2010年3月26日Vol.186山口県広報広聴課

トピックス・お知らせ

「やまぐち就農支援塾」の塾生を募集します!

支援塾の様子

 山口県内で、本格的に農業経営に取り組む方を対象に、農業を基礎から学ぶ研修「やまぐち就農支援塾」の「入門研修」の塾生を募集します。

内容
農業経験がほとんどなく、休日中心の受講を希望される方が対象です。
野菜I(ビギナーコース)、野菜II(セミプロコース)、花き、果樹のコースがあり、基礎知識をはじめ、土づくりや農薬の適正使用、病害虫防除、農業機械の安全使用などを学びます。
期間
[野菜I、野菜II、花き]
5月から平成23年2月までの休日を中心に13回程度
[果樹]
5月から平成23年2月までの休日を中心に9回程度
募集人数
[野菜I] 15人
[野菜II、花き、果樹] 各10人
※応募者多数の場合、選考を行い、結果を4月下旬に通知します。
経費
[野菜I、野菜II、花き] 17,000円
[果樹] 3,500円
※ほかに傷害保険料の経費がかかります。(コースにより異なります。)
申し込み締め切り
4月16日(金曜日)必着
申し込み方法
詳しくは、山口県農林総合技術センター農業研修部(山口県立農業大学校)のホームページに掲載している募集要領[PDFファイル:195.94KB]をご覧ください。
問い合わせ
県農林総合技術センター農業研修部
電話:0835-38-0510

平成22年度第1回目の県警察官(男性)採用(A)試験を実施

イラスト

 警察官(男性)(A)の採用試験の受験申込みを受け付けています。

採用予定人数
65人程度
受付期間
郵送:4月16日(金曜日)まで(当日消印有効)
インターネット:4月9日(金曜日)17時まで
※詳しくは、県ホームページに掲載している受験案内[PDFファイル:742KB]をご覧ください。
問い合わせ
県人事委員会 電話:083-933-4474
Eメール:shiken@pref.yamaguchi.lg.jp

県立美術館でコレクション展「雲谷派の変貌 四代等はんとその後」を開催

山水図屏風 雲谷等はん
山水図屏風 雲谷等はん

 雲谷(うんこく)派は雪舟(せっしゅう)の様式を継承し、桃山時代から江戸時代末まで周防長門(すおうながと)地域を中心に活躍した画派です。雲谷派の基礎を固めた二代目雲谷等益(とうえき)の四男・雲谷等はん(とうはん)(1635-1724)は、父の画風を受け継ぐ一方で、雲谷派の源もである雪舟の画風に立ちかえり、「雪舟回帰」を果たした画家として評価されています。今回の展示では、等はん以後、江戸中期以降の雲谷派の作品を展示します。

期間
4月4日(日曜日)まで
場所
県立美術館 展示室A 小林和作室
開館時間
9時から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日
毎週月曜日
料金
一般300円、大学生200円 ※18歳以下・70歳以上無料
問い合わせ
県立美術館 電話:083-925-7788

知事定例記者会見

二井知事

 知事定例記者会見が3月24日(水曜日)に実施され、知事は4月1日付け人事異動について発表しました。
 また、記者の皆さんからは、これに関するもののほか、上関原発計画や岩国基地民間空港の再開などについての質問がありました。
 詳しくは、県ホームページに掲載している知事記者会見録をご覧ください。

問い合わせ
県広報広聴課 電話:083-933-2560