コンテンツ2008年12月26日Vol.156 山口県広報広聴課

お出かけガイド
  • 海峡のまちで新年を祝おう!「海響館カウントダウン2009」「海峡ゆめタワー元旦早朝営業」
  • ピックアップ/県立施設情報
  • 近県情報:福岡県北九州市
おもしろ山口学
  • 山口県の温泉
県庁職場訪問-カズとゆかりのおじゃまします-
  • やまぐち総合教育支援センター [後編]
トピックス・お知らせ
  • 県立病院の助産師と看護師を募集
  • 「合同会社説明会」を開催
いいもん山口
  • マフグチリ鍋読者プレゼント
  • 地産地消推進企画
編集室からのメッセージ
お出かけガイド※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。

海峡のまちで新年を祝おう!「海響館カウントダウン2009」「海峡ゆめタワー元旦早朝営業」

ライトアップされた関門橋 2008(平成20)年も残りわずかとなりました。今年の最後は“海峡のまち”下関市で行われる年末年始のイベントを中心に紹介します。
 みんなでカウントダウンしながら新年をにぎやかに迎えたい方は、しものせき水族館「海響館(かいきょうかん)」で12月31日(水曜日)に行われる深夜特別営業「海響館カウントダウン2009」へ出かけてみませんか。下関市出身の男性ダンスユニットや、テレビアニメ「ワンピース」の主題歌などで有名な萩市須佐出身のシンガー・きただに ひろしさんによるライブなどが行われた後、23時50分ごろからカウントダウンレーザーショーとイルカたちが多彩なジャンプを繰り広げる特別バージョンのステージで新年を迎えます。
 海峡のまちならではの年越しを楽しみたい方は、本州と九州を結ぶ架け橋「関門橋」の特別ライトアップを見に、関門橋眺望のベストロケーション「みもすそ川公園」へ出かけてみませんか。通常は夜間3時間のみ、関門橋のロープ部分へのイルミネーションと橋脚部分からのライトアップが行われていますが、大みそかから元旦にかけては18時から翌朝6時まで延長。さらに大みそかの23時57分にはそれらの光が一旦消され、元旦の0時ちょうどに再び新たに点灯される1年に一度の風景に出会えます。また年明けの瞬間には、関門港(下関港・北九州港)に停泊中の船舶が一斉に汽笛を鳴らして新年を祝う音も響きわたります(霧などで船舶の視界が制限されている場合は中止)。
 初日の出を見るなら、「海峡ゆめタワー」の展望室(地上143メートル)へ。1月1日(祝日)は「元旦早朝営業」として6時30分から入館でき、先着100名様には、紅白もちと、海峡ゆめタワーのミニチュアが付いたオリジナルの耳かきがプレゼントされます。そのほか、フグ(下関ではフクと呼びます)の加工品2,000円相当を詰め合わせた「ふく袋」を1,000円で販売するお楽しみも用意されています。
 2008年から2009年へ。年を越す瞬間を、本州と九州とを結ぶ海峡のまちで過ごして、どうぞよい年をお迎えください。
日時
12月31日(水曜日)21時から平成21年1月1日(木曜日・祝日)午前1時まで
場所
下関市立しものせき水族館・海響館
料金
大人900円、小中学生450円、幼児(3歳以上未就学児)200円
問い合わせ
下関市立しものせき水族館・海響館 電話:083-228-1100
日時
平成21年1月1日(祝日)6時30分から21時30分まで ※入館は21時まで
場所
海峡ゆめタワー
料金
[タワー展望料金] 高校生以上600円、小中学生300円
問い合わせ
海峡メッセ下関 インフォメーションセンター 電話:083-231-5600
1月1日 電話:083-231-5877
ピックアップ

