コンテンツ2008年11月28日Vol.154 山口県広報広聴課

お出かけガイド
  • イルミネーションのまち・周南市の冬の風物詩「第24回周南冬のツリーまつり」
  • ピックアップ/県立施設情報
  • 近県情報:福岡県北九州市
おもしろ山口学
  • 狩野芳崖[前編] 芳崖という名に込められた思い
県庁職場訪問-カズとゆかりのおじゃまします-
  • 県立こころの医療センター [後編]
トピックス・お知らせ
  • 山口ふるさと大使制度がスタートしました
  • 「DISCOVER WESTハイキング」の参加者を募集
いいもん山口
  • 「ごぼううどん」読者プレゼント
編集室からのメッセージ
お出かけガイド※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。

イルミネーションのまち・周南市の冬の風物詩「第24回周南冬のツリーまつり」

周南冬のツリーまつり 1985(昭和60)年から周南市のJR徳山駅前など中心市街地では「周南冬のツリーまつり」が行われており、今年も12月1日(月曜日)から28日(日曜日)まで開催されます。12月1日には「点灯セレモニー」が行われ、街路樹55本にレインボー電飾球とLED(発光ダイオード)計7万個の明かりが灯(とも)されます。さらに今年は噴水ロータリーに、高さ約15メートルをはじめとした4本のLEDツリーが登場し、「光の塔」としてクリスマス気分を盛り上げます。
 このイベントで近年人気を集めているのが「伝説の鐘」です。これは「鐘を鳴らすと幸せになる」という新しい伝説を作ろうと1997(平成9)年から設置されたもので、その後、「希望の鐘」も加わり、今では人気のスポットとなっています。
 期間中の毎週土曜日には、「ウィークエンドイベント」が開催されます。イベント内容は大道芸のパフォーマンスやバンド演奏、売上金を盲導犬の育成に寄付するチャリティキャンドルの販売など。また、全国各地の約6割から7割のおみくじを作っている神社が周南市鹿野(かの)にあることから登場することになった「恋みくじ」が今年も登場します。
 12月23日(火曜日・祝日)には、「ファンタジックナイト」と題し、音と光の特殊効果ショーや高校生によるファッションショー、オランダ製ストリートオルガン(街頭手回しオルガン)の演奏などのイベントが行われます。駅ビル2階では、鹿野地区の皆さんにより人気のジャンボいなり寿司やもち、農産物などが販売される「田舎ばあちゃん家のえんがわ祭」も開かれます。
 周南市といえば、コンビナートの夜景でも有名なまちです。イルミネーションで彩られた街路樹の夜景も加わった光のまちを訪ねてみませんか。

期間
12月1日(月曜日)から28日(日曜日)まで 17時30分から22時まで
[点灯セレモニー] 12月1日(月曜日) 17時20分から18時20分まで
[ファンタジックナイト] 12月23日(火曜日・祝日)17時30分から21時まで
場所
JR徳山駅前ロータリー、御幸通(みゆきどおり)、青空公園など
問い合わせ
周南市商工観光課 電話:0834-22-8372
ピックアップ

下関市 海峡ゆめタワー 天空のクリスマス2008

たくさんのツリーに彩られた海峡ゆめタワーの28F展望室
期間
12月25日(木曜日)まで
場所
海峡ゆめタワー
料金
[タワー展望料金] 高校生以上600円、小中学生300円
内容
平成18年10月1日に山口県では初となる「恋人の聖地」に選定された海峡ゆめタワー。その美しい関門海峡の夜景を楽しめる展望室が、たくさんのツリーに彩られクリスマスムードに包まれます。期間中は、サンタクロース衣装写真撮影コーナーが設置されるなどカップルにうれしいさまざまなイベントが開催されます。また、24日のクリスマスイブには、海峡ゆめタワーが赤と緑のクリスマスカラーにライトアップされます(17時15分から24時まで)。
問い合わせ
海峡メッセ下関 電話:083-231-5600

