下関市 功山寺|壁紙プレゼント

GO!GO!ちょるる おいでませ!山口国体・山口大会

Go!Go!ちょるる最終回 ちょるるからのお礼
Vol.25
Go!Go!ちょるる最終回 ちょるるからのお礼

おいでませ!山口国体・山口大会は、たくさんの思い出を残して、無事閉幕したよ。
「Go!Go!ちょるる」のコーナーは今回が最終回。みんな、これまで本当にありがとう!

ちょるる
動画を見る

▲このページの先頭へ

やまぐち写真館|第五回目テーマ「山口の秋」|2011年11月30日まで|あなたの撮影した山口県の写真をやまぐち写真館に掲載しませんか?| もっと知って欲しい、知っているならぜひ来て欲しい ひとのくに山口ファンクラブ|Web会員コースは無料

行ってみよう!見てみよう!

今号のイチオシ

「萩まちじゅう観光パフォーマー」と「萩時代まつり」

草履舞

藩政時代の町並みが多く残る幕末維新のふるさと・萩市では、11月27日(日曜日)まで、萩出身の高杉晋作(たかすぎ しんさく)や木戸孝允(きど たかよし)など維新の志士の装いをした人たちが、「萩まちじゅう観光パフォーマー」として観光客の皆さんの道案内などを行う取り組みを行っています。記念撮影などにも応じているほか、毎週土曜日と日曜日には、晋作広場(高杉晋作生誕地近く)で紙芝居なども行い、人気を集めています。

また、11月13日(日曜日)には、「萩時代まつり」が開催されます。萩時代まつりとは、江戸時代からの伝統を持つ、金谷(かなや)天満宮の秋祭り「天神祭り」が母体となった祭りです。天神祭りの奉納行列である「平安古備組(ひやこそなえぐみ)」と「古萩町(ふるはぎまち)大名行列」の総勢約200人のほか、奇兵隊や武士の装いをした人たちによる「萩時代パレード」が萩市内を練り歩きます。駕籠(かご)から降りる姫に草履を用意する奴(やっこ)が華麗に舞う「草履舞」など、城下町萩ならではの伝統ある祭りの魅力を味わえます。

紅葉の名所も多い萩。萩の歴史にたっぷり浸る秋の一日をどうぞ。


【期間】
11月27日(日曜日)まで
【場所】
萩城城下町、松陰神社周辺
【問い合わせ】
(社)萩市観光協会 電話:0838-25-1750
【日時】
11月13日(日曜日)8時から17時ごろまで
【場所】
萩市内各所(萩博物館周辺、萩城城下町など)
【問い合わせ】
萩市観光課 電話:0838-25-3139

やまぐち旬な話

意外なおいしさが大評判!

周防大島みかん鍋

周防大島みかん鍋
2006(平成18)年に周防大島町(すおうおおしまちょう)で誕生し、今やご当地グルメとして定着した期間限定の「周防大島みかん鍋」。ミカンの季節を迎え、11月1日(火曜日)から解禁となります。周防大島みかん鍋は、ミカンの皮と青唐辛子を練り合わせた「みかんコショウ」を溶いただしに、柑橘(かんきつ)の香りを練り込んだ地魚のつみれや、周防大島近海でとれた魚介類、野菜、焼いたミカンを丸ごと入れる鍋料理で、鍋の最後はメレンゲをふんわりのせたみかん雑炊を楽しみます。意外なおいしさが評判で、みかん鍋を提供する店で構成している周防大島鍋奉行会の各店で3月末まで楽しめます。

●問い合わせ
周防大島町観光協会
電話:0820-72-2134

下関市|「歴史上の人物に七変化!」「トレジャーハンティング-城下町長府編-」

歴史上の人物に七変化!

「歴史上の人物に七変化!」では、総重量20キログラムの本格的な甲冑(かっちゅう)や官女などの衣装の着付け体験ができます。「トレジャーハンティング」では、城下町長府を舞台に宝の在りかを探します。

歴史上の人物に七変化!
【期間】
11月末までの日曜日、祝日
10時から15時30分まで(受付は14時30分まで)
【場所】
長府毛利邸
【体験料】
無料(子ども用衣装は有料1,000円)
※入場料(大人 200円、小・中学生 100円)は別途必要です。
トレジャーハンティング-城下町長府編-
【期間】
11月末までの土曜日、日曜日、祝日
10時から15時30分まで
【場所】
城下町長府地区一帯
【料金】
無料。ただし、有料施設は入館料が別途必要
【問い合わせ】
下関市観光政策課 電話:083-231-1350

