コンテンツ2007年6月22日Vol.120 山口県広報広聴課

お出かけガイド
  • 七色に輝く光の海へ。「スターライトファンタジーin虹ヶ浜2007」
  • ピックアップ/参加者募集/県立施設情報
  • 近県情報:島根県津和野町/福岡県北九州市
おもしろ山口学
  • 長府歴史回廊
    第3回 門前町の時代
県庁職場訪問-ノブとゆかりのおじゃまします-
  • 公害・漁業調査船せと[後編]
トピックス・お知らせ
  • 「おいでませ!山口国体」のPRポスターが完成!
  • 「やまぐち里山暮らし体験」の参加者を募集
いいもん山口
  • 「山口県産の牛肉」読者プレゼント
編集室からのメッセージ
お出かけガイド※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。

七色に輝く光の海へ。「スターライトファンタジーin虹ヶ浜2007」

ウォーターカーニバル 瀬戸内海に面する光市には、「快水浴場百選」(環境省)や「21世紀に引きつぎたい日本の名松100選」(日本の松の緑を守る会)に選定された「虹ヶ浜(にじがはま)」と「室積(むろづみ)」という2つの海水浴場があります。近年、夏になると、その美しい浜を舞台にさまざまなイベントが開催され、話題を集めています。
 その1つは、虹ヶ浜海水浴場で行われる「渚(なぎさ)のライトアップ」です。これは地名にちなんで夜の浜を虹色に照らし出そうというもの。今年は7月1日(日曜日)から8月31日(金曜日)まで行われます。
 さらにユニークなのが8月8日(水曜日)から8月15日(水曜日)まで開催される「スターライトファンタジーin虹ヶ浜2007」です。その中で行われる「ナイター海水浴場」は、安全対策を整えた上で、利用時間を通常の17時から20時30分まで延長した日本初の試みとして2004(平成16)年から始まったもの。紫外線による日焼けの心配が少なく、海中照明装置と海中タワーからの照明による演出も楽しめるとあって、訪れる人が年々増えています。また、18時からは「サンセットコンサート」、20時30分からは海中タワーからの噴水・レーザー・照明と音楽が織りなす幻想的な「ウォーターカーニバル」が行われ、海水浴以外にも夏の海を満喫できるのが魅力です。
 このほか、虹ヶ浜海水浴場では砂の芸術に挑戦する「サンドアートinひかり」を7月29日(日曜日)に、室積海水浴場では「室積わいわいフェスタ」が8月4日(土曜日)に開催されます。いずれも自然との触れ合いを通じて地域を活性化していこうという地域の皆さんによる手作りのイベントです。夏の思い出は美しい自然があればこそ一層輝くもの。あなたも“光の海”で輝く思い出を作ってみませんか。

問い合わせ
光市商工観光課 電話:0833-72-1400
ピックアップ

周防大島町 第14回サザンレク片添山口県知事杯ビーチバレー大会2007

試合の様子
日時
7月8日(日曜日) 9時から開会式 ※雨天決行
場所
片添ヶ浜(かたぞえがはま)海浜公園
内容
「快水浴場百選」にも選ばれている片添ヶ浜で行われる、トーナメント戦のビーチバレーボール大会です。砂浜のコートで、県内外から参加する約170チームが熱戦を繰り広げます。
問い合わせ
山口県知事杯ビーチバレー大会事務局
電話:0820-78-2512

萩市 萩の瀬付きあじ祭り

即売の様子
日時
7月15日(日曜日) 9時から
場所
道の駅「萩しーまーと」周辺
内容
県のブランド魚"やまぐちの瀬つきあじ"が主役のイベントです。新鮮なアジを満載したまき網漁船が市場に着岸し、水揚げ・選別の後、即売されます。また、にぎりずしの無料の試食(先着500名)などがあり、毎年多くの人でにぎわっています。
問い合わせ
道の駅「萩しーまーと」 電話:0838-24-4937

長門市 長門ヨットフェスタ

沖に浮かぶヨット
期日
7月15日(日曜日)
場所
青海島(おおみじま)周辺
内容
国定公園にも指定されている青海島周辺の海を舞台に開催されるイベントです。青海島を一周するヨットレースやキッズトライアスロンなどが行われます。
問い合わせ
長門ヨットフェスタ実行委員会事務局
電話:0837-23-1137

