コンテンツ2008年7月25日Vol.146 山口県広報広聴課

お出かけガイド
  • おいでませ山口デスティネーションキャンペーン。山口どこでも紙芝居
  • ピックアップ/県立施設情報
  • 近県情報:広島県廿日市市
おもしろ山口学
  • 秋吉台 神秘的な地下世界
県庁職場訪問-カズとゆかりのおじゃまします-
  • 県十種ヶ峰青少年野外活動センター[後編]
トピックス・お知らせ
  • 世界スカウトジャンボリーの開催地が「山口県きらら浜」に決定
  • 8月3日は山口県知事選挙の投票日です
いいもん山口
  • 車エビ読者プレゼント
編集室からのメッセージ
お出かけガイド※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。

おいでませ山口デスティネーションキャンペーン。山口どこでも紙芝居

山口県旧県会議事堂(山口市)での山口どこでも紙芝居 山口県では、9月末までJRグループ6社と協働して全国に向けて山口県の魅力をPRする「おいでませ山口デスティネーションキャンペーン」を開催中です。今回は「山口どこでも紙芝居」を紹介します。
 山口どこでも紙芝居は、それぞれの地域に伝わる昔話などを、ボランティアの皆さんが懐かしい紙芝居の形で紹介するもので、県内18カ所で上演されています。
 その中の一つ、柳井(やない)市では、地名の由来にちなんだ「般若姫(はんにゃひめ)の話」の紙芝居が行われます。この話は今から約1400年前、後の用明(ようめい)天皇・橘豊日皇子(たちばなのとよひのみこ)に妃(きさき)として望まれた、豊後国(ぶんごのくに=現在の大分県)の長者の娘で絶世の美女だった般若姫の物語です。姫は皇子のもとへ嫁ぐ船旅の途中、嵐に遭い、現在の柳井に停泊します。水を求めて上陸し、里人から差し出された井戸の水を飲んだところ、とてもおいしかったので、お礼に、中国の皇帝から授かった姥柳(ぼりゅう)の楊枝(ようじ)を井戸のそばに挿しました。すると、不思議なことにその楊枝は一夜にして柳の木に。以来、その地を、柳と井戸から柳井と呼ぶようになったといわれています。紙芝居では、このほかにも下関(しものせき)市の「怪談耳なし芳一(ほういち)」や、田布施(たぶせ)町の「石城山(いわきさん)のやまんば」など地域色あふれた興味深い内容の話となっています。
 また、山口どこでも紙芝居のスタンプラリーも開催中です。10カ所コースと2カ所コースがあり、応募用紙に紙芝居の各開催地で「山口どこでも紙芝居スタンプ」を押して応募すると、抽選でペア宿泊券などが当たります。
 昔話や伝説は単なるおとぎ話ではなく、歴史的な事実が隠されていることもあるといわれています。あなたも山口どこでも紙芝居を見て「やまぐち通」になってみませんか。

問い合わせ
おいでませ山口観光キャンペーン推進協議会 電話:083-924-0462
ピックアップ

長門市 青海島体験交流ツアー

くじら資料館
期間
7月・8月の毎週土曜日
場所
[くじら文化通り史跡探訪] くじら資料館周辺
[魚のさばき方体験] 旧青海島小学校
内容
くじら文化通り史跡探訪では、国指定の重要有形民俗文化財「140点の捕鯨用具」などが展示されているくじら資料館や鯨墓などをガイドの案内で散策し、鯨文化と漁村風景を満喫できます。また、魚のさばき方体験では、地元で捕れた新鮮な魚を、地元の方の指導のもと3枚におろし、刺身にして食べます。いずれも要予約。
参加料
[くじら文化通り史跡探訪] 300円
[魚のさばき方体験] 1,500円
参加人数
[くじら文化通り史跡探訪] 人数制限なし
[魚のさばき方体験] 5人から15人程度まで
問い合わせ
長門市商工観光課 電話:0837-23-1297

