コンテンツ2009年4月24日Vol.164 山口県広報広聴課

お出かけガイド
  • 人間国宝クラスの陶芸家の名品ぞろい!初披露「染野夫妻陶芸コレクション -リーチ・濱田・豊藏・壽雪-」
  • ピックアップ
おもしろ山口学
  • 幕末の萩の商人 梅屋七兵衛
県庁職場訪問-カズとゆかりのおじゃまします-
  • 県農林総合技術センター農業研修部・県立農業大学校 [後編]
トピックス・お知らせ
  • インターネットオークションによる公売を実施します
  • 「ひとごこち山口」2009春夏号を発行
いいもん山口
  • 小野茶麺読者プレゼント
編集室からのメッセージ
お出かけガイド※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。

人間国宝クラスの陶芸家の名品ぞろい!初披露「染野夫妻陶芸コレクション -リーチ・濱田・豊藏・壽雪-」

三輪壽雪「紅萩菱形水指 銘 花篝」1969年
三輪壽雪「紅萩菱形水指(べにはぎひしがたみずさし) 銘(めい) 花篝(はなかがり)」1969年
 法学者の染野義信(そめの よしのぶ)・啓子(けいこ)夫妻が長年、情熱を傾けて収集された美術品241点が、夫妻の死去後、遺族から山口県に寄贈されました。これを記念し、5月2日(土曜日)から6月21日(日曜日)まで、萩市にある県立萩美術館・浦上記念館で「受贈記念特別展 染野夫妻陶芸コレクション -リーチ・濱田・豊藏・壽雪-」と題した美術展を開催します。
 受贈した美術品は陶芸作品が中心で、その中には、いわゆる「人間国宝」と呼ばれる、国の重要無形文化財「萩焼」の保持者だった三輪休和(みわ きゅうわ)や、その弟でやはり人間国宝の三輪壽雪(じゅせつ)氏をはじめ、山口県が誇る萩焼作家の作品が数多くあります。また、萩焼以外にも、「志野」・「瀬戸黒」の荒川豊藏(あらかわ とよぞう)、「民芸陶器」の濱田庄司(はまだ しょうじ)、「色絵磁器」の藤本能道(ふじもと よしみち)や加藤土師萌(かとう はじめ)といった21人もの人間国宝や、日本の民芸運動に深くかかわったイギリス人のバーナード・リーチなど、日本の近現代の工芸史に欠くことのできない陶芸家の貴重な作品が数多く含まれています。
 今回の美術展は、染野夫妻の遺徳を顕彰しようと企画したもので、東京国立近代美術館が受贈した作品も合わせた染野夫妻コレクションの中から、人間国宝クラスの陶芸家の作品約260点を紹介します。
 山口県が受贈した染野夫妻コレクションは、今回が初披露です。卓越した選択眼で収集された名品の数々をぜひご鑑賞ください。
期間
5月2日(土曜日)から6月21日(日曜日)まで
場所
県立萩美術館・浦上記念館
開館時間
9時から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日
月曜日(5月4日(月曜日・祝日)は開館)
料金
一般800円、学生600円
※18歳以下・70歳以上無料
問い合わせ
県立萩美術館・浦上記念館 電話:0838-24-2400
ピックアップ

萩市 萩焼まつり

萩焼まつり
期間
5月1日(金曜日)から5日(火曜日・祝日)まで
9時から17時30分まで
場所
萩市民体育館
内容
約400年の伝統を誇り、国内外にその芸術性が高く評価されている萩焼は、観光土産品としても幅広い層に好評です。会場には約60の萩焼の窯元や販売店が出店し、品ぞろえも豊富で通常より安く販売されます。萩焼ろくろ体験(2,500円+送料)や萩焼が当たる抽選会なども行われます。
問い合わせ
萩焼まつり実行委員会 電話:0838-25-3333

