コンテンツ2007年12月14日Vol.131 山口県広報広聴課

お出かけガイド
  • やまぐちフラワーランドで光と音楽に包まれた「花のクリスマス」を!
  • ピックアップ/県立施設情報
  • 近県情報:島根県津和野町/福岡県北九州市
おもしろ山口学
  • やまぐちナツミカン物語
    第2回 城下町・萩のナツミカンと小幡高政
県庁職場訪問-ノブとゆかりのおじゃまします-
  • 県医務保険課、県立萩看護学校[前編]
トピックス・お知らせ
  • 「第1回山口県総合芸術文化祭メインフェスティバル岩国公演」を開催
  • インターネットオークションにより県有地を売却します
いいもん山口
  • 山口県の代表的な冬の味覚、フグ
編集室からのメッセージ
お出かけガイド※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。

やまぐちフラワーランドで光と音楽に包まれた「花のクリスマス」を!

正面入口のイルミネーション  花と緑に親しめる場を提供するとともに、花の楽しみ方や花のある生活に関する提案などを情報発信しようと2006(平成18)年4月、柳井市にオープンした「やまぐちフラワーランド」。同園では、12月22日(土曜日)から25日(火曜日)まで、花とクリスマスのコラボレーションで来園者の皆さんをお迎えしようというイベント「花のクリスマス-ホワイトガーデンクリスマス-」が開催されます。
 22日(土曜日)には、園内スケッチ大会やアカペラ演奏のほか、たくさんのキャンドルの優しい光が灯(とも)されたイベントホールを歌声で包み込む「ゴスペルで100万人のキャンドルナイト」などを開催。23日(祝日)には、園内スケッチ大会やウクレレ演奏、サンタとじゃんけん大会。24 日(振替休日)には、ミュージックベル演奏やマンドリン演奏など。25日(火曜日)には、宝探しを開催。子どもから大人まで楽しめる内容となっています。
 12月1日から、自由広場やイベントホールには7基のミニツリーが設置され、正面入口では日没になると約3000球のLED(発光ダイオード)で電飾された木やプランターにロマンチックなイルミネーションが輝き、すでにクリスマス気分でいっぱいです。
 園内の花壇や鑑賞温室では今、来年発売予定の新品種も含めて90品種以上ものパンジーに出会えます。また、スタッフの細やかな愛情で育まれたストックやビオラ、皇帝ダリア、ガーデンシクラメンなども、寒さに負けることなく、色とりどりの花を咲かせています。あなたもこの冬、光と音楽に包まれた花のクリスマスで心を癒やすひとときを過ごしてみませんか。

※イベント内容によって参加者の人数(先着順)や対象年齢の制限があります。

期間
12月22日(土曜日)から25日(火曜日)まで
場所
やまぐちフラワーランド
問い合わせ
やまぐちフラワーランド 電話:0820-24-1187
ピックアップ

周南市 冬花火「銀嶺の舞」

冬花火「銀嶺の舞」
日時
12月22日(土曜日) 16時から(打ち上げは19時から)
場所
鹿野(かの)総合体育館周辺
内容
空気の澄んだ冬の高原の夜空を、約800発の花火がロマンチックに飾ります。当日はアマチュアバンド演奏やビンゴゲームなどのステージイベント、各種露店でにぎわいます。
問い合わせ
周南市鹿野総合支所産業振興課 電話:0834-68-2335

山口市 ファンタジークリスマス in きらら

きらら☆イルミネーション
日時
12月22日(土曜日) 11時から17時まで
場所
県立山口きらら博記念公園
内容
いつもはスポーツでにぎわうきららドームが、クリスマススポットに変わります。ドーム内ではきらら名物大型カルタ大会などが、ドーム前では豚汁やぜんざいの無料配布(人数制限あり)などが行われます。また、27日(木曜日)まで「きらら☆イルミネーション」も行われています。
問い合わせ
県立山口きらら博記念公園管理事務所
電話:0836-65-6903

阿東町 第14回クリスマスナイトフェスティバル

クリスマスナイトフェスティバル
日時
12月23日(祝日) 13時から20時まで(メインツリーの点灯は17時30分から)
場所
地福(じふく)公民館前駐車場、ふれあい広場
内容
26メートルと22メートルの天然のモミの木が約35,000個の電飾で飾られます。当日は、メインツリーの点灯式のほか、毎年恒例のもちつきやステージイベントなどが行われます。なお、メインツリーは平成20年1月14日(祝日)まで点灯されます(1月7日から12日までを除く)。
問い合わせ
あとう観光協会 電話:083-956-2526