山口市 日本のクリスマスは山口から

イルミネーションに彩られた「C.S.赤れんが」と前庭のもみの木
期間
12月1日(月曜日)から25日(木曜日)まで
17時30分から22時まで
場所
パークロード周辺ほか
内容
1552年、日本最初のクリスマスが山口で祝われたといわれています。これにちなんで21日(日曜日)に“「日本のクリスマスは山口から」まちじゅうフェスティバル”が開催されます。当日は、サンタファッションコンテストやチャリサンタゼロヨンドラックレースなどのさまざまなイベントが行われます。また、期間中は、パークロード一帯が美しいイルミネーションで飾られます。
問い合わせ
山口商工会議所青年部 電話:083-925-2300

防府市 笑い講

笑い講
日時
12月7日(日曜日) 11時から
場所
大道小俣(だいどうおまた)地区 その年の頭屋(とうや)宅
内容
全国的にも珍しい笑いの神事です。歴史は古く、鎌倉時代から続きます。紋付き袴で正装した21戸の講員が対座し、榊(さかき)を手に「ワーハッハッハッ」と3回笑い、1回目に今年の豊作を喜び、2回目に来年の豊作を祈り、最後に今年苦しかったことなどを忘れるために笑います。
問い合わせ
防府市観光協会 電話:0835-25-2148

周南市 冬の花火「銀嶺の舞」

冬の花火「銀嶺の舞」
日時
12月13日(土曜日)
17時からステージイベント、19時から花火
場所
鹿野(かの)総合体育館周辺
内容
空気の澄んだ冬の夜空を、約1,000発の花火がロマンチックに飾ります。クリスマスコンサートなどステージイベントや大抽選会が行なわれ、各種露店でにぎわいます。
問い合わせ
周南市鹿野総合支所産業振興課
電話:0834-68-2335

阿武町 第5回イルミネーションフェスティバル

昨年度の道の駅会場の様子
期間
[イルミネーション点灯]
12月13日(土曜日)から平成21年1月3日(土曜日)まで
日没から22時まで(12月24日(水曜日)、31日(水曜日)はオールナイトで点灯)
[オープニングセレモニー] 12月13日(土曜日) 18時から
場所
道の駅阿武町及び町内各地
内容
手作りの個性豊かなイルミネーションで道の駅や駅前の芝生広場が美しく飾られるほか、町内の各事業所や各家庭でも、趣向を凝らしたイルミネーションが点灯されます。13日(土曜日)には、イルミネーションの点灯式や地元ダンスクラブのアトラクションが行われるほか、豚汁などが振る舞われます。
問い合わせ
阿武町経済課 電話:08388-2-3114

山口市 運慶流展県立施設情報

重文 運慶作 大日如来像
重文 運慶作 大日如来像
写真提供:東京国立博物館
Image:TNM Image Archives Source
http://TnmArchives.jp
期間
12月21日(日曜日)まで
場所
県立美術館
開館時間
9時から17時まで (入館は16時30分まで)
休館日
毎週月曜日
料金
一般1,000円、大学生800円
※18歳以下・70歳以上無料
内容
東大寺南大門の仁王像などで知られる鎌倉時代の仏師・運慶(うんけい)。彼の流れをくむ仏師たちは、蒙古襲来を契機として西国で活躍しました。この展覧会では、彼らの仏像49体を通して、鎌倉時代から南北朝へと続く争乱と混迷の時代に、人々が祈りを託した「運慶流」の美を紹介します。
問い合わせ
県立美術館 電話:083-925-7788

 ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。


近県情報

福岡県北九州市 門司港レトロ・イルミネーション

ツリーイルミネーション
期間
12月1日(月曜日)から平成21年3月22日(日曜日)まで
17時から22時まで(12月31日は翌日午前5時まで)
場所
門司港レトロ地区一帯
内容
地区一帯の樹木が30万個のイルミネーションに彩られるほか、レトロ施設のライトアップが行われます。世界的な照明デザイナーが演出する光のパフォーマンス「門司港レトロ・ナイトファンタジー」との共演により、辺りは幻想的でロマンチックに演出されます。12月の毎週土曜日・日曜日・祝日にはライブイベントなども開催されます。
問い合わせ
門司区門司港レトロ室 電話:093-322-1188
門司港レトロ倶楽部 電話:093-332-0106

