コンテンツ2007年4月13日Vol.115 山口県広報広聴課

お出かけガイド
  • 詩と音楽とサーカスでふるさとからの祝福を!「中原中也生誕百年祭2007」
  • ピックアップ/県立施設情報
  • 近県情報:広島県廿日市市/島根県津和野町
おもしろ山口学
  • 錦帯橋物語
    第1回 「流されない橋」の発想
県庁職場訪問-ちえみとゆかりのおじゃまします-
  • やまぐちフラワーランド[前編]
トピックス・お知らせ
  • やまぐちフラワーランド「開園1周年記念イベント」と「グリーンフェスタ」を開催
  • 山口県Webサイト(ホームページ)をリニューアル
いいもん山口
  • 用途いろいろ“侘び”の風情を醸し出す「萩焼」
編集室からのメッセージ
お出かけガイド※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。

詩と音楽とサーカスでふるさとからの祝福を!「中原中也生誕百年祭2007」

ポスター 時を越えて人々の心をとらえ続けている詩人・中原中也(なかはら ちゅうや)。今年は彼の生誕100年に当たることから、ふるさと・山口市で「中原中也生誕百年祭2007」が開催されることになりました。街角でパフォーマンスを演じる人、空の下で詩を朗読する人、テントからは歌声…。自身の詩が歌曲として発表されたこともある中也らしく生誕百年祭のイベントは多彩な分野にわたり、彼の詩の世界を五感で体感できる内容となっています。
 山口市は12年前から新鮮な感覚を備えた優れた現代詩の詩集に中原中也賞を贈呈しており、その「中原中也賞贈呈式&中也生誕百年前夜祭」を4月28日(土曜日)に開催します。作家・大江健三郎(おおえ けんざぶろう)さんの講演、大江光(おおえ ひかり)さん作曲の楽曲演奏、創作舞踊の上演もあり、現代に息づく中也のみずみずしい詩のスピリットに触れることができます。
 また、やはり毎年行ってきた「空の下の朗読会」も今年は規模を拡大し、生誕日の4月29日(日曜日・祝日)までの毎週土曜日・日曜日に、中原中也記念館前庭にて多彩なプログラムで開催されます(28日を除く)。
 さらに、中也の詩「サーカス」にちなんで生誕日から5月6日(日曜日)まで特設テントも市内に登場。サーカス団による空中ブランコのほか、さまざまなコラボレーションによるライブが行われます。出演者はこれまでの生誕祭にもかかわってこられた詩人の佐々木幹郎(ささき みきろう)さん、谷川俊太郎(たにかわ しゅんたろう)さん。ミュージシャンの谷川賢作(たにかわ けんさく)さん、矢野顕子(やの あきこ)さん、友部正人(ともべ まさと)さん、あがた森魚(もりお)さん、ハナレグミさん、舞踊家の田中泯(たなか みん)さんなど。出会いと刺激に満ちた生誕百年祭で想像力の翼を広げてみませんか。
期間
5月6日(日曜日)まで
※チケット発売中
場所
山口市民会館、中原中也記念館、中央公園横特設テント
問い合わせ
中原中也生誕百年祭実行委員会 電話:083-932-6430
山口市文化政策課 電話083-934-2718
ピックアップ

柳井市 柳井天神春まつり

大名行列
日時
夜参り行列 4月21日(土曜日) 19時から20時まで
大名行列 4月22日(日曜日) 13時から16時まで
場所
柳井天満宮、柳井駅通り一帯
内容
21日の「夜参り行列」は、灯籠の薄明かりの中、白壁通りを行列が練り歩き江戸時代のような幻想的な雰囲気を醸し出します。22日には、時代装束を身にまとった大行司、小行司などが参列する「大名行列」が行われ、時代絵巻を華やかに再現します。
問い合わせ
柳井天神春まつり実行委員会 電話:0820-22-3731

阿東町 豊作祈願!どろんこビーチボールバレー大会

試合の様子
日時
4月22日(日曜日) 9時から
場所
生雲(いくも)
内容
どろんこビーチボールバレーの発祥の地、阿東町で行われる大人気のイベントです。県内外から50チームを越える参加者が趣向を凝らしたユニフォームを着て集まり、熱戦を繰り広げます。「どろんこフラッグ!」も同時開催されます。
問い合わせ
生雲公民館 電話:083-954-1007

