コンテンツ2008年3月14日Vol.137 山口県広報広聴課

お出かけガイド
  • 「錦帯橋さくらまつり」と「ちょっと自伝 宇野千代展」
  • ピックアップ/県立施設情報
  • 近県情報:広島県廿日市市
おもしろ山口学
  • 郷土に生きた画家 香月泰男
    第2回 家族への愛、郷土への愛
県庁職場訪問-ノブとゆかりのおじゃまします-
  • 県岩国港湾管理事務所[前編]
トピックス・お知らせ
  • 世界スカウトジャンボリーの日本招致を支援しています
  • 山口県職員になりませんか?平成20年度山口県職員採用試験実施計画を発表
いいもん山口
  • 甘みのあるしょうゆ味がご飯にピッタリ!山口県の寒漬け
編集室からのメッセージ
お出かけガイド※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。

「錦帯橋さくらまつり」と「ちょっと自伝 宇野千代展」

桜と錦帯橋と錦帯橋さくら船  河畔を埋める桜並木に映える五連のアーチからなる木造橋・錦帯橋(きんたいきょう)。岩国市の錦帯橋周辺と吉香(きっこう)公園は、「さくら名所100選」(財団法人 日本さくらの会)に選定されている山口県を代表する桜の名所の一つです。その約3,000本の桜のほとんどがソメイヨシノ。ソメイヨシノの寿命は60年という説がありますが、吉香公園内の吉香神社の境内には、1886(明治19)年に植えられた樹齢120年を超える、日本で2番目に古いとされているソメイヨシノがあります。
 吉香公園の桜の今年の開花予想は、3月末ごろです。ちょうど4月4日(金曜日)から13日(日曜日)まで行われる「錦帯橋さくらまつり」のころが、見ごろとなりそうです。錦帯橋さくらまつりでは、花見を楽しみながら錦川(にしきがわ)を下る「錦帯橋さくら船」や、鮎など地元の食材を使った5種類の「清流錦川地鍋物語」の販売、けん玉名人の実演・指導などの楽しいイベントが行われます。また、2004(平成16)年に完了した錦帯橋架け替え工事の際に造られた錦帯橋の模型(実物の5分の1の大きさ)を大工さんたちが組み立てる実演も行われます(一般の方も当日参加OK)。
 また、岩国市は桜をこよなく愛した作家・宇野千代(うの ちよ)のふるさと。錦帯橋にほど近い川西(かわにし)地区にある「宇野千代生家」には、彼女が岐阜県から移植した3本の薄墨桜(うすずみざくら)の木があります。見ごろは例年3月中旬から下旬にかけて。また、3月19日(水曜日)から9月12日(金曜日)まで企画展「ちょっと自伝 宇野千代展」が開催され、生原稿や彼女がデザインした桜の着物などが展示されます。岩国の春をあなたも満喫してみませんか。

期間
4月4日(金曜日)から13日(日曜日)まで
※イベントによって開催日は異なります。
場所
吉香公園ほか
問い合わせ
岩国市観光課 電話:0827-41-1477
期間
3月19日(水曜日)から9月12日(金曜日)まで
場所
宇野千代生家
問い合わせ
岩国市観光課 電話:0827-41-1477
ピックアップ

下松市 「笑いと花と童謡」春分の日フェスタ

下松スポーツ公園体育館
日時
3月20日(祝日) 10時から15時まで 竣工式典は9時30分から
場所
下松スポーツ公園
内容
4月1日にオープンする下松スポーツ公園体育館の完成を祝って行われます。長縄跳び大会、花苗の無料配布(13時30分から先着300名)、合唱・吹奏楽演奏などのイベントのほか、「メイボ鍋」が無料で振る舞われます(11時40分からの餅まき終了後先着300名)。
問い合わせ
下松市都市計画課 電話:0833-45-1855

