2009年11月27日Vol.178山口県広報広聴課

いいもん山口

「山口県産ミカンジュース」読者プレゼント

山口県産ミカンジュース

 温州(うんしゅう)みかんは、明治時代から本格的な栽培が行われていた山口県を代表する果樹です。中でも周防大島町は、日当たりや水はけの良い地形から、栽培が盛んで、その生産量は県全体の約8割を占めています。出荷は、10月の極早生(ごくわせ)を皮切りに翌年2月頃まで。そのまま食べても絞ってジュースにしても、おいしくいただけます。
 また、周防大島の新鮮な魚介類の鍋に温州みかんのさわやかな風味を加えた新しい郷土料理「周防大島みかん鍋」も人気で、鍋の通信販売も行われています。

 今回は、「山口県産ミカンジュース」を読者クイズの正解者の中から抽選で5名様にプレゼントします。

[応募方法]

 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で「山口県産ミカンジュース」をプレゼントします。締め切りは12月10日(木曜日)です。当選者は12月25日配信の山口きらめーるでお知らせします。皆さん、奮ってご応募ください。



[読者クイズ]
山口県が、平成24年までに目標としている年間観光客数は?
  • ・3万人
  • ・3百万人
  • ・3千万人