コンテンツ2008年10月24日Vol.152 山口県広報広聴課

おもしろ山口学

田島直人 -栄光の樹・オリンピックオーク-

岩国高校に植栽された栄光の樹
  1936(昭和11)年に開催されたベルリンオリンピック三段跳び競技で、16メートルという世界新記録を出し、金メダルを獲得した田島直人(たじま なおと)。ベルリンオリンピックには、日本から179人が参加し金6、銀4、銅8のメダルを獲得している。しかし、金メダリストにはメダルとともにドイツカシワ(オーク)の苗木が渡されたことはあまり知られていない。苗木には「勝利の栄光のために成長せよ」との意味が込められていたという。日本に贈られた9本のうち8本は間もなく枯れてしまい、実をつけるようになったのは、田島が受け取った1本のみである。田島の母校である京都大学の理学部附属植物園で育てられ、戦後、同大農学部グラウンドに移された。“オリンピックオーク”と名付け、大切に育てられ現在高さ約20メートル、幹の太さ約2.7メートルの大木にまで成長した。※
このオリンピックオークは、秋にシイに似た実を落とす。関係者たちは、この実を発芽させてオーク2世を誕生させようと試みたが、気候風土の違いのためか、何年経ってもうまくいかなかった。1993(平成5)年にようやく発芽、さらに多数の若苗作りに成功したのである。こうして母樹の実から育てた“オリンピックオーク2世”は、母校である岩国市の岩国高等学校など田島直人ゆかりの十数カ所に“栄光の樹”として植樹され、陸上競技に励みオリンピックに夢を託すアスリートたちの勇気と希望の象徴として大切に育てられている。山口県では他に3カ所に植樹され、岩国市の岩国運動公園、山口市にある山口高等高校、維新百年記念公園陸上競技場でこのオリンピックオーク2世に出会うことができる。

参考文献:『夢チャレンジ きらり 山口人物伝』(財)山口県ひとづくり財団

※今年8月に虫害により葉が枯れ始めたため、現在対策を検討中。




元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策部広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策部 広報広聴課のページへ
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
ひとのくに山口ファンクラブ ひとごこち山口 VODやまぐち
おいでませ山口デスティネーションキャンペーン おいでませ山口館(東京) おいでませ山口館(広島)
つくろう!住み良さ日本一 やまぐち元気寄附金
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2008 All rights reserved.