下関市 しものせき海峡まつり

先帝祭 上臈(じょうろう)参拝
期間
5月2日(土曜日)から4日(月曜日・祝日)まで
場所
市内各所
内容
関門海峡を舞台に繰り広げられた史実を基にした、歴史情緒豊かな祭りです。2日には壇之浦(だんのうら)の合戦で滅んだ平家一門の追悼祭が、3日には合戦で崩御された安徳天皇をしのぶ先帝祭(せんていさい)、80隻余りの船による源平船合戦、剣豪・宮本武蔵(むさし)と佐々木小次郎(こじろう)の巌流島(がんりゅうじま)の決闘の再現などが行われます。
問い合わせ
下関市観光振興課 電話:083-231-1350

下松市 第32回笠戸島まつり

ウナギのつかみ取り
日時
5月3日(祝日) 10時から15時30分まで
場所
国民宿舎「大城」
内容
長岡外史(ながおか がいし)像のある外史公園のすぐそばの国民宿舎「大城(おおじょう)」で、笠戸ひらめ雑炊プレゼント(先着150人)やウナギのつかみ取り(300円、小学生以下限定)などが行われます。地元で収穫された野菜や植木、花即売コーナーなどもあります。
問い合わせ
下松市産業観光課 電話:0833-45-1841

周南市 第23回永源山公園「つつじ祭り」

永源山公園のツツジとこいのぼり
期間
5月3日(日曜日・祝日)から5日(火曜日・祝日)まで
9時から16時まで
場所
永源山(えいげんざん)公園
内容
市街地にあり13.3ヘクタールの広さがある永源山公園では、四季折々の花木が楽しめます。この時期、ヒラドツツジやキリシマツツジ、ドウダンツツジなど約35,000株の開花に合わせ、つつじ祭りが行われます。祭りでは、花の苗の無料配布(3日11時30分から先着350人)のほか、ライブステージなどさまざまなイベントが行われます。
問い合わせ
永源山公園管理事務所 電話:0834-63-7899

宇部市 新川市まつり

ステージイベント
期間
5月3日(日曜日・祝日)から5日(火曜日・祝日)まで
場所
中心市街地ほか
内容
江戸時代に、真締(まじめ)川の洪水を防ぐために掘られた「新川」。その土手の守護のため創建された中津瀬(なかつせ)神社で4月、8月に行われた市がこの祭りの起源です。最終日の5日には、ステージイベント、「宇部地産地消ふるさとフェア」、花みこしやあでやかな狐の嫁入り行列などが行われます。
問い合わせ
新川市まつり実行委員会 電話:0836-31-0251

山口市 青空天国いこいの広場[PDFファイル:2.42MB]

昨年行われたメガバルーンバレーの様子
日時
5月5日(祝日) 10時から15時30分まで
場所
県維新百年記念公園
内容
親と子が触れ合う楽しいイベントです。小学生1,000人による鬼ごっこ(先着順)、魚のつかみ捕り(小学生先着400人)など体を思いっきり動かし遊べるもの、はしご車や救急車に乗れる(午前・午後 先着各60組)体験ものなどたくさんのイベントが行われます。
問い合わせ
青空天国いこいの広場実行委員会
電話:083-922-7646

防府市 大平山つつじまつり

大平山ロープウェイとツツジ
期間
5月9日(土曜日)から17日(日曜日)まで
場所
大平山(おおひらやま)
内容
毎年10万株のツツジが咲き、全山を覆うころに開催されます。花、苗木、手作り作品等の展示即売、地元ボランティアによるバザーなどが行われます。祭りの締めくくりとなる16日・17日には、ロープウエーの夜間運行もあり、昼はツツジ、夜は防府市街の夜景を楽しめます。
問い合わせ
大平山ロープウェイ 電話:0835-38-0442

 ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。


▲目次にもどる

おもしろ山口学

幕末の萩の商人 梅屋七兵衛

梅屋七兵衛肖像
梅屋七兵衛肖像
萩博物館蔵
 幕末、関門海峡で攘夷を実行するも、四国※1連合艦隊の報復により完敗を喫した長州藩は、欧米諸国の強大な軍事力を実感し、このままの軍備では日本は外国に植民地化されるという危機感を募らせるようになります。さらに、幕府による長州征討が迫り、長州藩は軍備体制の近代化を急ぎ、洋式の武器を調達することとしました。しかし、幕府と対立する長州藩が洋式の武器を手に入れるには密輸するしかなく、藩は藩士らに密輸するよう密命を下すのですが、その密命を受けた者の中に、萩の商人で北国(ほっこく)問屋※2を営んでいた梅屋七兵衛(うめや しちべえ)がいました。
 1865(慶応元)年4月、七兵衛は鉄砲1,000丁購入の密命を受け、長崎へ赴きます。七兵衛は外国人の商人と交渉を重ねますが、言い値が高く、交渉を中止。あらためて別のイギリス商人と交渉したところ話がまとまり、自分で調達した3,000両の契約金を渡しました。ところが、先に商談を受けていた商人はこれを恨んで長崎奉行に密告。七兵衛は拘束されてしまいます。しかし、七兵衛はいったん宿に帰された際に監視の目を盗んで、契約相手のイギリス商人と上海へ逃亡。イギリス商人は鉄砲を調達しにイギリスへ帰り、七兵衛は一人、上海で待ちます。そして1年後、鉄砲1,000丁を運んで迎えに来たイギリス商人の船で現在の長門市仙崎へ帰着。地元では、異国船が来たと大騒ぎになりますが、七兵衛が下船し事情を説明。鉄砲は無事に長州藩へと引き渡されました。七兵衛は、この命懸けの行為によって、長州藩から永代名字を名乗ることと帯刀が許されたのでした。
 やがて、この鉄砲は戊辰戦争※3で使われ、長州藩の属する新政府軍を勝利に導きました。
 七兵衛は、晩年、萩で小堀遠州(こぼりえんしゅう)流の武家茶道を教えながら静かに暮らしたといわれ、茶室のある旧宅は今も萩市浜崎町に残っています。

  • ※1 イギリス、フランス、オランダ、アメリカ
  • ※2 北前船と取り引きする問屋。
  • ※3 1868(慶応4・明治元)年から1869(明治2)年まで行われた新政府軍と旧幕府側との戦い。この戦いで新政府軍が勝利したことで明治新政府が誕生する。
参考文献『萩市史』など



▲目次にもどる

県庁職場訪問-カズとゆかりのおじゃまします-

県農林総合技術センター農業研修部・県立農業大学校 [後編]