岩国市 錦帯橋まつり

大名行列
日時
4月29日(祝日) 9時から13時まで
場所
錦帯橋(きんたいきょう)周辺
内容
大名行列、南条踊り、奴(やっこ)道中などの行列を再現し、華やかな時代絵巻を繰り広げます。岩国藩鉄砲隊や岩国太鼓の実演、古美術品などを集めた城下町掘り出し市などが行われます。
問い合わせ
岩国市観光課 電話:0827-41-1477

山口市 きらら浜自然観察公園 春まつり
『 春うらら。自然の中で、食べて★遊んで★バードウォッチング!』
県立施設情報

チラシ
日時
4月29日(祝日) 9時から16時30分まで
場所
県立きらら浜自然観察公園
内容
工作教室、ミニコンサート、フォークダンス、はちみつしぼりなど、さまざまなイベントが行われます。公園でさえずる鳥たちを観察するバードウォッチングもオススメです。
問い合わせ
県立きらら浜自然観察公園 電話:0836-66-2030

下関市 '07つのしまECOフェスタ

フリーマーケット
日時
4月30日(休日) 9時から
場所
角島(大浜キャンプ場、角島灯台公園)
内容
島内で撮影が行われた映画「四日間の奇蹟」のパネル展示、フリーマーケットなどが開催されます。また、夏ににぎわう海水浴場の清掃活動も行われます。4月29日(祝日)には前夜祭が行われ、映画「四日間の奇蹟」が上映されます(鑑賞は事前申し込みが必要です)。
問い合わせ
下関市豊北町ふるさとづくり推進協議会
電話:0837-82-1914

 ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

近県情報

広島県廿日市市 宮島 大聖院 火渡り式

火渡り式
日時
4月15日(日曜日) 11時から15時まで
場所
大聖院
内容
「火渡り神事」とも呼ばれており、聖宝理源大師(しょうぼうりげんだいし)が日本七霊山の一つ大峯山(おおみねさん)で修行中、柴(しば)で護摩秘法を行い大蛇を退治したことが始まりとされています。家内安全、無病息災、商売繁盛などを願い、炭火の上を素足で渡ります。
問い合わせ
(社)宮島観光協会 電話:0829-44-2011

島根県津和野町 乙女峠まつり

乙女峠まつり
日時
5月3日(祝日) 10時から
場所
乙女峠
内容
明治政府が行った切支丹(キリシタン)禁制による殉教者の霊を慰めるために、毎年5月3日に行われる祭りです。津和野カトリック教会前からマリア聖堂のある乙女峠までの約2キロメートルの道を聖母マリア像を中心に信者の行列が巡礼し、正午から野外ミサが行われます。
問い合わせ
津和野町観光協会 電話:0856-72-1771

 山口県は、下記の協議会に参加し、広域連携による観光振興を行っています。

▲目次にもどる

おもしろ山口学
錦帯橋物語

【第1回】「流されない橋」の発想

西湖図連結画像
西湖図連結画像
写真提供:岩国市観光課
※クリックで拡大します。
 山口県最大の河川、錦川(にしきがわ)に架かる優美な五連のアーチ橋。日本三名橋の一つ、錦帯橋(きんたいきょう)は、今から約330年前の1673(延宝元)年、岩国藩三代藩主、吉川広嘉(きっかわひろよし)によって創建されました。それまでにも錦川には幾度となく橋が架けられていましたが、増水や洪水のたびにことごとく流失。「流されない橋」を架けることは、初代藩主広家(ひろいえ)からの切なる願いでした。それを実現するには、橋脚のない橋か、流されない橋脚を造るしかない。 そう考えた広嘉は、甲州街道にある『猿橋(さるはし)』(山梨県大月市)の橋脚を使用しない工法を参考にすることを思い付いたといわれています。しかし、猿橋の架かる桂川(かつらがわ)の川幅は30メートル。200メートルにも及ぶ錦川とは、あまりにも規模が違い過ぎ、技術の応用には至りませんでした。そうした中、広嘉の願いをかなえるきっかけとなったのが、禅僧独立性易(どくりゅうしょうえき)が披露した『西湖(せいこ)遊覧志』です。
 幼い頃から病弱だった広嘉は、29歳のとき、体が米や麦などの穀物を受け付けなくなるという奇病を患います。その治療のために岩国に招かれたのが、明からの帰化僧で、名医としても有名だった独立です。彼は儒学や漢詩、書にも秀でていました。広嘉も漢学に対し深い教養を持ち、明文化に関心を持っていたので、受診の傍ら、独立の故郷・杭州について書かれた『西湖遊覧志』を見る機会を得て、部下に写本を命じました。 そこには、湖に点在する五つの小さな島を、六つのアーチ状の石橋で結んでいる絵図がありました。その絵図を食い入るように見つめていた広嘉は、机をたたいて「これだ!」と叫んだといわれています。今では、この西湖に架かる橋が、錦帯橋創建のヒントになったという説が有力です。
 吉川史料館(岩国市)に現存する『西湖遊覧志』の写本、『鈔存(しょうぞん)西湖志』の題辞には独立が加筆しています。その一節には、広嘉が絵図を見て机をたたいて喜んだ様子が記されています。