下関市 豊浦菜の花まつり

リフレッシュパーク豊浦の菜の花
日時
3月29日(土曜日) 10時から16時まで、30日(日曜日) 10時から15時まで
場所
リフレッシュパーク豊浦
入場料
高校生以上200円、小・中学生100円
内容
四季折々の花が楽しめるリフレッシュパーク豊浦。春は約30万本の菜の花を満喫できます。「豊浦菜の花まつり」では、うどんや綿菓子などの販売、体験乗馬、無料切花園などが楽しめます。
問い合わせ
リフレッシュパーク豊浦 電話:083-772-4000

山口市 2008年 SLやまぐち号出発式

SLやまぐち号出発式
日時
3月22日(土曜日) 9時55分から
場所
JR新山口駅 1番ホーム
内容
新山口駅-津和野駅間62.9キロメートルを結ぶ「SLやまぐち号」の運行が、今年も始まります。出発式では、テープカットなどのほか、湯田温泉の旅館の女将(おかみ)と山口大学観光政策学科の女子学生が「お出迎え宣言」を行い、今年の7月から9月まで行われる観光キャンペーン「おいでませ山口デスティネーションキャンペーン」に向けて盛り上げます。
問い合わせ
山口線SL運行対策協議会 電話:083-933-3170

萩市 旅する民俗学者 宮本常一のまなざしを追って・萩

ポスター
期間
4月8日(火曜日)まで
場所
萩博物館
開館時間
9時から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日
なし
料金
大人500円、高校・大学生300円、小・中学生100円
内容
周防大島町出身の民俗学者・宮本常一(みやもと つねいち)。「旅する民俗学者」と呼ばれ、日本全国をくまなく歩いて各地の生活文化を記録しました。この展示では、彼によって撮影された1960年代の萩地域の写真群をもとに、彼がどのような生活文化に着目したのかを読み解きます。
問い合わせ
萩博物館 電話:0838-25-6447

山陽小野田市 春休みガラス体験教室&第4期生吹きガラス講座卒業制作展

上段 卒業制作展作品、下段 体験教室作品例
期間
[体験教室]3月30日(日曜日)
午前の部 9時から11時まで、午後の部 13時30分から15時30分まで
[卒業制作展] 3月29日(土曜日)から5月11日(日曜日)まで
場所
きららガラス未来館
開館時間
9時から17時まで
休館日
月曜日(5月5日は開館)、火曜日、5月7日(水曜日)
料金
[体験教室] 1,050円から1,350円まで※作品によって異なります。
[卒業制作展] 無料
内容
窯業のまち山陽小野田市。窯業の新しい文化を創造するため、窯業の一つであるガラス文化の発信拠点として「きららガラス未来館」が平成16年にオープンしました。きららガラス未来館では、ガラスの絵付けなどの体験教室や一年間にわたる講座を開催しています。
問い合わせ
きららガラス未来館 電話:0836-88-0064

秋芳町 秋吉台の響きコンサート県立施設情報

秋吉台の響きコンサート
日時
4月29日(祝日) 15時開演
場所
秋吉台国際芸術村 ホール
料金
[全席自由]一般:3,000円、学生以下:1,500円
内容
世界的に活躍している一流の音楽家によるコンサートです。クラシックに興味があるという方、プロを目指して勉強している方にもお薦めです。
問い合わせ
秋吉台国際芸術村 電話:0837-63-0020
オーバーヴィーゼ(上原) 電話:083-902-7100

 ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

近県情報

広島県廿日市市 宮島 清盛まつり

清盛神社
日時
3月23日(日曜日) 13時から15時まで
場所
宮島桟橋前広場-厳島(いつくしま)神社-清盛神社
内容
厳島神社への信仰心が厚く、厳島神社の現在の繁栄の礎を築いた平清盛(たいらの きよもり)をしのび、命日である3月20日のころに行われる祭りです。平安絵巻から飛び出したような、色鮮やかな衣装に身を包んだ稚児や武者など平家一門の厳島神社の参詣行列を再現し、宮島を練り歩きます。
問い合わせ
宮島清盛まつり実行委員会 電話:0829-44-2011

