コンテンツ2007年12月28日Vol.132 山口県広報広聴課

お出かけガイド
  • 日本の心に触れる正月を!毛利博物館企画展「正月飾り」
  • ピックアップ/県立施設情報
  • 近県情報:島根県津和野町
おもしろ山口学
  • やまぐちナツミカン物語
    第3回 ナツミカンの加工品と近年の動き
県庁職場訪問-ノブとゆかりのおじゃまします-
  • 県立萩看護学校[後編]
トピックス・お知らせ
  • おいでませ山口館(広島)で「やまぐち福袋」を販売
  • 陶芸ワークショップ「キノコヲツクルヒトビト」の参加者を募集
いいもん山口
  • 山口県のマフグセット読者プレゼント
編集室からのメッセージ
お出かけガイド※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。

日本の心に触れる正月を!毛利博物館企画展「正月飾り」

正月飾り  我が国では、新年が良い年となることを願って、松竹梅など縁起の良いものを正月に飾る風習が受け継がれてきました。江戸時代の大名家でも、家を盛り立てた先祖ゆかりの品々を正月に飾り、子々孫々まで繁栄することを祈っていました。防府市にある「毛利(もうり)博物館」では、そうした大名家の正月の様子を伝える企画展「正月飾り」が、2008(平成20)年1月27日(日曜日)まで開催中です。
 毛利博物館は、明治維新後、萩から防府へと移った旧萩藩主・毛利氏の本邸として1916(大正5)年に完成した「毛利邸」の中に設けられています。同館では、国宝や重要文化財を含む毛利家伝来の約2万点に及ぶ美術品などを所蔵。
 その中から今回は、毛利家の「正月飾り」となっている、毛利元就(もうり もとなり)が用いたとされる「御佳例吉甲冑(ごかれいきちかっちゅう)」や「日の丸軍扇(ぐんせん)」、萩藩初代藩主・秀就(ひでなり)が朝廷から拝領し、家宝とした「御重代太刀(ごじゅうだいたち)」をはじめ、かつて正月に城内の床の間に飾られていた鶴亀など吉祥の画題が描かれた絵画など、正月にちなんだ約40点が展示されています。 絵画の中には縦120センチメートル、横57センチメートルの掛け軸3幅で1つの絵になるようなスケールの大きなものもあり、大名家ならではの風格を感じさせてくれます。
 防府市内には、「学問の神様」菅原道真(すがわら みちざね)を祭神とし、県内外からの初詣で客でにぎわう「防府天満宮」もあります。初詣でとあわせ、大名家伝来の正月の品々を鑑賞し、子孫の幸せを願った先人たちの心に触れてみませんか。

期間
平成20年1月27日(日曜日)まで
※年内は休館。新年は1月1日(祝日)から
場所
毛利博物館
開館時間
9時から17時まで(入館は16時30分まで)
入館料
大人700円、小・中学生350円
問い合わせ
防府市観光振興課 電話:0835-25-2148
毛利博物館 電話:0835-22-0001
ピックアップ

岩国市 岩国城ロープウェー初日の出運転

瀬戸内海の日の出
日時
平成20年1月1日(祝日) 6時30分から
場所
岩国城ロープウェー
料金
往復:中学生以上540円、小学生250円
内容
元旦の岩国城ロープウェーは6時30分から早朝運転が行われます。岩国城のある城山の標高211メートルの頂からは、瀬戸内海に昇る初日の出とともに、眼下に蛇行した錦川、錦帯橋や城下町、遠くに瀬戸内海の島々を一望できます。
問い合わせ
岩国市観光課 電話:0827-41-1477

周防大島町 岩屋権現のもち焼き

岩屋権現のもち焼き
期間
平成20年1月1日(祝日)から3日(木曜日)まで
場所
嵩山(だけさん)中腹
内容
嵩山中腹の洞窟にある岩屋権現。ここで焚(た)かれた火で焼いたもちを食べると、その年は無病息災で過ごせるといわれ、期間中は老若男女でにぎわいます。また、標高619メートルの山頂に登れば、元旦に初日の出を見ることができます。
問い合わせ
周防大島町観光協会 電話:0820-72-2134

防府市 初日の出は大平山で

大平山からの初日の出
日時
平成20年1月1日(祝日) 4時30分から
場所
大平山(おおひらやま)ロープウェー
料金
往復:中学生以上1,000円、小学生以下500円
※市外の未就学児は、保護者同伴の場合、保護者1人につき1人無料
内容
元旦の大平山ロープウェーは4時30分から早朝運転が行われます。標高631メートルの市内最高峰の山頂からは、初日の出とともに、その光に照らされた瀬戸内海の島々の美しい景色が望めます。
問い合わせ
防府市観光振興課 電話:0835-25-2148
大平山ロープウェイ 電話:0835-38-0442