岩国市|美和サンチャロウまつり

美和サンチャロウまつり

みちゃろう、くうちゃろう、あるいちゃろう(見てやろう、食うて(食べて)やろう、歩いてやろう)という方言に由来する祭りです。ゲーム・クイズを解きながら弥栄湖畔を歩くラリー大会や、特産の岸根栗(がんねぐり)などを販売する物産展、動物ふれあいコーナー、芸能舞台などが設けられます。

【日時】
10月30日(日曜日) 8時から16時まで
【場所】
弥栄湖(やさかこ)スポーツ公園・黒沢グランド
【問い合わせ】
美和サンチャロウまつり実行委員会
電話:0827-96-0132

下松市|稲穂祭(きつねの嫁入り)

きつねの嫁入り

五穀豊穣(ほうじょう)などを感謝・祈願する祭りです。人力車に乗ったキツネの新郎新婦にふんした2人や、紋付きはかま姿の親族も白ギツネの面をかぶり、きつねの嫁入り行列として町を練り歩きます。

【日時】
11月3日(木曜日・祝日) 御神幸14時から
【場所】
花岡福徳稲荷(はなおかふくとくいなり)社
【問い合わせ】
下松市観光協会 電話:0833-45-1841
花岡福徳稲荷社 電話:0833-43-4500

山口市|アートふる山口

アートふる山口

一の坂川周辺の民家や店を小さな美術館に見立て、各家の宝や手作りの品などを公開します。特別同時開催として「野田神社移築20年記念公演 鷺流(さぎりゅう)狂言の集い」(無料)が行われます。

【日時】
11月5日(土曜日) 10時から17時まで
6日(日曜日) 10時から16時まで
【場所】
一の坂川、竪小路(たてこうじ)一帯周辺
【問い合わせ】
アートふる山口実行委員会事務局
電話:083-920-9220

長門市|日置ふるさと祭り

日置ふるさと祭り

マルバツクイズ&ジャンケン大会や、入山(いりやま)アキ子歌謡ショーなどイベント盛りだくさんです。毎年恒例のジャンボのり巻き作りも行われます。

【日時】
11月13日(日曜日)9時から
【場所】
日置(へき)農村環境改善センター周辺
【問い合わせ】
長門市日置支所総合窓口課
電話:0837-37-2111

長門市|優秀映画鑑賞会[県立施設情報]

細雪

故市川崑(いちかわ こん)監督による小説の映画化作品の中でも、特に評価が高い「野火」「おとうと」「細雪(ささめゆき)」と記録映画「東京オリンピック」の4作品を上映します。

【日時】
平成24年1月28日(土曜日)、29日(日曜日)10時から
【場所】
ルネッサながと
【料金】
全席自由 1日券 300円、2日券 400円
【前売り券発売】
11月15日(火曜日) 10時から
【問い合わせ】
ルネッサながと 電話:0837-26-6001

▲このページの先頭へ

おもしろ山口学

松崎天神縁起絵巻と防府天満宮(後編)

県立美術館で開催中の「防府天満宮展」などから防府天満宮と大内氏との関係を紹介します。

防府(ほうふ)天満宮(旧 松崎天神)の最古の奉納品、国の重要文化財「金銅宝塔(こんどうほうとう)」(※1)には、1172(承安2)年に松崎天神にそれを安置したことが刻まれており、松崎天神は平安時代後期には、かなりの規模の神社だったことがうかがえます。

鎌倉時代の「松崎天神縁起絵巻(まつざきてんじんえんぎえまき)」に描かれた社殿は、僧重源(ちょうげん)(※2)が造営に関わったものと考えられ、鳥居前町の宮市(みやいち)も描かれています。

室町時代には、西国一の大名、大内氏から手厚く保護され、弘世(ひろよ)(※3)以降歴代当主が社殿の再建などの整備を行っています。大内氏は神事も支え、奉納品で国の重要文化財に指定されている室町時代の優れた鎧兜(よろいかぶと)(写真)は、盛見(もりはる。もりみ)(※4)が将軍から拝領し、神事用に寄進したものと考えられています。また、松崎天神の最大の祭り「十月会(じゅうがつえ)」(※5)に、当主が参拝、もしくは家格の高い大内氏一門を名代(みょうだい)(※6)として派遣していたことからも、大内氏が松崎天神を重んじていたことが分かります。

