コンテンツ2008年5月23日Vol.142 山口県広報広聴課

お出かけガイド
  • 「第41回豊田のホタル祭り」と「日本初のホタル舟」
  • ピックアップ/参加者募集/県立施設情報
  • 近県情報:島根県津和野町
おもしろ山口学
  • 女子高等教育のパイオニア・成瀬仁蔵
県庁職場訪問-カズとゆかりのおじゃまします-
  • 県立山口図書館[後編]
トピックス・お知らせ
  • 県職員採用試験(大学卒業程度・警察官A)を実施
  • 公立学校教員採用候補者選考試験を実施
いいもん山口
  • 山口県産「ナツミカン」読者プレゼント
編集室からのメッセージ
お出かけガイド※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。

「第41回豊田のホタル祭り」と「日本初のホタル舟」

ホタルの乱舞 「ホタルといで湯の里」として知られる下関市豊田町。1957(昭和32)年には、下関市豊田町の木屋川(こやがわ)とその支流、豊田湖一円が、長門市の音信川(おとずれがわ)とともに「木屋川・音信川ゲンジボタル発生地」として国の天然記念物に指定されました。その後、さまざまな要因によってホタルが減少したため、1960年代から町の人々がホタルの保護に取り組みました。やがて地元の小学生たちがホタルの幼虫を飼育して放流するなどの地道な努力によって、ホタルの数が年々増え、今ではホタルの乱舞を楽しめるようになりました。
 今年もホタルの季節を迎え、6月7日(土曜日)と14日(土曜日)に「第41回豊田のホタル祭り」が開催されます。7日は、ホタル鎮魂祭(精霊流し)やものまねタレントによるステージなど。14日は、花火やジャズコンサートなど。そして両日とも、ホタルの観賞地まで案内するホタル観賞バスの運行も行われます(道の駅「蛍街道西ノ市(ほたるかいどうにしのいち)」にて受け付け)。
 また、1991(平成3)年から始まった、川を下りながらホタルを観賞する「日本初のホタル舟」が、今年は6月12日(木曜日)から29日(日曜日)まで運航されます。暗闇を舞い飛ぶホタルだけでなく、川面に映るホタルの光も幻想的とあって、県外から多くの人が訪れるほど人気が高く、土曜日・日曜日の予約はすでに満席。平日の乗船希望の方もお早めに予約を。なお、豊田のホタル祭り当日(14日)の事前予約はなく、先着120名限定です。
 さらに、2004(平成16)年に開館した「豊田ホタルの里ミュージアム」では、7月6日(日曜日)まで企画展「ホタルの育ち方、育て方」を開催中です。この機会に、ホタルを愛でるだけでなく、ホタルが命をはぐくむことができる環境を守ることの大切さにも触れてみませんか。なお、ホタルの観賞は6月下旬まで楽しめます。

日時
6月7日(土曜日) 16時30分から
6月14日(土曜日) 17時から
場所
豊田生涯学習センター前広場
問い合わせ
豊田のホタル祭り実行委員会 電話:083-766-1056
期間
6月12日(木曜日)から29日(日曜日)まで
場所
木屋川(豊田町中畑・殿敷大井堰間)
問い合わせ
豊田のホタル舟実行委員会 電話:083-766-0031

その他にも県内には、たくさんのホタルの見どころがあります。

ピックアップ

萩市 萩の和船大競漕 おしくらごう

おしくらごう
日時
6月1日(日曜日) 9時30分から13時まで
場所
橋本川(常盤橋・玉江間)
内容
江戸時代から約300年にわたり受け継がれ、毛利(もうり)水軍の訓練の名残といわれている和船の競漕「おしくらごう」。ねじりはちまきに下帯姿の若者たちが和船に乗り込み、掛け声あわせて櫂(かい)を漕ぎ、白熱したレースが繰り広げられます。
問い合わせ
萩市水産課 電話:0838-25-2230

岩国市 錦帯橋(きんたいきょう)花菖蒲まつり

吉香花菖蒲園のハナショウブ
期日
6月7日(土曜日)、8日(日曜日)
※ハナショウブの見ごろは6月初旬から中旬の予想です。
場所
吉香(きっこう)公園
内容
園内には「吉香花菖蒲(はなしょうぶ)園」「城山花菖蒲園」2カ所の花菖蒲園があり、140品種、約11万本のハナショウブを楽しむことができます。祭りでは、古典芸能花舞台などのイベントや押し花展などが予定されています。
問い合わせ
岩国市観光課 電話:0827-41-1477