下関市 海峡ゆめタワー 天空のクリスマス2007

海峡ゆめタワーライトアップ
期間
12月25日(火曜日)まで
場所
海峡ゆめタワー
料金
[タワー展望料金] 高校生以上600円、小中学生300円
内容
「恋人の聖地」に選定されている海峡ゆめタワー。展望室は、たくさんのツリーと関門海峡の夜景でクリスマスムードに包まれます。22日(土曜日)から24日(休日)には「オーラ占い」(有料)も登場します。通常1色でライトアップされるタワーが24日は2色になります。
問い合わせ
海峡メッセ下関 電話:0832-31-5600

萩市 第1回山口県総合芸術文化祭 現在形の陶芸 萩大賞展県立施設情報

パク チョングン [Have an hour's break]
萩大賞
パク チョングン
[Have an hour's break]
期間
12月15日(土曜日)から平成20年1月14日(祝日)まで
場所
県立萩美術館・浦上記念館
開館時間
9時から17時まで(入館は16時30分まで)
料金
一般250円、学生200円 ※18歳以下・70歳以上無料
休館日
12月17日(月曜日)、12月25日(火曜日)から1月1日(祝日)まで、1月7日(月曜日)
内容
400年の歴史がある萩焼に代表される山口県の「陶芸」。陶芸の一層の振興と質の向上を目的として、陶芸に自己表現の場を求めて活動する人を対象とした公募展が萩大賞展です。今回、受賞作13点、入選作133点が展示されます。
問い合わせ
県立萩美術館・浦上記念館 電話:0838-24-2400

 ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

近県情報

島根県津和野町 キャンドルナイト

キャンドルナイト
日時
12月15日(土曜日) 18時から
場所
日原(にちはら)天文台
内容
空き缶を利用した1,000個のキャンドルが灯(とも)され、天文台周辺は幻想的なムードに包まれます。併せて、地元の音楽グループなどによるクリスマスコンサートも行われます。
問い合わせ
日原天文台 電話:0856-74-1646

福岡県北九州市 カウントダウン2008 in 門司港レトロ

カウントダウン2008 in 門司港レトロ
日時
12月31日(月曜日) 23時から翌0時30分まで
場所
JR門司港駅前レトロ広場
内容
去りゆく年への感謝と新しい一年への期待を込めて開催されます。レトロ地区と関門橋の30万球を超えるイルミネーションを一旦消灯し、カウントダウン。新年を迎えると同時に花火を打ち上げ、再びイルミネーションを点灯して、新しい年を祝います。
問い合わせ
門司港レトロ倶楽部 電話:093-332-0106

 山口県は、下記の協議会に参加し、広域連携による観光振興を行っています。

▲目次にもどる

おもしろ山口学
やまぐちナツミカン物語

【第2回】城下町・萩のナツミカンと小幡高政

土塀とナツミカン土塀とナツミカン
 城下町・萩は「土塀とナツミカン」の風景が印象的です。この風景は明治維新後、小幡高政(おばた たかまさ)という旧萩藩士の熱い思いから生まれました。
 小幡は幕末、大坂や江戸などの萩藩邸の留守居役(るすいやく)を務め、藩主・毛利敬親(もうり たかちか)の命を受けて朝廷と幕府との間を奔走するなど、多大な功績を上げた人でした。明治維新後は官職に就き、小倉県権令(ごんれい)などを務めましたが、1876(明治9)年、病気の母親を看病するために辞職し、萩へ帰郷しました。
 当時、士族は、秩禄処分(ちつろくしょぶん)※1によって、生活に困窮するようになっていました。その窮状を目の当たりにした小幡は、荒れ始めた武家屋敷の土地の活用を考える中で、夏に味わえる柑きつ、ナツミカンの栽培を思い付きます。そして、士族授産結社「耐久社」を結成し、1878(明治11)年には1万本の苗木を耐久社の社員とともに植え、困窮していた士族にも分け与えます。 果実を栽培して生計をたてるという小幡の発想を、初めは疑い、あざける人もいましたが、次第に彼の熱意に動かされ、武家屋敷の一角を畑にして栽培を始める人が増えていきました。やがて、ナツミカンは広島や大阪などに出荷されると人気を集め、栽培は周辺の地域にも広がり、1888(明治21)年の「山口県農事調査表」によると県全体の生産個数は約75万個、推定約180トン※2に。その後もナツミカンの生産量はさらに増え続け、明治30年代末から大正初めごろにかけて最盛期を迎えます。 
 こうして産業として成立するようになったナツミカン栽培。武家屋敷の土塀は、ナツミカンの実を傷つけたり落としたりする風から守るために残され、「土塀とナツミカン」という城下町・萩ならではの風景を、私たちは今、愛でることができるのです。