萩市 萩夏まつり

萩・日本海大花火大会
期間
8月1日(金曜日)から3日(日曜日)まで
場所
菊ヶ浜、吉田町通りほか
内容
萩市内が祭り一色となる3日間です。1日には夜空に約7,000発の花火を打ち上げて祭りの幕開けを告げる「萩・日本海大花火大会」が、2日には市民総踊りヨイショコショパレードなどが、3日にはのんた大提灯パレードやお船謡などの伝統行事が披露されます。
問い合わせ
萩商工会議所 電話:0838-25-3333

岩国市 錦川水の祭典

国指定名勝・錦帯橋と花火
日時
8月2日(土曜日) 9時から21時30分まで
場所
錦帯橋(きんたいきょう)周辺
内容
岩国市を流れる錦川(にしきがわ)の豊かな恵みに感謝する祭りです。宝探しなどのイベントのほか、20時から約6,000発が打ち上げられる花火大会が行われます。打ち上げ会場の上流の錦城橋(きんじょうばし)や川土手からは、花火の光に浮かび上がる国指定名勝・錦帯橋の姿を楽しめます。
問い合わせ
岩国市観光協会 電話:0827-41-2037

山口市 山口七夕ちょうちんまつり

アーケード街の提灯飾り
期日
8月6日(水曜日)、7日(木曜日)
場所
中心商店街、パークロード
内容
アーケード街を中心に、数万個の紅(あか)い提灯(ちょうちん)が飾られます。道の両側には竹に飾られたトンネルのような提灯、「山口」の文字が光で描かれた巨大なすだれ提灯、高さ15メートルに及ぶ巨大なツリー提灯のほか、提灯で飾られた神輿や山笠が練り歩きます。今年は特別イベントとして、7月29日(火曜日)から8月10日(日曜日)まで、提灯飾りが楽しめます。
問い合わせ
山口市ふるさとまつり実行委員会
電話:083-932-3456

光市 光花火大会

光花火大会
日時
8月9日(土曜日) 20時から21時まで
場所
虹ヶ浜(にじがはま)海水浴場
内容
8月8日(金曜日)から15日(金曜日)までの薄暮時、噴水・レーザー・照明と音楽が織りなす幻想的なショーなどの「スターライトファンタジーin虹ヶ浜」が開催されます。9日には、水中花火や打ち上げ花火など約2,700発の花火大会が行われます。
問い合わせ
光市観光協会 電話:0833-72-1400

岩国市 ソフィア国立歌劇場オペラ「トゥーランドット」県立施設情報

「トゥーランドット」の一場面
日時
10月20日(月曜日) 18時30分から
場所
シンフォニア岩国
料金
SS席14,000円、S席12,000円、A席10,000円、B席8,000円
C席6,000円、C席学生1,000円
内容
中国の紫禁(しきん)城を舞台にした、豪華絢爛(けんらん)なオペラ「トゥーランドット」。トリノ五輪オリンピック・フィギュアスケートで荒川静香さんが使用した曲でおなじみです。創立100年を迎えるソフィア国立歌劇場がブルガリアから来日公演します。
問い合わせ
シンフォニア岩国 電話:0827-29-1600

 ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

近県情報

広島県廿日市市 宮島水中花火大会

厳島神社の大鳥居と花火
日時
8月14日(木曜日) 19時50分から20時50分まで
場所
厳島神社沖合い海上
内容
約5,000発の打ち上げ花火とともに、点火した花火玉を船から海中に投げ込む水中花火が約200発も行われる宮島水中花火大会。海中で大音響とともにさく裂し、海面に顔を出す水中花火は、世界文化遺産である厳島神社の朱の大鳥居や社殿を幻想的に浮かび上がらせます。
問い合わせ
(社)宮島観光協会 電話:0829-44-2011

 山口県は、下記の協議会に参加し、広域連携による観光振興を行っています。

▲目次にもどる

おもしろ山口学

秋吉台 神秘的な地下世界 著/庫本 正(秋吉台科学博物館名誉館長)

