2009年8月14日Vol.171山口県広報広聴課

「山口ふるさと大使」に聞きました

 山口県では、県外で活躍中の山口県にゆかりのある方に、「山口ふるさと大使」へ就任いただき、全国に向けた、山口県のさまざまな魅力のPRにご協力いただいています。
 毎月、第2週目の配信号で、「山口ふるさと大使」に山口県への思いなどをお聞きしています。

第3回 岡本信人(おかもと のぶと)さん

岡本 信人さん

 岡本さんは、1948(昭和23)年、山口県岩国市生まれ。3歳まで岩国市、8歳まで山口市、11歳まで萩市で過ごし、その後神奈川県を経て東京都へ。劇団ひまわりに入団し、NHK「少年福澤諭吉(ふくざわ ゆきち)」で俳優としてデビュー。東海大学二部工学部建築学科卒業。代表作にTBS「ありがとう」「渡る世間は鬼ばかり」などがあります。著書に『道草を喰(く)う』(法研、1998年)があり、近年は野草の愛好家としても注目されています。


幼少のころの思い出はありますか?

[岡本さん]
岩国市に住んでいたときのことはほとんど記憶にないんですが、どうも錦帯橋の近くに住んでいたようです。以前、山口県の民放テレビ局の番組で、この辺りかなあ…と訪ねたことがあるんですよ。山口市での思い出というと、山口市立白石(しらいし)小学校でのことかな。僕が萩へ行くことになったときに、担任の先生がアルバムと手紙をくださって。それをずっと大事に持っていました。思えば、その先生が初恋の人だったんですね。


萩市に引っ越しされた後は、どんな思い出がありますか?

白壁とナツミカン
[岡本さん]
遊んだことばかりですね!僕が通ったのは萩市立明倫(めいりん)(※1)小学校で、放課後はいつも、残しておいた給食のコッペパンをかじりながら、校庭でみんなと野球をしたり缶けりをしたり…。家に帰ってからも、夕方までビー玉やメンコで遊んだり釣りをしたりと…。萩では最初、細工町(さいくまち)に住んでいたんです。庭には、ナツミカンやスモモ、グミとか、実のなる木がいっぱいあって、いろんな実をよく採って食べていましたね。その後、引っ越した無田ヶ原(むたがはら)はもっと自然があふれていて、学校帰りは月見川沿いをイタドリ(※2)の葉をかじりながら家へ。家の周りにも、セリやフキとか、自然がたくさんありましたね。用水路には、きれいな水が流れていて、ドンコをもりで突いて捕ったり、萩城のお堀で釣りをしたり…。まっすぐ学校から帰ることはなく、道草ばかりでした。


野草や自然に興味を持つようになったのは、萩での経験がきっかけなんですね!無田ヶ原というと、吉田松陰(よしだ しょういん)の松陰神社が近くにありますが…。

松陰神社
[岡本さん]
ええ!チャンバラの遊び場でした(笑)。そういえば僕が小学生のとき、松陰先生没後100年を記念して明倫小学校で『松陰読本』(1959年発行版)が作られて、その本、今も持っているんですよ!表紙には、静岡県下田(しもだ)から松陰先生が金子重之助(かねこ じゅうのすけ)とアメリカへ密航しようとしたときの絵が描いてあるんですが、子どものころはそれが誰だかよく分からなくて…。


それは不思議なご縁ですね!!岡本さんは、NHKの大河ドラマ「花神(かしん)」で、その金子重之助の役を演じられたんですよね?

吉田松陰・金子重之助の銅像
[岡本さん]
そうなんですよ!その役を演じたことがきっかけで、金子重之助のお墓参りをしたくて、やはり山口県の民放テレビ局の番組で、そのお墓を管理している寺を探して行ってみたんです。すると、境内のイヌマキの木を見て、あれ?見覚えがあるぞ…と。実はその寺、海潮寺(かいちょうじ)は同級生の家で、昔、よく遊びに行っていた所だったんです。同級生は立派な住職になっていて、思わぬ再会にびっくり!肝心の撮影を忘れて昔話に花が咲いて…(笑)。


一昨年には、山口県の県外広報誌『ひとごこち山口』2007秋冬号で萩市を旅していただきましたね。いかがでしたか?

萩大名行列
[岡本さん]
そのときも2人の同級生に会ったんですよね!しかも、2人ともまちおこしのために頑張っていて。僕らは団塊の世代。まちへの思いや祭りの伝統を後世につなげていく世代になったんだなあ…と感慨深かったですね!僕にとって、萩は楽しいことがいっぱいあった、いいふるさと。横浜へ引っ越すときは、みんなと別れるのがつらくて悲しくて泣いていました。まだやることいっぱいあったのに…と。


最近では、テレビやラジオ番組で「山口ふるさと大使」として山口をPRしてくださり、ありがとうございます。

[岡本さん]
はい!これからも俳優として、なるべく多くのメディアに出て、僕を見れば山口というイメージを皆さんが持ってくださるようになればと思っています。以前、僕が岩国や萩をまわるツアーを企画して、東京から友人を30人ぐらい連れて行って案内したこともあるんです。これからもふるさと山口県のことをPRしていきます!

※1 江戸時代は、萩藩の藩校。
※2 タデ科の多年草。至る所に生え、根茎は長くはう。