県立農業大学校の校章
 前編では、農林総合技術センター農業研修部・農業大学校の農業研修部について紹介しました。今回は、農業大学校とはどんなところなのか、畜産課肉用牛経営コース主任技師の大元義彦(おおもと よしひこ)さん、園芸課花き経営コース主任の斉藤(さいとう)さつきさんに話を聞きました!
ゆかり
[ゆかり]農業大学校はどういう人を対象とした学校なのですか?
[大元さん]将来、農業を仕事としたい人が対象です。農業高校の卒業生が多いのですが、普通科の高校や短大を卒業して、あるいは企業を退職して入学する人もいます。年齢制限はありませんので、定年後に入学したいという方もいます。
カズ
[カズ]山口県立農業大学校は2007(平成19)年度から専修学校としても認可されたそうですね。専修学校になってどう変わったのですか?
[大元さん]はい。卒業生は、これまでも学歴としては「2年制短大卒業」扱いだったのですが、「専門士」の称号と、4年制大学の3年次への編入試験も受けられるようになりました。これを活用して、今春初めて卒業生2人が、農業のことをもっと勉強したいと4年制大学の農学部へ進学したんですよ!
ゆかり
[ゆかり]わーっ、おめでとうございます!充実した学生生活だったんでしょうね。この学生生活、2年間でどんなことを学ぶのでしょうか?
[斉藤さん]はい。本校は、畜産学科に酪農経営・肉用牛経営の2コース、園芸学科に野菜経営・花き経営・果樹経営の3コースがあります。園芸学科では、学生各自が作物を決め、市場の動向を予測して出荷時期を定め、それに合わせた作付計画を立てて育てていきます。また、各自が品質向上や省力化、経費削減といった目標や課題を定め、その解決方法を考え、実践し、卒論にまとめます。
畜産学科の実習
[大元さん]畜産学科でも、1年次には、牛乳や肉用牛の生産の視点から、基礎的な管理方法を学びながら生産技術を習得していきます。2年次では、経営の視点から、品質の向上や作業の省力化、経費削減といった課題を各自が持ち、課題解決に向けて、日々、飼育方法などを考え工夫して、比較検討を行ったりして、結果を卒論にまとめます。
ゆかり
[ゆかり]学生たちが育てた作物などはどうなるのですか。
春待ちみかん
[斎藤さん]園芸学科の場合、流通教育の一環として防府市内の卸売市場に出荷しています。出荷量は多くありませんが、農大ブランドを目指して、越冬完熟ミカンを「春待ちみかん」、高糖度トマトを「紅桃果(こうとうか)」と名付けて出荷しています。消費者のニーズを把握するため、学生たち自らスーパーなどで対面販売の実習を行ったりもします!
ゆかり
[ゆかり]なるほど!市場動向や消費者ニーズを考えながら作物や牛を育てることを学ぶので、各コースに「経営」という言葉が付いているんですね!
カズ
[カズ]学生の卒業後の進路はどうですか?
農大における対面販売
[大元さん]就農する人のほか、農業を会社形態で営んでいる農業法人、営農指導員としてJA、園芸店や農機具販売店などの農業関連産業などへ就職します。
ゆかり
[ゆかり]お二人は、学生に農業を教える仕事を通して、どんなことを感じていますか?
卒業式
[斎藤さん]学生には、さまざまな経歴、年代の方がいることから、それぞれに応じた教育方法が求められます。教えるというのは本当に難しいですね。しかし、学生たちが日々、成長する姿を見ると、教える喜びを感じます。また、全寮制なので、学生同士、また、学生と私たちの間にも強いきずなが生まれ、卒業式では感極まってみんなで号泣してしまうほどです。
[大元さん]機械を使う危険な作業もありますし、牛にけられることもあります。学生がけがをしないよう、いつも安全に気を配りながら教えないといけないのが大変ですね。とはいっても、入学当初に牛にけられないか恐る恐る触っていた学生が、1年もたつと親しみを持って牛を抱き締めることができるまでになるんですよ。
カズ
[カズ]最後に、農業大学校へ入学を考えている方へアピールするとすれば、どんなことですか。
[大元さん]中四国の農業大学校の中で1,2を争う数の牛がいますので、いろんな性格の牛と触れ合えるなど恵まれた環境で学べることです。
[斎藤さん]県農林総合技術センターが育成した山口県オリジナルの果物や花き、栽培技術などをいち早く導入し、学ぶことができることです。
[大元さん・斉藤さん]農業のプロを目指す方、ぜひ本校をご検討ください!入学をお待ちしています。また、夏には県内高校生を対象としたオープンキャンパスも開催しますよ。

次回は、県下関水産振興局をご紹介します。お楽しみに!



▲目次にもどる

トピックス・お知らせ

インターネットオークションによる公売を実施します

売却区分番号 第701号
 県では、ヤフー(株)のインターネットオークションサイトを利用した公売を実施しています。今回は、県税の滞納により差し押さえた自動車、洋酒、掛け軸、腕時計、事務用機器など計13件を公売します。全国からの多数の参加をお待ちしています。
公売参加申し込み期間
4月30日(木曜日) 17時まで
入札期間
5月8日(金曜日)13時から11日(月曜日)14時30分まで
入札への参加方法
Yahoo!JAPANの官公庁オークション(山口県インターネット公売)の画面上から手続を行う必要があります。詳しくは、県ホームページに掲載している第18回山口県インターネット公売をご覧ください。
問い合わせ
県税務課 電話:083-933-2282