秋芳洞
秋芳洞


アキヨシミズムシ
アキヨシミズムシ
 秋吉台(あきよしだい)の地下水系は、2005年ラムサール条約湿地(※1)に登録された。これを機に秋吉台の地下世界は、世界中の研究者から大きな注目を集めるようになった。私はその陰で秋吉台の地下世界に魅せられて地底探検や研究を続けてきた若者たちのことを忘れることができない。彼らは長年、根気強く450にも達する洞窟(どうくつ)に入り、測量や水系、洞窟鉱物、動物化石、洞窟動物、人類とのかかわりに関する膨大な資料を収集し続けた。この資料の分析や考察から、秋吉台の地下水系の全貌が明らかになり、極めて価値の高いことが分かってきたのである。
 若者たちは秋芳洞(あきよしどう)の水中洞窟約8キロメートルの空間を命がけで探った。彼らは別の洞窟でヤベオオツノシカ1頭分の化石を見つけ、日本ではじめて骨格復元を行った。また、秋芳洞の流れから、ホラアナゴカイ、アキヨシミズムシ、アキヨシミジンツボといった地下水性動物を発見した。アキヨシミジンツボ(学名 Akiyoshia uenoi Kuroda et Habe)は2ミリ程度の微少貝類で、新属新種だった。この地底に、大昔の地球上で栄えた一族がしぶとく生き残っていたのだ。
 また、秋吉台の地下地形を詳細に調査した結果によると、地底に巨大な滝の存在が推定されている。帰水(かえりみず)(※2)の北側と南側では地下水のレベルが数十メートルの差があることが判明し、この差が巨大な滝の存在を予言しているのである。
 地底探検で、私たちをわくわくさせるものは未知の巨大地底湖だ。その湖畔に立つと、天井から湖面に滴る水滴が奏でる澄んだ音色は、洞窟空間に反響して、静寂と暗闇の中に素晴らしい音の世界を創り出しているのではないだろうか。伝説では、この世を去った聖者たちの集う他界がここに存在するという。洞窟世界との出会い、皆さんも覗(のぞ)いてみたいと思いませんか。

※1 ラムサール条約と条約湿地(環境省ホームページ)
※2 秋吉台上にある、深さが200メートル近くある深いくぼ地。大雨が降ると、底に水がどんどんたまり深い池になりますが、雨がやむとすぐになくなるので一時湖とも呼ばれています。

▲目次にもどる

県庁職場訪問-カズとゆかりのおじゃまします-

県十種ヶ峰青少年野外活動センター[後編]