 山口県は、下記の協議会に参加し、広域連携による観光振興を行っています。

▲目次にもどる

おもしろ山口学

狩野芳崖[前編] 芳崖という名に込められた思い

覚苑寺(長府)にある狩野芳崖像
 近代日本画の開拓者として知られる画家・狩野芳崖(かのう ほうがい)。彼は1828(文政11)年、長府藩※1御用絵師・狩野晴皐(せいこう)の長男として、長府(ちょうふ)(現在の下関市長府)に生まれました。父を師として絵を学んだ芳崖は、1846(弘化3)年、18歳の年に藩費支給による10年間の江戸留学を許され、当時4家あった将軍御用奥絵師・狩野家の中で最も栄えていた狩野勝川院雅信(かのうしょうせんいんただのぶ)の画塾に入門します。当時、14、15歳で入門が通例のところ遅い出発でしたが、たちまち頭角を現し、4年目には塾頭を務めるほどになりました。一般に10年かかる修業を5年で修めた芳崖でしたが、伝統を重んじる師と意見が異なったため、何度も破門されそうになります。
 1855(安政2)年、江戸留学を終えた芳崖は長府藩の御用絵師となり、翌年ごろから「芳崖」という号を使い始めています。「芳崖」という号は「狩野派の法の外に出る」、つまり誰のまねでもない独自の画風を目指すという思いから、最初は「法外」と名付けていましたが、幼少のころより禅の師であった覚苑寺(かくおんじ)※2の霖龍(りんしょう)和尚に、「意味は面白いが画家には似合わない」と助言され、「芳崖」に改めたといわれています。
 誰のまねでもない独自の画風を目指した芳崖は、その後、維新の嵐の中で波乱に満ちた人生を歩みながら、新しい時代にふさわしい日本画の創造に取り組んでいくことになります。

参考文献:『夢チャレンジ きらり 山口人物伝』(財)山口県ひとづくり財団
  • ※1 長門国(ながとのくに)豊浦郡(現在の下関市)の多くを領地とした藩。萩藩(毛利氏)の支藩。
  • ※2 下関市長府にある黄檗宗の寺院。狩野家の菩提寺でもあった。


▲目次にもどる

県庁職場訪問-カズとゆかりのおじゃまします-

県立こころの医療センター [後編]

