周南市 周南冬のツリーまつり

GO!GO!ちょるる おいでませ!山口国体・山口大会

Vol.8 ダンスパフォーマンスの募集
Vol.8
オープニングイベント「ダンスパフォーマンス」の出演団体を募集

今回は、両大会の開会式や閉会式で、ダンスを踊ってもらえる団体の募集について紹介するよ。 新しい陸上競技場で、元気なダンスを披露しよう!

ちょるる
動画を見る

▲このページの先頭へ

やまぐち写真館|第二回目テーマ「山口の冬」|2011年2月28日まで|あなたの撮影した山口県の写真をやまぐち写真館に掲載しませんか?| 「山口きらめーる」・「ひとのくに山口ファンクラブ」登録促進キャンペーン|2011年1月31日まで|毎月抽選で20名様(合計60名様)に山口県産品をプレゼント!

行ってみよう!見てみよう!

今号のイチオシ
合唱組曲「漂泊の俳人 山頭火」初演!

「ほうふニューイヤーコンサート2011」

ほうふニューイヤーコンサート2011 チラシ

市民とプロの音楽家が一緒にステージを作り上げる「防府音楽祭」。来年10周年を迎え、「第10回防府音楽祭 ほうふニューイヤーコンサート2011」が1月7日(金曜日)から10日(月曜日・祝日)まで開催されます。

7日(金曜日)には、防府天満宮前の防府市まちの駅「うめてらす」で、弦楽による八木節(やぎぶし)などの日本の音楽に耳を傾けた後、商店街へ歩いて行くとモーツァルトやプッチーニの曲を楽しめるといった、まち歩きと生演奏を同時に満喫できるユニークな「オープニング街角コンサート」が市内各地で行われます (無料)。

8日(土曜日)には、アスピラートの市民スペースで弦楽五重奏などを楽しめる「プロムナードコンサート」(無料)。9日(日曜日)には、アスピラートのホールで、作曲者すぎやまこういちさん自身の指揮による交響組曲「ドラゴンクエスト」のステージなど、「わくわく夢の響演コンサート」(有料)が行われます。

10日(月曜日・祝日)には、没後70年を迎えた防府生まれの俳人・種田山頭火(たねだ さんとうか)をモチーフとした、合唱組曲「漂泊の俳人 山頭火」の初演などが防府市公会堂で行われます。ナレーターに俳優の山本學(やまもと がく)さんを迎え、世界的に活躍中のバリトン歌手で、山口ふるさと大使の河野克典(こうの かつのり)さんをはじめ、日本のトップアーティストと市民による合唱団などが共演。山頭火の句の世界や生涯、ふるさと防府への熱い思いを合唱組曲で表現します。

新春のひととき、まちじゅうにあふれる音楽に浸ってみませんか。

【期間】
平成23年1月7日(金曜日)から10日(月曜日・祝日)まで
【場所】
防府市公会堂、アスピラートほか
【問い合わせ】
アスピラート 電話:0835-26-5151

やまぐち旬な話

とれたて農産物を対面販売!

「軽トラ新鮮組」

軽トラ新鮮組

 JR岩国駅に近い中通(なかどおり)商店街では、毎月第3日曜日を基本に軽トラ市「軽トラ新鮮組」が行われています。これは、岩国市の中山間地域の生産者が、自慢の新鮮な農産品や加工品を運んできた軽トラックごと並べ、自ら魅力をPRして販売するもの。販売されるのは、正月料理に欠かせない特産のコンニャクや黒豆、ギンナンのほか、ワサビ漬け、新米、郷土料理「あんこ寿司」等々。12月19日(日曜日)には、岩国新名物「五龍鍋(ごりゅうなべ)」やカキ雑炊など、さまざまな鍋料理の販売も行われます。

●問い合わせ
岩国市中通商店街振興組合
電話:0827-22-3978


周南市|周南冬のツリーまつり

周南冬のツリーまつり

55本の街路樹に約12万個の電球をともし、まちをクリスマスのイルミネーションで彩ります。毎週土曜日にイベントを行うほか、23日(木曜日・祝日)には音と光の特効ショーなどが行われます。

【期間】
平成23年1月3日(月曜日)まで 17時30分から22時まで
【場所】
JR徳山駅前ロータリー、御幸通り(みゆきどおり)、青空公園など
【問い合わせ】
徳山商工会議所 電話:0834-31-3000