施設を利用した子どもから寄せられた感謝の意を表現した作品
 県内に7カ所ある青少年教育施設。その一つ、「県十種ヶ峰(とくさがみね)青少年野外活動センター」の特色などについて、藤村幸生(ふじむら さちお)次長に聞きました!
カズ
[カズ]青少年教育施設っていうと、小中学生のころ、集団宿泊指導で利用したことがあるんですが、どういった目的の施設なんですか?
集団生活の中の体験学習
[藤村さん]自然の中で青少年が、集団生活を通したさまざまな体験をするための教育施設です。自然には子どもたちの心や人格を発達させる、さまざまな「栄養素」があります。自然と触れ合う場が少なくなった今、当センターなどでの体験は子どもたちの健全な成長に大きな役割を担っていると思います。
カズ
[カズ]実は先日、私の子どもが青少年教育施設の集団宿泊指導に行き、カッター※の訓練などをしてきたんです。帰ってきて「みんなの息が合っていないとしかられたけれど、楽しかった!」と言うのを聞いて、集団生活ってやはり大事だなあと思いました。
ゆかり
[ゆかり]同感です!私も小中学生のころ、青少年教育施設を利用したことがあって、布団のたたみ方とか、指導が厳しいなと思っていたけれど、大人になった今、それはみんなが気持ちよく過ごす上で大事なことだったんだって思います。ところで、県十種ヶ峰青少年野外活動センターの特色を教えてください。
プログラム冒険教育
[藤村さん]大きく3つあります。一つ目は、前編でもお話しした日本最大級のチャレンジ施設「とくさがみね森のチャレンジコース」です。好奇心をくすぐる数々の楽しい冒険プログラムが体験できます。
二つ目は、「OBS(Outward Bound School)」の冒険教育プログラムを活用した野外教育活動を行っていることです。
ゆかり
[ゆかり]あのー、すみません、OBSって何ですか?
[藤村さん]イギリスを発祥地とする世界的な冒険教育機関です。そこでは大自然の中をグループで約1カ月におよぶ長期間のキャンプを行い、仲間と協力しながらいろいろな冒険に挑戦することで自己の成長を図るという野外教育を行っています。でも、長期間遠くへ出かけて行くのは難しいもの。そこで、当センターでは、県教育委員会主催による「山口県版OBS」として、8泊9日の移動キャンプ「心の冒険・サマースクール」を小・中・高校生を対象に実施しています。
三つ目の特色は、森のチャレンジコースなど、冒険教育の教育効果を学校教育に取り入れた山口県独自の体験学習プログラム「AFPY(アフピイ)」の手法の研修や普及を行っていることです。
ゆかり
[ゆかり]んっ…?AFPY(アフピイ)って、何の略ですか?
AFPYプログラム・サークルスラップ
[藤村さん]「Adventure Friendship Program in Yamaguchi」の頭文字をとってAFPY(アフピイ)と呼んでいます。これは、冒険教育を学校でもできるようにしたものです。「一人では困難な課題であっても、集団が協力すれば達成できるという体験を通して、温かい集団をつくり、一人一人の自信を深める。」ということをねらいとしています。当センターでは、県内の小中学校を対象に、OBSの手法や冒険教育プログラムを先生たちが教育現場で活用し、子どもたちの信頼関係を築き、コミュニケーション能力が向上するような手法の研修や普及にも努めています。
ゆかり
[ゆかり]もう一つ、ぜひお聞きしたかったんですが、こちらでは不登校の子どもたちを支援する事業を行っておられるそうですね?
施設利用者の製作品
[藤村さん]ハイ!「ほっとひといきin十種ヶ峰」のことですね。これは県教育委員会が、不登校の子どもたちに自信と社会性が回復できるよう、平成15年度から行っています。小学校5年生から高校3年生までの子どもたちを対象に、年間16回、延べ40日行っています。各回10人程度募集、本人が参加を希望していることが前提で、保護者が学校を通じて申し込みます。内容は、カヌーの製作や野外料理、森のチャレンジコース、ハイキング、スキューバダイビング、カヌーツーリング、スキーなどさまざま。各回、テーマは設定しますが、具体的には参加者みんなで話し合って決めているんですよ。
カズ
[カズ]もしかして、先ほど、キャンプ場で「こんにちは!」ってあいさつしてくれた子どもたちがその参加者ですか?
[藤村さん]そうです!!楽しそうだったでしょう?参加後、学校に行き始めた子どもたちもいるし、学校を卒業した後、この事業の協力スタッフになってくれた子どももいるんですよ!!
ゆかり
[ゆかり]ワーッ、それは本当にうれしいですね!!
[藤村さん]「ほっとひといきin十種ヶ峰」に限らず、参加者が自然の中でさまざまな体験を通じて、「今までとちょっと違った感じだな」といった、自分の心の小さな変化が意識できるよう心掛けています。この小さな変化こそ、学びの瞬間だと思うんです。青少年教育施設は、研修目的であれば、企業など一般の団体やグループも使用できます。ぜひ活用してくださいね!
  • ※ 複数人で漕ぐ大型ボート

次回は、県消費生活センターをご紹介します。お楽しみに!