中庭の風景
 県の基幹精神科病院として質の高い医療の提供を目指し、診療体制を整えてきた「県立こころの医療センター」。センターで行っている診療について、同センター事務局の山本秀樹(やまもと ひでき)主査に聞きました!
ゆかり
[ゆかり]今年8月の施設の建て替え工事完了後、新しく始めた取り組みはありますか?
診察室
[山本さん]はい。今年10月から毎週水曜日に「思春期外来」を始めました。一例をあげると、精神疾患の一つに、思春期や青年期に発症しやすい「統合失調症」という病気があります。症状としては幻聴や妄想、興奮などがあり、うつ病などの感情障害も見られます。この病気はできるだけ早く的確な治療を受けることが重要なのですが、思春期の方は特に他人に知られたくなかったり、恥ずかしがったりして、初診が遅れがちです。ですから、受診しやすい体制を作ろうと、思春期外来を新設し、心理検査などを行う専門スタッフをそろえました。プライバシーの確保に配慮した専用の待合室を設けたのも、その一環です。
ゆかり
[ゆかり]思春期外来の対象となる年齢は?
[山本さん]はい。対象は主に小学校高学年から20歳ぐらいまでの方です。
カズ
[カズ]「物忘れ外来」も10月から始めたそうですね?
質の高い医療の提供を目指すCTスキャーン
[山本さん]はい。物忘れ外来では、主に老年期の方を対象とした「認知症」の診断と、記憶障害や判断力の低下といった認知症の中心となる症状や、それに伴って見られる徘徊(はいかい)や妄想といった症状への治療や助言を行います。毎週水曜日の13時30分から15時30分まで受診を受け付けています。
ゆかり
[ゆかり]専門外来は他にあるんですか?
廊下、相談受付の入口
[山本さん]はい。以前から行っているアルコール依存症外来があります。アルコール依存症は禁酒を続けていても、「ちょっとぐらいなら」と一滴でも口にしてしまうと、元のもくあみです。それを防ぐには家族の協力が大事であり、そのため、患者・家族のためのアルコール依存症家族教室を毎月第2水曜日の16時から行っています。お悩みの方はまず、アルコール依存症外来へお越しください。
カズ
[カズ]ところで、こころの医療センターには「精神科救急情報センター」が付設されているそうですね?どんなことを行うところなんですか?
[山本さん]精神科救急情報センターは、休日又は夜間等において県内の精神科救急※1に対応するところです。県下を3ブロックに分け、精神科救急患者が発生した場合、救急隊などからの連絡を受けて、そのブロック内にある精神科の輪番病院、当センターまたは山口大学医学部附属病院間の受け入れ調整を行っています。また、当センターには、急性期や重症の患者を受け入れるための「精神科救急入院棟」を、入院棟の改築に合わせ開設しています。精神科は長期間にわたって入院するというイメージがあるかもしれませんが、集中的な治療を行えば、短期間での退院が可能です。実際、当センターでは近年、患者さんの約7割から8割が3カ月以内という短期間で退院しています。
カズ
[カズ]早期に社会復帰ができる医療に取り組んでいる、ということですか?
[山本さん]はい。それは世界的な流れでもあります。センターでは、平成19年度から「社会復帰支援室」を設け、社会復帰に向けた治療計画を患者さんや家族の皆さんとともに立て、その計画に沿った医療を提供しています。また、社会復帰においては、医療だけでなく、福祉との連携も重要です。退院後も「デイケア」などの通院治療を通じて社会性を養っていくとともに、保健所や市町の関係課と連携して、訪問看護や訪問指導、援助などのアフターケアを行っています。
ゆかり
[ゆかり]デイケアでは、どんなことを行っているんですか?
デイケアラウンジ
[山本さん]看護師、臨床心理士、作業療法士、ソーシャルワーカー※2などの指導のもと、スポーツや創作活動、ゲーム、バス旅行、クッキング、カフェ店員体験など、さまざまな社会体験プログラムを行っています。
ゆかり
[ゆかり]さっき中庭に出た時に見た喫茶スペースがその一環なんですね。 社会復帰への確かな歩みを踏み出せそうですね。
[山本さん]はい。精神疾患は早期の適切な医療が大切です。当センターの外来診療は予約診療となっていますので、まずは、電話でお問い合わせください。

次回は、やまぐち総合教育支援センターをご紹介します。お楽しみに!

  • ※1 精神科疾患の急激な発症や精神症状の急変など、早急に適切な医療を必要とする精神障害患者による救急
  • ※2 社会福祉士など福祉の相談にのる職業全般


▲目次にもどる

トピックス・お知らせ

山口ふるさと大使制度がスタートしました

歌手・あさみちゆきさんに委嘱状を手渡す二井知事
 県外で活躍されている山口県にゆかりのある著名な方に、「住み良さ日本一」を目指す山口県の魅力を、さまざまな機会を通じて全国に向けて発信していただく「山口ふるさと大使」制度がスタートし、今回17人の方に就任いただくこととしました。
 11月23日(日曜日)には、山口市で開催されたイベントで光市出身の歌手・あさみちゆきさんに二井知事が山口ふるさと大使を委嘱しました。
問い合わせ
県広報広聴課 電話:083-933-2566