山口市 第17回えび狩り世界選手権大会参加者募集

えび狩り世界選手権大会の様子
日時
8月26日(日曜日) 10時50分から受付
場所
中道(ちゅうどう)海水浴場
参加料
大人(中学生以上) 2,500円
子ども(5歳から小学生まで) 1,000円
定員
1,500名
募集期間
7月1日(日曜日)から7月14日(土曜日)
※詳細は秋穂観光協会ホームページをご覧ください。
内容
活きた車エビを干潟に放流して、開始の合図で砂に潜った車エビを手づかみで捕る大会です。捕った車エビの数で入賞者を決定し表彰します。エビ狩りを通して、世界各国の参加者たちとの交流も図れる一大イベントです。
問い合わせ
秋穂観光協会 電話:083-984-3741

岩国市 バーデン市立劇場 歌劇「椿姫」県立施設情報

ポスター
日時
9月22日(土曜日) 17時開演
場所
シンフォニア岩国
料金
S席11,000円、A席9,000円、B席7,000円
C席5,000円、C席学生1,000円
内容
音楽の都オーストリアの名門劇場から、ヨーロッパで活躍中のソリスト、オーケストラ、舞台セットなどが来日し、オペラ「椿姫」が上演されます。ヴェルディ作曲の美しい音楽と豪華なステージ、純愛悲恋のストーリーが楽しめます。
問い合わせ
シンフォニア岩国 電話:0827-29-1600

 ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

近県情報

島根県津和野町 七夕コンサート

コンサートの様子
日時
7月7日(土曜日) 19時30分から
場所
日原(にちはら)天文台
内容
七夕を祝って、地元バンドの無料コンサートが開催されます。天体観測(料金500円)もでき、夏の星座で彩られた夜空と音楽を同時に楽しむことができます。また、用意された短冊に七夕の願いごとを書くこともできます。
問い合わせ
津和野町商工観光課 電話:0856-72-0652

福岡県北九州市 門司港フェスタ-レトロビアガーデン-

門司港レトロ
日時
7月20日(金曜日)、21日(土曜日) 17時から21時まで
※小雨決行
場所
門司港レトロ多目的広場
内容
地ビール工房がセレクトした全国各地のオススメビールや、近隣ホテルなどの料理が楽しめる夏ならではのイベントです(有料)。門司港名物の「バナナの叩き売り」や大学生によるビッグバンド、オールディーズバンド演奏なども行われます。
問い合わせ
門司区役所まちづくり推進課 電話:093-331-1881

 山口県は、下記の協議会に参加し、広域連携による観光振興を行っています。

▲目次にもどる

おもしろ山口学
長府歴史回廊

【第3回】門前町の時代

忌宮神社
忌宮神社
 1185(寿永4)年の壇ノ浦(だんのうら)の合戦で平家が滅亡すると、武士の世へと変わっていきます。鎌倉時代の到来です。幕府は、軍事・警察・裁判をつかさどる役職として各国に守護を置き、長門国では、長府にその役所である守護所を設置しました。なお、国司は鎌倉時代以降も存続していたのですが、徐々に名目だけの官職となっていきました。
 室町時代になると、現在の宇部市を拠点とする厚東(ことう)氏と現在の山口市を拠点とする大内(おおうち)氏が、長門国の守護職をめぐって争い、1358(文和4)年に大内弘世(おおうち ひろよ)が支配権を握ると、長門国の政治の中心は長府を離れ、大内氏の本拠地である周防国の山口へ移っていきます。
 しかし、鎌倉時代以降、長府は、人々の厚い信仰を受けた忌宮神社の門前町(もんぜんまち)※1としてにぎわっていました。門前町の商人や職人は、忌宮神社などから営業や販売の独占権などの特権を認められた同業者組合である座をつくって、活動するようになります。1574(天正2)年などの資料によると、現在の金屋町(かなやまち)には金物屋、南ノ町(みなみのまち)には染物屋、中浜町には呉服屋、中ノ町(なかのまち)には魚屋、惣社町(そうじゃまち)にはざる、ほうきなどを扱う荒物屋などの店が集まって、座をつくっていたことが分かっています。
 1600(慶長5)年の関ヶ原の合戦の後、長府毛利藩は長府の町の南東に串崎城を築き、城下町をつくります。その際、既存の門前町をそのまま、城下町に取り込みました。このため、鍵曲(かいまがり)※2が少なく、見通しの良い街路が並ぶ、神社を中心とした細長い形状の、全国的にも珍しい城下町となっています。