▲目次にもどる

トピックス・お知らせ

世界スカウトジャンボリーの開催地が「山口県きらら浜」に決定

山口市阿知須きらら浜
 世界各地のボーイスカウトなどが4年ごとに集う「世界スカウトジャンボリー」。7月17日、韓国済州島で開催された世界スカウト会議で、2015(平成27)年の第23回世界スカウトジャンボリーの開催地が「山口県きらら浜」に決定しました。
開催時期(ボーイスカウト日本連盟案)
2015(平成27)年7月27日(月曜日)から8月8日(土曜日)まで
参加者
世界217の国・地域から、14歳から17歳までのスカウト約3万人
問い合わせ
県社会教育・文化財課 電話:083-933-4656

8月3日は山口県知事選挙の投票日です

めいすいくんとマウンテンマウス
 8月3日は、明日の山口を選ぶ大切な山口県知事選挙の投票日です。明るい選挙キャラクター「めいすいくん」を隊長に、選挙啓発イメージソングを歌う兄妹デュオ「マウンテンマウス」が投票日の『8』と『3』にちなんで“ハッピー未来隊”を結成。各地で投票日の周知や投票への呼び掛けを行っています。
問い合わせ
県選挙管理委員会事務局 電話:083-933-2320
その他のトピックス・お知らせ

県政ワンショット

 大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

県ホームページの注目サイト

 今回は、トピックスで取り上げた県知事選挙に関連して選挙のことが学べるサイト2つと、リニューアルしたサイトを紹介します。
  • 選挙の種類
    どんな選挙があるのか。任期、定数はどうなっているのかが分かります。
  • センキョ豆知識
    知っているようで知らない選挙の豆知識を紹介しています。
  • 山口県刊行物センター
    県などが発行する新刊情報などを紹介しているサイトです。リニューアルによりインターネットから注文ができるようになりました。

▲目次にもどる

いいもん山口

車エビ読者プレゼント

車エビ
 車エビは、ぷりぷりとした食感にほんのり甘い身が特徴です。山口市秋穂(あいお)は世界で初めて車エビ養殖事業が始まった地で、現在も養殖業が盛んに行われています。
 また、毎年8月には車エビを手づかみで捕る日本唯一のイベント「えび狩り世界選手権大会」が行われ、毎年多くの人が参加しています。今年は約36,000人の応募があり、先日、抽選で1,500人の参加者が選ばれました。なお、平成19年の優勝者は155匹を捕まえています。

 今回は、「車エビ」を読者クイズの正解者の中から抽選で3名様にプレゼントします。

[応募方法]
 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で「車エビ」をプレゼントします。締め切りは8月7日(木曜日)です。当選者は8月22日配信の山口きらめーるでお知らせします。皆さん、奮ってご応募ください。

ご応募はこちら

[プレゼントクイズ当選者]
 6月27日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。「菊川そうめん」当選者については「アンケート結果・プレゼント当選者」のページをご覧ください。

▲目次にもどる

編集室からのメッセージ
 いよいよ夏本番。ピックアップで前号から紹介している夏まつり・花火大会が各地で目白押しです。山口市でも山口祇園祭が始まりました。鷺の舞(さぎのまい)を見に行こうと思いましたが、あまりの暑さに断念。涼しくなってから出かけると、商店街では大勢の人が御神輿を担ぎ、練り歩いたり勢いよく駆け抜けたりしていました。涼しくなったとはいえ、商店街は担ぎ手たちの熱気があふれていました。
 次回の配信は、8月8日です。

▲目次にもどる

バックナンバー一覧へ>>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策部広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策部 広報広聴課のページへ
登録変更・中止、バックナンバーの閲覧
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
ひとのくに山口ファンクラブ ひとごこち山口 VODやまぐち
おいでませ山口デスティネーションキャンペーン おいでませ山口館(東京) おいでませ山口館(広島)
つくろう!住み良さ日本一 やまぐち元気寄附金
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2008 All rights reserved.