「DISCOVER WESTハイキング」の参加者を募集

錦帯橋(岩国の歴史・文化お見事体感コース)
 岩国城、岩国城下町、柳井白壁の町並み、金子みすゞの生誕地長門市仙崎を現地ボランティアガイドが案内する参加費無料(施設入館料などは参加者負担)、予約不要のハイキングを行っています。驚きと発見のある町歩きをしてみませんか。
期間
[岩国市]
歴史・文化お見事体感コース:
平成21年3月までの土曜日、日曜日(平成20年12月から21年1月までは、12/7・14,1/11・25のみ実施)
城山登山ハイキングコース:
平成21年3月までの日曜日(平成20年12月から21年2月までは、12/7・14,1/11・25,2/8・22のみ実施)
[柳井市]
平成21年3月までの日曜日、祝日(平成20年12月21日から21年1月17日までを除く)
[長門市]
平成21年3月までの日曜日 (平成20年12月から21年2月までは、12/21,1/18,2/15のみ実施)
集合場所
[岩国市] 錦帯橋料金所(バスセンター側)
歴史・文化お見事体感コース:10時までに集合
城山登山ハイキングコース:13時までに集合
[柳井市] JR柳井駅 10時30分までに集合
[長門市] JR仙崎駅 13時までに集合
問い合わせ
県観光交流課 電話:083-933-3170
[岩国市] 岩国市観光課 電話:0827-41-1477
[柳井市] 柳井市商工観光課 電話:0820-22-2111
[長門市] 長門市商工観光課 電話:0837-23-1137
その他のトピックス・お知らせ

県政ワンショット

 大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

県ホームページの注目サイト

 今回は、今から注意が必要となるインフルエンザに関するサイトを2つと、11月から始まった「運転卒業証」制度に関するサイトを1つ紹介します。

▲目次にもどる

いいもん山口

「ごぼううどん」読者プレゼント

ごぼううどんのパッケージ
 九州や北海道からも注文が来る全国的な特産品「美東ゴボウ」。そのおいしさは、産地・美祢市美東町赤郷地区の土壌がはぐくんだもの。この地域の赤土は、カルスト台地の石灰岩が長い歳月の間に溶け出し酸化したもので、炭酸カルシウムを含む強い粘土質が特徴です。土の栄養素を取り込み、きめ細かで柔らかく香りの良い「美東ゴボウ」となります。

[関連リンク]
美東ゴボウ(まるごと!やまぐち.net)

 今回は、めんに美東ゴボウを練り込んだ「ごぼううどん」を読者クイズの正解者の中から抽選で5名様にプレゼントします。

[応募方法]
 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で「ごぼううどん」をプレゼントします。締め切りは12月11日(木曜日)です。当選者は12月26日配信の山口きらめーるでお知らせします。皆さん、奮ってご応募ください。

ご応募はこちら

[プレゼントクイズ当選者]
 10月24日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。当選者については「プレゼント当選者」のページをご覧ください。

▲目次にもどる

編集室からのメッセージ
 山口県出身の芥川賞作家・高樹のぶ子さんの自伝小説『マイマイ新子』をアニメ化した『マイマイ新子と千年の魔法』が制作中。アニメには、県内からオーディションで選ばれた2人の小・中学生が声優として参加します。その1人、主人公・新子の友達の声役として参加する川上君(10歳)はなんと、うちの子どもの同級生!こんな身近なところから映画デビューするなんて、驚きです。毎日ボイストレーニングをして頑張っているそうです。また、映画では昭和30年代の防府の街を忠実に再現しているとのことなので、完成した作品を見るのが楽しみです。
 次回の配信は、12月12日です。

▲目次にもどる

バックナンバー一覧へ>>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策部広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策部 広報広聴課のページへ
登録変更・中止、バックナンバーの閲覧
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
ひとのくに山口ファンクラブ ひとごこち山口 VODやまぐち
つくろう!住み良さ日本一 やまぐち元気寄附金 おいでませ山口館(東京) おいでませ山口館(広島)
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2008 All rights reserved.