コンテンツ2007年3月23日Vol.114 山口県広報広聴課

県庁職場訪問-ちえみとゆかりのおじゃまします-
ゆめほっぺ  周防大島町にある「県大島柑(かん)きつ試験場」で誕生した県オリジナル柑きつ「ゆめほっぺ」がいよいよ今年、県内で販売されます。「とにかくとってもおいしいらしいよ!」といううわさを聞き、その気になる“未体験の味”を知りたくて、同試験場専門研究員・岡崎芳夫さんの職場におじゃましてきました!
ちえみ
[ちえみ]岡崎さん、私、「ゆめほっぺ」って、ミカンの一種だと思い込んでいたんですが、ミカンとは別のものだそうですね?
ゆかり
[ゆかり]ええっ?ミカンじゃないんですか?!
岡崎さん
[岡崎さん]はい。柑きつには、温州(うんしゅう)ミカンやポンカンなどのミカン類、夏ミカンやハッサクなどの雑カン類、ネーブルオレンジなどのスイートオレンジ類といった、たくさんの分類があるんですよ。
ちえみ&ゆかり
[ちえみ][ゆかり]へーっ、勉強になりますねえ!でも、正直ちょっとややこしい(笑)。で、問題のゆめほっぺは、何になるのですか?
[岡崎さん]ミカンとオレンジの雑種でタンゴール類といいますが、一般的には温州ミカン以外のものは「中晩柑(ちゅうばんかん)」(1月ごろから出荷される柑きつ類の総称)と呼ばれるので、中晩柑と覚えてください。
ゆかり
[ゆかり]中晩柑?なるほどー。ところで、ゆめほっぺって、県大島柑きつ試験場で誕生した“山口県オリジナル柑きつ”だそうですね?
[岡崎さん]はい。「清見(きよみ)」を母親に、「吉浦(よしうら)ポンカン」を父親として交配し育成したもので、「せとみ」という名前で2004(平成16)年3月に品種登録されました。
ちえみ
[ちえみ]品種名は、せとみ?じゃ、ゆめほっぺっていう名前は?
ゆめほっぺ
[岡崎さん]愛称です。販売を前に、皆さんに親しんでもらえる愛称をつけてもらおうと公募したんです。全国から3215点の応募作品が寄せられ、審査の結果、広島県の方の作品“ゆめほっぺ”を採用し、2004年12月に商標登録しました。名付け親さんによれば「新種のミカンに新しい夢を託すとともに、甘くてほおが落ちそうな言葉を組み合わせてみた」とのこと。実際にその方に食べていただいたところ、「本当に甘くて、ほおが落ちそうなくらいおいしい!」という感想をいただいたんですよ。
ちえみ&ゆかり
[ちえみ][ゆかり]ほおが落ちそうなくらい?ホントですか?!
[岡崎さん]はい!とても甘くて独特の歯ごたえがあることが特徴なんです。
ちえみ
[ちえみ]とても甘くて独特の歯ごたえ?!どんな味なのかな?
ゆかり
[ゆかり]だけど、どうして新しい柑きつを開発することになったんですか?
[岡崎さん]周防大島町をはじめ山口県は温州ミカンの名産地として知られてきましたが、全国で栽培面積が拡大したため価格が暴落してしまったんです。そこでそれに代わる品種を開発しようと、当試験場の職員が休日も返上しながら1981(昭和56)年から研究に取り組んだのが始まりです。
ちえみ
[ちえみ]というと、品種登録まで23年!ずいぶん時間がかかったんですね!
ゆめほっぺの収穫風景
[岡崎さん]はい。担当は私で3代目です。新品種の育成は、交配して何千何万もの種の中からいいものを選んで育て、成長したら接ぎ木をし、果実がなったらそれを食べてさらに選抜し、これは世に出せる!となったら苗木を作り、生産農家さんに販売…という流れになるので、最短でも約10年はかかるんです。おいしい柑きつの新品種育成って、奇跡に近いようなものなんですよ。
ゆかり
[ゆかり]じゃ、ゆめほっぺの誕生ってスゴイことなんですね!
[岡崎さん]昨年4月に初めて東京の有名デパートへ出荷したところ、1個400円近い値がつき、「こんなおいしさ、食べたことがない!もっとたくさん出してほしい」と大好評だったんですよ。
【ゆめほっぺをとっても食べてみたくなった二人】
ちえみ&ゆかり
[ちえみ][ゆかり]へーっ、そんなにおいしいんですか?!!でも、あのー、実はですね…、恥ずかしながら私たち、まだ食べたことがなくて…。
[岡崎さん]ハハハ。そうでしょうね。実は県内デビューはこの3月からなんですよ。周防大島町をはじめ県内各地で栽培面積が拡大されつつありますが、まだ収穫量が少なくて。だから、食べたことのある人は多くなく、そんな中で日本一食べている人といえばきっと私(笑)。もちろん研究のためですが…。じゃ、そろそろ、ゆめほっぺ、食べてみますか?
ちえみ&ゆかり
[ちえみ][ゆかり]ホ、ホントですか?ありがとうございます!!ヤッター!