山口市 菖蒲・あじさい祭り

重源の郷のハナショウブ
期間
[菖蒲まつり] 6月7日(土曜日)、8日(日曜日)
[あじさいまつり] 6月14日(土曜日)から29日(日曜日)まで
場所
重源(ちょうげん)の郷(さと)
内容
昭和初期の農村風景が再現された体験型自然公園「重源の郷」の菖蒲園では、ハナショウブが美しく咲き誇ります。また遊歩道には、約5,000株のアジサイが咲き、甘茶の無料接待やアジサイの苗が販売されます。園内では、藍染めや紙すきの体験などができるほか、期間中の土曜日、日曜日には、柏餅の販売やマスの釣り堀、屋台の出店なども行われます。
問い合わせ
重源の郷 電話:0835-52-1250

宇部市 ときわ公園しょうぶまつり

ときわ公園のハナショウブ
日時
6月8日(日曜日) 9時から16時まで
※ハナショウブの見ごろは6月初旬の予想です。
場所
常盤(ときわ)公園
内容
園内には約150種類8万本のハナショウブが栽培されています。茶席が設けられ日本情緒豊かな美しさと雰囲気を楽しめるほか、苗の販売、栽培講習会、出店なども予定されています。
問い合わせ
ときわ公園まつり実行委員会
電話:0836-35-8299

周防大島町 サザンレク片添山口県知事杯ビーチバレー大会2008参加者募集

試合の様子
日時
7月13日(日曜日) 9時から
場所
片添ヶ浜(かたぞえがはま)海浜公園
内容
環境省の「快水浴場百選」に選ばれている、片添ヶ浜で行われるビーチバレー大会です。県内外から多くの参加があり、熱戦を繰り広げます。
定員
170チーム
参加料
1チーム 3,000円(男女混合の部は6,000円)
参加賞
特製Tシャツ
申し込み締め切り
6月13日(金曜日)
問い合わせ
山口県知事杯ビーチバレー大会事務局
電話:0820-78-2512

萩市 仏教美術の黎明-山東省石仏展県立施設情報

2003年済南市県西巷開元寺址出土 菩薩頭部
菩薩頭部 北斉時代
残高29センチメートル
2003年済南市県西巷開元寺址出土
済南市博物館蔵
期間
5月27日(火曜日)から7月13日(日曜日)まで
場所
萩美術館・浦上記念館
開館時間
9時から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日
月曜日
料金
一般1,000円、学生800円
※18歳以下・70歳以上無料
内容
山口県と中国山東省(さんとうしょう)の友好協定締結25周年を記念して開催されます。山東省は仏教が朝鮮半島や日本に伝わる際に重要な役割を果たした地です。中国仏教美術の黎明(れいめい)期にあたる北魏時代の後期から北斉時代までの日本初公開の作品を含む77件の石仏を紹介します。
問い合わせ
萩美術館・浦上記念館 電話:0838-24-2400

 ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

近県情報

島根県津和野町 感動!スターウオッチングにちはら天文台

にちはら天文台
期日
5月24日(土曜日)、6月7日(土曜日)
場所
日原(にちはら)天文台
内容
豊かな自然環境の中で、無数の星が繰り広げる天体ショーを心ゆくまで楽しむことができます。天文台には、口径75センチメートル大天体望遠鏡があり、肉眼では知りえなかった星の神秘に出会えるかもしれません。
問い合わせ
日原天文台 電話:0856-74-1646

 山口県は、下記の協議会に参加し、広域連携による観光振興を行っています。

▲目次にもどる

おもしろ山口学

女子高等教育のパイオニア・成瀬仁蔵 著/佐々木 澄子(社団法人 日本女子大学教育文化振興桜楓会 山口支部長)

成瀬仁蔵成瀬仁蔵[1858-1919]
 男女が平等に扱われなかった時代に、女子を「人間として、婦人として、国民として」教育するとの信念のもと、女性が自立するための女子教育の発展に尽力し、日本女子大学を設立した成瀬仁蔵(なるせ じんぞう)。今年6月23日に、生誕150年を迎えます。
 仁蔵は、1858(安政5)年、周防国吉敷(よしき)村(現在の山口市吉敷)の士族・成瀬小右衛門の長男として生まれました。子どものころの仁蔵は、学問嫌いで、友と活発に川や野山で遊び回り、伸び伸びと育ちました。一方で、厳格な父の下、郷校(ごうこう)※の憲章館、山口県教員養成所を経て、若くして上関・湯田・二島小学校などに奉職(ほうしょく)しました。
 1877(明治10)年、仁蔵は、同郷のキリスト教宣教師、澤山保羅(さわやま ぽうろ)に感化され、大阪で洗礼を受けます。キリスト教の影響を受け、澤山が創立した大阪の梅花女学校の運営に関わったことなどを契機に女子教育との関わりを深めていきます。渡米して女子教育の研究を行った後、1894(明治27)年に帰国した仁蔵は、梅花女学校の校長を務めた後、女子大学の設立運動を推し進め、1896(明治29)年、冒頭の信念を掲げた著書『女子教育』を出版。女子高等教育不要論など世間の厳しい非難を受けながらも世論の喚起に努め、ようやく1901(明治34)年に日本で初の女子総合高等教育機関として日本女子大学校(現在の日本女子大学)を創設し、初代校長になります。
 1919(大正8)年、仁蔵は60歳で亡くなりますが、死を目前にした告別講演の後、自らの教育理念「信念徹底」「自発創生」「共同奉仕」を書き遺しています。これらは、現在も日本女子大学の教育綱領として、社会で活躍する多くの卒業生や在校生に受け継がれています。
 吉敷の仁蔵の生誕地には、1934(昭和9)年、日本女子大学の同窓会桜楓会によって記念碑が建立されました。現在では成瀬記念公園として整備されるとともに、成瀬仁蔵旧宅跡として山口市史跡に指定されています。今年、桜の花咲き誇る成瀬記念公園で全国から集まった同窓生たちによって盛大な記念の集いが催されました。

