防府市 防府天満宮御神幸祭

GO!GO!ちょるる おいでませ!山口国体・山口大会

Vol.6 公式ポスターの紹介
Vol.6
公式ポスターの紹介

今回は、「おいでませ!山口国体・山口大会」の公式ポスターについて紹介するよ。このポスターには、みんなの勝利への熱い思いが詰まっているんだ。
さあ、山口国体での総合優勝を目指して、みんなでGO!GO!

ちょるる
動画を見る

▲このページの先頭へ

見て!来て!知って!魅力発県!!やまぐち|県外向け魅力発信サイトを開設!|観光や特産品、歴史、文化など山口県の魅力が満載です!!! 「山口きらめーる」・「ひとのくに山口ファンクラブ」登録促進キャンペーン|2011年1月31日まで|毎月抽選で20名様(合計60名様)に山口県産品をプレゼント!

行ってみよう!見てみよう!

今号のイチオシ
幕末ヒーローズ、城下町 長府に集結!

「幕末長府 志士たちの夢祭」

幕末長府 志士たちの夢祭 チラシ

幕末、京都伏見の寺田屋で襲われた坂本龍馬(さかもと りょうま)と共に危機を脱し、龍馬の親友となった長府(ちょうふ)藩士・三吉慎蔵(みよし しんぞう)。そして長府(ちょうふ)の功山寺(こうざんじ)で決起した萩藩士の高杉晋作(たかすぎ しんさく)。彼ら維新の志士たちにゆかりの深い下関の城下町・長府で、新しい時代を夢見て幕末を駆け抜けた彼らの姿を現代によみがえらせようという「幕末長府 志士たちの夢祭(ゆめまつり)」が11月20日(土曜日)と21日(日曜日)に開催されます。

20日には、功山寺境内で、一般公募した市民による晋作や、龍馬、中岡慎太郎(なかおか しんたろう)、長府藩士の三吉や泉十郎(いずみ じゅうろう)役の5人の「幕末長府ヒーローズ」を中心とした歴史ミュージカル「night in(ナイト イン)功山寺」を上演。21日には、幕末長府ヒーローズのほか、侍や町娘、町人などに扮(ふん)した50人が城下町長府一円を歩いて、町じゅうに幕末の空間を作り出す「町中幕末維新」「町中幕末写真館」など、多数のイベントを実施。両日とも、功山寺や檀具川(だんぐがわ)、長府毛利邸などで3,000本の竹灯篭(たけとうろう)に明かりをともす「長府灯篭物語」を行い、趣のある秋の夕べのひとときを作り出します。

紅葉の季節、幕末へ時間旅行して、城下町の面影が残る長府の町角で、夢に胸を焦がした志士たちと出会ってみませんか。


【日時】
[night in功山寺] 11月20日(土曜日) 19時から20時まで 観覧無料
[町中幕末維新・町中幕末写真館] 21日(日曜日) 10時30分から15時まで
[長府灯篭物語] 20日(土曜日)・21日(日曜日) 17時30分から20時まで
【場所】
下関市城下町長府一円
【問い合わせ】
下関商工会議所 電話:083-222-3333

やまぐち旬な話

山口県オリジナル野菜!

はなっこりー

はなっこりー

 中国野菜のサイシンを母親、ブロッコリーを父親として開発・育成された山口県オリジナル野菜「はなっこりー」。県農林総合技術センターで1989(平成元)年から開発に取り組み、1996(平成8)年に育成を完了、1999(平成11)年、農林水産省に品種登録されました。
はなっこりーは茎も葉も花蕾(からい)もまるごと食べられます。茎が柔らかく、ほんのりと甘みもあることなどから、子どもたちにも人気。特に油との相性がいいので、かきあげやベーコンいためなどがお薦め。出荷期間は9月から5月まで。寒さが募るこれからが、最も旬の季節です。

●問い合わせ
県流通企画室
電話:083-933-3395


宇部市|うべ探検博覧会

プログラム名:広大な石灰石鉱山・超大型トレーラーと日本一の企業専用道路走行

宇部の魅力を再発見し、地域を活性化することを目的に、さまざまなジャンルの体験を楽しんでもらおうというイベントです。プログラムは、まち歩き&ふるさと体験、クラフト&アートなど。予約制です。

【期間】
11月19日(金曜日)から12月11日(土曜日)まで
【場所】
ときわ公園、アクトビレッジおのなど市内各所
【問い合わせ】
宇部市商業観光課 電話:0836-34-8353
うべ探検倶楽部 電話:0836-39-7460

