2010年1月22日Vol.182山口県広報広聴課

お出かけガイド ※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。

銀幕の大スターを生んだふるさと下関に「田中絹代ぶんか館」開館

田中絹代(1909~1977) 写真提供 芸游会
写真提供 芸游会

 昨年、生誕100年を迎えた大女優・映画監督の田中絹代(たなか きぬよ)。映画界に身を置いた14歳から67歳で亡くなるまで、およそ240本の映画に出演し、また、映画監督としても6本の作品を残すなど、日本映画界に大きな足跡を残しました。その田中絹代のふるさと下関市に、絹代をはじめ下関ゆかりの文化人を顕彰する施設として、下関市立近代先人顕彰館「田中絹代ぶんか館」が2月13日(土曜日)、オープンします。
 1階の「ふるさと文学館」には、下関市在住の直木賞作家・古川薫(ふるかわ かおる)さんの全作品をはじめとした下関市ゆかりの作家やその作品、2階の「田中絹代記念館」には、絹代の親族で映画監督の故・小林正樹(こばやし まさき)さんから寄贈された絹代の遺品約1,000点の中から絹代が愛用した着物や映画台本、自筆の手紙などが展示されます。
 2月13日(土曜日)には、開館を記念し、絹代が1949(昭和24)年に日米親善芸術使節として渡米した際の貴重な映像を収めたDVD「田中絹代の旅立ち~占領下の日米親善芸術使節~」の上映会などが同館で行われます。
 また、同日には、小説『花も嵐も 女優・田中絹代の生涯』の著者で同館の名誉館長も務める古川薫さんによる基調講演のほか、下関で映画を製作し、市内の映画館の支配人も務めている映画監督・俳優の奥田瑛二(おくだ えいじ)さん、女優の松坂慶子(まつざか けいこ)さん、下関市文化振興財団理事長でエッセイストの安藤和津(あんどう かづ)さんらを迎えての開館記念シンポジウムがシーモール下関で開催されます。そのほかにもさまざまな記念イベントが行われます。
 映画とゆかりの深い下関で、日本映画の偉大な先駆者の足跡をたどってみませんか。

  • 下関市 田中絹代ぶんか館 開館記念イベント
日時
2月13日(土曜日) 11時から12時まで
場所
田中絹代ぶんか館 1階ミニホール
上映会の料金
無料
定員
先着40人
第一部「絹代が残した日本映画への足跡」
日時
2月13日(土曜日) 14時から16時30分まで
場所
シーモール下関 4階シーモールホール
料金
無料 ※往復はがきで市民文化課へ申し込みが必要。
応募締め切り
1月25日(月曜日)必着

定員
600人 ※応募者多数の場合は抽選
第二部「近代建築物の意匠に見る生活文化の変遷」
日時
2月14日(日曜日) 14時から16時30分まで
場所
下関市民会館 中ホール
料金
無料
日時
2月13日(土曜日)より 9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日
毎週月曜日(祝祭日の場合は翌日)、年末年始(12月28日から1月4日まで)
入館料
(2階の田中絹代記念館)一般200円、小・中学生100円
問い合わせ
下関市市民文化課 電話:083-231-4691

ピックアップ

防府市 節分祭・牛替神事

神牛
日時
2月2日(火曜日) 9時から20時まで、3日(水曜日) 9時から18時まで
※豆まきは3日の14時、15時、16時の3回
場所
防府天満宮
内容
牛替神事は、毎年11月下旬に行われる「御神幸祭(ごじんこうさい)」の神牛役を神くじ(牛替券)によって決める神事で、一等賞の方には子牛が当たります。その他、金・銀・銅製の牛の置物をはじめ、数千点の景品があります。神くじは、市内の商店街で買い物をすると手に入り、2日・3日に境内で番号券に替えます。節分祭は3日に行われ、年男と年女により開運招福豆まきが行われます。
問い合わせ
防府市観光協会 電話:0835-25-2148
防府天満宮 電話:0835-23-7700