下関市 火の山の初日の出

火の山展望台からの眺め
日時
平成20年1月1日(祝日) 5時から
場所
火の山
内容
元旦には、火の山山頂に続くパークウェイが5時から通行できます。標高268メートルの山頂からは、初日の出とともに、壇之浦古戦場跡をはじめ、関門海峡や下関市街地、対岸の北九州市門司港を一望できます。
問い合わせ
下関市観光施設課 電話:0832-31-1838
火の山立体駐車場 電話:0832-23-8339

下松市 大黒市

力自慢米俵担ぎ
日時
平成20年1月7日(月曜日) 10時から17時まで
場所
妙見宮鷲頭寺(みょうけんぐうじゅとうじ)
内容
商売繁盛などを願う祭りです。名物の「力自慢米俵担ぎ」では、年齢に応じた重さの俵を3メートル先のゴールまで担ぐと、豪華な賞品がプレゼントされます。七草粥の接待やもちまきなども行われます。
問い合わせ
下松市観光協会 電話:0833-45-1843
妙見宮鷲頭寺 電話:0833-41-1345

秋芳町 桂ざこば・南光 二人会県立施設情報

チラシ
日時
平成20年1月27日(日曜日) 14時から
場所
秋吉台国際芸術村
料金
一般2,000円、高校生以下1,500円
内容
テレビやラジオでおなじみの上方落語界を代表する二人が、上方落語の醍醐味をお届けします。それぞれの持ち味を生かした生の落語をたっぷりと味わえます。
問い合わせ
秋吉台国際芸術村 電話:0837-63-0020

 ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

近県情報

島根県津和野町 歳旦祭

歳旦祭
日時
平成20年1月1日(祝日) 0時から
場所
太皷谷稲成(たいこだにいなり)神社
内容
社殿前庭でのおはらいの後、宮司が社殿で人々の繁栄などを祈願するために祝詞をあげます。家内安全や商売繁盛、交通安全、進学成就などを願う参拝客でにぎわいます。
問い合わせ
津和野町観光協会 電話:0856-72-1771

 山口県は、下記の協議会に参加し、広域連携による観光振興を行っています。

▲目次にもどる

おもしろ山口学
やまぐちナツミカン物語

【第3回】ナツミカンの加工品と近年の動き

皮を砂糖漬けにした菓子、「夏みかん丸漬」、ゼリー、マーマレード、ジュースなどナツミカンの加工品
 山口県では、ナツミカンを利用したさまざまな加工品が作られています。中でもよく知られているのが、ナツミカンの皮を砂糖漬けにした菓子です。この菓子は明治時代、萩市の商人・森重正喜によって考案されました。当初は苦味の強いものでしたが、製法を伝授された菓子商たちが苦味の強い上皮をかんなで薄く削り取る工夫を考案するなど改良したことで、萩を代表する特産品となりました。大正時代には、中身をくり抜いて糖蜜で煮込んだナツミカンの皮の中に、白ようかんを流し込んだ菓子も考案されました。
 現在も新しい加工品が誕生しています。県産業技術センターの提案により、萩市にある食酢会社がナツミカンの果汁を利用したドレッシングを昨年から製造しています。また、長門市にある酒造会社は、3種類の麹を使用して製造したクエン酸が多い清酒を、県産業技術センターと共同開発。さらに、これをベースにナツミカンの果汁を混合した低アルコールの辛口系リキュールを、同センターの技術支援を受けて今年の秋から製造しています。
 また、近年、加工品以外でも新しい動きが起きています。2001(平成13)年には、「萩城下町の夏みかんの花」が環境省の「かおり風景100選」に選定されました。その翌年には、萩市平安古(ひやこ)にある、昭和初期に総理大臣を務めた田中義一(たなか ぎいち)の「旧田中別邸」に、「かんきつ公園」がオープンしました。 そこはかつて小幡高政(おばた たかまさ)の屋敷と橙園(とうえん)があった地。園内には小幡が建てた石碑「橙園之記」もあり、ナツミカンが萩の名産になるまでの苦労と喜びが刻まれています。現在、同園には、ナツミカン約100本をはじめとするかんきつ類10種約370本が植えられ、ナツミカンの花が咲く毎年5月には「萩・夏みかんまつり」が開催されます。 ナツミカンの果実やナツミカンを使ったさまざまな加工品の販売が行われ、さわやかな花の香りとともに、ナツミカンに込められた先人たちの思いも伝えてくれます。

