コンテンツ2008年6月27日Vol.144 山口県広報広聴課

お出かけガイド
  • 「大正レトロ スイートスウィング-夏の夜の調べ-」と「山口ゆらめき回廊-古の灯りがともる西の京」
  • ピックアップ/県立施設情報/参加者募集
おもしろ山口学
  • 松下村塾の人々 -乱民から志士へ-
県庁職場訪問-カズとゆかりのおじゃまします-
  • 県若者就職支援センター「YYジョブサロン」[後編]
トピックス・お知らせ
  • 県警察職員を募集します
  • 「ひとのくに山口ファンクラブ」会員募集中!!
いいもん山口
  • 菊川そうめん読者プレゼント
編集室からのメッセージ
お出かけガイド※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。

「大正レトロ スイートスウィング-夏の夜の調べ-」と「山口ゆらめき回廊-古の灯りがともる西の京」

瑠璃光寺五重塔 山口県では、7月から9月までJRグループ6社と協働して、全国に向けて山口県の魅力をPRする「おいでませ山口デスティネーションキャンペーン」を行います。その中から、今回は山口市で行われる2つのイベントを紹介します。
 県庁敷地内には、大正ロマンを感じさせる建物「旧県庁舎」と「旧県会議事堂」が建っています。完成は1916(大正5)年。「大正初期のれんが造りの公共建築として数少ない遺構であり、県庁舎と議事堂が一体となって保存されている点でも貴重」として、国の重要文化財に指定されています。その旧県会議事堂の議場を会場として、7月から9月にかけての毎週土曜日の夜、「大正レトロ スイートスウィング-夏の夜の調べ-」と題したイベントが行われます。毎月第1土曜日には、宇部市出身のアーティスト・陣内大蔵(じんのうち たいぞう)さんのデビュー20周年記念プロデュース・ライブ「陣内大蔵 with FRIENDS」が行われ、ゲストとして7月5日には中西圭三(なかにし けいぞう)さん、8月2日には池田聡(いけだ さとし)さん、9月6日には榊(さかき)いずみさんが参加。そのほか週替わりにフォーク、クラシック、ジャズなど、県内ミュージシャンによるライブが開催されます。
 また、8月から9月の毎週土曜日の夜には、国宝・瑠璃光寺(るりこうじ)五重塔や毛利家墓所のある「香山(こうざん)公園」と、室町時代に大内政弘(おおうち まさひろ)の依頼により雪舟(せっしゅう)が庭を作ったといわれる「常栄寺(じょうえいじ)」で「山口ゆらめき回廊-古の灯りがともる西の京」というイベントが行われます。香山公園では、ライトアップされた五重塔から毛利家墓所にかけての散策路にキャンドルが置かれ、石灯籠には和ろうそくを点灯。常栄寺では、山門から鐘楼までの間にキャンドルが灯(とも)され、ライトアップされた雪舟庭へと幽玄の世界へいざないます。
 夏の夜のひとときを、心に響く音楽とゆらめく光に包まれて過ごしてみませんか。

期間
7月から9月の毎週土曜日(8月16日は除く)、20時から21時まで
場所
旧県会議事堂
料金
無料 先着200人
問い合わせ
おいでませ山口観光キャンペーン推進協議会 電話:083-924-0462
期間
8月から9月の毎週土曜日、19時30分から21時30分まで
場所
香山公園、常栄寺
問い合わせ
山口市DC実行委員会 電話:083-934-2810
ピックアップ

柳井市、周防大島町、平生町、上関町 サザンセトエリア・スタンプラリー

四階楼
期間
7月から9月まで ※くじがなくなり次第終了
場所
四階楼(しかいろう)(上関町)、陸奥(むつ)記念館(周防大島町)など主要観光施設
内容
期間中にサザンセトエリア(柳井市・周防大島町・上関町・平生町)の主な施設を巡るスタンプラリーが開催されます。施設にあるスタンプを必要数押せば、抽選で地元の特産品等が当たります。
問い合わせ
サザンセト観光キャンペーン実行委員会(柳井市商工観光課)
電話:0820-22-2111(内線363)