大内氏が作らせた絵巻の写し

ところで、鎌倉時代の松崎天神縁起絵巻(鎌倉本)の保存状態が良好なのは、門外不出として大切にされたことにあります。しかも、防府天満宮には、鎌倉本を写して室町時代に作られた絵巻「松崎天神縁起写(うつし)」(室町本)もあり、現在、県立美術館で鎌倉本と共に展示中です。

室町本は、大内義興(よしおき)が、義興を頼って山口に来ていた前将軍足利義稙(あしかが よしたね)を奉じて大軍を率いて京都に上り、将軍に返り咲かせた永正年間(1504-21年)、京都で、一流の絵師、土佐光信(とさ みつのぶ)に描かせたと伝わるものです。実際に光信の作かは不明ですが、1503(文亀3)年に光信が描いた「北野天神縁起絵巻」は京都の北野天満宮に現存します。

北野天満宮では同時期、根本縁起と呼ばれる北野天神縁起絵巻の「承久本」(※7)を紛失した事件がありました。それを聞いた義興が、松崎天神縁起絵巻の紛失を恐れ、京都で写しを作らせたのでは、とも考えられています。

松崎天神縁起絵巻の作成以降、全国各地でその地域との関係を取り入れた天神縁起が作られるようになったことから、松崎天神縁起絵巻の評判は遠くまで届いていたのかもしれないことがうかがえます。


※1 円筒形の塔身に屋根を架けた塔。銅製で金メッキが施され、高さ約40センチメートル。中に青色のガラス製の舎利(しゃり。釈迦(しゃか)の骨とされるもの)を納める容器がある。
※2 焼失した東大寺の再建を担った僧で、その用材確保の地に充てられた周防国に下ってきた。
※3 周防・長門国を統一、大内氏発展の礎を築いた。
※4 弘世の子。現在の瑠璃光寺(るりこうじ)五重塔を建立。
※5 現在の御神幸祭(ごじんこうさい)。別名、裸坊祭(はだかぼうまつり)。
※6 代理。
※7 1219(承久元)年ごろの作。絵と詞(ことば)を備え、同類の原本とされる。
参考文献
山口県立美術館編『松崎天神縁起絵巻七百年記念 防府天満宮展-日本最初の天神さま-』2011
防府市史編さん委員会編『防府市史 通史1』2004、『同 史料1』2000
防府天満宮編『防府天満宮神社誌宝物編』2002、『同 社史編』2005など

▲このページの先頭へ

気になる山口 ここが知りたい!!

山口県では、県民誰もが住み良さを実感でき、活力に満ちた「住み良さ日本一の元気県」を実現するため、さまざまな取り組みを行っています。今回は「-地域医療の充実に向けて-医師確保対策」について、県地域医療推進室の木本浩慈(きもと こうじ)さんにインタビューしました。

イラスト

-地域医療の充実に向けて-医師確保対策

医師確保対策に取り組んでいます!(木本さん) 臨床研修病院の情報や研修医の声などを掲載した冊子を発行しています。 子育て中の皆さん、救急にかかる前に小児救急医療電話相談をご利用ください! 臨床研修病院を紹介するレジナビフェア。山口県の病院をPRしています! 育児などに悩む女性医師の支援も行っています。 ぜひメールマガジンのご登録を!

医師確保対策に取り組んでいるそうですね。その必要性について教えてください。

木本さんはい。近年、全国で小児科・産科・麻酔科・救急科・外科といった特定の診療科の病院勤務医の不足が問題化しています。山口県では、小児科の医師数(人口10万人対医師数)が全国平均を下回っているほか、若手の外科の医師数が急激に減少しています。また、地域による偏在もあり、特に山陰側で医師数(人口10万人対医師数)が少ないのが現状です。近年、全国的に医師が都会へ集中し、地方で不足するようになったのは、2004(平成16)年度から「医師臨床研修(※)制度」が変わり、大学を卒業して医師免許を取得した医師が、研修先を自由に選べるようになったためです。以来、県では、若い医師の都会への流出を食い止める対策に取り組んでいるんです。

若い医師に、ぜひ県内で勤務してほしいものですね。県の対策を幾つか教えてください。

木本さん不足する診療科の医師を養成するため、将来、県内で外科の診療を志す全国の医学生(5・6年生)や、産科・小児科などの診療を志す全国の医学生(1年生から6年生まで)へ、県独自で、修学資金の貸し付けを行っています。外科を志す医学生への貸し付けは今年度から始めたものです。この他、山口大学医学部の推薦入学と連動した「緊急医師確保対策枠」や「地域医療再生枠」などの修学資金制度もあります。いずれの制度も、卒業後、県内の公的医療機関などで一定の条件のもと勤務をすれば返還免除となります。

