柳井市 白壁の町並み|壁紙プレゼント

GO!GO!ちょるる おいでませ!山口国体・山口大会

メーン会場クリーンアップについて
Vol.20
メーン会場クリーンアップについて

今回は、おいでませ!山口国体・山口大会メーン会場クリーンアップの参加者の募集のお知らせだよ。たくさんのご応募、お待ちしています!

ちょるる
動画を見る

▲このページの先頭へ

やまぐち写真館|第四回目テーマ「山口の夏」|2011年8月31日まで|あなたの撮影した山口県の写真をやまぐち写真館に掲載しませんか?| もっと知って欲しい、知っているならぜひ来て欲しい ひとのくに山口ファンクラブ|Web会員コースは無料

行ってみよう!見てみよう!

今号のイチオシ
歩いてためよう!

「ウォーキング!山口100選マイレージキャンペーン」

ウォーキング!山口100選マイレージブック

山口県では、来年を「おいでませ!山口イヤー」と位置付け、市町や観光関係団体などと一体となって、「年間観光客3千万人」を目指して取り組んでおり、現在、今年12月まで「プレキャンペーン」を展開中です。

おいでませ!山口イヤーのテーマの一つに、山口県内をぐるっと回る「ぐるるん!山口フェスタ」があり、その取り組みとして「ウォーキング!山口100選マイレージキャンペーン」を12月31日(土曜日)まで開催中です。

これは県内のお薦めウォーキングイベントやウォーキングコース、合わせて100コースを紹介した「ウォーキング!山口100選マイレージブック」に掲載されているコースを歩いて、各コースに置いてあるスタンプを押して応募すると、抽選で記念品が当たるというものです。

コースには、童謡詩人・金子みすゞゆかりの地をたどる下関市の「金子みすゞ詩の小径(こみち)」など、 さまざまなコースがあります。対象コースや応募方法は、ホームページで紹介しています。

また、マイレージブックはホームページからダウンロードすることができます。

歩いたコースの数に応じて記念品も変わります。

あなたもマイレージをためて応募してみませんか。

[ハガキで応募する!コース]

・3マイレージ(3コース完歩)以上
期間中、毎月末に抽選を行い、当選者には、オリジナル記念バッジをプレゼント。
5マイレージ応募:ピンバッジ・金(毎月20人)
4マイレージ応募:ピンバッジ・銀(毎月30人)
3マイレージ応募:缶バッジ・銅(毎月100人、図柄は月替わり)

[スタンプ帳で応募する!コース]

・20マイレージ(20コース完歩)以上
キャンペーン期間終了後、抽選を行い、5人に万歩計をプレゼント。
【期間】
12月31日(土曜日)まで
【問い合わせ】
県観光交流課 電話:083-933-3170

やまぐち旬な話

優美な姿にため息!

「プリンセスマリッジ」

プリンセスマリッジ
花が大きく、花色が淡いピンク色で、花の姿がとても優美なユリ「プリンセスマリッジ」。温暖な山口県でも夏に強い、白以外のカラフルな品種を目指して、県農林総合技術センターが育成し、2003(平成15)年11月に品種登録した山口県のオリジナル品種です。プリンセスマリッジは花色や姿も良く、大きな花を咲かせ、しかも香りが強くなく、優しい甘い香りであることも特徴の一つです。県内のみで栽培されており、現在、7月下旬ごろまで出荷の予定です。

●問い合わせ
県農林総合技術センター 
電話:083-927-7011
●関連リンク
やまぐちオリジナルユリ「プリンセスマリッジ」の出荷始まる!(県報道発表 6月3日現在)
※出荷の終了が早まる予定です。

岩国市|錦川水の祭典

錦川水の祭典

水恩感謝祭から始まり、吉香公園では宝さがし大会、錦帯橋下の河原では吹奏楽や岩国太鼓の演奏などが行われます。そして20時から豪華な花火が祭りのクライマックスを飾ります。