長門市 長門ヨットフェスタ

長門ヨットフェスタ
期間
6月29日、7月13日、20日(いずれも日曜日)、7月19日(土曜日)
場所
青海島(おおみじま)周辺
内容
海に恵まれた長門を多くの人に知ってもらおうと始まったイベントです。7月20日の青海島一周のヨットレースのほか、ヨット体験やフィッシングスクール、地引網体験など海を満喫するイベントが盛りだくさんです。イベントにより、定員や開催時期が異なるので、事前にお問い合わせください。
問い合わせ
長門ヨットフェスタ2008実行委員会
電話:0837-23-1137

宇部市 スーパーウルトラクイズ

スーパーウルトラクイズ チラシ
日時
7月19日(土曜日) 11時から
場所
ときわ公園 彫刻野外展示場
内容
3人1チームで○×クイズに挑戦し、勝ち残った3チームがそのまま山口宇部空港から飛行機に乗って東京2泊3日の旅に出発します。
参加費
1チーム 2,000円
申し込み方法
宇部市ホームページの参加申込フォームで申し込んでください。
申し込み締め切り
7月10日(木曜日)
問い合わせ
スーパーウルトラクイズ IN 宇部実行委員会
電話:0836-34-8148

萩市 萩・維新塾DC特別編「萩おもしろ講座」

萩おもしろ講座
期間
7月から9月までの毎週土曜日・日曜日
[土曜日] 11時から11時30分まで
[日曜日] 14時から14時30分まで
場所
[土曜日] 萩博物館
[日曜日] 旧久保田家住宅・木戸孝允旧宅
内容
幕末維新を中心とした歴史講座が開催されます。毎週土曜日は萩博物館学芸員によるギャラリートークが、日曜日は「萩ものしり博士検定」で合格した萩ものしり博士・修士の皆さんによる講座が行われます。
定員
先着30人
参加費
[土曜日] 萩博物館の入館料が必要です。
大人500円、高校・大学生300円、小・中学生100円
[日曜日] 無料
問い合わせ
萩市観光課 電話:0838-25-3139

岩国市 錦帯橋のミニチュアを作ろう!

ミニ錦帯橋
期間
7月から9月までの毎週金曜日・土曜日・日曜日
10時から16時まで(午前・午後の2部制)
場所
橋の駅 錦帯橋「展望市場」(岩国市観光物産交流センター)
内容
旅の思い出にミニ錦帯橋を作ってみませんか。およそ2時間で美しい五橋からなる錦帯橋の1橋分が作れます。作り方の指導もあり、誰でも気軽に参加できます。また、作りながら錦帯橋についてのレクチャーもあります。
料金
3,000円(材料費・指導料金込み)
定員
1日につき午前・午後各先着15人
問い合わせ
岩国市観光課 電話:0827-41-1477
岩国地旅の会 電話:0827-41-2015

山口市 雪舟-大内氏が育てた画家-県立施設情報

牧牛図・牧童
牧牛図・牧童 15世紀
期間
7月1日(火曜日)から9月21日(日曜日)まで
場所
県立美術館
休館日
毎週月曜日(ただし7月21日、9月15日は開館)
7月22日(火曜日)、9月16日(火曜日)
料金
一般190円、大学生120円
※18歳以下・70歳以上無料
内容
大内氏の庇護(ひご)のもとで画業を大成し、水墨画に大きな足跡を残した雪舟(せっしゅう)(1420-1506)。県立美術館のコレクションから、国の重要文化財「倣高克恭山水図巻」「牧牛図」などを紹介します。また、県立山口博物館、県文書館などパークロード周辺にある6つの文化・社会教育施設では「大内文化」と「七夕」を共通テーマに展示を行います。
問い合わせ
県立美術館 電話:083-925-7788