柳井市|柳井まつり

柳井まつり

秋の収穫を感謝して開催される秋祭りです。見どころは麗都路(レトロ)通りで行われる「花傘おどり」。白壁江戸祭や各種展示、農林水産業展なども行われ、鯛(たい)めしや、タコおこわなども販売されます。

【日時】
11月23日(火曜日・祝日) 9時から16時まで
【場所】
柳井駅前からバタフライアリーナ(市体育館)
【問い合わせ】
柳井市商工観光課 電話:0820-22-2111

山口市|山口天神祭

山口天神祭

古熊(ふるくま)神社からの網代車などの一行と、八坂神社からの備立(そなえたて)行列が大市で合流し、御旅所まで往復します。肩に竿(さお)竹を通した衣を着た大行司が、騎乗して巡行する姿も印象的です。

【日時】
11月23日(火曜日・祝日) 13時から16時まで
【場所】
古熊神社ほか
【問い合わせ】
山口商工会議所 電話:083-925-2300
古熊神社 電話:083-922-0881

防府市|防府天満宮御神幸祭(ごじんこうさい)

防府天満宮御神幸祭

日本三天神の一つ防府天満宮の大祭、西日本有数の荒祭りです。最大の見せ場は、防府天満宮からご神体を奉じた重さ500キログラムの御網代輿(おあじろこし)の出発です。裸坊が御網代輿を引き、防府天満宮と御旅所を往復します。

【日時】
11月27日(土曜日) 18時から
【場所】
防府天満宮ほか
【問い合わせ】
(社)防府市観光協会 電話:0835-25-2148

岩国市|周東食肉フェア

周東食肉フェア

玖西(くせい)食肉研究会の品質基準を満たし、周東食肉センターで加工処理された、おいしい高森牛が食べられる食の祭典です。和牛の丸焼き、ジャンボ鍋豚汁、きじめしの販売などが行われます。

【日時】
11月28日(日曜日) 10時から15時30分まで
【場所】
周東町ふれあい広場
【問い合わせ】
岩国市周東総合支所地域振興課
電話:0827-84-1111

岩国市|小山実稚恵ピアノ・リサイタル[県立施設情報]

小山実稚恵ピアノ・リサイタル
ⒸKazuo Matsuura

世界の2大コンクールとされるチャイコフスキー国際コンクールで3位、ショパン国際ピアノコンクールで4位とどちらにも入賞した日本人として知られる小山実稚恵(こやま みちえ)さんのリサイタルです。

【日時】
平成23年2月27日(日曜日) 14時開演
【場所】
シンフォニア岩国
【料金】
S席4,000円、A席3,500円、A席学生1,500円
【問い合わせ】
シンフォニア岩国 電話:0827-29-1600

▲このページの先頭へ

おもしろ山口学

幕末、近代化に挑んだ長州人の挑戦の軌跡~世界遺産候補 萩の近代化産業遺産~

第1回:近代化への背景

萩の近代化産業遺産などが、どんな流れの中で生まれていったのかを紹介します。

萩博物館では、11月28日(日曜日)まで企画展「萩の近代化産業遺産―世界遺産をめざしてー」を開催中です。そこでは、萩藩が幕末、自力で推し進めた軍事面の近代化や、写真やガラスなど、西洋の科学技術を幅広く吸収しようとした人々の果敢な挑戦の軌跡を、萩市関連を中心として紹介しています。

短期間に発展を遂げた日本の近代化。その原動力となった九州・山口の6県11市(※1)では、日本人の自力による近代化に焦点を当て「九州・山口の近代化産業遺産群」の世界遺産認定に向けて活動し、同遺産群は2009(平成21)年1月、ユネスコ世界遺産暫定リストに記載されました。

暫定リスト入りした近代化産業遺産群の構成資産候補で、萩市関連は、現在「萩反射炉(※2)」「恵美須ケ鼻(えびすがはな)造船所跡(※3)」「大板山(おおいたやま)たたら製鉄遺跡(※4)」「萩城下町」の4件(※5)。世界遺産認定に向けて、積極的に活動中です。