萩市|萩博物館企画展 なつかしい日本のふるさと・萩-1930年代の映像・絵画から-

萩博物館企画展 なつかしい日本のふるさと・萩-1930年代の映像・絵画から-

萩史蹟産業大博覧会などを撮影した、1935(昭和10)年制作の今回初公開となる映画をはじめ、古写真や絵画などから、ふるさと・萩の原型を探ります。

【期間】
12月11日(土曜日)から平成23年4月10日(日曜日)まで
【場所】
萩博物館
【開館時間】
9時から17時まで(入館は16時30分まで)
【休館日】
なし
【料金】
大人500円、高校・大学生300円、小・中学生100円
【問い合わせ】
萩博物館 電話:0838-25-6447

柳井市|キャンドルナイト2010&花のクリスマス[PDFファイル:3.75MB]

キャンドルナイト

18日には、1,200本のキャンドルの明かりの中で、アカペラのコンサートを開催。23日には、ミュージックベルの演奏会、25日と26日には、全問正解者に花苗をプレゼントするクイズラリーが行われます。

【日時】
キャンドルナイト 12月18日(土曜日)17時30分から20時まで、花のクリスマス 23日(木曜日・祝日)から26日(日曜日)9時から17時まで
【場所】
やまぐちフラワーランド(柳井市新庄)
【問い合わせ】
やまぐちフラワーランド
電話:0820-24-1187

山口市|クリスマスナイトフェスティバル

クリスマスナイトフェスティバル

26メートルと22メートルのモミの木に約35,000個の電球の明かりをともします。メインツリーの点灯は、17時30分ごろからで、光り輝く巨大な2本のクリスマスツリーの下、抽選会やステージイベントなどが行われます。

【日時】
12月23日(木曜日・祝日) 14時から19時30分まで
【場所】
阿東地域交流センター地福(じふく)分館前駐車場
【問い合わせ】
クリスマスナイトフェスティバル実行委員会
電話:083-952-0379

下関市|海響館カウントダウン2011

海響館カウントダウン

新年を海響館(かいきょうかん)のイルカたちと迎えるイベントです。カウントダウン特別バージョンのイルカショーや有名ミュージシャンのスペシャルライブなどが行われます。

【日時】
12月31日(金曜日)21時から平成23年1月1日(土曜日・祝日)1時まで、最終入館は0時30分
【場所】
下関市立しものせき水族館「海響館」
【料金】
大人1,000円、小・中学生450円、幼児200円
【問い合わせ】
下関市立しものせき水族館「海響館」
電話:083-228-1100

山口市|ファンタジークリスマスinきらら[県立施設情報]

ファンタジークリスマスinきらら

「それいけ! アンパンマンショー」や、スポーツラリー、たこ作り教室、きららサンタからプレゼントがもらえるビンゴ大会、全問正解者に賞品が贈られるクイズラリーなど、盛りだくさんの内容です。

【日時】
12月23日(木曜日・祝日) 11時から16時まで
【場所】
山口きらら博記念公園(山口市阿知須)
【問い合わせ】
きららイベント実行委員会

電話:0836-65-6903

▲このページの先頭へ

おもしろ山口学

幕末、近代化に挑んだ長州人の挑戦の軌跡-世界遺産候補 萩の近代化産業遺産-

第3回:洋式軍艦建造への挑戦

幕府の専門家に学んだ桂小五郎の建白から洋式軍艦建造の道が開かれたことを紹介します。

萩漁港の北東の岬に、ユネスコ世界遺産の暫定リストに記載された「九州・山口の近代化産業遺産群」の構成資産候補、「恵美須ヶ鼻(えびすがはな)造船所跡」があります。

黒船来航3カ月後の1853(嘉永6)年9月、幕府が大船建造の禁令を解いたのを受け、薩摩藩や水戸藩などはいち早く軍艦の建造に着手しましたが、萩藩は幕府から命じられた相模(神奈川県)警備に多大な経費を要し、着手できずにいました。

そんな中、1854(安政元)年11月、安政東海地震が起き、伊豆半島下田沖で停泊中のプチャーチン(※1)率いる木造帆船のロシア軍艦が大破・沈没します。プチャーチンは代船として、1855(安政2)年3月、伊豆の戸田(へだ)村(現在の静岡県沼津市)で、日本の船大工の協力を得て、日本初の本格的な洋式帆船「ヘダ号」を完成させます。

萩藩初の洋式軍艦「丙辰丸」

その時折しも萩藩士の桂小五郎(かつら こごろう)が相模警備に赴いていました。桂は、浦賀奉行所与力(ぶぎょうしょよりき)中島三郎助(なかじま さぶろうすけ)(※2)から軍艦建造について学んでおり、ロシア軍艦の情報も収集。これを機に桂は、戸田の船大工を招いて洋式軍艦を造るよう萩藩に意見書を出します。