「ひとごこち山口」2009春夏号を発行

ひとごこち山口2009春夏号
 県外向け広報誌「ひとごこち山口」2009春夏号を発刊しました。県ゆかりの著名人が案内人となり、地域の人たちとの交流を描いた巻頭特集など、山口県ならではの魅力を幅広く紹介しています。ぜひ、ご覧ください。
内容
[巻頭特集]交流のすすめ
山口県出身のタレントで「山口ふるさと大使」の松村邦洋(まつむら くにひろ)さんが、地元の資源を用いて産業を興し、宇部市・美祢市・山陽小野田市の発展の礎を築いた先人たちの業績を学べる「産業観光バスツアー」を体験しました。
[第2特集]UJIターンのすすめ
大阪から岩国市錦町(にしきまち)にUターンし、特産のワサビ栽培や地域活動などに取り組む方を紹介します。
[やまぐち雑学図鑑]山口県の伝統野菜を紹介します。
[うっとり のんびり]
中原中也(なかはら ちゅうや)記念館(山口市)
[やまぐちの御用達]焼き抜きかまぼこ
問い合わせ
県広報広聴課 電話:083-933-2566
その他のトピックス・お知らせ

県政ワンショット

 大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

県ホームページの注目サイト

 今回は、新たに開設した山口県の主要基礎データに関するサイトを2つと、統計データに関するサイトを紹介します。
  • 山口県主要基礎データ検索
    山口県政にかかわるさまざまな基礎データを紹介するサイトです。
  • 統計情報一覧
    山口県の県勢に関するさまざまなデータを紹介するサイトです。
  • 統計雑学帳
    統計データの収集方法や統計に関する豆知識などを紹介するサイトです。

▲目次にもどる

いいもん山口

バランスのよい味と香り!山口県産のお茶  小野茶麺読者プレゼント

お茶
※画像はイメージです。
 山口県のお茶の栽培は江戸時代から始まり、長州藩が振興策を講じたことから各地に普及しました。現在の山口茶は昭和40年代から特産品としても親しまれており、9割以上は宇部市の小野地区で生産され「小野茶」と呼ばれています。甘味、渋味、苦味のバランスがよく、新茶を中心に玄米茶や手摘み煎茶(せんちゃ)などたくさんの種類があります。

 今回は、平成20年度山口県特産品振興奨励賞を受賞した「小野茶麺(めん)」を読者クイズの正解者の中から抽選で5名様にプレゼントします。

[応募方法]
 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で「小野茶麺」をプレゼントします。締め切りは5月7日(木曜日)です。当選者は5月22日配信の山口きらめーるでお知らせします。皆さん、奮ってご応募ください。

ご応募はこちら

[プレゼントクイズ当選者]
 3月27日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。「クジラ加工品」当選者については「アンケート結果・プレゼント当選者」のページをご覧ください。

▲目次にもどる

編集室からのメッセージ
 お出かけにぴったりの季節になり、間近に迫ったゴールデンウイークを心待ちにされている方も多いのではないでしょうか。特集では、県立萩美術館・浦上記念館の特別展「染野夫妻陶芸コレクション」を取り上げています。ピックアップで紹介した以外にも、ゴールデンウイーク期間中は、県内各地でさまざまなイベントが予定されていますので、皆さん、ぜひ足を運んでみてください。

 次回の配信は、5月8日です。

▲目次にもどる

バックナンバー一覧へ>>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策部広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策部 広報広聴課のページへ
登録変更・中止、バックナンバーの閲覧
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
ひとのくに山口ファンクラブ ひとごこち山口 VODやまぐち
つくろう!住み良さ日本一 やまぐち元気寄附金 おいでませ山口館(東京)
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2009 All rights reserved.