【日時】
8月6日(土曜日) 9時から21時30分まで
【場所】
錦帯橋(きんたいきょう)周辺
【問い合わせ】
岩国市観光協会 電話:0827-41-2037

山口市|山口七夕ちょうちんまつり

山口七夕ちょうちんまつり

中心商店街やパークロードに、数万個のちょうちんがともされます。また、6日には、10月に開催される山口国体のために市内21地域から火を集める「山口市炬火(きょか)集火式」も行われます。

【期日】
8月6日(土曜日)、7日(日曜日)
【場所】
中心商店街、パークロードほか
【問い合わせ】
山口市ふるさとまつり実行委員会
電話:083-932-3456

下関市|関門海峡花火大会

関門海峡花火大会

関門海峡の下関側と門司側の両岸から約13,000発の花火が打ち上げられます。会場の一部は有料で、今年は震災チャリティーエリアを設け、前売り券を販売しています。

【日時】
8月13日(土曜日) 19時50分から20時40分まで
【場所】
関門海峡沿岸一帯、あるかぽーと周辺および22号岸壁
【問い合わせ】
(財)下関21世紀協会 電話:083-223-2001

宇部市|TOKIWAファンタスティックサマー

TOKIWAファンタスティックサマー

期間中は、大道芸、ふれあい動物デー、キャラクターショーなどのイベントが開催されます。8月27日の「ときわサマーフェスタ」では、ステージイベントや遊園地ナイト営業が行われます。

【期間】
8月28日(日曜日)まで
※夜間営業は8月14日、15日、27日
【場所】
ときわ公園・ときわ遊園地
【問い合わせ】
ときわ公園まつり実行委員会(常盤公園活性化推進室内) 電話:0836-54-0551

萩市|萩ヨットレース

【日時】
7月24日(日曜日) 10時からレーススタート
【問い合わせ】
萩市観光課 電話:0838-25-3139

防府市|防府まつり総おどり大会

【日時】
7月30日(土曜日) 10時から21時まで
【問い合わせ】
防府市観光振興課 電話:0835-25-2148

光市|光花火大会

【日時】
7月30日(土曜日) 20時から21時まで
【問い合わせ】
光市観光協会 電話:0833-72-1400

美祢市|秋吉台観光まつり 花火大会

【日時】
7月30日(土曜日) 18時30分から
【問い合わせ】
秋吉台観光まつり実行委員会
電話:0837-62-0304

萩市|ひまわりロードフェスタ

【期日】
7月31日(日曜日)
【問い合わせ】
萩市むつみ総合事務所産業振興部門
電話:08388-6-0211

山口市|嘉年(かね)かかし祭り

【期間】
7月31日(日曜日)から8月31日(水曜日)まで
【問い合わせ】
山口市阿東地域交流センター嘉年分館
電話:083-958-0514

萩市|萩・日本海大花火大会

【日時】
8月1日(月曜日) 20時から
【問い合わせ】
萩夏まつり実行委員会
電話:0838-25-3333

防府市|防府天満宮御誕辰祭(ごたんしんさい)

【期間】
8月3日(水曜日)から5日(金曜日)まで
【問い合わせ】
(社)防府市観光協会 電話:0835-25-2148
防府天満宮 電話:0835-23-7700