※江戸時代に藩校教育の補助などのため設けられた教育機関

▲目次にもどる

県庁職場訪問-カズとゆかりのおじゃまします-

県立山口図書館[後編]

県立山口図書館内の様子 県立山口図書館は、県内の市町立図書館を結ぶネットワークの中心的存在としてさまざまなサービスを提供しています。県立山口図書館の特徴や、どのような便利なサービスを行っているのかなどについて、企画振興課の井関和彦(いせき かずひこ)主任司書に聞きました!
ゆかり
[ゆかり]県立山口図書館というと、私は「県民資料室」を利用することが多いんです。郷土資料が充実していますね!そして、その隣の「明治維新資料室」は、維新の志士を数多く輩出した山口県ならでは…って感じます。畳のスペースもあって、面白い資料室ですね!
明治維新資料室の畳スペース
[井関さん]はい!明治維新資料室は1998(平成10)年に開設され、現在、約4,900冊の明治維新に関する資料のうち、約2,900冊が自由に閲覧(えつらん)できます。畳のスペースが設けられているのは、「松下村塾(しょうかそんじゅく)」をイメージしているからなんです。
ゆかり
[ゆかり]やっぱり(笑)!明治維新資料室って、面白そうな本が並んでいて、本のタイトルを見るだけでワクワクしてきます。
前後上下に並ぶ図書
[井関さん]ありがとうございます!インターネットで本を探すと簡単に探し出せるとは思いますが、図書館で本を探せば前後上下にある関連した本を目にすることができ興味が広がると思いますよ。私たち司書の仕事は「本とヒトを結ぶこと」、つまり、いかにマッチングさせるかが大事なんです。
カズ
[カズ]図書館のサービスの「レファレンス・サービス」が、本とヒトを結ぶサービスですね?
[井関さん]はい!レファレンス・サービスとは、調べもののお手伝いをするものです。○○について知りたいが、どうやって調べればいいのか分からない。そんなときなどに、私たち司書に尋ねていただければ、調べるための道筋を考えて「この本に載っているかもしれませんよ」と紹介していきます。2階のカウンターのほか、電話やメールでも受け付けているんですよ。
ゆかり
[ゆかり]えっ!メールでも?知りませんでした。
調査・相談カウンター
[井関さん]山口県に関することは、県外の方からもお受けしているんですよ。先日も他県の図書館を通じて、調査依頼がありました。全国の市町村立図書館でもレファレンス・サービスを行っているので、まずは地元の図書館へお問い合わせください。そこで分からなければ、県立図書館へ問い合わせが回ります。県立図書館でも分からなければ、国立国会図書館に照会します。また専門機関を紹介することもあります。回答を探し出すことを通じて、私たちも勉強になることが多く、興味も広がり楽しいものです。ですから分からないことがあったら、遠慮なく気軽にお尋ねください!
ゆかり
[ゆかり]私は山口市外に住んでいて、探している本が地元の市立図書館にないときは、県立山口図書館のホームページで検索してから借りに来ることがあります。遠いのでたびたびは来られません。でも、昨年4月から本の貸し出し冊数が一人10冊までに増えて、とても助かっています!貸し出し期間は3週間以内でしたね?
[井関さん]はい、そうです。貸し出し期間の延長もできます。その手続きは、以前は当館に本を持ってきていただいて手続きを行っていましたが、山口市外にお住まいの県民の皆さんの利便性を考え、昨年4月から電話で連絡していただき、本に予約が入ってなければ、1回に限り期間延長できるようにしました。また、祝日も開館しているんですよ。
カズ
[カズ]おーっ、それは助かります!他にも、来館しなくても、県立山口図書館の本が、県内の市町立図書館を通して借りられるそうですね。
巡回協力車へ本を搬入
[井関さん]はい!県立山口図書館では、巡回協力車などでお近くの図書館まで届けます。巡回協力車の運行日程が決まっているので、手続きはお早めに。
カズ
[カズ]それから、県立山口図書館の本を市町立図書館で返却もできる※そうですね。
[井関さん]おかげさまで、利用者が年々増えています。なお、市町立図書館を通じて返却するには、あらかじめ借りる際に、手続きを行う必要があるので、ご注意ください
カズ
[カズ]今日は、今まで知らなかった「え!そんなことができるの?」というサービスも知ることができました。これから、山口きらめーるを作成する時に分からないことがあれば、レファレンス・サービスで参考文献などを教えてもらおうかな。
遠隔地利用者返却システム
当システムに参加している市町立図書館45館(2008年4月1日現在)で、県立図書館の本を返却できます。詳しくは県立山口図書館の遠隔地利用者返却システムWEBページをご覧ください。