こうした貸し付けを利用して、県内に残ってくれるといいですね!若い医師を確保するためには、就業環境の改善も必要になりますね。

木本さんはい。特に小児科は、患者さんが子どもということで、症状が軽い場合でも夜間に受診するケースがあり、勤務時間が不規則になりがちです。また、症状の軽い患者が休日・夜間の救急病院に集中することにより、本来救急に処置しなくてはいけない患者を処置できないといったことや、小児科医の負担が重くなり過ぎるといった状態にもなります。そこで、県では、休日・夜間に子どもの体調が悪くなったとき、すぐに医療機関に行く必要があるかどうかなど、症状に応じた適切な助言を行う「小児救急医療電話相談(#8000[または083-921-2755])」を開設しました。この電話相談により、電話相談者の4人のうち3人が電話相談で解決し、軽い症状の患者の救急受診が減ることで、小児科医は入院を必要とする重症の救急患者の治療に集中することができるなど、負担の軽減にもつながっています。

全国的に医師不足が進む中、このような電話相談の利用など県民の皆さんのご協力も必要になってきますね。ところで、昨年4月には、「山口県医師臨床研修推進センター」が設立されたそうですね?

木本さんはい。若い医師に魅力ある研修体制を整えるため、山口大学医学部附属病院・県内の臨床研修を行う病院・県医師会・県が連携して創設しました。若い医師に山口県で研修を希望してもらうには、魅力ある指導医が必要です。そのため、指導力を高めて魅力ある指導医になっていただくためのセミナーを開催しています。そのほか、県内の研修医・指導医や山口大学医学部の医学生らを対象とした「臨床研修医交流会」を開催したり、東京・大阪・福岡で開催される臨床研修病院合同説明会「レジナビフェア」への出展も行ったりしています。

出産・育児中の女性医師への支援にも力を入れているそうですね?

木本さんはい!女性医師の割合は年々高まっており、その一方で出産・育児を機に医療現場から離れる方が少なくありません。そこで県では、県医師会に相談窓口をつくり、「ベビーシッターを探してほしい」「保育所へ送迎してほしい」など、ニーズに応じた支援を行っています。さらに今年度から、女性医師が働きやすい環境づくりに取り組んでいる病院に対する助成も始めました。

山口県で研修・勤務したいと思っている方が情報を入手するには?

木本さんぜひ「やまぐちドクターネット」にご登録ください。県内の地域医療などの情報をメールマガジンでお届けするほか、相談にも応じます。ご登録、お待ちしています!

  • ※ 医師臨床研修とは、国家資格である医師免許を取得した後に義務付けられている2年間の初期研修のこと。

▲このページの先頭へ

山口県からのお知らせ

「ジョブ・フェア」を開催

フェアの様子

 山口県内での就職を希望される方と県内企業との「出会いの場」を提供する地域密着合同会社説明会「ジョブ・フェア」を開催します。
 農林水産業、介護・福祉業への就職(業)を希望する方のための相談、ハローワークによるパート・アルバイト相談、キャリアカウンセラーによる適職診断などの「専門相談コーナー」も設置します。
 対象者は離職者など、現在求職中の方(学生は除く)です。

【周南会場】
[日時]11月9日(水曜日) 13時30分から16時まで
[場所]ホテルサンルート徳山(JR徳山駅新幹線口より徒歩約2分)
【美祢会場】
[日時]11月14日(月曜日) 13時30分から16時まで
[場所]サンワーク美祢(JR美祢駅より徒歩約10分)
【柳井会場】
[日時]11月17日(木曜日) 13時30分から16時まで
[場所]柳井クルーズホテル(JR柳井駅より徒歩約10分)
【宇部会場】
[日時]11月25日(金曜日) 13時30分から16時まで
[場所]国際ホテル宇部(JR宇部新川駅より徒歩約5分)
※各会場とも参加料および事前申し込みは不要
【問い合わせ】
県若者就職支援センター 電話:083-976-1145

「長門市里山暮らし体験」の参加者を募集-千余年続く名湯の里で里山の暮らしを考えてみませんか-

昨年の様子(美祢市)

 本県への定住のきっかけづくりとして、県外にお住まいの方を対象に、長門市俵山(たわらやま)で1泊2日の里山暮らし体験を開催します。森の手入れやそば打ち体験、空き家見学や地元の人々との交流会などを予定しています。