1856(安政3)年1月、桂の意見書が通り、萩藩は三田尻(みたじり。現在の防府市)の船大工棟梁(とうりょう)・尾崎小右衛門(おざき こえもん)を江戸へ派遣します。尾崎は、ヘダ号の設計図を基に同型の幕府の船を造った棟梁らと面談。その棟梁や戸田の船大工を、桂や家老の浦靫負(うら ゆきえ)らの尽力で、萩へ招いて恵美須ヶ鼻軍艦製造所を開き、1857(安政4)年3月、萩藩は、初の洋式帆船の軍艦「丙辰丸(へいしんまる)」を竣工させます。

さらに萩藩は、長崎でオランダ人から造船を学んだ藤井勝之進(ふじい かつのしん)(※3)を設計者として2隻目の建造に着手し、1860(万延元)年8月、「庚申丸(こうしんまる)」が竣工します。

しかし、欧米列強は、すでに蒸気船の時代。やがて萩藩は、自力での造船より中古船の輸入(※4)が得策と考え、方向転換していきます。

今は石組みの防波堤だけが残る恵美須ヶ鼻造船所跡。当時ほとんどの藩で、洋式軍艦の建造が不可能だった中での萩藩の挑戦の軌跡を、静かに物語っています。

※1 1854(安政元)年12月、日露和親条約を締結。
※2 ペリー来航時、交渉に当たり、艦船を見学。1854(安政元)年、浦賀造船所で竣工した幕府の日本初大型帆船「鳳凰丸(ほうおうまる)」造船の総指揮も務めた。
※3 萩藩お抱えの大工。萩藩から、1855(安政2)年6月に浦賀へ派遣され、桂の紹介で中島から造船を学び、1856(安政3)年11月、オランダ人士官を教師とした長崎海軍伝習所へ派遣され、造船を学んだ。
※4 イギリスの商人から、1862(文久2)年9月、鉄製蒸気船「ランスフィールド」(壬戌丸。じんじゅつまる)、翌年3月には木造帆船「ランリック」(癸亥丸。きがいまる)を購入。

参考文献
道迫真吾『萩の近代化産業遺産ー世界遺産への道ー』(萩ものがたりvol.24)2009
小川亜弥子『幕末期長州藩洋学史の研究』1998 など

▲このページの先頭へ

応援します!「山口ふるさと大使」

山口県では、県外で活躍中の本県にゆかりのある方に、「山口ふるさと大使」へ就任いただき、全国に向けた、さまざまな魅力のPRにご協力いただいています。毎月、第2週目の配信号で、「山口ふるさと大使」が語る山口県の魅力をご紹介します。

第5回 漫画家 弘兼憲史(ひろかね けんし)さん

弘兼憲史さん

1947(昭和22)年岩国市生まれ。高水(たかみず)高等学校付属中学校、高水高等学校を卒業後、上京。早稲田大学法学部を卒業後、松下電器産業株式会社(現在のパナソニック株式会社)へ入社。1974(昭和49)年、漫画家としてデビュー。1983年から代表作「課長島耕作(しま こうさく)」の連載を始め、現在『社長島耕作』(『モーニング』講談社)、『係長島耕作』(『イブニング』講談社)、『黄昏流星群』(『ビッグコミックオリジナル』小学館)を連載中。1985(昭和60)年『人間交差点』(矢島正雄さん原作)で小学館漫画賞、1991年『課長島耕作』で講談社漫画賞、『黄昏流星群』で2000(平成12)年に文化庁メディア芸術祭優秀賞、2003(平成15)年に漫画家協会賞大賞を受賞。2007(平成19)年紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章。

ふるさと一言Q&A

Q.ふるさとの好きな場所は? 実家に近く、子どものころよく遊んだ「錦帯橋(きんたいきょう)」、錦川。
Q.他県の方にお薦めの山口県の観光地は? 岩国、秋吉台。母の実家に近い下関市豊北町の「角島(つのしま)」。
Q.帰郷すると食べたくなる物は? 下関の「カジメ」(海藻)。刻むとネバネバしておいしいんです。そして、下関市豊北町粟野(あわの)川の「青のり」!岩国のウ飼い船の七輪(しちりん)で焼いた「若アユ」!「アユうるか」もいいですね。
Q.山口県のおみやげといえば? 焼き抜きかまぼこ!あれほど弾力があって、歯ごたえのいいかまぼこは、ほかにないですよ。薄く切って、ワサビじょうゆで食べるのがお薦めです。

錦帯橋・錦川錦帯橋・錦川
アユアユ
焼き抜きかまぼこ焼き抜きかまぼこ
山口芸術短期大学での講義山口芸術短期大学での講義

弘兼さんの作品には、ふるさと岩国の風景が登場するものがありますね?