青銅製の洋式大砲造りとその限界

萩藩が軍事面などの近代化に挑むようになったのは、1840(天保11)年に中国で起きたアヘン戦争を通じて、欧米列強の脅威を察知したのが最初でした。村田清風(むらた せいふう)や吉田松陰(よしだ しょういん)(※6)らは、中国に近く、海に囲まれた萩藩の海防の強化を主張。それを受け、藩では、1840(天保11)年代から大砲の洋式化に着手します。1853(嘉永6)年のペリー来航後は、幕府も大砲の洋式化を奨励。萩藩は、大砲の中でも、沿岸からの砲撃に適すると考えたカノン砲(※7)の自力生産に力を入れるとともに、鉄製大砲造りのため、反射炉の建設にも着手します。

カノン砲の生産は、鋳物師(いもじ)の郡司(ぐんじ)氏が代々、萩で銅・鉄製品を生産してきた郡司鋳造所を、萩藩が指定して行われました。郡司喜平治(きへいじ)は、鍋や梵鐘(ぼんしょう)などを鋳造してきた日本古来のたたら技術を駆使し、苦心の末、青銅によるカノン砲を完成させます。

しかし、青銅製の洋式大砲は、1864(元治元)年の攘夷戦で、3,000メートルを優に超えたといわれる鉄製のアームストロング砲(※8)を装備した欧米の軍艦に完敗。萩藩は西洋からの武器購入の必要性を実感することになったのでした。

※1 その後、構成資産の見直しが図られた結果、6県10市に変更された。
※2 西洋で開発された金属溶解炉。硬くてもろい鉄を、大砲に適した強靭な鉄に変えることを目指した。
※3 萩藩の洋式軍艦の造船所。
※4 洋式軍艦の建造に鉄を供給した、たたら製鉄遺跡。
※5 当初の構成資産候補であった松下村塾は、さらなる調査・研究が必要として保留中。山口県関連では、ほかに「下関砲台跡と条約灯台」(下関市)が構成資産候補となっている。
※6 ともに萩藩士。清風は幕政改革を推進し洋学を奨励。松陰は松下村塾を主宰、多くの志士を育成。
※7 砲身3メートルを超える、推定飛距離1,000メートルの24ポンドカノン砲など。従来の和式大砲は長くて2メートル前後。
※8 イギリスで1855年に発明。後ろから弾を込める方式で、装てん時間を大幅に短縮。

▲このページの先頭へ

応援します!「山口ふるさと大使」

山口県では、県外で活躍中の本県にゆかりのある方に、「山口ふるさと大使」へ就任いただき、全国に向けた、さまざまな魅力のPRにご協力いただいています。毎月、第2週目の配信号で、「山口ふるさと大使」が語る山口県の魅力をご紹介します。

第4回 作曲家 鈴木淳(すずき じゅん)さん

鈴木淳さん

1934(昭和9)年防府市生まれ。県立防府高等学校を卒業後、上京。早稲田大学教育学部を卒業後、音楽之友社へ入社。1963(昭和38)年、作曲家としてデビュー。1967(昭和42)年、伊東(いとう)ゆかりさんが歌った「小指の想い出」が大ヒット。以後、八代亜紀(やしろ あき)さんの「なみだ恋」など数々の大ヒット曲を生み、1998(平成10)年には、香西(こうざい)かおりさんの「浮雲」で日本レコード大賞第1回吉田正(よしだ ただし)賞を受賞。2005(平成17)年、旭日小綬章(きょくじつしょうじゅしょう)を受章。

ふるさと一言Q&A

Q.ふるさとの好きな場所は? やっぱり防府天満宮です!
Q.他県の方にお薦めの山口県の観光地は? 萩の武家屋敷や松下村塾(しょうかそんじゅく)。
Q.帰郷すると食べたくなる物は? フグ料理、外郎(ういろう)、そして日本一おいしい焼き抜きかまぼこ!
Q.山口県のおみやげといえば? 萩焼!わたし自身、コーヒーも日本茶も萩焼で飲んでいます。飽きない魅力がいいですね。

防府天満宮防府天満宮
松下村塾松下村塾
フグ料理フグ料理
萩焼萩焼

鈴木さんは、代々、防府天満宮の神職を務める家にお生まれになったそうですね。

鈴木さんはい。わたしの生家は参道の石段の脇、今は茶室「芳松庵(ほうしょうあん)」が建っている所にあったんですよ。幼いころから音楽が好きで、おもちゃ代わりに雅楽の笙(しょう) を吹いたり、太鼓をたたいたりしていたものです。

防府天満宮の最大のお祭りといえば「御神幸祭(ごじんこうさい)」、別名「裸坊(はだかぼう)まつり」。子どものころ、その日はどんな日でしたか?