岩国市 岩国城ロープウェー初日の出運転

瀬戸内海の日の出
日時
平成21年1月1日(祝日) 6時30分から
場所
岩国城ロープウェー
料金
往復:中学生以上 540円、小学生 250円
内容
元旦に行われる岩国城ロープウェーの早朝運転です。標高211メートルの城山の頂からは、瀬戸内海に昇る初日の出とともに、錦帯橋や城下町、錦川、遠くに瀬戸内海の島々を一望できます。
問い合わせ
岩国市観光課 電話:0827-41-1477

防府市 初日の出は大平山で

大平山からの初日の出
日時
平成21年1月1日(祝日) 4時30分から
場所
大平山(おおひらやま)ロープウェー
料金
往復:中学生以上 1,000円、小学生以下 500円
内容
元旦に行われる大平山ロープウェーの早朝運転です。標高631メートルの山頂からは、初日の出とともに、その光に照らされた瀬戸内海の島々の美しい景色が望めます。ロープウェー利用の中学生以上先着600人には、干支の土鈴のプレゼントがあります。
問い合わせ
防府市観光振興課 電話:0835-25-2148
大平山ロープウェー 電話:0835-38-0442

下松市 大黒市

力自慢米俵担ぎ
日時
平成21年1月7日(水曜日) 10時から17時まで
場所
妙見宮鷲頭寺(みょうけんぐうじゅとうじ)
内容
七福神の一柱・大黒天の縁日に合わせて行われる祭りです。米俵に乗る大黒天の姿から生まれた「力自慢米俵担ぎ」では、年齢に応じた重さの俵を3メートル先のゴールまで担ぐと、豪華な賞品がプレゼントされます。また、七草粥の接待やもちまきなども行われます。
問い合わせ
下松市観光協会 電話:0833-45-1841
妙見宮鷲頭寺 電話:0833-41-1345

萩市 松陰神社勧学祭

松陰神社
期日
平成21年1月12日(月曜日・祝日)
場所
松陰(しょういん)神社
内容
幼少の頃から英才の誉れが高く、学問の神と呼ばれる吉田松陰の御神徳にあやかろうと入学祈願の受験生が訪れます。祝詞をあげ受験生たちの合格を祈願するほか、個人祈願も受け付けています(要問い合わせ)。
問い合わせ
萩市観光協会 電話:0838-25-1750
松陰神社 電話:0838-22-4643

防府市 毛利博物館企画展「縁起を祝う-鶴亀・鳳凰・松竹梅-」

正月飾り
期間
平成21年2月1日(日曜日)まで
※年内は休館。新年は1月1日(祝日)から
場所
毛利博物館
開館時間
9時から17時まで(入館は16時30分まで)
入館料
大人700円、小中学生350円
内容
江戸時代の大名家の正月の様子を伝える企画展です。鶴亀・松竹梅など吉祥の図柄を用いた絵画・工芸品や、毛利家ゆかりの「正月飾り」などを展示します。
問い合わせ
防府市観光振興課 電話:0835-25-2148
毛利博物館 電話:0835-22-0001

長門市 文楽公演県立施設情報

「紅葉狩」更科姫
「紅葉狩」更科姫
日時
平成21年3月19日(木曜日)
昼の部:13時開演、夜の部:17時開演
場所
ルネッサながと
料金
1階席 4,000円、2階席 2,500円、2階席高校生以下 1,200円、桟敷席(6人) 20,000円
前売り券発売
平成21年1月7日(水曜日) 10時から
内容
文楽公演劇場としては国内トップレベルの舞台機構を活かして、人形浄瑠璃「文楽」を公演します。昼の部の、豪快さと緊張感に満ちた傑作「一谷フタバ(いちのたにふたば)軍記(ぐんき)」や、夜の部の、躍動感にあふれた舞と豊かな音楽性を楽しめる「二人三番叟(ににんさんばそう)」などが上演されます。
問い合わせ
ルネッサながと 電話:0837-26-6001

 ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。


近県情報

福岡県北九州市 カウントダウン2009 in 門司港レトロ

カウントダウン2009 in 門司港レトロ
日時
12月31日(水曜日)23時から平成21年1月1日(木曜日・祝日)午前0時30分まで
場所
JR門司港駅前レトロ広場
内容
30万球のイルミネーションをまとった樹木約100本に彩られた、門司港レトロでカウントダウンが行われます。新年を迎えると同時に花火も打ち上げられます。
問い合わせ
門司区門司港レトロ室 電話:093-322-1188
門司港レトロ倶楽部 電話:093-332-0106

 山口県は、下記の協議会に参加し、広域連携による観光振興を行っています。

▲目次にもどる

おもしろ山口学

山口県の温泉

温泉イメージ
 山口県には温泉地が多く、広範囲に分布しています。特に湯田(ゆだ)温泉(山口市)、湯本(ゆもと)温泉(長門市)、俵山(たわらやま)温泉(長門市)、川棚(かわたな)温泉(下関市)は防長四湯として古くから有名です。山口県の温泉地の特徴として一番に挙げられるのは、すべて非火山性の温泉ということです。温泉には火山性と非火山性があり、火山活動によらないことから、県内の温泉は、温度が25度未満のものが多く※1、全温泉地の82パーセントを占めています。しかし、湯田温泉は非火山性でありながら72度と、県内温泉の最高温度を誇り、湯量も1日当たり1,304トンが湧き出ています。県内温泉の泉質※2としては、俗にラジウム温泉といわれる放射能泉と単純温泉がそれぞれ40パーセントずつを占めています。
 温泉には疲労を回復させる「休養」、健康を保持し病気を予防する「保養」、病気の治療をする「療養」という3つの効果があり、「温泉の三養」と呼ばれています。療養のための温泉地を挙げると、昭和30年に厚生省(現在は環境省の管轄)から国民保養温泉地※3の指定を受けた俵山温泉は、アルカリ性単純温泉でリウマチ性疾患に効くといわれています。ほとんどの宿泊施設が内湯を持たず、昔ながらの外湯に通う、古くからの湯治場スタイルが今に残る全国でも珍しい温泉地です。宿泊客は「町の湯」「白猿の湯」と呼ばれる共同浴場を利用し、長期間滞在する湯治客が多く、温泉治療を目的とした病院もあります。他に、周南市にある三丘(みつお)温泉が国民保養温泉地の指定(昭和36年)を受けています。
 県内の温泉は全域におよそ50カ所。泉質やロケーションごとに異なる情緒が楽しめます。
  • ※1 温泉法では、温度がいくら低くても溶解成分がある決まった量を満たしていれば温泉となります。
  • ※2 含まれる成分と含有量によって温泉を幾つかのグループに分類し、湯の特色を示したもの。
  • ※3 温泉の公共的利用増進のため、温泉利用施設の整備及び環境の改善に必要な地域として環境大臣が指定した地域。温泉の効能の高さ、湧出量などの条件を満たし、療養、保養、休養に適した健全な温泉地。


▲目次にもどる

県庁職場訪問-カズとゆかりのおじゃまします-

やまぐち総合教育支援センター [後編]