美祢市|アンモナイトフェスティバル

【日時】
8月6日(土曜日) 15時から21時30分まで
【問い合わせ】
アンモナイトフェスティバル実行委員会
電話:0837-52-0434

平生町|ひらお十七夜まつり

【日時】
8月6日(土曜日) 18時から21時30分まで
【問い合わせ】
平生町商工会 電話:0820-56-2245

柳井市|柳井金魚ちょうちん祭り

【期間】
8月6日(土曜日)から13日(土曜日)まで
【問い合わせ】
柳井市商工観光課 電話:0820-22-2111

山陽小野田市|おのだ七夕花火

【日時】
8月7日(日曜日) 17時から
【問い合わせ】
小野田商工会議所 電話:0836-84-4111

岩国市|周防祖生(すおうそお)の柱松

【期日】
8月15日(月曜日)、19日(金曜日)、23日(火曜日)
【問い合わせ】
祖生柱松保存会 電話:0827-85-0605

周防大島町|花火大会・灯ろう流し・盆踊り

【日時】
8月16日(火曜日) 18時から
【問い合わせ】
周防大島花火大会実行委員会
電話:0820-77-0242

下関市|しものせき馬関まつり

【期日】
8月20日(土曜日)、21日(日曜日)
【問い合わせ】
下関まつり合同会議事務局(下関市観光政策課内) 電話:083-231-1350

柳井市|日積八朔(ひづみはっさく)大踊り

【日時】
8月27日(土曜日) 19時30分から22時まで
【問い合わせ】
柳井市観光協会 電話:0820-23-3655

▲このページの先頭へ

おもしろ山口学

萩藩絵図方の独創的で華麗な絵図類(後編)-萩から江戸まで23帖にも及ぶ街道図の大作「行程記」-

表紙から開けば「上り」、裏表紙から開けば「下り」。独創的で優れた絵図を紹介します。

萩藩絵図方(えずかた)(※1)による優れた絵図類に「御国廻御行程記(おくにまわりおんこうていき)」(※2)と並ぶ街道絵図の傑作として「行程記」があります。行程記は萩から江戸までの主要街道、山陽道・東海道・中山道(なかせんどう)を全23帖(じょう)にわたって描いた大作で、日本海側の城下町・萩と瀬戸内海側の三田尻(現在の防府市)とを結ぶ街道「萩往還(はぎおうかん)」も描かれています。

形は折本(おりほん)(※3)仕立てで、最もユニークな特徴は、往復両用の趣向が凝らされていることです。表紙に貼られた白い紙に「従阿武郡萩唐樋札場(あぶぐん はぎ からひ ふだば より) 至周防国佐波郡三田尻(すおうのくに さばぐん みたじり へ いたる) 登り一」とある方から開けば「上り」。一方、同じ帖の巻末に貼られた赤い紙に「従周防国佐波郡三田尻 至阿武郡萩唐樋札場 下り七」とある方から、上下逆さにして開けば「下り」となっているのです。

また、寺社や名所などから赤い「引き出し線」が描かれ、線の先には、寺社や名所の由来が記されています。例えば、現在の山口市を描いた絵図で、雲谷庵(うんこくあん)からの引き出し線の先には「雲谷庵 今 雪舟(せっしゅう)屋敷ト云(いえ)リ 往古 雪舟 此所(ここ)ニ居住ト云リ(※4)」と記されています。そうした由来書きや地名、各種の情報が随所にあり、上下双方向から記されているのも行程記の特徴です。

国境を越えると変わる一里山の記号

23帖の行程記は御国廻御行程記の作成者・有馬喜惣太(ありま きそうた)(※5)をはじめ複数の人物によって、1764(明和元)年から1789(寛政元)年にかけて作成されたものでは、と推測されています(※6)。

御国廻御行程記と同様、印判を使った記号で一里山(※7)が記されており、特に興味深いのは、一里山の記号が地域の実態に即して描き分けられていることです。一里山の記号は国境の小瀬川(おぜがわ)(※8)を挟んで、萩藩領側では、石や土を盛った塚の上に、距離を記した木の杭を立てた萩藩が定めた形のもの、広島藩側では、塚に樹木が植えられたものとなっています。