萩市 萩城下の古き雛たち

萩城下の古き雛たち
期間
2月3日(水曜日)から4月3日(土曜日)まで
場所
旧久保田家住宅 ほか
料金
会場により観覧料が必要
内容
萩市内の家庭で受け継がれた雛(ひな)人形が、旧久保田家住宅をメーン会場として展示されます。会場を巡ることにより、江戸時代と明治時代を中心とする雛人形の移り変わりが分かります。萩では、暦が新暦となってからも4月3日に雛祭りを行っており、この日には藍場(あいば)川沿いで流し雛が行われます。
問い合わせ
萩城下の古き雛たち実行委員会 電話:0838-25-3139

光市 梅まつり

梅まつり
期間
2月7日(日曜日)から3月7日(日曜日)まで
場所
冠山(かんむりやま)総合公園梅の里(冠梅園)
内容
瀬戸内海が見渡せる丘に、約100種、約2,000本の梅が咲き誇る県内屈指の梅園です。期間中の毎週土曜日・日曜日には野点(のだて)や邦楽演奏、舞踊、フリーマーケットなどの催し物が行われます。梅の盆栽の販売などもあり、春の香りを存分に楽しめます。
問い合わせ
光市商工観光課 電話:0833-72-1400

山口市 阿知須ひなもんまつり

阿知須ひなもんまつり
期間
2月10日(水曜日)から2月14日(日曜日)まで 9時30分から16時まで
場所
阿知須(あじす)商店街
内容
福岡県柳川市のつるし雛「さげもん」を参考に、地元の女性たちがちりめんや着物の布で手作りした、つるし飾りの“ひなもん”が阿知須商店街の各店舗で飾られます。早春の風物詩として根付き、愛らしいひなもんを眺めながら、町歩きを楽しむ人が増えています。
問い合わせ
山口県央商工会阿知須支所 電話:0836-65-2129

柳井市 阿月神明祭(あつきしんめいまつり)

阿月神明祭
日時
2月11日(祝日) 8時から20時30分まで
場所
阿月 東・西神明宮前広場
内容
毎年2月11日に、柳井市阿月地区で開催される豊作を祈る火祭りで、県の無形民俗文化財に指定されています。夜、神明宮前の東と西に1本ずつ立てた高さ約20メートルのご神体に火を放ち、燃え盛るご神体を勢いよく引き倒し、祭りは最高潮に達します。
問い合わせ
柳井市阿月公民館 電話:0820-27-0001

下関市 ふくの日まつり

ふくの日まつり
日時
2月11日(祝日) 9時から13時まで
場所
南風泊(はえどまり)市場
内容
2月9日の「ふくの日」にちなみ、毎年この日に近い「建国記念の日」に、ふく(フグ)の取扱量日本一を誇る「南風泊市場」で開催される祭りです。ふく刺しやふく製品の即売、新鮮な魚介類の即売、袋せりによるオークションなどが行われます。大きな鍋で炊かれるジャンボふく鍋とアンコウ鍋は、それぞれ先着1,000人、500人に無料サービスされます。
問い合わせ
下関市観光振興課 電話:083-231-1350
下関ふく連盟 電話:083-267-8181

長門市 開館10周年記念 あさみちゆきコンサート県立施設情報

あさみちゆきさん
日時
3月7日(日曜日) 14時開演
場所
ルネッサながと
料金
全席指定 3,500円
内容
東京・井の頭公園のストリートライブでは500人以上のファンが集まる人気歌手で、山口ふるさと大使の“あさみちゆき”さんが、今年もルネッサながとに帰ってきます。昭和の流行歌の懐かしさを感じさせる歌声をご堪能ください。
問い合わせ
ルネッサながと 電話:0837-26-6001

 ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。


おもしろ山口学

坂本龍馬と下関 

【第2回】龍馬の危機を救った長府藩士・三吉慎蔵
印藤に贈られた龍馬愛用の飯椀と湯呑 (下関市立長府博物館 蔵)
印藤に贈られた龍馬愛用の飯椀と湯呑 (下関市立長府博物館 蔵)