弘兼さんええ。「ホットドッグララバイ」ですね。母が米軍岩国基地の近くで呉服屋をしていたので、そのころを思い出しながら描いたんです。その作品には、エルビス・プレスリーが登場するんですが、プレスリーが岩国基地へ慰問に来たといううわさを母が聞いていて、そこから想像をふくらませて描いたんです。そのころプレスリーは、ハワイで映画を撮っていた時期。本当に岩国に来たことがあったかも(笑)。中学校にはボランティアでアメリカの方が英語を教えに来ていたし、夏のキャンプに行くと、米軍兵がテントの張り方を教えてくれたり、干し肉等の野戦食を差し入れしてくれたり…。子どものころは戦争の意味を考えることはなくて、外国人になじんでいましたね。よく遊んだ錦川とともに、米軍基地はふるさとの思い出に欠かせないものです。

代表作の島耕作シリーズ。『課長島耕作』に始まり、部長、取締役、常務、専務と出世し、今は『社長島耕作』に。島耕作は、出身地が岩国市、最終学歴が早稲田大学法学部、初入社は初芝電気産業株式会社。弘兼さんを連想させるプロフィールですね?

弘兼さんええ。でも、深い意味はないんですよ。マスコミから「どういうプロフィールなんですか」と聞かれるようになり、以前言ったことを忘れて違うことを言わないよう、自分の経歴に統一したんです。もう一人の僕というわけじゃないんですよ(笑)。

お忙しい中、山口大学や徳山大学、山口芸術短期大学の客員教授も務めておられますね。今は就職難の時代。学生たちと接していて思うことがありますか?

弘兼さん僕が就職したころは、大学を卒業したのに就職できないなんて、考えられないことでした。でも、入社後、研修期間を経て、僕が希望した部署(セールスプロモーションを担当する販売助成部)へ配属される確率は、約400~500分の1だったんです。だから、研修中、お客さんの目に留まりやすいように手描きでプライスカード(値札)を作ったり、いろいろな提案をしたり、積極的に自分をアピールし、その結果、希望部署へ配属されたんです。今の時代、ハングリー精神が欠けているんじゃないかなあ。やる気や熱意が本当にあるのか。あるなら、それを積極的にアピールすることが大事だと思いますよ!

最後に、山口ふるさと大使として、応援メッセージをお願いします!

弘兼さん山口県は明治維新で日本を変えた人をたくさん輩出したところ。また、日本海と瀬戸内海という異なる海があり、山もあり、ほかの県にない魅力を持った風光明媚(めいび)なところで、優しいイメージもあります。これからもいい形で発展していってほしいですね!

▲このページの先頭へ

山口県からのお知らせ

第4回 山口県総合芸術文化祭参加 現在形の陶芸 萩大賞展2010を開催

萩大賞受賞作品 風伯(ふうはく) 藤笠砂都子(ふじかさ さとこ)
萩大賞受賞作品
風伯(ふうはく)
藤笠砂都子(ふじかさ さとこ)

 萩焼400年の歴史を有する本県の文化資源である陶芸領域の一層の振興と発展を目的に、国内外から応募された作品の選抜展を開催します。「現在形」の陶芸が示す造形表現の歴史性や先端性を感じてください。

【期間】
12月18日(土曜日)から平成23年1月16日(日曜日)まで
【場所】
県立萩美術館・浦上記念館
【開館時間】
9時から17時まで(入館は16時30分まで)
【休館日】
年末年始(12月27日(月曜日)から平成23年1月1日(土曜日・祝日)まで)
【料金】
一般500円、学生・70歳以上450円 ※18歳以下は無料
【問い合わせ】
県立萩美術館・浦上記念館 電話:0838-24-2400

おいでませ山口館で「年末大売り出し ふく&蒲鉾・お正月用品」を開催

おいでませ山口館

 東京・日本橋の「おいでませ山口館」では、ふく(フグ)や蒲鉾(かまぼこ)などお正月には欠かせない山口県の食材をはじめ、お菓子やお酒などを販売します。
 25日(土曜日)から30日(木曜日)までの期間に、商品を3,000円以上購入された各日先着70人の方に、新春の干支(えと)「うさぎ」の土鈴をプレゼントします。