取材協力/萩博物館学芸員 清水満幸(しみず みつゆき)氏



▲目次にもどる

県庁職場訪問-ノブとゆかりのおじゃまします-

県立萩看護学校[後編]

菊ヶ浜の松林と萩看護学校 看護師養成の取り組みについて知りたくて、1995(平成7)年に萩市に設置された「県立萩看護学校」を訪ね、藤本喜久恵(ふじもと きくえ)教頭に話を伺ってきました。
ゆかり
[ゆかり]窓のすぐそばには、3階建ての校舎よりも高い松の林!その向こうには日本海!萩城址にも近く、萩看護学校はとてもいい環境にあるんですね!
[藤本さん]ハイ!ここ菊ヶ浜の松林は江戸時代からあったもので、校舎や寮はそれを残すようにして建てられているんですよ。

【3階にある看護実習室へ】

ゆかり
[ゆかり]ユニークな教室ですね!半円形の階段式教室と長方形の平面のフロアとが1つになっていて…。フロアでの実習風景が席から見やすいように工夫されているんですね!今、何を学んでいるところなんですか?
看護実習室(半円形の階段教室)
[藤本さん]看護の基礎の実技でして、患者さんが寝ているベッドのシーツ交換やベッドから車いすへの移乗介助などを学んでいるところです。
ノブ
[ノブ]看護の基礎のほか、どんなことを学ぶのですか?
実技風景
[藤本さん]医療に関する英語や患者の心理に関係する心理学などの基礎分野。薬理学や栄養学など医療に関した専門基礎分野。看護の基礎のほか、在宅での看護、子どもの看護やその家族への対応などを学ぶ専門分野。これら3分野、28科目、94単位を学びます。
ゆかり
[ゆかり]しっかり学ぶんですね。病院などで行う実習はいつからあるんですか?
[藤本さん]1年生の7月から授業で学んだ内容に応じた実習があります。最初の実習で学生の視点は、看護をする側へと変わります。看護師の視点となって初めて気付くことがたくさんあるんですよ。2年生、3年生になるにつれ実習は増えていき、最後は保健所、訪問看護事業所、グループホーム、精神科などのいろんな病棟などを回ります。
ゆかり
[ゆかり]実習で学生はどんなことを感じるのでしょうか?
[藤本さん]患者さんと接する中で看護師としての自分が必要とされていることを実感します。「いい看護師さんになってね」と患者さんから言われると、いい励みになりますね。患者さんが亡くなられ、泣いて帰ってくる学生もいます。この時、学生にとっての衝撃は大きいのですが、現実を受け止め、自分は患者さんとしっかり関われていたのか…と振り返り、次に生かしていくように指導します。つらい体験から得られることはたくさんありますから。
ノブ
[ノブ]これら科目の試験はいつ行われるのですか?
[藤本さん]本校では、高校や大学のような試験期間がありません。各科目が終了するごとに試験を行います。試験には、ベッドメーキングの実技などもあるんですよ!
ノブ
[ノブ]学校行事もいろいろあるようですね。看護学校といえば、何はともあれ戴帽式ですよね。
戴帽式
[藤本さん]戴帽式は看護の道へと進む自覚と責任を新たにするためのもので、本校では、1年生の10月に行っています。ろうそくが灯(とも)された中、一人一人にナースキャップが授けられ、みんなでナイチンゲールの看護の心を受け継ぐことを誓い合います。学生にとってナースキャップは憧れの的。ナースキャップをかぶることで、自覚が違ってきます。
ノブ
[ノブ]萩看護学校の特徴は何でしょう?
地域との関わり(海岸清掃)
[藤本さん]一つは、学生一人一人に対する密接な指導です。例えば実習先には必ず教員が付いて行き、学生をフォローする体制をとっています。次に、地域との関わりを特に大切にしていることがあります。学校祭で学生が企画して高齢者の皆さんをお招きして交流会をしたり、地域の皆さんと海岸の清掃をしたり…。また、ボランティア活動が盛んなこともあります。障害のある方などの行事ではよく声がかかります。学生たちの若い力が地域から期待されているんですよ!
ノブ
[ノブ]もうすぐ1月。入学試験の時期が近付いてきましたね?
[藤本さん]ハイ!一般入学試験の出願期間は平成20年1月4日(金曜日)から15日(火曜日。当日消印有効)までです。詳しくはホームページをご覧ください。
ゆかり
[ゆかり]最後に、看護の仕事の魅力って何だと思われますか?
[藤本さん]患者さんや家族の方たちと心が触れ合ったときなど、胸にじーんとくるものがあります。また、看護の方法は、患者さんの年齢、性別をはじめ、家庭環境などにより千差万別です。基本の方法はありますが、人との関わりの中で常にさまざまな方法を考えねばならず、それを通じて自分自身を成長させることもできます。看護の仕事は自分が人の役に立つ、やりがいのある仕事です。看護師になりたい方はぜひ萩看護学校へ!