 薩長同盟(連合)(※1)の仲立ちのため、下関を度々訪れるようになった坂本龍馬(さかもと りょうま)。長府(※2)藩主から厚い信頼を得ていた長府藩士の印藤聿(いんどう のぶる)と交流を深めていました。薩長同盟の締結に向け、萩藩の桂小五郎(かつら こごろう)が京で薩摩藩の西郷隆盛(さいごう たかもり)らと会うことになり、龍馬もそのために上京するに当たって、長府藩士の同行を求める手紙を印藤に送りました。印藤は2人の藩士を推薦。そのうちの1人、槍(やり)の名手で謹厳実直な三吉慎蔵(みよし しんぞう)を龍馬は選び、1866(慶応2)年1月、下関から船で一緒に京へと向かいました。
 下船した大坂で、龍馬は旧知の幕臣から、幕府の役人が龍馬らの動きを察知したため危険だとして退去を勧められます。しかし、危険を承知の上で龍馬らは京へ。途中、三吉は手槍(※3)を購入し、伏見(ふしみ)の寺田屋に残ります。
 そして、京でようやく薩長同盟が締結され、それを見届けた龍馬は寺田屋で待っていた三吉の元に戻り、祝杯を挙げることに。そこへ幕府の役人の探索が入ります。その時、後に龍馬の妻となるお龍(りょう)(※4)が階下にいて、2階の2人に急を知らせますが、役人は2人を襲撃。龍馬は萩藩士の高杉晋作(たかすぎ しんさく)からもらった銃で応戦しますが、手に重傷を負い、窮地に陥ります。三吉は手槍で龍馬を援護し、2人は命からがら寺田屋を脱出。そして、龍馬と三吉とお龍の3人は京の薩摩藩邸にかくまわれることとなり、龍馬は数日後、下関の印藤に事件のことと、三吉も一緒に薩摩藩邸にいるので安心してほしいと書いた手紙を送っています。
 同年3月、3人は京をたつことになり、西郷らと薩摩藩の軍艦に乗船。下関で船を下りた三吉は、餞別(せんべつ)に赤間硯(あかますずり)(※5)を薩摩に向かう龍馬や世話になった西郷らに贈ります。
 龍馬と、その危機を救った三吉、印藤との間には、深い友情がはぐくまれ、後に龍馬夫妻が下関で暮らしたのは、彼らとの友情があったからかもしれません。

  • ※1 薩摩藩と萩藩との間でひそかに結ばれた和解・提携。
  • ※2 現在の下関市の多くを領地とした藩。萩藩の支藩の1つ。
  • ※3 家の中や狭い場所で使用する短い槍。
  • ※4 当時はすでに結婚していたという説もある。
  • ※5 北九州および山口県西部地域でとれる赤間石を用い、赤間関(あかまがせき)(現在の下関市)で作られたのが始まり。現在では、宇部市万倉(まぐら)などで作られている。硯の高級品として知られる。

参考文献『龍馬とお龍の下関』(下関市立長府博物館学芸員 古城春樹著)

下関市立長府博物館では現在、常設企画展「坂本龍馬と下関」が1月31日(日曜日)まで開催中です。


山口県発信!これに注目!

 山口県では、「住み良さ日本一の元気県」の実現に向けて、さまざまな取り組みを進めています。そうした取り組みの中から特徴あるものを取り上げ、毎月第4週目の配信号で、県の担当者が紹介していきます。

生涯現役社会づくり学会と連携した取り組み:県長寿社会課

中尾さん
注目

 山口県は、全国に比べて約10年早いペースで高齢化が進み、県民のおよそ4人に1人が65歳という本格的な高齢社会を迎えています。県では、高齢になっても生涯を通じてさまざまな分野で生き生きと活躍できる「生涯現役社会づくり」を「生涯現役社会づくり学会」などと連携して進めています。他県に例を見ない、その連携による取り組みについて、県長寿社会課の中尾雄二(なかお ゆうじ)さんに聞きました。


山口県は、全国に比べて約10年早いペースで高齢化が進んでいるそうですね?