※1 秩禄処分
江戸時代に武士に支給されていた家禄を廃止した明治政府の政策のこと。版籍奉還以後、段階的に行われました。

※2 推定約180トン
1個0.24キログラムとして換算

取材協力/萩博物館学芸員 清水満幸(しみず みつゆき)氏



▲目次にもどる

県庁職場訪問-ノブとゆかりのおじゃまします-

医務保険課、県立萩看護学校[前編]

県立萩看護学校 少子・高齢社会の到来、医療技術の発展などにより、私たちの生命を支える看護師の役割はますます重要となっています。県内の看護師の充足状況、確保・養成について「県医務保険課」の小林聖子(こばやし きよこ)主任に話を伺うとともに、「県立萩看護学校」の藤本喜久恵(ふじもと きくえ)教頭に話を伺ってきました。
ノブ
[ノブ]看護師が全国的に足りないと聞きます。山口県ではどうですか?
小林さん
[小林さん]今年6月に、県内の病院を対象に看護職員※の採用状況を調査したところ、採用計画数の約7割しか採用ができていないという結果が出ました。
ゆかり
[ゆかり]看護職員は不足しているんですね。それはなぜでしょうか?
[小林さん]さまざまな理由が考えられます。手厚い看護、勤務条件の改善のためなどにより、看護職員が多く求められるようになったこと。看護職員が病院のほか、訪問看護ステーションや介護老人保健施設などでも必要とされるようになったこと。結婚、子育てなどで辞めてしまう看護職員が多いことなどがあります。
ゆかり
[ゆかり]結婚、子育てで辞める看護職員が多いということですけど、県では、看護職員の確保のため、どんな取り組みを行っているんですか?
看護力再開発講習会の様子
[小林さん]はい。看護師などの免許を持っていても就業していない方が、県内に1万2千人近くいると推定しています。県では、子育てをしながら看護職員の仕事が続けられるよう、病院内保育所の運営支援を行っています。また、就業していない方たちに一人でも多く現場復帰していただけるよう、最新の看護知識や技術を習得できる看護力再開発講習会や求人情報の提供などを行う「県ナースセンター」(運営/社団法人山口県看護協会)への支援も行っています。現場復帰をお考えの方は、ぜひお気軽に県ナースセンターへお問い合わせください! 
また、県では看護職員の養成に力を入れており、防府市にある県立衛生看護学院、萩市にある県立萩看護学校などを運営するとともに、民間の看護師・准看護師養成所の運営の支援もしています。
ノブ
[ノブ]看護職員の養成について、もっと深く知りたいのですが。
[小林さん]では、県立萩看護学校の教頭を紹介しましょう。
ノブ&ゆかり
[ノブ&ゆかり]ハイ!ぜひお願いします!

【萩市にある県立萩看護学校を訪ねました】

ゆかり
[ゆかり]教頭先生、県立萩看護学校の設立は平成7年と新しいのですが、その経緯を教えてください。
藤本さん
[藤本さん]本校ができるまでは、県内の山陰側には准看護師養成施設の1カ所しかなかったんです。そのため、看護師になるには地元を離れなければなりませんでした。准看護師として働きながら看護師の資格を得たい人は、さらにハードルが高く、地元の仕事を辞めて就職口を見つけた上で、看護師養成施設へ進学しなければならなかったんですよ。その結果、地元に戻ってくる看護師も少なかったんです。
ですから、この地域では看護師を確保するため、看護師養成施設の設立を強く望んでいました。本校が設立された現在では、地元への看護師の供給のみならず、若者の定住促進にも役立っていると思います。
ノブ
[ノブ]なるほど。経緯を聞き、萩看護学校の果たす役割がよくわかりました。ところで、萩看護学校には、第一看護学科と第二看護学科があるそうですね。
第二看護学科の教室。今日はお休みです。
[藤本さん]はい。第一看護学科は高校などを卒業した方が、第二看護学科は准看護師の方が対象で、看護師の免許取得を目指します。修業年限はいずれも3年ですが、第二看護学科は昼間(ちゅうかん)定時制となっています。昼間定時制というのは、授業が毎日あるのではなく、隔日週3日のカリキュラムとなっており、働きながら学べる制度です。実際、約3分の2の学生が働きながら学んでいます。
ノブ
[ノブ]どんな授業を行っているんですか?
[藤本さん]ちょうど、第一看護学科の1年生が実技の授業をしているところなので、ご案内しましょう。
ノブ&ゆかり
[ノブ&ゆかり]ハイ!よろしくお願いします!

