2009年7月24日Vol.170山口県広報広聴課

いいもん山口

「秋芳梨」読者プレゼント

外郎

 山口県産のナシは明治時代に美祢市(旧秋芳町)で栽培されたのが始まりといわれています。旧秋芳町にある樹齢100年を越す古木は「長寿梨」と呼ばれ、今も収穫時期においしい実をつけています。毎年8月中旬から赤ナシの「幸水」が収穫され、下旬からは「二十世紀」に代表される青ナシの収穫が始まります。一つ一つ丁寧に栽培された山口県産のナシは、全国から贈答品やお取り寄せ品としても重宝されています


 今回は、「秋芳梨(しゅうほうなし)」を読者クイズの正解者の中から抽選で3名様にプレゼントします。

[応募方法]

 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で「秋芳梨」をプレゼントします。締め切りは8月13日(木曜日)です。当選者は8月28日配信の山口きらめーるでお知らせします。皆さん、奮ってご応募ください。

[読者クイズ]
夏の間だけ萩市のむつみ地域に開国する、カブトムシやクワガタがいっぱいの「国」は?
  • ・ひまわり王国
  • ・地底王国・美川ムーバレー
  • ・むつみ昆虫王国