[中尾さん]
そうなんです。2008(平成20)年10月1日の高齢化率(※1)は、全国平均が22.1%であるのに対し、山口県は26.9%で全国4位と4.8ポイントも上回っています。本県が全国平均22.1%と同じ水準だったのは、約10年前なんです。また、65歳以上の単身世帯率が2005(平成17)年には11.2%で全国4位、2025(平成37)年には17%で全国3位になると予測されています。つまり、今後、生活に支えを必要とする人が増えるなど、地域福祉の担い手がより一層求められると考えられます。
そこで、豊富な知識や経験、技能を持つシニアの皆さんに、さまざまな分野で、積極的に地域社会に参加していただき、主役として、また、担い手として、活動していただく「生涯現役社会づくり」に取り組んでいるわけなんです。これは、生きがいや健康づくりなどにもつながります。
中高年世代の皆さんにも、今から地域社会への参加について考えてみませんかと提案しているんですよ。


どうして中高年世代から…なのですか?

[中尾さん]
特に会社などで働いている方は、仕事中心の生活で地域での付き合いが少なく、定年退職後に地域で何か始めようと思っても、急には何をどうすればいいか分からず、一歩が踏み出せない場合が少なくありません。そこで、退職までに時間がある40代ぐらいから考えはじめ、取り組んでみませんかと呼び掛けることにしたのです。



その「生涯現役社会づくり」に向けて連携している「生涯現役社会づくり学会」って、どのような目的でつくられたのですか?

企業での退職準備セミナーの様子
[中尾さん]
はい!「生涯現役社会づくり学会」は、研究者や地域活動家、行政、関係団体、企業等が参加し、高齢者・中高年の生きがいや健康づくり、社会貢献活動などについての調査研究や支援活動を行い、その成果やノウハウを県内外へ発信しようと、2004(平成16)年に設立された団体です。事務局は山口県立大学にあります。


学会は、これまでどういう取り組みを行っていますか?

『シニアの地域デビュー応援ガイド』表紙
[中尾さん]
企業での退職準備のセミナーなどに活用していただいている『シニアの地域デビュー応援ガイド』の作成や、「オパール(※2)プロジェクト」の募集などを行っています。


オパールプロジェクトの募集とは、どういうものなんですか?

「松尾山をよくする会」の取り組み
[中尾さん]
シニアグループなどに、地域貢献に関する企画提案「オパールプロジェクト」を募集し、優れた企画提案に対して、学会からアドバイザーの派遣や、経費の一部助成などの支援を行い、シニアの地域貢献活動を促進する事業です。
今年度採択した一つ、防府市の「松尾山をよくする会」の企画は、地域の里山を花木の植樹などにより自然散策できる山にして、ふるさとの歴史・文化への関心を高めようというものです。実は、この地区では採択後、昨年夏の豪雨で大きな土砂崩れが発生しました。予想外の事態に計画どおりに進めることができるか悩まれたものの、花木を植樹することで災害に遭われた人たちを力づけようと、予定通り取り組むことにされたんですよ!
また、昨年度採択したグループの一つ、周南市の「ふれあいの森なんでも工房」では、シニアグループの皆さんが、荒廃した土地に自らの手でログハウスなどを造り、市民の交流拠点として整備されています。オパールプロジェクトでは、新たに建設した食工房で交流活動を行う企画を提案され、学会の支援により、こんにゃくづくりや豆腐づくりなどを通した都市住民との交流活動が実現しました。



ふれあいの森なんでも工房、わたしも何度かお邪魔しています!竹とんぼ・陶芸・ピザ作りの指導も全てボランティア!子どもも大人も楽しめる素晴らしい所ですね!