※1 門前町
寺院・神社の参拝客を客とする商人や職人が集まって形成された町のこと。山口県では他に、防府天満宮がある防府市が有名。

※2 鍵曲
見通しが利かないよう、直角に造られた町割りのこと。敵に攻められにくくするためのもので、城下町に多い。

取材協力/下関市立長府博物館 学芸員 古城 春樹(こじょう はるき)氏


関連リンク

 長府観光協会
 長府博物館

これまでのおもしろ山口学バックナンバー


▲目次にもどる

県庁職場訪問-ノブとゆかりのおじゃまします-
乗組員の皆さん 瀬戸内海で活動している「公害・漁業調査船せと」。どんな調査を行っているのか、乗船して船長の嶋田大龍(しまだ だいりゅう)さんに話を伺うとともに、調査結果がどう生かされているのかを知りたくて県環境政策課の殿河内英雄(とのごうち ひでお)さん、田中潤(たなか じゅん)さんの職場にもおじゃましました!
ゆかり
[ゆかり]へーっ!ベッドのほかにちょっとした台所まであるんですね!
簡易ベッド
[嶋田さん]みんな料理上手で、きょうの昼食も船内で作るんですよ。
ノブ
[ノブ]ところで、船長、公害調査船が就航するようになった理由は何ですか?
[嶋田さん]1973(昭和48)年に徳山湾で発生した公害問題がきっかけです。
ゆかり
[ゆかり]でも、今はそうした公害問題は発生していないんですよね?
慎重に操船する船長
[嶋田さん]はい。その後、工場の設備は改善され、有害物質を含んだ海底のヘドロも除去されました。県では環境状況の監視を継続しており、その一環として「せと」により、環境省や山口県が決めた地点の水質調査を毎月行っているんです。
最近では、工場が設置した排水口が申請通りであるか、手続きを経ずに新設・変更されていないか、「せと」による海上の抜き打ち検査も行っています。これは、満潮の時は、排水口が海面下にあることが多いため、干潮時に行うのですが、水深が浅くなるため、座礁しないよう、かなりの操船技術が必要です。「せと」にはエンジンもプロペラも2基ずつあるので小回りがきき、操船技術を機能的にバックアップしています。どんな感じか、ちょっとやってみましょうか。
ノブ&ゆかり
[ノブ][ゆかり] おーーーっ!本当にあっという間に旋回!スゴイ!!(拍手)ん…?船長。船が停まりましたよ?
[嶋田さん]ここが9水域75地点ある水質調査地点の一つなんです。
【後甲板から器具を水深2メートルに投入して採水】
海水採取の様子
[嶋田さん]以前は検査員が乗船していたので、乗組員の仕事は定点まで確実に操船することだったんですが、今では、操船だけにとどまりません。採水から始まって、海水の温度・色・透明度などチェックし、分析機関へ引き渡すまでの作業を行うことが求められているんですよ。
【ノブとゆかり下船。県庁内にある環境政策課を訪ねました】
ゆかり
[ゆかり]「せと」が採水した検体はこの後どう使われるのですか?
[田中さん]検体は県環境保健研究センターや民間の専門機関で分析します。その結果は、山口県環境白書や、「やまぐちの環境」ホームページで公表するとともに、水質の改善あるいは維持の事業を行うためのデータとして利用していきます。
ノブ
[ノブ]最近の水質調査の結果は、どんな状況なのですか?
[殿河内さん]環境省によって、水に含まれる物質はこの程度であることが望ましいという環境基準が設けられています。人の健康に関する26項目(健康項目)と、生活環境に関する10項目(生活環境項目)があるのですが、その達成率でお話ししましょう。
健康項目は、自然由来のヒ素を除き、山口県のすべての地点で基準を達成しています。
生活環境項目のうち、よく耳にされるCOD(化学的酸素要求量※)をみると、山口県の水質、海や河川、湖などの全体では、良くなってきています。しかし、海だけを見ると環境基準達成率は1989(平成元)年の86.1%から2005(平成17)年には 66.7%に下がっているんです。これは太平洋の水質が悪くなってきており、それが瀬戸内海へ流れ込んできているためで、山口県に限らず瀬戸内海はどこも同じような状況なんです。環境省によれば、東京湾などに比べると瀬戸内海は比較的良好に推移しているということではあるんですが…。
ノブ
[ノブ]そうなんですか!工場の排水基準は厳しくなっているので、きっと良くなっていると思っていたんですけれど。
[田中さん]ええ。でも、瀬戸内海のCODの原因は工場排水だけではないんです。山口県では排出源の約4分の1を家庭からの生活排水が占めているんですよ。
ゆかり
[ゆかり]ということは、きれいな海、豊かな海を守るために私たちにも何かできるってことですか?
殿河内さんと田中さん
[殿河内さん]ハイ!!川にごみを捨てない。台所などで洗いものをするときは油分をふき取ってから洗う、残飯を流さない。そうしたことが海を守ることにつながります。一人ひとりのご協力をぜひお願いします!
※COD…海や湖などの有機物による汚濁の状況を測る指標。CODが高いほど水質は悪く、魚などが生息しづらい状況を示します。