山口市 第18回えび狩り世界選手権大会参加者募集

えび狩り世界選手権大会の様子
日時
8月30日(土曜日) 11時50分から受付
場所
中道(ちゅうどう)海水浴場(秋穂)
内容
干潟に放流された活(い)きた車エビを、手づかみで捕る大会です。捕った車エビの数で入賞者を決定し表彰します。大会名にふさわしくアメリカ、イギリスなど多くの国の出身者が参加し、エビ狩りを通して、各国の参加者たちとの交流も図れます。
定員
1,500人(応募者多数の場合は抽選)
参加費
大人(中学生以上) 2,500円
子ども(5歳から小学生まで) 1,000円
申し込み期間
7月1日(火曜日)から7月15日(火曜日)まで(当日消印有効)
申し込み方法
官製はがきに、氏名、住所、郵便番号、電話番号(1枚で5人まで申し込み可能)を記入し、〒754-1101 山口市秋穂東6570 秋穂観光協会へ郵送してください。
問い合わせ
秋穂観光協会 電話:083-984-3741

 ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

▲目次にもどる

おもしろ山口学

松下村塾の人々 -乱民から志士へ- 著/一坂太郎(萩市特別学芸員)

松下村塾
松下村塾
 幕末、アメリカのペリー率いる黒船艦隊が来航し、空砲を放つなどの強引な態度で幕府に開国を迫った。危機感を募らせた吉田松陰(よしだ しょういん)は1854(安政元)年3月、伊豆下田に停泊中だったアメリカ艦に乗り込もうとしたが、失敗。故郷である長州萩に送り返され、幽囚の身のまま松下村塾(しょうかそんじゅく)を主宰する。
 松下村塾からは、幕末から明治にかけての日本をリードすることになる、多くの人材を輩出した。しかし当時、萩で平凡な生活を送る人々にとり「松陰」や「松下村塾」は、なかなか理解し難い存在だったようだ。松陰は幕府の開国政策に激しく反対し、ついには老中の暗殺計画まで立てる。危険視されて当然であろう。
 門下生の一人・野村靖(のむら やすし)は後年、幕末当時、自分たちは周囲から「乱民」呼ばわりされ、家族までが村八分にされたとの悲しい思い出を語り残している(『追懐録』)。だから大半の親は、息子が松陰に近づくのを嫌った。
 19歳の1857(安政4)年秋に入門したとされる高杉晋作(たかすぎ しんさく)もまた、反対する家族の目を盗み、松下村塾に通い続けた一人である。晋作は16歳のころ、父に従い黒船騒動で沸く江戸に赴き、日本の危機を目の当たりにしていた。晋作の松下村塾通いは、そうした体験と無関係ではないと考えられる。
 だが、幕府の反対派弾圧である「安政の大獄」に連座した松陰は、1859(安政6)年10月27日、江戸で処刑された。世間の風当たりはますます厳しくなったが、門下生たちは松陰の志を継ぐ決意を強固にしていく。
 門下生たちの命懸けの奔走(ほんそう)が、やがて長州藩を動かす。そして攘夷、討幕と進み、「明治」と改元されたのは、松陰の死から9年後のことであった。だがその過程で、晋作をはじめ多くの門下生が非業の死を遂げた。彼らはいま、暗闇の中を、その先に見える一条の光を信じて歩き続けた先覚者、「志士」と呼ばれる。歴史が評価するとは、そういうことであろう。



▲目次にもどる

県庁職場訪問-カズとゆかりのおじゃまします-

県若者就職支援センター「YYジョブサロン」[後編]