次回は、実習風景と萩看護学校の特徴について紹介します。お楽しみに。



▲目次にもどる

トピックス・お知らせ

「第1回山口県総合芸術文化祭メインフェスティバル岩国公演」を開催

創作公演『アンソロジー「中也の時間」』
 11月3日に山口市で行った第1回山口県総合芸術文化祭メインステージの中で発表された創作公演『アンソロジー「中也の時間(とき)」』の移動公演を岩国市で行います。地元の文化団体なども出演し、公演を盛り上げます。
日時
12月24日(休日) 14時から16時30分まで
場所
シンフォニア岩国コンサートホール(岩国市三笠町1丁目)
募集人数
先着1,200人
入場料
無料(ただし、入場整理券が必要)
申し込み方法
山口県文化連盟へ電話で、氏名、住所、電話番号、岩国公演を希望とお申し込みください。
問い合わせ
山口県文化連盟 電話:083-933-2610

インターネットオークションにより県有地を売却します

売却物件番号1現地
 ヤフー(株)のインターネットオークションサイトを利用し、山口市内の未利用県有地2カ所を売却します。全国から多数の参加をお待ちしています。
入札参加申し込み期間
平成20年1月16日(水曜日) 14時まで
申し込み方法
Yahoo!JAPANの官公庁オークション(公有財産売却)の画面上から手続を行う必要があります。
入札期間
平成20年1月23日(水曜日)13時から29日(火曜日)13時まで
問い合わせ
県管財課 電話:083-933-2228
その他のトピックス・お知らせ

県政ワンショット

  大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

県ホームページの注目サイト

 今回は、UJIターン相談コーナー紹介サイト、リニューアルしたサイト、ピックアップに取り上げられた項目に関連したVOD(ビデオ・オンデマンド)を紹介します。

▲目次にもどる

いいもん山口

山口県の代表的な冬の味覚、フグ

フグ料理
※画像はイメージです。
 山口県下関市にある南風泊(はえどまり)市場は、フグの取扱高が日本一です。
 フグには、最高級といわれるトラフグ、「フグの女王」と呼ばれるマフグ、家庭で親しまれているシロサバフグなどさまざまな種類があります。
 包丁技が冴える美しいフグ刺し、ちり鍋、から揚げ、煮こごり、白子の天ぷら、ふぐ雑炊、ひれ酒などさまざまな食べ方で、その味を堪能できます。

[関連リンク]
山口きらめーるVol.106から108まで おもしろ山口学「山口フグ物語」

 次号では、「マフグセット」が当たる読者アンケートを行います。お楽しみに!

[山口県産の干物セット読者プレゼント]
 11月22日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。当選者は、次回配信の「山口きらめーる」でお知らせします。

▲目次にもどる

編集室からのメッセージ
 県立美術館で16日まで「モディリアーニと妻ジャンヌの物語展」が開催中です。
 初日に取材したときは、展覧会の見どころを学芸員さんに聞くことができましたが、絵を見ながらいろいろ考えたりする余裕がありませんでした。
 先日、改めて行ってきました。瞳を描いた絵が少ないモディリアーニですが、瞳が描かれた絵は他の絵と異なる技法が用いられているとか、いろいろな発見がありました。
 会期が本当に残り少なくなりましたが、皆さんにぜひお薦めの展覧会です。
 次回の配信は、12月28日です。

▲目次にもどる

バックナンバー一覧へ>>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策部広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策部 広報広聴課のページへ
登録変更・中止、バックナンバーの閲覧
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
ひとごこち山口 ふれあい山口 VODやまぐち
ひとのくに山口ファンクラブ おいでませ山口デスティネーションキャンペーン
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2007 All rights reserved.