 山口県は、下記の協議会に参加し、広域連携による観光振興を行っています。

▲目次にもどる

おもしろ山口学
郷土に生きた画家 香月泰男

【第2回】家族への愛、郷土への愛

ハイラル通信186
ハイラル通信186
香月泰男
 香月泰男は1911(明治44)年、大津郡三隅(みすみ)村(現在の長門市三隅)で生まれました。幼いころに両親と離別し、祖父母に育てられました。そんな少年の心を支えたのは、絵を描くこと。長じて、東京の川端画学校、東京美術学校(現在の東京藝術大学)西洋画科で絵を学び、美術教師となります。教職に就く傍ら、創作活動に励み、1939(昭和14)年には、第3回文部省美術展覧会で『兎』が特選に選ばれます。
 結婚して3人の子どもにも恵まれ、公私ともに順風満帆の歩みを見せ始めていた矢先、生活は一転します。1942(昭和17)年、31歳の彼のもとに召集令状が届き、翌年、満州ハイラルへと出征することになったのです。
  彼は、兵隊となっても自分が絵描きであることを忘れまいと、中学4年生の時に母に買ってもらった※絵の具箱を戦地に携えます。そして、軍隊生活の合間に、日々の訓練風景や家族との団らんの思い出などをはがきに描き、妻と3人の子供あてに送り続けました。この絵はがきは終戦前まで続き、自宅に届いたのは361通にも及びます。軍隊の生活の中で、毎日絵を描くのは大変なことです。にもかかわらず、はがきを出し続けた彼の心中には、絵描きとしての鍛錬を怠るまい、家族とのきずなを大切にしたいという二つの強い思いがあったのでしょう。これらは後に「ハイラル通信」と呼ばれ、帰国後の作品のモチーフにもなりました。
 1947(昭和22)年、過酷なシベリアから無事に復員できた彼は、自宅にアトリエを構え、二度とふるさとから離れることはありませんでした。絵の道にまい進するとともに、家族のきずなを大切にしました。幼くして両親と離別した彼は、戦争で家族と引き裂かれた状況を乗り越え、やっと手にした家庭のぬくもりを失いたくなかったのでしょう。
 以下は、彼の代表作シベリヤ・シリーズに添えられたことばです。「私はいま、シベリヤで幾夜夢に見続けた、自分の生まれ育った山口県の三隅町に住んでいる。(中略)ここが私の空であり、大地だ。ここで死にたい。ここの土になりたいと思う。思い通りの家の、思い通りの仕事場で絵を描くことができる。それが私の地球である」

※再婚していた母に初めて手紙を書き、油絵の道具一式を無心して買ってもらいました。

取材協力/香月泰男美術館


関連リンク

香月泰男美術館

これまでのおもしろ山口学バックナンバー


▲目次にもどる

県庁職場訪問-ノブとゆかりのおじゃまします-

県岩国港湾管理事務所[前編]