次回は、「若者就職支援センター(YYジョブサロン・ジョブカフェ山口)」をご紹介します。お楽しみに!



▲目次にもどる

トピックス・お知らせ

県職員採用試験(大学卒業程度・警察官A)を実施

イメージ
 下記の平成20年度県職員採用試験の受験申し込みを受け付けています。
大学卒業程度試験
[試験職種]行政など14職種
[採用予定人数]78人程度
[受付期間]6月6日(金曜日)まで(当日消印有効)
※詳しくは、県ホームページに掲載している受験案内をご覧ください。
警察官(A)試験
[試験区分]
警察官(男性)(A)、警察官(女性)(A)
※大学卒業(見込み)の方が対象です。
[採用予定人数]
警察官(男性)(A):
一般(山口県) 15人程度
一般(東京都(警視庁)、京都府、大阪府、兵庫県) 12人程度
武道指導(山口県) 2人程度
警察官(女性)(A):7人程度
[受付期間]
6月13日(金曜日)まで(当日消印有効)
※詳しくは、県ホームページに掲載している受験案内をご覧ください。
問い合わせ
県人事委員会 電話:083-933-4474
Eメール:shiken@pref.yamaguchi.lg.jp

公立学校教員採用候補者選考試験を実施

イメージ
 下記の平成21年度の県公立学校教員採用候補者選考試験の受験申し込みを受け付けています。
 一般選考のほか、社会人、スポーツ、芸術、看護科、理療科教諭の特別選考や身体障害者を対象とした選考を行います。
校種等
小学校、中学校、高等学校、特別支援学校(小学部・中学部・高等部)、養護教諭
採用予定人数
164人程度(昨年度:159人程度)
受付期間
6月6日(金曜日)まで(当日消印有効)
※詳しくは県ホームページに掲載している実施要項をご覧ください。
問い合わせ
県教職員課 電話:083-933-4550
その他のトピックス・お知らせ

県政ワンショット

 大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

県ホームページの注目サイト

 ピックアップで職員、教員採用試験を取り上げていますが、今から就職活動を始める方、ただいま真っ最中の方のために、職場選びの参考となるサイトを紹介します。

▲目次にもどる

いいもん山口

山口県産「ナツミカン」読者プレゼント

ナツミカン
 山口県のナツミカンは、明治維新後の萩で士族を経済的に救うために栽培が奨励され、栽培面積を広げました。甘酸っぱい実をそのまま食べるおいしさはもちろん、砂糖の丸漬け、ゼリー、ジュースなど多くの加工品が土産物として親しまれています。また、ナツミカンの花は「県花」に選ばれています。

[関連リンク]
山口きらめーるVol.130から132まで おもしろ山口学「やまぐちナツミカン物語」

 今回は、山口県産「ナツミカン」を読者クイズの正解者の中から抽選で5名様にプレゼントします。
[応募方法]
 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で山口県産のナツミカンをプレゼントします。締め切りは6月12日(木曜日)です。当選者は6月27日配信の山口きらめーるでお知らせします。皆さん、奮ってご応募ください。

[プレゼントクイズ当選者]
 4月25日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。「山口県の茶」当選者については「アンケート結果・プレゼント当選者」のページをご覧ください。

▲目次にもどる

編集室からのメッセージ
 今回のピックアップで紹介している宇部市常盤公園が、国の登録記念物(名勝地)に登録される見通しとなりました。横浜の山下公園や福岡の大濠公園などが登録されており、県内では初めてのことです。宇部に住んでいたころは、よくジョギングをしたり、散歩をしたりしていたのですが、そういえば、ここ最近は行っていないので、久しぶりに子どもと一緒に行ってみようかな!
 次回の配信は、6月13日です。

▲目次にもどる

バックナンバー一覧へ>>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策部広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策部 広報広聴課のページへ
登録変更・中止、バックナンバーの閲覧
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
ひとのくに山口ファンクラブ ひとごこち山口 VODやまぐち
おいでませ山口デスティネーションキャンペーン おいでませ山口館(東京) おいでませ山口館(広島)
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2008 All rights reserved.