やまぐち総合教育支援センターの周辺風景
 今年4月に、子どもたちの健やかな成長を総合的にサポートする教育機関として生まれ変わった「やまぐち総合教育支援センター」。新たに始めた取り組みなどについて、研究指導主事の宮村和幸(みやむら かずゆき)さんに聞きました。
カズ
[カズ]特に力を入れている3つの点のうち、残りの「学校現場に対する専門的支援の充実・強化」についても新しく始めたことがあるそうですね?
センターの中庭
[宮村さん]はい、今年度から主に小・中学校を対象とした「学校サポートチーム」という取り組みを始めました。これは、県・市町の教育委員会の職員や専門家などからなるチームをつくって学校を支援していこうというものです。
カズ
[カズ]学校だけでは解決できないことが多くなっているんですか?
[宮村さん]今、小・中学校などでは、さまざまな問題が発生しています。学習指導や生徒指導、発達障害に関する支援、保護者への対応など、学校と市町の教育委員会だけではなかなか解決できない場合があります。そこで、県の教育委員会や専門家も加わったチームを編成し、総合的、専門的な見地から学校を支援していこうということになったのです。
カズ
[カズ]学校サポートチームはどうやって編成されるのですか?
クリックで県教育広報誌「ふれあい夢通信」のページへリンクします
[宮村さん]学校から市町の教育委員会を通した要請を受け、県・市町の教育委員会と当センターが実態を把握した上で、チームを編成します。内容によってはスクール・ソーシャルワーカーなどの専門家がチームに加わることもあります。
ゆかり
[ゆかり]学校サポートチームは、すでに動き出しているんですか?
[宮村さん]はい。11月末現在で、27校に支援やアドバイスなどを行っています。
ゆかり
[ゆかり]難しい問題に、いろいろな方が協力して解決にあたっているんですね。子どもたちにとって、できるだけいい形で解決できるといいですね…。
カズ
[カズ]ほかにも、すばらしい指導力をもった先生による公開授業などの取組が行われているそうですね。
[宮村さん]はい。現役の先生の優れた指導技術やノウハウなどを、ほかの先生にも役立てもらおうと、新たに「教育力向上指導員」制度を始めました。教育力向上指導員は公開授業のほか、他校への訪問指導等も行うなど、先生方の指導力ひいては本県教育力の一層の向上を図るための活動をしています。他県では、スーパーティーチャーと呼んでいるところもあるんですよ。
ゆかり
[ゆかり]スーパーティーチャーって、私も聞いたことがあります!どういう方が教育力向上指導員になるのですか?
[宮村さん]学習指導や生徒指導、部活動の指導など6つの分野で高い専門性と卓越した指導力をもった先生です。前年度の県教育功労者表彰を受けた先生の中から、県教育委員会が毎年50人程度ずつ委嘱していきます。委嘱期間は基本的に2年間です。
ゆかり
[ゆかり]どんな授業をされる先生なのか、なんだかワクワクしてきますね!
教育力向上指導員の公開講座
[宮村さん]ええ!私もそうした先生の授業を参観しましたが、子どもたちの反応を吸い上げ、きちんと受け止めて大事に返していく…。まさに教えることのプロです!公開授業や訪問指導、助言、研修会の講議などにより、学習指導案だけでは分からない、授業などの進め方を、是非たくさんの先生に伝えていただきたいものです。
カズ
[カズ]ところで、9月に「やまぐち総合教育支援サイト」というWebサイトを開設されたそうですね?
クリックでやまぐち総合教育支援サイトへリンクします
[宮村さん]はい!「子どものページ」「先生のページ」「保護者のページ」「地域・社会のページ」「企業のページ」という5つのカテゴリーに分けています。例えば子どものページには、どの学年の、どの教科の、どんな内容の学習をしたいかを選ぶと、それに当てはまる色々な問題や学習教材などが簡単に得られるような、自学自習用のコンテンツがあります。家庭学習に活用できるので、保護者の方にも便利だと思います。また、子ども向けの優れたサイトを紹介する「おすすめサイト」もあります。なお、今後、先生方から自作の教材などを広く募集し、いいものは先生のページにアップして、みんなで利用できるようにしていく予定です。子どもや保護者向けのコンテンツもこれから増やしていきますので、ぜひ活用してください!

次回は、県環境保健センターをご紹介します。お楽しみに!