岩国港本港港区全景 三方が海に開かれた山口県は、海岸の総延長が1,502キロメートル。29の港湾と97の漁港があります。県東部にある岩国港は、1952(昭和27)年に「重要港湾」に指定され、瀬戸内工業地帯の一翼を担う工業港として発展してきました。どんな所か知りたくて、岩国市新港(しんみなと)町にある「県岩国港湾管理事務所」の後藤勉(ごとう つとむ)次長の職場におじゃましました!
ノブ
[ノブ]港には、いろいろな種類があるそうですね。
後藤さん
[後藤さん]はい。法律では大きく、「港湾法」に基づく、交通の拠点としての港湾と、「漁港漁場整備法」に基づく、漁業の拠点としての漁港とに分けられます。これらは、重要性などにより、都道府県あるいは市町村が管理しています。岩国港は港湾のうち「重要港湾」に指定されており、県が管理しているんですよ。
ゆかり
[ゆかり]重要港湾って、どういうものなんですか?
[後藤さん]国際、あるいは国内海上輸送網の拠点などとして、全国で105港が指定されています。そのうち県内には岩国港を含め4港※1があります。さらに、特に重要な国際海上輸送網の拠点「特定重要港湾」が、全国に23港、県内では2港※2が指定されているんですよ。
ゆかり
[ゆかり]へーっ!山口県は大きな港湾が多いんですね!確か、山口県は九州やアジア大陸に近く、古くから海上交通の要衝だった、ですよネ。ところで、地図を見ると、岩国港の北の部分※3は大きく3つの地区に分かれているんですね。
装束地区に停泊しているタンカー
[後藤さん]はい。北側の「装束(しょうぞく)地区」は港に隣接して石油コンビナートがあり、主に化学薬品がタンカーで積み出されています。南側の「室の木(むろのき)地区」は、港に隣接して製紙工場や木工団地があり、原木や製材品を積んだ専用貨物船が北アメリカやオーストラリアなどから入ってきます。中央の「新港地区」は、主に装束地区の石油コンビナートでつくられた石油製品、室の木地区の製紙工場でつくられた紙などを積み込んだコンテナ船が利用しています。
また、装束地区、室の木地区にはそれぞれ、石油コンビナート、製紙工場の専用埠頭もあり、原油を運んでくるタンカー、木材チップを運んでくる専用貨物船も入ってくるんですよ。
ゆかり
[ゆかり]岩国港は、石油化学工業や製紙・製材工業など地域の産業に特徴づけられた港なんですね。ほかにはどんな特徴がありますか?
新港地区周辺図
[後藤さん]はい。地区ごとに化学薬品、コンテナ、木材と機能分担し、効率的に利用されているほか、瀬戸内本航路に隣接していて、全般的に水深が深いので大型船が入港しやすいということがあります。また、国道2号とのアクセスが容易で、陸上運送に便利で施設の利用率が良いこともあります。
ノブ
[ノブ]岩国港は、水深10メートルの岸壁が5バース※4、水深7.5メートルの岸壁が2バースなど、水深の深い岸壁が数多くありますね。また、現在、水深12メートル、7.5メートルの岸壁も新しく建設されているんですね。
新港地区のコンテナヤードに積まれた20フィートコンテナ
[後藤さん]はい。水深が深ければ深いほど、大型の貨物船やコンテナ船などが接岸できるんですよ。接岸できる船の大きさは船の種類によって違いますが、貨物船で例を挙げましょう。水深4メートルだったら700トン級なんですが、水深7.5メートルで5千トン級、10メートルで1万2千トン級、12メートルで3万トン級のものになるんですよ。
大型船舶を使えれば、一度に大量の輸送ができ、また、他港で積み替えたり、荷揚げしたりする必要もなくなるので、企業にとって輸送コストを削減できるというメリットがあります。そうした背景があって、近年、岩国港では年間約1,700万トンの貨物が取り扱われるようになりました。特に、1992(平成4)年、東南アジアを中心としたコンテナ航路が開設されて以来、コンテナ取扱量※5が急増し、平成17年に83,613個、全国の重要港湾のうち3位となっているんですよ。平成18年には11万個を超えました。これが注目され、全国各地の自治体などから岩国港へ視察に来られているんですよ!
ノブ&ゆかり
[ノブ][ゆかり]ヘーっ!!そうだったんですか!私たちも港湾の中を見せていただけますか。よろしくお願いします!
※1 県内の重要港湾
岩国港(岩国市)、三田尻中関(みたじりなかのせき)港(防府市)、宇部港(宇部市)、小野田港(山陽小野田市)の4港。すべてを県が管理しています。
※2 県内の特定重要港湾
徳山下松港(周南市・下松市・光市)、下関港(下関市)の2港。徳山下松港は県が、下関港は下関市が管理しています。
※3
岩国港は大きく、北の部分の「本港(ほんこう)港区(こうく)」と南の部分の「南部港区」に分かれています。
※4 バース
岸壁などを船一隻が占める水域の単位のこと。船舶が停泊し、積み荷の揚げ降ろし作業をする岸壁そのものの意味でも使われます。
※5 コンテナ取扱量
コンテナの規格には40フィートと20フィートの長さのものがあります。コンテナ取扱量(単位:TEU)は、20フィートコンテナの個数に換算して数えます。

次回は、岩国港の港湾施設や岩国港湾管理事務所の主な業務などを紹介します。お楽しみに!