【期間】
12月20日(月曜日)から30日(木曜日)まで
10時30分から19時まで(29日、30日は10時から19時まで)
【場所】
おいでませ山口館(東京都中央区日本橋2-3-4日本橋プラザビル1F)
【問い合わせ】
おいでませ山口館 電話:03-3231-1863

観光施設連携パンフレット(わくわくレジャー割引券)を作成しました

施設連携リーフ

 山口県内の5つの観光施設(やまぐちフラワーランド、周南市徳山動物園、宇部市ときわ公園、下関市立しものせき水族館「海響館」、秋吉台自然動物公園サファリランド)が連携して、共通割引券付のPRパンフレット(2011年版)を作成しました。

【割引期間】
平成23年1月1日(土曜日・祝日)から12月31日(土曜日)まで
【割引内容】
・やまぐちフラワーランド(入園料20%引き)
・周南市徳山動物園(入園料50%引き)
・宇部市ときわ公園(遊園地遊具100円引き)
・下関市立しものせき水族館「海響館」(入館料100円引き )
・秋吉台自然動物公園サファリランド(入園料200円引き)
※割引券は1枚につき5名様まで有効
【入手場所】
県内外の観光施設 ※詳細はお問い合わせください。
【問い合わせ】
やまぐちフラワーランド  電話:0820-24-1187

「第63回全国植樹祭」のシンボルマークの愛称が決定!

やまりん

 平成24年春に山口市阿知須きらら浜で開催する「第63回全国植樹祭」のシンボルマークの愛称が「やまりん」に決定しました。
 「やまりん」は、山口県の「やま」と林の「りん」で親しみやすさを表現したもので、今後、ポスター等さまざまなPRグッズなどに活用し、全国植樹祭の開催を県内外に広くPRしていきます。

【問い合わせ】
県全国植樹祭推進室 電話:083-933-4980

山口県議会11月定例会を開催

本会議の様子

 県議会11月定例会が11月29日に招集されました。会期日程は11月29日から12月17日までで、平成22年度一般会計補正予算など57の議案が審議されます。
 また、二井知事は、議案の説明に先立ち、最近の県内経済情勢とこれを踏まえた景気・雇用対策の実施、明年度当初予算編成などについて、報告を行いました。
知事議案説明
山口県議会

【問い合わせ】
県財政課 電話:083-933-2170

県政ワンショット

大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

▲このページの先頭へ

いいもん山口

フグ

次号では、フグ加工品が当たる読者クイズ・アンケートを行います。

山口県の冬の味覚「フグ」の季節到来

山口の魚といえば「フグ」、冬場は特においしい時期を迎え、フグ鍋にフグ刺し、から揚げ、白子の塩焼きなど、さまざまな調理法で食べることができます。以前は、山口県の旅館や料亭、都市の料理店などでしか食べることができませんでしたが、最近はインターネットの普及で通信販売の「お取り寄せ」が流行となり、全国の方々がふぐの味を堪能されています。「フグ」がおいしい時期を迎える冬場に、ぜひ一度味わってみてください。

「ジャムの詰め合わせ」「トラフグ刺身セット」読者プレゼント

 11月26日号で実施した「読者クイズ」「トラフグ刺身セットプレゼント」に、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。「アンケートの結果・クイズの答え」は、次回配信の「山口きらめーる」でお知らせします。

▲このページの先頭へ

【広告】

JF山口(山口県漁業協同組合)(下関市伊崎町1丁目4番24号 電話:083-231-2216)

浜だよりイメージ

三方が海に開けた山口県は海産物の宝庫です!
JF山口では、お歳暮ギフト「浜だより」を通して全国の皆様に山口県で獲れたおいしい海の幸を提供しています。のどぐろ、ふぐ、西京はもなど、旬の魚介類や、のり製品、特産品等、海の香りの商品を多数取り扱っています。
JF山口漁協のトップページから取扱商品カタログ「浜だより」[PDF:6.3MB]がご覧いただけます。電話またはファックスによるご注文を承っております。皆さん、山口の味をぜひお楽しみください。

編集後記

 今年も残り1カ月を切りました。1年が過ぎるのが本当に早く感じられます。毎年、年末に慌ただしく年賀状を書いているので、今年こそは早めに準備したいですね。
 次回配信号は、初日の出のビューポイントなどの情報を合併号でお届けします。お楽しみに!
 「山口きらめーる・ひとのくに山口ファンクラブ登録促進キャンペーン」を実施中です。12月からプレゼントが「食べるごまラー油」に替わりました。ぜひこの機会に、ひとのくに山口ファンクラブにご入会ください。登録はこちらから。

 次回の配信は、12月24日です。

▲このページの先頭へ