応援します!「山口ふるさと大使」

山口県では、県外で活躍中の本県にゆかりのある方に、「山口ふるさと大使」へ就任いただき、全国に向けた、さまざまな魅力のPRにご協力いただいています。毎月、第2週目の配信号で、「山口ふるさと大使」が語る山口県の魅力をご紹介します。

第2回卓球選手 石川佳純(いしかわ かすみ)さん

石川佳純さん

1993(平成5)年山口市生まれ。両親とも卓球選手で、小学校1年の時、卓球を始める。2005(平成17)年、小学校6年生の時に全日本卓球選手権女子シングルス3回戦に進出し、「愛ちゃん2世」として話題に。小学校卒業後、大阪府の中学校に進学。卓球では、ミキハウスに所属。女子史上最年少の14歳で日本代表に。2010(平成22)年1月、全日本選手権ジュニア女子史上初の4連覇。5月、世界卓球選手権モスクワ大会で、日本女子チームの銅メダルに大きく貢献。7月、ITTF(国際卓球連盟)プロツアー・モロッコオープンで女子シングルス・ダブルスともに優勝。8月、高校総体卓球女子シングルス初の3連覇。現在、大阪・四天王寺高等学校3年生。9月2日現在、世界ランキング32位。

ふるさと一言Q&A

Q.ふるさとの好きな場所は? 田んぼとか自然のある風景。家に帰ってきたなあという気分になります。空気がおいしいし、山口の雰囲気、好きです!
Q.他県の方にお薦めの山口県の観光地は? 瑠璃光寺(るりこうじ)五重塔。秋芳洞(あきよしどう)。
Q.帰郷すると食べたくなる物は? お母さんのごはんかな(笑)。
Q.山口県のおみやげといえば? 外郎!大好きです!いつも買って帰ります。小学生の時、工場見学に行ったこともあるんですよ。

瑠璃光寺五重塔瑠璃光寺五重塔
秋芳洞秋芳洞
外郎外郎

今年は全日本選手権ジュニア女子史上初の4連覇、ITTFプロツアー・モロッコオープンで優勝、高校総体で3連覇達成など、大活躍ですね。おめでとうございます!近年では、特にどの大会が一番印象に残っていますか?

石川さん去年、横浜であった世界卓球選手権大会ですね!まさか自分が(女子シングルスで)ベスト8に入れるとは思っていなかったし、日本での試合だったから、家族とか応援に来てくれた人に、いい試合を見せられたので、すごくうれしかったです。おじいちゃん、おばあちゃんも応援に来てくれて、家族に見守られていると安心できるし、「絶対勝ちたい!」っていう気持ちも、もっと強くなるんです。今年の高校総体3連覇は、すごくうれしかったんですが、ほっとしたという気持ちの方が強かったですね。去年、おととしと優勝しているので、今年も、3年生で最後に優勝したいという気持ちがあって、プレッシャーは少し感じました。

山口での小学校時代、どんなことが思い出に残っていますか?

石川さん友達と遊んだこととか、いい思い出がたくさんあるから、うーん、難しいですね。学校から帰ったら卓球の練習。でも、学校にいる間に友達としっかり遊んでいたから、帰ってからも遊びに行きたいってことはなかったです。6年生の時に担任だった先生とは、今もメールでやりとりしたり、帰った時には一緒にお食事に行ったりしているんですよ。試合で小学校を休むことも多かったんですが、先生からは、いつも「頑張ってね!」って笑顔で応援していただいて、すごくうれしかったですね。

石川さんの今の目標は?

石川さん今、世界ランキングを上げるプロツアーの大会に出ているんです。もっとそのランキングを上げること、そしてオリンピックに出ることが、今の一番大きな目標です!卓球は、体も頭も使うスポーツ。やればやるほど本当に奥が深いし、楽しいことばかりじゃないけれども、それも含めて、やっぱり楽しいです!

山口ふるさと大使として、山口県への応援メッセージを一言お願いします!

石川さん山口県はわたしの「家」!本当に大好きなところです。いい活躍をして、山口県の皆さんに元気を与えられる活躍をしていきたいと思います!

▲このページの先頭へ