取材協力/岩国市観光課世界遺産推進担当 蔵重隆之(くらしげ たかゆき)氏


関連リンク

 岩国市観光協会

これまでのおもしろ山口学バックナンバー


▲目次にもどる

県庁職場訪問-ちえみとゆかりのおじゃまします-
やまぐちフラワーランド  「やまぐちフラワーランド」が、柳井市に昨年4月オープンして間もなく1周年。花いっぱいの園内で結婚式を挙げるカップルも誕生するなど、さまざまな形で利用されています。どんな所なのか知りたくて、県から運営を受託している「財団法人 やない花のまちづくり振興財団」の企画班長・沖本秀司さんの職場におじゃましてきました!
ちえみ
[ちえみ]先ほど園内で行われていた結婚式、私たちも拝見したんですが、青空の下、色とりどりの花と緑に囲まれた新郎新婦さん、とってもステキでした!
ゆかり
[ゆかり]うん!見ている私たちまで、幸せをおすそ分けしていただいちゃいました。沖本さん、これまでもここで結婚式が行われたことがあるそうですね?
結婚式の様子
[沖本さん]はい。結婚式は今回で2回目だったんですよ。利用者の皆さんそれぞれ自分に合った楽しみ方を見つけていただければと、ほかの方に迷惑をかけないことであれば、さまざまな申し込みのご相談にも応じているんです。
ゆかり
[ゆかり]やまぐちフラワーランドって、どういう目的で整備された施設なのですか?運営する上で大事にされていることがありますか?
沖本さん
[沖本さん]県民や観光客の皆さんに花と緑に親しめる場を提供するとともに、花の楽しみ方や花のある生活に関する提案などの情報発信をしていこうと、山口県において整備されたものです。運営に当たっては、できるだけ元からあった棚田や山林などを生かした花壇づくりを提案するよう心がけています。一言でいえば「自然との共生」。のんびり過ごせて、ほっとできる。そんな和みのある空間になれば、と。風の音、鳥のさえずり…。そういった自然のいろいろな音にも耳を傾けてもらえたらと思い、普段はできるだけ音楽なども流さないようにしているんです。お客様の反応ですが、カエルの声が心地よいという声もあるんですよ。あっ、そういえばカブトムシもいるんですよ。
ちえみ&ゆかり
[ちえみ][ゆかり]へーっ、カブトムシも!子どもたちが喜びそうですね!
スプリンクラーの水で遊ぶ子どもたち
[沖本さん]JR柳井駅から車でわずか5分のところに、こんなに豊かな自然があるなんて、と驚かれる方も。芝生の自由広場でお弁当を広げて楽しまれる方、水着を着てスプリンクラーの水で遊ぶ子どもたちなど、皆さん、花のある空間をそれぞれ自分流に楽しんでくださっているのがうれしいですね。
ゆかり
[ゆかり]開園して間もなく1周年。4月21日(土曜日)と22日(日曜日)に「1周年記念イベント」が行われるそうですね?
[沖本さん]21日には、東京都交響楽団による、ゲーム音楽をプログラムにした「ドラゴンクエストを金管五重奏で聴こう」というコンサートのほか、記念セレモニー、花の種と手紙を添えた園児による風船飛ばし、地元高校の吹奏楽部による演奏などもあり、子どもから大人まで楽しめるイベントになると思います。22日にはピエロパフォーマンスやミニコンサートなどを行う予定なんですよ。
ちえみ
[ちえみ]ゴールデンウィークにもイベントをされるそうですね?
[沖本さん]4月27日(金曜日)から5月6日(日曜日)まで「グリーンフェスタ」を開催します。フラワーランドのテーマソングなどを歌っている周防大島町在住の兄妹デュオのライブのほか、ステージイベントや体験教室、似顔絵コーナー等々。中でも柳井の伝統織物「柳井縞(やないじま)※」とランのコラボレーションはお薦めです!
ゆかり
[ゆかり]んっ…?柳井縞とランのコラボ?面白そうですネ!柳井縞って一度途絶えた後、近年復活されて以来いろいろな色の取り合わせで織られていて、とってもすてきですよね。珍しいランも展示されるのですか?
[沖本さん]地元のラン愛好家の皆さんが自分たちで作られた、とても大切にされている新品種なども展示する予定です。柳井縞とどんなコラボになるのかは、見てのお楽しみ(笑)。ぜひお越しください!!
※柳井縞
素朴な木綿織物。高い品質により、江戸時代中期に柳井木綿として全国的に有名になりました。近年復活された柳井縞は、手織りの風合いを大切にしながら、色の取り合わせや用途などに新しさが加えられています。