【期間】
12月3日(土曜日)から4日(日曜日)まで
【場所】
里山ステーション俵山(長門市俵山4497番地)
【募集人数】
20人程度(定員になり次第締め切ります)
【参加費】
8,500円(小学生未満2,500円、高校生以下5,500円)
【宿泊】
俵山温泉旅館
【応募方法】
詳しくは、山口県ホームページ長門市ホームページに掲載している募集要項をご覧ください。
【申し込み締め切り】
11月25日(金曜日) まで
【問い合わせ】
県森林企画課 電話:083-933-3460

県産農水産物カタログギフト「まるごと!山口」を販売

カタログギフト「まるごと!山口」

 「やまぐちの農水産物需要拡大協議会」(※)では、カタログギフト業者と協働して県産100%の食のカタログギフト「まるごと!山口」を作成し、販売しています!
 山口の豊かな自然から生み出される「美味(おい)しいもの」をたっぷり詰め込んだ食のカタログギフトです。
 結婚式の引き出物はもちろん、大切な人への贈り物に、ぜひご活用ください!
 こちらのページで詳しく紹介しています。
※ 県産の農産物・水産物やその加工品の流通販売対策を通じた需要拡大を推進するため、生産者団体、流通・食品・外食関係者、消費者団体、行政の17団体で構成する組織で、平成18年4月に設立。

【問い合わせ】
県流通企画室 電話:083-933-3395

県立山口図書館、県立山口博物館の館内改修工事に伴う閉館のお知らせ

県立山口図書館外観
県立山口博物館外観

 県立山口図書館、県立山口博物館では、利用者の皆さんにとってより使いやすい施設とするため、館内改修工事を行います。
 それに伴い、次のとおり閉館します。なお、調査相談業務など、工事の影響を受けない業務については、通常どおり実施の予定です。

【閉館期間】
・県立山口図書館(文書館、点字図書館含む)
 11月14日(月曜日)から平成24年2月下旬(予定)
※12月1日(木曜日)から平成24年1月31日(火曜日)まで(年末年始および祝日は除く)は、山口県総合保健会館(山口市)で、新刊図書約1,000冊の貸し出しを行います。
・県立山口博物館
 11月14日(月曜日)から平成24年3月26日(月曜日)
【問い合わせ】
県立山口図書館 電話:083-924-2111
県立山口博物館 電話:083-922-0294

県政ワンショット

大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

▲このページの先頭へ

いいもん山口

美東ごぼう

今回は、「美東ごぼう加工品」を読者クイズの正解者の中から抽選で4人の方にプレゼントします。

「美東ごぼう加工品」読者プレゼント

「美東ごぼう」が育つ地帯の赤土は、カルスト台地の石灰岩が長い歳月の間に溶け出して酸化したものです。 炭酸カルシウムを含む強い粘土質でじっくりと成長した「美東ごぼう」は、きめが細かく柔らかな香り高いゴボウ となります。アクが少なく風味豊かなのが特徴で、県外からも注文が来る全国的な特産品です。

[応募方法]

 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で、4人の方に「美東ごぼう加工品」をプレゼントします。締め切りは11月10日(木曜日)です。当選者の発表は、発送をもって代えさせていただきます。皆さん、奮ってご応募ください。
※プレゼントのご応募は、毎月第4金曜日に配信されるメールマガジン「山口きらめーる」から行えます。


[アンケートの結果・クイズの答え]

 9月23日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。「アンケートの結果・クイズの答え」は、こちらのページをご覧ください。

▲このページの先頭へ

【広告】

ごぼううどんが大人気「いきいきグルメドットコム」
(美祢市美東町大字真名454-1 電話(フリーダイヤル)0120-524014)

広告:山口の特産品なら、いきいきグルメドットコム

お菓子から、漬物、お総菜、お茶や健康食品など、地元の食材を使った、さまざまな特産品を開発しています!
ただいま、美東のゴボウを使ったごぼううどんが大人気です。昨年、朝の生活情報番組として人気の全国テレビ番組でも紹介され、ランキングでは堂々の4位を獲得しました。

編集後記

 山口大会が過去最多のメダルを獲得し、無事に終了しました!山口国体・山口大会ともに閉幕してみると、あっという間だったように感じ、少し寂しい気持ちです。
 でも、年内は観光交流キャンペーンのプレキャンペーンを行っていますし、来年の3月からは、本キャンペーンが始まります!さらに5月には全国植樹祭も開催されますので、これからも、張り切って旬なイベント情報などを皆さんにお届けしたいと思います!

 次回の配信は、11月11日です。

▲このページの先頭へ