YYジョブサロン ご利用カード 若者やUターン希望者の就職支援を行っている県若者就職支援センター「YY(わいわい)ジョブサロン」。同センターの利用の仕方などを松井睦夫(まつい むつお)次長と、柳谷和暉(やなぎたに かずあき)キャリアカウンセラーに聞きました!
カズ
[カズ]YYジョブサロンの利用の仕方を教えてください。
YYジョブサロン受付
[柳谷さん]まず受付に、声をかけてください。受付スタッフが、どんな目的で来られたのかをお聞きします。初めての方には、利用申込書に記入していただき、「ご利用カード」を発行します。その後、相談コーナーや求人検索コーナーなど目的に応じたコーナーへご案内します。2回目以降は、受付に「ご利用カード」を提示して、利用されるサービスを言っていただければ結構です。
カズ
[カズ]どういう就職活動をすればいいのか悩んでいて、相談に乗ってほしいという場合は、どうすればいいんですか?
[柳谷さん]受付で「個別就職相談」と申し込んでいただくことになりますが、キャリアカウンセリングは予約優先となっています。予約がいっぱいで当日、カウンセリングを受けることができない場合もありますので、予約されることをお勧めします。個別就職相談は、キャリアカウンセラーがカウンセリングルームでお受けします。
ゆかり
[ゆかり]前回と違うカウンセラーに相談すると、また、最初から説明しないといけないんじゃないかと心配になりますけど。
[柳谷さん]ご安心ください。利用者の皆さんが受けられたサービスの利用履歴は、カウンセラー間で共有していますので、カウンセラーが代わっても大丈夫です。
カズ
[カズ]技術や資格を身に付けて仕事を探したいけれど、どうすればよいのか分からないという場合は?
能力開発支援アドバイザー
[松井さん]受付で「能力開発相談」と申し込んでください。あなたがやってみたいと思っている仕事に就くには、どんな能力や資格が必要なのか、あなたに合った職業訓練や就きたい仕事に必要な資格などを能力開発支援アドバイザーがアドバイスします。また、コンピュータによる「職業適性診断システム」を利用して、あなたの能力や適性を再発見するお手伝いもします。
ゆかり
[ゆかり]自分でパソコンを使ってハローワークの求人情報を調べることができる「求人検索コーナー」もあるんですよね?
タッチパネルで求人の検索
[松井さん]はい。一般求人検索コーナーではタッチパネルに触れて、ハローワーク山口・宇部・徳山から寄せられる求人情報を、学卒求人コーナーでは全国のハローワークで受理された大学生等の新卒者用求人情報を調べることができます。また、情報検索用パソコンを利用して県内外の就職情報を調べることもできます。気になる求人情報があれば、相談コーナーの「ヤング・ハローワーク山口」にお気軽にご相談ください。
カズ
[カズ]YYジョブサロンでいろんな相談に乗ってもらえることは分かったのですが、センターから遠くに住んでいて、なかなか行けない場合はどうしたらいいですか?
[松井さん]山口市にある山口大学の就職支援室内に「YYジョブサロンin山大」、周南市にあるYICビューティモード専門学校内に「YYジョブサロンin周南」を設置して、週2回、キャリアカウンセラーによる個別就職相談を行っています。また、岩国・柳井・周南・宇部・下関・萩の県総合庁舎内にある各県民局でも、月2回から4回程度、就職支援キャリアカウンセリングを行っています。さらに今年の4月からは毎月1回、女性カウンセラーが女性の相談をお受けする「女性相談デー」を設けておりますので、ぜひ、ご利用ください。
ゆかり
[ゆかり]今、県外で働いておられるUターン希望の方の就職支援も行っているそうですね?
昨年の「ふるさと山口Uターン就職フェア」の様子
[松井さん]はい。Uターンを希望される方へ、求人企業情報の提供や企業との面接の手続きの仲介などを行っています。このサービスを受けるためには登録していただく必要があります。登録申込は山口就職電脳情報のホームページからもできますのでよろしくお願いします。 また、毎年8月に開催しています「ふるさと山口Uターン就職フェア」を、今年は、8月13日(水曜日)に長門市で、14日(木曜日)に山口市で行います。Uターンを希望される皆さん、企業の担当者と直接面談ができるUターン就職フェアに、ぜひご参加ください(事前申し込み不要)。
ゆかり
[ゆかり]皆さん、希望がかなうといいですね!柳谷さんは就職に悩む人たちの相談を受けていて、どんな時に喜びを感じますか?
[柳谷さん]そうですね。就職活動がうまくいかず、ひとりで悩んでいた人が、わたしたちに相談されて就職が決まったことを報告していただいた時は本当にうれしいですね!日常生活の中で、就職の悩みを相談できるところって、なかなかないみたいですから、就職活動で悩んでいる皆さん、どうぞYYジョブサロンを利用してください!わたしたちスタッフが、あなたの「なりたい」を応援します。

次回は十種ヶ峰(とくさがみね)野外活動センターをご紹介します。お楽しみに!



