

 次回の配信は、12月9日です。

▲このページの先頭へ