鈴木さん当時は今よりもっと多くの方が、裸坊として祭りに参加しに県内外から来られていたんです。まだ深夜に近い早朝から、今はJR防府駅となっている三田尻(みたじり)駅から「ワッショイ!ワッショイ!」。その声がだんだん近付いてきて、石段を上がってくるんです。だから、寝ていても目が覚めて、もうワクワク。その日になると父は一日中忙しくて、子どもたちのことはほったらかし。でも、代わりに露天商の人たちが、わたしを可愛がってくれてジュースをくれたり…。あの甘い香りのする赤いニッキ水、何ていう名前だったかなあ。露天商の人たちとのやりとりも楽しくて…。懐かしいですね。

今年の御神幸祭は11月27日(土曜日)。今年もそれに合わせて帰郷され、翌日には、防府出身の作曲家・大村能章(おおむら のうしょう) (※)先生を顕彰する「能章まつり歌謡コンクール山口県決勝大会」の審査員長を務められるそうですね。

鈴木さんはい。わたしは東京で編集者として働くうちに、体調を崩して一時帰郷し、三田尻女子高校(現在の誠英高校)で先生をしながら作曲家になることを夢見て、趣味で曲を書いていたんです。その後、再び東京で働くことになり、能章先生に手紙を出し、お宅を訪ねて行ったことがあるんです。その時、先生は私の曲を褒めてくださり、レコード会社への推薦状まで書いてくださったんです。ところが、それからわたしは仕事が忙しくなってレコード会社へ行けず、先生の方から「まだ行っていないそうじゃないか」とわざわざ電話をいただいたんです。「すみません!行きます!」と答えたものの、先生がご紹介くださった方がレコード会社を辞められ、結局、先生のご厚意に応えられなかったんです。その後、作曲家としてデビューすることができ、先生にお礼を言いたくて、お宅を訪ねたのですが、その時にはもうご病気で…。先生は今もわたしにとって一番の先生。能章まつりにかかわれることは、本当に光栄なことです!

最後に、山口ふるさと大使として、応援メッセージをお願いします。

鈴木さん山口県は、素晴らしい県だと思います。でも、若い人たちに、まちづくりに夢を持ってもっとかかわってほしいですね。明治維新を成し遂げたのは若い人たち。ふるさとのまちづくりに燃える若者を育てていってください!


※大村能章 1893(明治26)年生まれ、1962(昭和37)年没。代表作は「旅笠道中」「野崎小唄」「麦と兵隊」「同期の桜」など。

▲このページの先頭へ

山口県からのお知らせ

「ふるさと山口就職ガイダンス」を開催

ガイダンスチラシ

 平成24年(2012年)3月に大学、短大などを卒業予定で、県内に就職を希望される方を対象に、県内企業の人事担当者との座談会のほか、リクルートファッションやメイクの講習会など、就職活動に役立つメニューを多数用意した、就職ガイダンスを開催します。

【日時】
12月10日(金曜日) 9時から16時30分まで
【場所】
山口グランドホテル(JR新山口駅新幹線口前)
【参加料】
無料
※事前予約が必要なものもあります。詳しくは就職ガイダンス専用ホームページをご覧ください。
【問い合わせ】
県若者就職支援センター 電話:083-976-1145

「ジョブ・フェア」を開催

フェアの様子

 山口県内での就職を希望される方と県内企業との「出会いの場」を提供するフェアを開催します。年齢にかかわらず、どなたでも参加できます。

【宇部会場】
[日時]11月17日(水曜日)13時30分から16時まで
[場所]国際ホテル宇部(JR宇部新川駅より徒歩5分)
【下関会場】
[日時]11月18日(木曜日)13時30分から16時まで
[場所]海峡メッセ下関(JR下関駅より徒歩7分)
【周南会場】
[日時]11月24日(水曜日)13時30分から16時まで
[場所]周南総合庁舎(JR徳山駅より徒歩12分)
【柳井会場】
[日時]11月26日(金曜日)13時30分から16時まで
[場所]柳井クルーズホテル(JR柳井駅より徒歩10分)
【山口会場】
「ふるさと山口企業合同就職フェア」と同時開催
[日時]12月17日(金曜日)13時から16時まで
[場所]山口グランドホテル(JR新山口駅新幹線口前)
※各会場とも参加料および事前申し込みは不要
 
