気になる山口 ここが知りたい!!

山口県では、UJIターンの取り組みの一つとして、「やまぐち暮らし体験ツアー」を行っています。どんな内容なのか知りたくて、県地域政策課の古谷勉(ふるや つとむ)さんにインタビューしました。

イラスト

山口県で暮らしてみませんか!
「やまぐち暮らし体験ツアー」

やまぐち暮らし体験ツアー、参加者募集中です!|古谷さん 萩市須佐の名物、活イカ料理に舌鼓! 空き家をリフォームされた「先輩」のお宅で話に花が咲きました! 熱心に空き家を見学! 秋の錦帯橋

「やまぐち暮らし体験ツアー」って、どういう取り組みなんですか?

古谷さん県では、県外在住の皆さんへ山口県へのUJIターンを呼び掛けています。そうした中、「やまぐち暮らし体験ツアー」は、山口県へのUJIターンに関心をお持ちの方に、実際に来ていただいて、「やまぐちの暮らし」を体験していただこうと今年初めて企画したものです。

第1回目の体験ツアーは、9月に2泊3日の「萩・阿武(あぶ)コース」として行ったそうですね?

古谷さんはい。全国各地から9人の皆さんが参加されました。萩市と阿武町は、UJIターンに熱心に取り組んでいる市町で、たくさんの方がUJIターンしておられるんです。ツアーでは、阿武町のUJIターンのアドバイザーを務める漁師さんがバスに同乗し、空き家バンクに登録中の家や、地域の名水などを案内してくださいました。夜は農家民宿に宿泊して、UJIターンの先輩や地元の皆さんと交流。翌日は里山体験を楽しんだ後、萩へ。空き家の見学や移住者との交流会のほか、萩焼作りなども体験していただいたんですよ!

参加者の皆さんの感想はいかがでしたか?

古谷さん空き家をリフォームして住んでおられる方たちのお宅を訪ねた時は、皆さん、特に熱心に質問され、UJIターンの先輩ならではのアドバイスがとても参考になったようでした。また、地元のお米がおいしいと聞き、早速、新米を購入し、精米して持ち帰られた方も。ツアーの後、ほとんどの方が山口県に移住したいと言ってくださり、中には、もう一度足を運んでくださった方もおられ、本当にうれしかったです!

次回は「岩国・周防大島(すおうおおしま)コース」として行われるそうですね?

古谷さんはい!岩国コースは、11月21日(日曜日)と22日(月曜日)の1泊2日で行います。空き家の見学のほか、秋祭りへの参加や深谷峡(ふかたにきょう)温泉での入浴、食材の収穫を楽しみます。周防大島コースは、22日(月曜日)と23日(火曜日・祝日)の1泊2日で、岩国コースから続けて参加することもできます。UJIターンされたご夫婦が起業された手作りジャムの店などを訪問。夜は、Iターンされたご夫婦が経営する宿泊施設に1泊し、ところてん作りを楽しんでいただきます。詳しくは、県のホームページに掲載しているチラシをご覧ください。関心のある方、ぜひご参加ください!

そのほか山口県へのUJIターンを検討中の方におすすめの情報がありますか?

古谷さんはい!11月13日(土曜日)、東京ビッグサイトで開催される「海外・国内ロングステイ&移住フェア2010」に、山口県と萩市、周南市がブースを出し、移住のご相談に応じます。13時からは、セミナー会場で、山口県移住セミナーを開催し、アンケートに答えてくださった方には、山口県の特産品のフグ茶漬けをプレゼントします。ぜひ、お越しください!

(注)Uターンは、出身地に帰って暮らすこと。Jターンは、出身地の近隣地域に帰って暮らすこと。Iターンは、出身地に関係ない地域に移住すること。

▲このページの先頭へ