「ふれあいの森なんでも工房」の取り組み
[中尾さん]
ええ!全国に誇れる取り組みだと思います。
また、生涯現役社会づくり学会のホームページには、「活動を始めたいけれど拠点となる場所がない」という方のために、地域活動などに活用できる、休校になった学校などを網羅した「やまぐち地域資源バンク」が掲載されています。ぜひご活用ください!


  • ※1 高齢化率 総人口に占める65歳以上の人口の割合
  • ※2 オパール(OPAL) Older People with Active Lifestyle の頭文字をとったもの。「活動的なライフスタイルを実践している高齢者」を意味するアメリカのシンクタンクによる造語。


トピックス・お知らせ

「空が大好き!」キャンペーン(山口宇部空港利用促進キャンペーン)を実施[PDFファイル:1.38MB]

キャンペーンポスター

 山口宇部・東京線を往復でご利用いただいた方に、抽選で山口宇部⇔東京往復航空券や山口県の特産品などが当たるキャンペーンを実施しています。

実施期間
3月5日(金曜日)まで
応募方法
期間中に、搭乗日・便名・席番号・必要事項(郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢・性別)をはがきに記入の上、送付してください。
送付先
〒755-0001
宇部市沖宇部625 山口宇部空港ビル(株)内
「空が大好き!」キャンペーン係
応募締め切り
3月10日(水曜日)消印有効
問い合わせ
県交通運輸対策室 電話:083-933-3120
山口宇部空港利用促進振興会 電話:0836-31-2200

「ふるさと山口企業合同就職フェア」を開催

昨年の様子

 おおむね39歳までの求職中の方や、平成22年3月に大学、短大等を卒業予定の方などを対象に、県内企業の採用担当者と面談できる就職フェアを開催します。

日時
2月5日(金曜日)
[第1部] 10時から12時30分まで
[第2部] 13時30分から16時まで
※第1部と第2部では参加企業が異なります。
場所
山口グランドホテル(JR新山口駅新幹線口前)
問い合わせ
県若者就職支援センター 電話:083-976-1145

その他のトピックス・お知らせ

いいもん山口

「長州黒かしわ鍋セット」読者プレゼント

長州黒かしわ鍋セット

 山口県と島根県で古くから飼育されてきた中型の鶏「黒柏鶏(くろかしわ)」は、国の天然記念物に指定されています。県内では、山口市・防府市・周南市付近だけで飼育されています。緑がかった黒色に光る羽と長い尾や、7秒から8秒、中には10秒となる長い鳴き声が特徴です。黒柏鶏発祥の地という石碑のある防府市の玉祖(たまのおや)神社では、飼育もされており、見学ができます。
 県畜産試験場では、平成8年度から黒柏鶏を改良して、山口県産のオリジナル地どりのブランド造成に取り組み、作出された鶏が「長州黒かしわ」と名付けられました。肉質はブロイラーと比べやや赤みを持ち、適度な歯応えがあり、脂肪分が少ないという特長があります。

[関連リンク]
文化財の概要「黒柏鶏」
玉祖神社(防府市ホームページ)
山口県畜産試験場「黒柏鶏」

 今回は、「長州黒かしわ鍋セット」を読者クイズの正解者の中から抽選で3名様にプレゼントします。

[応募方法]

 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で「長州黒かしわ鍋セット」をプレゼントします。締め切りは2月11日(木曜日・祝日)です。当選者は2月26日配信の山口きらめーるでお知らせします。

※プレゼントのご応募は、毎月第4金曜日に配信されるメールマガジン「山口きらめーる」から行えます。


[プレゼントクイズ当選者]

 12月25日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。「無角和牛の肉製品」当選者については「アンケート結果・プレゼント当選者」のページをご覧ください。

編集室からのメッセージ

 NHKの大河ドラマで人気の坂本龍馬。前回配信号からの「おもしろ山口学」では、坂本龍馬と下関の関係について紹介しています。坂本龍馬が下関と深い関係があったことを実は私も最近になって知りました。ぜひ、ご感想をお寄せください。

 次回の配信は2月12日です。

バックナンバー一覧へ>>