現代の地図にも通じる、優れたアイデアが盛り込まれた萩藩の絵図。実用性に知恵を絞った先人たちの情熱に、尊敬の念を覚えずにはいられません。


※1 藩政に必要な地図や地誌の情報収集・作成などを担った部署。
※2 藩主の御国廻りの道筋を描いた、全7帖の街道絵図。
※3 横に長くつないだ紙を等間隔で折り畳んで作った本。
※4 「雲谷庵 今、雪舟屋敷という。昔、雪舟がここに居住していたという」という意味。室町時代、画僧雪舟は、京都から山口へ移り住んでいた。
※5 絵図の作成を家業として代々仕えた藩士と異なり、彼は絵図方に雇用後、才能が認められ、彼のために設けられた「郡方地理図師(こおりかたちりずし)」として藩士に登用された。1769(明和6)年に死去。
※6 川村博忠「近世道中絵図『行程記』の内容と成立時期」『山口県地方史研究』55 1986による。
※7 一里塚。街道に一里(約4キロメートル)ごとに石や土を盛り、その上に塚木を立てたもの。
※8 現在の山口県和木町と広島県大竹市などの間を流れる川。

参考文献
山田稔「近世街道絵図『行程記』の路線図について」『山口県文書館研究紀要』36 2009
同「『一村限明細絵図』清図の記号について」同34 2007
川村博忠「近世防長の絵地図の世界」『絵図でみる防長の町と村』1989など

▲このページの先頭へ

気になる山口 ここが知りたい!!

山口県では、県民誰もが住み良さを実感でき、活力に満ちた「住み良さ日本一の元気県」を実現するため、さまざまな取り組みを行っています。その取り組みの一つ「『おいでませ!山口イヤー観光交流キャンペーン』プレキャンペーン」について知りたくて、県観光交流課の豊田和正(とよた かずまさ)さんにインタビューしました。

イラスト

「おいでませ!山口イヤー観光交流キャンペーン」プレキャンペーン

はじめてなのに、なつかしい。おとずれるたびに、あたらしい。おいでませ山口へ トレジャーハンティング唐戸編は巌流島(がんりゅうじま)も対象です。 龍馬像のレプリカが高知県から山口市の菜香亭(さいこうてい)に! 列車の旅 絵はがきコンテスト、どんどん応募してね!

「『おいでませ!山口イヤー観光交流キャンペーン』プレキャンペーン」って、どういう取り組みなんですか?

豊田さん県では、地域の元気を創造するため、交流人口を拡大しようと、市町や観光関係団体などと一体となって、2012(平成24)年の年間観光客数3千万人の実現に向けて取り組んでいます。目標の年である来年を「おいでませ!山口イヤー」と位置付け、3月から8月にかけて大規模な観光交流キャンペーンを展開します。前年である今年は7月から12月まで「プレキャンペーン」を行い、本番に向けて機運を盛り上げていこうというものです。

「ディスカバー!長州博」「ぐるるん!山口フェスタ」「とまろう!山口フェア」「ワンスモア!山口キャンペーン」という4つのテーマを中心に、県内各地でさまざまな催しが行われるそうですね?

豊田さんはい。ディスカバー!長州博では、江戸時代の街道「萩往還(はぎおうかん)」と明治維新に焦点を当て、普段、目にすることのできないお宝展示や、地域のガイドの皆さんの案内で歩くウォーキングイベントなどを行います。萩市では、志士に扮(ふん)したガイドが史跡を案内する「明治維新お宝めぐり-明治維新の旅-」、下関市では「武蔵・小次郎の決闘、幕末を巡る!トレジャーハンティング(唐戸編)」など、イベントがいっぱいです。山口市で開催する「明治維新版山口お宝展」には、高知県から坂本龍馬(さかもと りょうま)の像のレプリカ(複製品)がやってくるんですよ。

えっ!「龍馬」も山口に駆け付けてくれるんですか?!

豊田さんはい!他にも志士たちの活躍の地は、県内各地にあります。岩国市では「吉川経幹(きっかわ つねまさ)とその息子たち展」、柳井市では「維新の海防僧『月性(げっしょう)』資料展」、美祢市では「長登(ながのぼり)銅山跡と赤間関(あかまがせき)街道の大田・絵堂(えどう)戦跡を尋ねて」、光市では「幕末と室積(むろづみ)」など、県内各地で展示やウォーキングイベントを行います。

「ぐるるん!山口フェスタ」では、どんなことが行われるんですか?