次号では、「やまぐちフラワーランド」の園内や体験教室をご紹介します。お楽しみに!


県庁職場訪問バックナンバー


▲目次にもどる

トピックス・お知らせ

やまぐちフラワーランド「開園1周年記念イベント」と「グリーンフェスタ」を開催

春のやまぐちフラワーランド
 「やまぐちフラワーランド」が4月21日(土曜日)に開園1周年を迎えます。
 1周年を記念したイベントと、「-花がつなぐ ひと、もの、まち-」をテーマに「グリーンフェスタ」を開催します。
開催期間
[1周年記念イベント]
4月21日(土曜日)、22日(日曜日)
[グリーンフェスタ]
4月27日(金曜日)から5月6日(日曜日)まで
場所
柳井市新庄500番1
開園時間
9時から17時まで(入園は16時30分まで)
問い合わせ
やまぐちフラワーランド 電話:0820-24-1187

山口県Webサイト(ホームページ)をリニューアル

県トップページ
 山口県Webサイト(ホームページ)をより使いやすく、親しみを持っていただくため、サイト設計やデザインを見直し、平成19年4月1日にリニューアルを行いました。
 また、新コンテンツとして、「県政ワンショット」を新たに掲載し、県政の動き、イベントの様子などをタイムリーに提供していくこととしています。
 ぜひ、ご覧ください。
問い合わせ
県広報広聴課 電話:083-933-2566
その他のトピックス・お知らせ

▲目次にもどる

いいもん山口

用途いろいろ“侘(わ)び”の風情を醸し出す「萩焼」

萩焼
※画像はイメージです。
 400年の歴史を持つ「萩焼」は、素地の色を生かした枯れた味わいや、使用とともに茶色の色彩が変化する「萩の七化け」という趣などが愛され、山口県を代表する特産品の中でも上位の人気を保っています。最近では、若手作家の世界進出や萩焼の食器のみを使ったカフェなども建ち、若者から往年の萩焼ファンまで幅広く親しまれています。

 次号では、「萩焼」が当たる読者アンケートを行います。お楽しみに!

[山口県の瓶詰ウニ読者プレゼント]
 3月23日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。当選者は、次回配信の「山口きらめーる」でお知らせします。

▲目次にもどる

編集室からのメッセージ
 おもしろ山口学「錦帯橋物語」の第1回いかがでしたか?錦帯橋といえば、高校卒業後、橋をバックに夜桜をめでながら、仙台、東京、名古屋に旅立つ友と語った日々のことを懐かしく思い出します。
 今回からメルマガ編集室にやってきました。みなさんに愛される「山口きらめーる」を目指し頑張ります!どうぞよろしくお願いします。
 次回の配信は、4月27日です。

▲目次にもどる

バックナンバー一覧へ>>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策部広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策部 広報広聴課のページへ
登録変更・中止、バックナンバーの閲覧
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
山口県の県外広報誌 ふれあい山口 VODやまぐち
ひとのくに山口ファンクラブ
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2007 All rights reserved.