▲目次にもどる

トピックス・お知らせ

県警察職員を募集します

イメージ
 山口県警察では少年警察補導員などの平成20年度採用選考試験の受験申し込みを受け付けています。
試験職種と
採用予定人数
少年警察補導員 2人
科学捜査研究所職員(化学・心理) 各1人
運転免許試験官 3人
受付期間
7月2日(水曜日)まで(当日消印有効)
※詳しくは、県警察ホームページに掲載している受験案内をご覧ください。
問い合わせ
県警察本部警務課 電話:083-933-0110(内線2625)

「ひとのくに山口ファンクラブ」会員募集中!!

ひとのくに山口ファンクラブ会員証
 県では、県外にお住まいの方を対象に山口県の魅力をお伝えする、「ひとのくに山口ファンクラブ」の会員を募集しています。年会費は500円と1,500円の2コースがあり、会員にはさまざまな特典を用意しています。
  7月から9月までの3カ月間、JRグループと連携して全国に向けて山口県の魅力をPRする「おいでませ山口デスティネーションキャンペーン」も開催されます。
 この機会に、ひとのくに山口ファンクラブの会員となり、山口県においでませ。
特典
[500円コース]
観光情報誌や県外向け広報誌などの県情報を年4回送付
協賛施設の利用料金の割引
オリジナル絵はがきセット(入会時のみ)
[1,500円コース]
500円コースの特典に加え、山口県の特産品をプレゼント
入会方法
詳しくは、ひとのくに山口ファンクラブのホームページをご覧ください。
問い合わせ
ひとのくに山口ファンクラブ事務局
電話:083-933-2566
その他のトピックス・お知らせ

県政ワンショット

 大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

県ホームページの注目サイト

 今回は、お出かけガイドで取り上げた旧県会議事堂を紹介したサイト2つと、おもしろ山口学で取り上げた高杉晋作を紹介したサイトを紹介します。

▲目次にもどる

いいもん山口

菊川そうめん読者プレゼント

手づくりされる菊川そうめん
 自然豊かな下関市菊川の美しい水ときれいな空気で作られた手延べそうめんを「菊川そうめん」といいます。愛情を込めて丹念に引き延ばして乾燥させた「そうめん」は、腰が強く、のどごしのよさが特徴です。コシの強さが自慢の菊川そうめんは「菊川の糸」として昔から人気があります。

 今回は、「菊川そうめん」を読者クイズの正解者の中から抽選で5名様にプレゼントします。

[応募方法]
こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で菊川そうめんをプレゼントします。締め切りは7月10日(木曜日)です。当選者は7月25日配信の山口きらめーるでお知らせします。皆さん、奮ってご応募ください。

[プレゼントクイズ当選者]
5月23日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。「山口県産ナツミカン」当選者については「アンケート結果・プレゼント当選者」のページをご覧ください。

▲目次にもどる

編集室からのメッセージ
 職場訪問で紹介したYYジョブサロンの入口に、利用者自筆のメッセージカードが貼ってあります。就職が決まったとの喜びの声があったり、決まるまでの苦労話など利用者の生の声があったり大変参考になります。私が学生時代就職活動をしていたころは、ちょうどバブル期。拘束と称して海外旅行などに行く友達がいる中、メッセージカードにあるように苦労しながら地道に就職活動をしていたことを思い出しました。
 次回の配信は、7月11日です。

▲目次にもどる

バックナンバー一覧へ>>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策部広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策部 広報広聴課のページへ
登録変更・中止、バックナンバーの閲覧
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
ひとのくに山口ファンクラブ ひとごこち山口 VODやまぐち
おいでませ山口デスティネーションキャンペーン おいでませ山口館(東京) おいでませ山口館(広島)
つくろう!住み良さ日本一 やまぐち元気寄附金
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2008 All rights reserved.