豊田さん県内のお薦めウォーキングイベントや、コースを歩いてマイレージスタンプをためると抽選で記念品が当たる「ウォーキング!山口100選マイレージキャンペーン」や、特産品等が当たる「ローカル線スタンプラリー」などを行います。
また、幼児、小学生を対象にした「列車の旅 絵はがきコンテスト」も実施中です。募集期間は8月31日まで。応募作品の中から50点を選定し、「ぐるるん!山口」のホームページに掲載します。選定された作品には、「ぐるるん!山口」のマスコットキャラクター「くるる、るる、るるん」たちからのメッセージも掲載されます。さらに、選定された方には、SLや九州新幹線のチョロQをプレゼントします。

子どもたちのうれしそうな顔が目に浮かびますね!他には、どんなことが行われますか?

豊田さんこの他、地域ならではの旅「地旅」の魅力を紹介する「とまろう!山口フェア」や、「おいでませ!山口国体・山口大会」で来県される選手などの皆さんに「ワンスモア・パスポート」を配布し、山口県への再訪を呼び掛ける「ワンスモア!山口キャンペーン」を行います。今回のキャンペーンを機会に、ぜひ山口県へ「おいでませ!」

▲このページの先頭へ

山口県からのお知らせ

平成23年度山口県職員採用試験および山口県警察官採用試験を実施

職員募集のイラスト

 短大・高校卒業程度試験、警察官(A・B)試験および身体障害者を対象とした採用選考の受験申し込みを受け付けています。

 ※詳しくは、ホームページに掲載している受験案内をご覧ください。
短大・高校卒業程度試験受験案内
警察官(男性・女性)(A)試験(第2回)受験案内
警察官(男性・女性)(B)試験受験案内
身体障害者を対象とした採用選考受験案内

【問い合わせ】
県人事委員会 電話:083-933-4474
Eメール:shiken@pref.yamaguchi.lg.jp

「ふるさと山口Uターン就職フェア」を開催

フェアの様子

 Uターン就職を希望される方、求職中の一般の方および大学や短大・専修学校等を来春卒業予定の方などを対象に、県内企業の採用担当者が直接面談を行う「ふるさと山口Uターン就職フェア」を開催します。

1.萩会場
【日時】
8月11日(木曜日) 13時から16時まで
【場所】
萩グランドホテル天空(JR東萩駅から徒歩8分)
2.山口会場
【日時】
8月12日(金曜日)
・第1部 10時から12時30分まで
・第2部 13時30分から16時まで(※第1部、第2部で参加企業入替)
【場所】
山口グランドホテル(JR新山口駅新幹線口前)
【申し込み】
事前申し込み不要、参加無料
※当日は周辺の混雑が予想されますので公共の交通機関をご利用ください。
【問い合わせ】
県若者就職支援センター 電話:083-976-1145

地域高規格道路山口宇部道路の供用開始について

山口宇部道路航空写真

 県が建設を進めている地域高規格道路山口宇部道路の完成に伴い、7月31日から供用を開始します。

【供用開始日時】
7月31日(日曜日)16時から
【区間】
山口市朝田から江崎まで(14.0キロメートル)
【問い合わせ】
県道路建設課 電話:083-933-3705

企画展「恐竜-ダイナソーの世界-」を開催

企画展イメージ

 アメリカで発掘された恐竜化石を中心に、恐竜が出現する前の時代、恐竜の栄えた時代、そして恐竜の絶滅した後の時代をさまざまな化石を使って紹介します。
 本物の恐竜の骨に触ることもできますので、皆さんぜひご来館ください。

【期間】
7月29日(金曜日)から8月28日(日曜日)まで
【場所】
県立山口博物館
【開館時間】
9時から16時30分まで(入館は16時まで)
【休館日】
毎週月曜日
※ただし8月15日(月曜日)は開館します。
【料金】
企画展観覧料(一般700円、学生450円)
※18歳以下の方、および70歳以上の方、高等学校・中等教育学校・特別支援学校の生徒の方は無料
【問い合わせ】
県立山口博物館 電話:083-922-0294