【問い合わせ】
県若者就職支援センター 電話:083-976-1145

「きららカップ2010 ミニマラソン大会」の参加者を募集

昨年の様子

 家族で楽しめるミニマラソン大会を今年も開催します。

【日時】
12月23日(木曜日・祝日) 9時から11時まで(受付は8時から)
【場所】
山口きらら博記念公園(山口市阿知須) 園内特設コース
【募集部門】
[1キロメートル] 小学1年から3年生(男女別)
[2キロメートル]
小学4年から6年生(男女別)、ファミリー(小学生とその保護者のペア)
[3キロメートル] 39歳以下(男女別)、40歳以上(男女別)
【参加費】
小学生600円、その他1,200円(ファミリー1,200円/ペア)
【申し込み方法】
詳しくは、きららイベント実行委員会へお問い合わせください。
【申し込み締め切り】
11月30日(火曜日)まで
【問い合わせ】
きららイベント実行委員会 電話:0836-65-6903

山口県へのUJIターン(移住)をお考えの方へポケットブック改訂版のご案内

やまぐちUJIターン応援ポケットブック画像

 県をはじめ、各関係機関では、山口県へのUJIターンをお考えの皆さんを支援するため、さまざまな取り組みを行っています。このたび、UJIターンに関する相談窓口や支援事業を分かりやすくまとめた「やまぐちUJIターン応援ポケットブック」の改訂版を発行しました。ぜひご覧ください。

【問い合わせ】
県地域政策課 電話:083-933-2546

知事定例記者会見

二井知事

 知事定例記者会見が10月29日(金曜日)に実施され、平成23年度当初予算編成などについて発表しました。
 また、記者の皆さんからは、政府要望や愛宕山地域開発事業などについての質問がありました。詳しくは、県ホームページに掲載している知事記者会見録をご覧ください。

【問い合わせ】

県広報広聴課 電話:083-933-2560


県政ワンショット

大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

▲このページの先頭へ

いいもん山口

温州みかん

次号では、周防大島町で栽培された果物を使った加工品が当たる読者クイズ・アンケートを行います。また200号記念として「ふぐさし」のプレゼントもありますのでお楽しみに!

県内産果樹の中でトップ!温州みかん

栽培面積、販売額ともに県内産果樹の中でトップを誇る「温州(うんしゅう)みかん」は、県内産の約8割が周防大島町で栽培されています。出荷は10月の極早生(ごくわせ)を皮切りに翌年2月頃まで続き、年明けから出荷される「貯蔵みかん」が特に好まれています。貯蔵みかんは、収穫後に貯蔵して酸味を減らし、食味を向上させてから出荷されるため、糖度と酸味のバランスがよいものがそろっています。

[辛子明太子読者プレゼント]

 10月22日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。「アンケートの結果・クイズの答え」は、次回配信の「山口きらめーる」でお知らせします。

▲このページの先頭へ

【広告】

島の手作りジャム専門店
瀬戸内ジャムズガーデン(大島郡周防大島町日前331-8 電話:0820-73-0002)

焼くとほっこり系に!東和金時バニラジャムや栗ラムジャムが人気です。

ジャムを焼く!?新発想のジャムが今、ウケています!

普通、ジャムは焼いたトーストに塗るもの。しかし、トーストに塗ってから焼くと…ジャムがホッコリ・トロ~リといった食感を生み、さらに美味しくなる。それが「焼きジャム」です。これからの季節、肌寒い朝は「焼きジャム」でほっこり系朝食を!!

~テレビや雑誌でも取り上げていただいています~

毎日放送『知っとこ!』で絶品パンの友として紹介。九州朝日放送『アサデス。』では、おすぎさんから「大ブレイク」の太鼓判を頂いたほか、雑誌『日経おとなのOFF』では「日本一のお取り寄せ」に選ばれました。

編集後記

 山々の紅葉が少しずつ始まりました。いよいよ秋本番。澄んだ空気の中に映える紅葉は本当に素敵ですよね。山口県観光連盟のホームページ「おいでませ山口へ」の山口紅葉だよりでは、県内各地の紅葉スポットを紹介しています。秋のお出掛けの参考にしてください。
 また、東京・日本橋「おいでませ山口館」では、「やまぐち「冬の味覚」旬の特産品と観光フェア」を開催中です。詳しくは、ホームページに掲載されていますので、こちらもぜひご覧ください。

 次回の配信は、11月26日です。

▲このページの先頭へ