▲目次にもどる

トピックス・お知らせ

世界スカウトジャンボリーの日本招致を支援しています

招致会場 山口県きらら浜
 世界各地のボーイスカウトなどが4年ごとに集う「世界スカウトジャンボリー」。2015(平成27)年の開催地に、日本とシンガポール共和国が立候補しており、今年7月の世界スカウト会議で決定されます。日本は会場を山口県きらら浜(山口市)としています。
 県では、日本での開催実現に向け、ボーイスカウト日本連盟が主体となって行っている招致活動を支援しています。
問い合わせ
県社会教育・文化財課 電話:083-933-4656

山口県職員になりませんか?平成20年度山口県職員採用試験実施計画を発表

イメージ
 平成20年度県職員採用試験実施計画を発表しました。
 実施日程、受験案内・申込書の請求方法など、詳しくは県ホームページに掲載している試験実施計画をご覧ください。
募集職種・人数等
各試験の募集職種・人数、職種ごとの受験資格、試験内容、受験手続などの詳細については、各試験の公告日に発表します。
問い合わせ
県人事委員会 電話:083-933-4474
その他のトピックス・お知らせ

県政ワンショット

  大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

県ホームページの注目サイト

 今回は、開通50周年を迎えた関門国道トンネルに合わせて「関門海峡道路」を、お出かけガイドに合わせて「宇野千代」を、県庁職場訪問に合わせて「石油コンビナート」を紹介したサイトを紹介します。

▲目次にもどる

いいもん山口

甘みのあるしょうゆ味がご飯にピッタリ!山口県の寒漬け

大根の寒干し
※画像はイメージです。
 寒風が吹くころ、山口市阿知須(あじす)地区から宇部市の東部にかけての丘陵地では、大量の大根をつるして乾燥させる風景が見られます。この大根は甘塩に漬け込んだもの。約20日寒風にさらして干し、木づちなどでたたいてのばす作業を繰り返した後に、しょうゆと調味料で貯蔵発酵させると、特産の“寒漬け”と呼ばれる漬物になります。
 特有の歯ごたえが楽しめ、甘みのあるしょうゆ味の寒漬けは、ご飯や酒との相性が最高です。

 次号では、山口県の寒漬けが当たる読者アンケートを行います。お楽しみに!

[ゆめほっぺ読者プレゼント]
 2月22日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。当選者は、次回配信の「山口きらめーる」でお知らせします。

▲目次にもどる

編集室からのメッセージ
 今回の県庁職場訪問「岩国港湾管理事務所」がある岩国市新港(しんみなと)町。新港とは言いますが、その歴史は意外に古いものがあります。
 1600(慶長5)年、関ヶ原の合戦の後、岩国藩主となった吉川広家(きっかわ ひろいえ)は、錦(にしき)川下流の今津(いまづ)川河口に水軍のための物揚げ場「今津湊(みなと)」をつくります。今津湊は、錦川上流からの物資集散地として栄えますが、年月が経つうちに、川の土砂が積もってだんだん浅くなり、また、その土砂を利用した開作地が下流に広がり、船の出入りが不便になっていきました。
 このため、1811(文化8)年、装束(しょうぞく)浜の海岸を埋め立てて、船着場「麻里布(まりふ)湊」を作りました。明治に入ると、この地は新港と改称され、現在も新港町と呼ばれているのです。
 次回の配信は3月28日です。

▲目次にもどる

バックナンバー一覧へ>>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策部広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策部 広報広聴課のページへ
登録変更・中止、バックナンバーの閲覧
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
ひとごこち山口 ふれあい山口 VODやまぐち
ひとのくに山口ファンクラブ おいでませ山口デスティネーションキャンペーン
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2008 All rights reserved.