特別展示「古陶の譜 中世のやきもの-六古窯とその周辺-」を開催

重要文化財 珠洲 四樹文壺(しじゅもんつぼ) 14世紀 文化庁蔵
重要文化財 珠洲 四樹文壺(しじゅもんつぼ) 14世紀 文化庁蔵

 本展覧会は、約30年ぶりに開催される中世陶器の大展覧会となり、重要文化財9点、重要美術品3点を含む約150点を展覧します。六古窯(ろっこよう)で生産された代表作品を中心として、美濃(みの)や珠洲(すず)など他の窯業地で生産された作品まで広く紹介し、中世のやきものの魅力と全体像に迫ります。

【期間】
8月13日(土曜日)から9月25日(日曜日)まで
【場所】
県立萩美術館・浦上記念館
【開館時間】
9時から17時まで(入館は16時30分まで)
【休館日】
毎週月曜日
※ただし、9月19日(月曜日・祝日)は開館します。
【料金】
企画展観覧料(一般800円、70歳以上・学生700円)
※18歳以下の方、および高等学校・中等教育学校・特別支援学校の生徒の方は無料
【問い合わせ】
県立萩美術館・浦上記念館 電話:0838-24-2400

知事定例記者会見

二井知事

 知事定例記者会見を7月19日(火曜日)に開催し、全国知事会議の状況や山口きらら博10周年記念イベントなどについて発表しました。
 また、記者の皆さんからは、エネルギー政策や汚染の疑いのある牛の肉の流通などについての質問がありました。
 詳しくは、県ホームページに掲載している知事記者会見録をご覧ください。

【問い合わせ】
県広報広聴課 電話:083-933-2560

県政ワンショット

大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

▲このページの先頭へ

いいもん山口

山口黒かしわ地どり

今回は、「山口黒かしわ地どり加工品」を読者クイズの正解者の中から抽選で2人の方にプレゼントします。

「山口黒かしわ地どり加工品」読者プレゼント

山口県では2011年度より、県産地鶏「山口黒かしわ地どり」のブランド化を本格的に進めており、現在、長門市を中心に飼育されています。
「山口黒かしわ地どり」は、一般のブロイラー(肉用鶏)より脂肪が少なく、うまみ成分を多く含み、適度な歯応えとジューシーさが特徴です。ぜひ山口の地鶏をご賞味ください。

[応募方法]

 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で、2人の方に「山口黒かしわ地どり加工品」をプレゼントします。締め切りは8月11日(木曜日)です。当選者の発表は、発送をもって代えさせていただきます。皆さん、奮ってご応募ください。
※プレゼントのご応募は、毎月第4金曜日に配信されるメールマガジン「山口きらめーる」から行えます。

[アンケートの結果・クイズの答え]

 6月24日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。「アンケートの結果・クイズの答え」は、こちらのページをご覧ください。

 

 

▲このページの先頭へ

【広告】

おいしさの基準がここにあります。 深川養鶏農業協同組合
(長門市東深川1859-1 電話:0837-22-2121/FAX:0837-22-5432)

広告:伝説の鶏「黒柏鶏」。その血を受け継ぐ「長州黒かしわ」

山口黒かしわ地どりを使って誕生した、深川養鶏の最高級ブランド「長州黒かしわ」。適度な歯応えを残しながらも柔らかく、かめばかむほど味が出てくるので、バーベキューに最適!焼くだけで分かる、山口県産の地鶏のうまみをお楽しみください。他にも有精卵をたっぷり使ったチーズケーキなどのスイーツも取り扱っています。商品は深川養鶏直営オンラインショップからお買い求めできます。

編集後記

 今回の「山口きらめーる」は、夏休み合併号で、お祭り情報を盛りだくさんでご紹介しました。私は学生のころに、ひと夏で花火大会にどれだけ行けるか、ということに挑戦しましたが、皆さんもたくさんのお祭りに参加してみてくださいね!!

 次回の配信は、8月26日です。

▲このページの先頭へ