ゆめほっぺ  山口県の“期待の星”として今、熱い注目を集めている「県大島柑(かん)きつ試験場」生まれの「ゆめほっぺ」。そのウワサの味やそのほかの研究開発について、同試験場専門研究員・岡崎芳夫さんに聞きました!
[岡崎さん]さあ、これが「ゆめほっぺ」です。どうぞ食べてみてください。
ゆかり
[ゆかり]モグモグ…。オ、オイシイーッ!ネーブルオレンジのような華やかな甘みが口全体に広がって、こんなおいしさ初めて!感激だわ!
ちえみ
[ちえみ]うん!ミカンのように手で皮がむけるし、中袋もとっても薄いからそのまま食べられるし、種もないから食べやすい!「プチプチした独特の食感」って聞いていたとおり、果肉の食感も楽しいし、ジューシーだし、何といってもこの甘さ!岡崎さん、ゆめほっぺの糖度ってどのくらいあるんですか?
[岡崎さん]だいたい15度以上で、皆さんデコポンよりおいしく甘いと言われますよ。
ゆかり
[ゆかり]あのー、糖度ってどのくらいで甘いって感じるものなんですか?
[岡崎さん]温州ミカンで普通12度。それでもう甘いと感じます。
ちえみ
[ちえみ]じゃ、ゆめほっぺって本当に甘いってことですね!収穫時期は?
[岡崎さん]2月上旬が収穫時期になります。糖度と酸のバランスを良くするため、収穫後、3週間から1か月程度貯蔵してから出荷するんですよ。ちょうど今、試験場の畑で実っているので、見に行ってみますか?
ちえみ&ゆかり
[ちえみ][ゆかり]ハイッ!ぜひお願いします!
【ほ場に移動】
ゆかり
[ゆかり]これがゆめほっぺの木ですか?!あれれっ…、一つ一つの実に袋がかけてあるわ。それって貴重な実だからってことかなあ?
袋がけされたゆめほっぺ
[岡崎さん] いいえ(笑)。果物が大好きなヒヨドリなどが、この時期、ほかに食べる物がなくゆめほっぺをねらって飛んでくるので、袋をかけて鳥の害を防いでいるんです。
ちえみ
[ちえみ]そういうことですか!でも、袋をかけるとなると結構手間がかかりますね。
[岡崎さん]いえ、温州ミカンほどたくさん実をつけないし、1つの果実を大きくするために、1本の木に温州ミカンほどたくさん実らせないので、摘果(実の大きさをそろえるために間引くこと)や収穫作業の時間が少なくて済みます。だから、全体的な作業時間はミカンとほとんど変わらないか、少なくて済みますよ。
ゆかり
[ゆかり]それでなおかつおいしくて高い値がつく…となると、ゆめほっぺって生産農家さんにとって大きな魅力になりそうですね?
[岡崎さん]はい。「ミカンの島」周防大島では今、生産量が最盛期の10分の1に。しかも、県内の生産者の多くが70代。そんな中で「価格低迷や後継者のことを考えると今後も続けるかどうか迷っていたけれど、ゆめほっぺのおかげで元気が出た!もうちょっと頑張ってみようという気持ちがわいてきた」と生産農家の方たちから言っていただいて、本当にうれしかったです!
ちえみ&ゆかり
[ちえみ][ゆかり]わーっ、良かった!長年の苦労が報われましたね!
[岡崎さん]評判を聞いた他県の大産地からも今、続々と視察に来られているんですよ。ゆめほっぺは山口県の宝。今はまず県内のみで生産して産地を作っていく方針です。ところで、試験場では栽培技術や貯蔵技術の研究開発なども行っています。ちょっと貯蔵庫へ行ってみませんか。
【貯蔵庫へ移動】
ちえみ
[ちえみ]わーっ、暗い倉庫の中にギッシリ!これは温州ミカンですか?
昔ながらの貯蔵方法
[岡崎さん] はい。これは山口県の主力品種の「青島(あおしま)温州」で、12月に収穫し、年が明けてから出荷します。そして、ここはすだれの上にミカンを並べた昔ながらの棚の室(むろ)です。ちょっと味見してみませんか?はい、どうぞ。
ちえみ&ゆかり
[ちえみ][ゆかり]わあ、すっごく甘くてオイシイ!!
開発している貯蔵方法
[岡崎さん] おいしいでしょ?(笑)。貯蔵すると糖度が増すんです。試験場では、もっと作業を省力化できる貯蔵方法を開発しているんですよ。それが、ミカンを入れたコンテナを重ね、温度湿度を一定に保てる特別なシートでくるむ方法です。それだとどこでも貯蔵でき、農家の方にとっても便利なんですよ。
ゆかり
[ゆかり]なるほど!最後に、ほかにもお薦めのものがあれば教えてください。
[岡崎さん]周防大島町の生産者が育成した県オリジナル柑きつ「南津海(なつみ)」が5月ごろ、出荷されます。糖度は13から14度。これも自慢のとてもおいしいジューシーな柑きつです。「ゆめほっぺ」や「南津海」を多くの方々に味わっていただければと思います。
ちえみ&ゆかり
[ちえみ][ゆかり]山口県生まれの柑きつ、いっぱい食べて応援します!これからも農家の皆さんのために頑張ってくださいね!

県庁職場訪問バックナンバー


元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策局広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策局 広報広聴課のページへ
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
山口県の県外広報誌 ふれあい山口 VODやまぐち
やまぐち県民電子会議室「コミュニティー維(e)新」 ひとのくに山口ファンクラブ
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2007 All rights reserved.