▲目次にもどる

トピックス・お知らせ

県立病院の助産師と看護師を募集

患者をお世話する看護師
 県立病院で勤務する助産師(県立総合医療センター)と看護師(県立総合医療センター、県立こころの医療センター)の平成20年度選考試験の受験申し込みを受け付けています。
試験職種
助産師、看護師
採用予定人数
助産師 2人程度
看護師 9人程度
受付期間
平成21年1月14日(水曜日)まで(当日消印有効)
土曜日、日曜日、祝日、12月29日~1月3日を除く
※詳しくは、県ホームページに掲載している受験案内をご覧ください。
問い合わせ
県医務保険課 電話:083-933-2910

「合同会社説明会」を開催

過去の合同会社説明会の様子
 正社員として働くことを希望する方と、若年者の採用に意欲的な企業に、出会いの場を提供するための説明会を開催します。事前申し込みは不要です。
日時
平成21年1月23日(金曜日)13時から16時まで
場所
山口グランドホテル(JR新山口駅新幹線口前)
対象者
30歳代までの方
問い合わせ
県若者就職支援センター 電話:083-974-5120
その他のトピックス・お知らせ

県政ワンショット

  大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

県ホームページの注目サイト

  今回は、雇用対策に関するサイトを3つ紹介します。
  • やまぐち人材バンク
    求人・求職情報を掲載することにより、求人・求職の出会いの場を提供し、求職者の就職や求人企業の人材確保を支援するサイトです。
  • Uターン制度について
    山口県へのUターンを希望されている方が安心してUターンできるように、Uターン希望登録した方へのサポート内容などを紹介しています。
  • 地域若者サポートステーション
    若い方の職業的自立を支援している地域若者サポートステーションを紹介しています。

▲目次にもどる

いいもん山口

マフグチリ鍋読者プレゼント

フグ料理
※画像はイメージです。
 山口県を代表する冬の味覚といえばフグ。毒があるため、長い間食べることが禁じられていましたが、初代総理大臣・伊藤博文(いとう ひろぶみ)が下関の料亭で食べて大いに気に入り、解禁したというエピソードがあります。萩ではマフグがブランド魚となっています。身があめ色で深い旨みがあり、「フグの女王」と呼ばれ、トラフグにも匹敵する味といわれています。

[関連リンク]VODやまぐち「山口のシンボルを訪ねて(その1)-フグ-」

 今回は、「マフグチリ鍋」を読者クイズの正解者の中から抽選で3名様にプレゼントします。

[応募方法]
 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で「マフグチリ鍋」をプレゼントします。締め切りは1月8日(木曜日)です。当選者は1月23日配信の山口きらめーるでお知らせします。皆さん、奮ってご応募ください。

ご応募はこちら

[プレゼントクイズ当選者]
 11月28日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。「ごぼううどん」当選者については「アンケート結果・プレゼント当選者」のページをご覧ください。


地産地消推進企画

UBEDOGパッケージイメージ「記念館の見える街 with UBE DOG ロボくん」
 皆さんおなじみの「UBE DOG ロボくん」が、宇部市の創作洋菓子店ロイヤルとコラボレーションして、山口県の地産地消を推進していく試みがスタート。「萩のナツミカン」、「徳佐のリンゴ」、「厚狭のイチゴ」、「小野のお茶」といった山口県自慢の特産品を使った製品「記念館の見える街 with UBE DOG ロボくん」が登場しました。

[銘菓プレゼント]
 今回は特別に「記念館の見える街 with UBE DOG ロボくん」を抽選で20名様にプレゼントします。

▲目次にもどる

編集室からのメッセージ
 地産地消推進企画として「記念館の見える街 with UBE DOG ロボくん」を紹介しています。UBE DOGといえば、平成13年に開催された山口きらら博でプラモデルとして販売され、あの愛くるしい風貌に魅せられて何個か購入し、子どもと組み立てたのを思い出しました。
 今回で今年最後の「山口きらめーる」となりました。1年間多くの皆様にご愛読いただき、ありがとうございました。新年が皆様にとって良い年となりますように、心からお祈りします。
 次回の配信は、1月9日です。

▲目次にもどる

バックナンバー一覧へ>>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策部広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策部 広報広聴課のページへ
登録変更・中止、バックナンバーの閲覧
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
ひとのくに山口ファンクラブ ひとごこち山口 VODやまぐち
つくろう!住み良さ日本一 やまぐち元気寄附金 おいでませ山口館(東京) おいでませ山口館(広島)
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2008 All rights reserved.