気になる山口 ここが知りたい!!

山口県では、県民誰もが住み良さを実感でき、活力に満ちた「住み良さ日本一の元気県」を実現するため、さまざまな取り組みを行っています。その取り組みの一つ「まるごと!やまぐち 周年キャンペーン」について知りたくて、県流通企画室の田中進 (たなか すすむ)さん、岡村由香(おかむら ゆか)さんにインタビューしました。

イラスト

「まるごと!やまぐち 周年キャンペーン」がスタート

まるごと!やまぐち 周年キャンペーン、よろしくお願いします。左から岡村さん、田中さん。 地産・地消を進めましょう!今はダイコン、タマネギ、アジが旬。 食べてみて!おいしいよ!試食宣伝やレシピの紹介も行います。 まるごと!やまぐちのキャラクターが目印です!よろしくね。

「まるごと!やまぐち 周年キャンペーン」は、どういう取り組みなんですか?

田中さん県では、地元で作られたものを地元で消費する「地産・地消」を進めています。その取り組みとして、2009(平成21)年度から、ケンサキイカや、はなっこりーなどの特徴的な県産農水産物を、旬の時期に、販売協力店(※1)や販売協力専門店(※2)で一斉にPR販売する「品目別統一キャンペーン」を実施してきました。各店で県産農水産物のシェアが増えたことから、今年度、さらに品目を増やして、年間を通じたキャンペーンを実施しています。キャンペーンの期間中は、販売協力店等を中心に対象品目を積極的に取り扱っていただくほか、キャンペーン品目の食材を使ったオリジナル料理の紹介企画などの地産・地消のイベントを随時行っています。

地産・地消を進めることは、地元の農林水産業を応援することにもつながりますね!周年キャンペーンは、去年までのものと比べて、ほかに変わったことがありますか?

田中さんはい、ポイント制度が変わりました。これまでは、県産農水産物を購入した特典として、対象品目に付けられたシールなどを切り取って、はがきに貼って応募すると、賞品が当たるというものでした。今年度は、より多くの人が県産農水産物を買うメリットを感じられるようにしようと、「まるごと!農水産物ポイント制度」を始めました。この制度は、県産農水産物を購入すると、店が独自に発行しているカードにポイントが加算されるもので、他県に先駆けた取り組みなんですよ!

なるほど。カードを利用する人は近年多いですし、確かに手軽にメリットを得られそうですね!どういうお店が参加しているのですか?

田中さん5月16日現在で、このポイント制度を実施している店舗は、販売協力店のうち、生活協同組合コープやまぐちと株式会社フジの県内全店舗です。今後も、各店からご賛同を得られれば、もっと増やしていきたいと思っています。

キャンペーン対象品目や期間などは、具体的には、どうなっていますか?

岡村さん対象品目は、他県でも評判のタマネギやミカン、はなっこりー、ケンサキイカなど16品目です。ただし、ポイント制度の対象品目、加算ポイント等は、各店によって異なりますので、各店のチラシやPOP(商品の説明書きなど)をご覧ください。まるごと!やまぐちのキャラクターがプリントされた黄色いのぼりなどが目印です。キャンペーンの内容や県産農水産物の情報などは、ホームページでも紹介しています。平仮名で「まるごとやまぐち」と検索してみてください。

  • ※1 県産農水産物を、年間を通じて販売する「やまぐちコーナー」を設置した量販店など。
  • ※2 県産農水産物を積極的に販売する小売店など。

▲このページの先頭へ