次回は、県中部家畜保健衛生所をご紹介します。お楽しみに。


関連リンク

県立萩看護学校

県庁職場訪問バックナンバー


▲目次にもどる

トピックス・お知らせ

おいでませ山口館(広島)で「やまぐち福袋」を販売

おいでませ山口館(広島)
 フグやウニの加工品などの定番商品や、非売品の「SLチョロQ」、来年の干支の「ネズミの組木」などが入った、やまぐち満載の福袋を販売します。
期間
平成20年1月4日(金曜日)から
※無くなり次第終了
場所
おいでませ山口館(広島市中区紙屋町2-2-2 紙屋町ビル1階)
金額
1,000円4種類 各10袋、2,000円 1種類20袋、3,000円 1種類10袋
問い合わせ
おいでませ山口館(広島) 電話:082-504-7001

陶芸ワークショップ「キノコヲツクルヒトビト」の参加者を募集

陶芸によるキノコの森
 第1回山口県総合芸術文化祭「現在形の陶芸 萩大賞展」の関連イベントとして、陶芸によるキノコの森を作ります。
講師
陶芸家・金子司(かねこ つかさ)氏
日時
平成20年1月12日(土曜日)キノコづくり
13日(日曜日)キノコの絵付け
いずれも10時から15時まで
場所
県立萩美術館・浦上記念館(萩市平安古)
募集人数
20人(1日のみの参加も可)
参加費
1,200円(材料費、保険料込み)
申し込み方法
Eメールに住所、氏名、年齢、電話番号を記載し、a19305@pref.yamaguchi.lg.jpあてに送信してください。
申し込み締め切り
平成20年1月5日(土曜日)17時まで
問い合わせ
県立萩美術館・浦上記念館 電話:0838-24-2400
その他のトピックス・お知らせ

県政ワンショット

  大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

県ホームページの注目サイト

  今回は、正月らしく、縁起の良いツル-山口県の県鳥ナベヅル-のサイトを紹介します。

▲目次にもどる

いいもん山口

山口県のマフグセット読者プレゼント

フグ料理
※画像はイメージです。
 山口県下関市にある南風泊(はえどまり)市場は、フグの取扱高が日本一です。
 フグには、最高級といわれるトラフグ、「フグの女王」と呼ばれるマフグ、家庭で親しまれているシロサバフグなどさまざまな種類があります。
 包丁技が冴える美しいフグ刺し、ちり鍋、から揚げ、煮こごり、白子の天ぷら、ふぐ雑炊、ひれ酒などさまざまな食べ方で、その味を堪能できます。

[関連リンク]
山口きらめーるVol.106から108まで おもしろ山口学「山口フグ物語」

 今回は、「山口県のマフグセット」を読者クイズの正解者の中から抽選で3名様にプレゼントします。

[応募方法]
 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で「山口県のマフグセット」をプレゼントします。締め切りは1月10日(木曜日)です。当選者は1月25日配信の山口きらめーるでお知らせします。皆さん、奮ってご応募ください。

ご応募はこちら

[プレゼントクイズ当選者]
 11月22日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。「山口県産の干物セット」当選者については「アンケート結果・プレゼント当選者」のページをご覧ください。

▲目次にもどる

編集室からのメッセージ
 今号のトップ画像にもなっている山口サビエル記念聖堂。ここは、1月18日(金曜日)23時からNHKで中国地方向けに放送されるドラマのロケ地となっています。県では、山口県フィルム・コミッションを設置し、こうしたドラマや映画などのロケの支援をしています。詳しくは、県ホームページの「山口県内でロケが行われた主な映画や番組」をご覧ください。
 さて、今年最後の「山口きらめーる」となりました。1年間多くの皆様にご愛読いただき、ありがとうございました。
 新年が皆様にとって良い年となりますよう、心からお祈り申し上げます。
 次回の配信は、1月11日です。

▲目次にもどる

バックナンバー一覧へ>>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策部広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策部 広報広聴課のページへ
登録変更・中止、バックナンバーの閲覧
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
ひとごこち山口 ふれあい山口 VODやまぐち
ひとのくに山口ファンクラブ おいでませ山口デスティネーションキャンペーン
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2007 All rights reserved.