次回は「山口きらら博記念公園管理事務所」をご紹介します。お楽しみに!



▲目次にもどる

トピックス・お知らせ

「おいでませ!山口国体」のPRポスターが完成!

ポスター
 平成23年(2011)年に、山口県で第66回国民体育大会を開催します。みなさんに「おいでませ!山口国体」に関心を持っていただくとともに、愛称・スローガンを広く紹介するためにPRポスターを制作しました。
問い合わせ
県国体準備室 電話:083-933-4790

「やまぐち里山暮らし体験」の参加者を募集

森の手入れ 昨年度の様子
 本県への定住のきっかけづくりとして、県外在住者を対象に、里山のよさを実感していただくため、美祢市の自然体験施設を拠点に2泊3日の里山暮らし体験イベントを開催します。また、秋には阿武町での開催も予定しています。
期間
8月4日(土曜日)から6日(月曜日)まで
場所
美祢市 森の駅「小さな森」
募集人数
先着10名
参加費
5,000円(別途2,000円程度の実費負担あり)
応募方法
詳しくは、県ホームページに掲載している募集要項をご覧ください。
申し込み締め切り
7月20日(金曜日)
問い合わせ
県森林企画課 電話:083-933-3460
その他のトピックス・お知らせ

▲目次にもどる

いいもん山口

「山口県産の牛肉」読者プレゼント

牛肉
※画像はイメージです。
 山口県の牛といえば、外国種の影響を全く受けていない天然記念物「見島(みしま)ウシ」が有名です。他にも、山口県でしか飼育されていない、外見上、角がない「無角和種(むかくわしゅ)」をはじめとして、さまざまな牛が飼育されています。
 最近は、山口県産の牛肉のおいしさがメディアを通して紹介され、関東や関西方面にも広く流通しています。
 山口県産の牛肉をぜひ味わってください。

 今回は、「山口県産の牛肉」を読者クイズの正解者の中から抽選で3名様にプレゼントします。
[応募方法]
 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で「山口県産の牛肉」をプレゼントします。締め切りは7月12日(木曜日)です。当選者は7月27日配信の山口きらめーるでお知らせします。皆さん、奮ってご応募ください。

ご応募はこちら


[プレゼントクイズ当選者]
 5月25日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。「外郎」当選者については「アンケート結果・プレゼント当選者」のページをご覧ください。

▲目次にもどる

編集室からのメッセージ
 いいもん山口の読者プレゼントの応募に際し、アンケートへのご協力をお願いしています。
 山口きらめーるに対するご意見・ご感想を自由に記入していただく欄についても、誌面作りの参考とさせていただいていますので、ぜひご記入ください。
 次回の配信は、7月13日です。

▲目次にもどる

バックナンバー一覧へ>>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策部広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策部 広報広聴課のページへ
登録変更・中止、バックナンバーの閲覧
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
山口県の県外広報誌 ふれあい山口 VODやまぐち
ひとのくに山口ファンクラブ
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2007 All rights reserved.