コンテンツ2007年3月9日Vol.113 山口県広報広聴課

お出かけガイド
  • 桜並木と歴史を訪ねる花の旅。「回天の島」周南市大津島
  • ピックアップ/県立施設情報
  • 近県情報:広島県廿日市市
おもしろ山口学
  • 伊藤博文物語
    第2回 イギリス人との出会い
県庁職場訪問-ちえみとゆかりのおじゃまします-
  • 県大島柑きつ試験場[前編]
トピックス・お知らせ
  • おいしい山口召し上がれ-『まるごと!やまぐちインターネット商店街』を開催中!
  • 山口県職員になりませんか?平成19年度山口県職員採用試験実施計画を発表
いいもん山口
  • 日本一の生産量!山口県の瓶詰ウニ
編集室からのメッセージ
お出かけガイド※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。

桜並木と歴史を訪ねる花の旅。「回天の島」周南市大津島

大津島の桜並木 桜の開花が気になる季節になりました。桜と一緒に、その土地が見つめてきた歴史にも触れる花の旅はいかがですか。徳山港から定期船で約40分のところにある周南市大津島(おおづしま)。春はたくさんの桜で彩られるこの島は、「回天の島」としても知られています。回天とは、大量の爆薬を搭載した魚雷に搭乗員が乗り込み、自ら操縦して敵艦に体当たりする特攻兵器で、人間魚雷とも呼ばれています。その訓練基地が日本で初めて大津島に開設されたのは、1944(昭和19)年9月のことでした。全国から集まった若者たちがこの島で暮らし、やがて仲間たちに見送られながら、回天を積んだ潜水艦にこの島から乗船。そして出撃し、若い命を散らした搭乗員らは145人に上ります。
 そんな彼らの魂を慰めるとともに戦争の悲惨さ、平和の大切さを語り継いでいこうと、島には「回天記念館」が建てられています。そこには回天の歴史を語るパネルや搭乗員の遺品なども展示されていて、遺書からは家族へのあふれる思いが伝わってきます。また、島には今も訓練基地跡などが残されていて、馬島(うましま)港から訓練基地跡、兵舎があった地に建つ記念館までの坂道沿いには、桜並木が続いています。
 桜の数はおよそ460本。以前からある桜に加えて、回天の島を訪れる人たちを温かく迎えようと住民の皆さんが植樹してきたものも多く、今年1月にも100本が植樹されました。桜の咲くころには毎年、大津島小学校のグランドを会場に「桜まつり」が開催されており、今年は4月1日(日曜日)に行われます。
 昨年、回天を題材にした映画「出口のない海」が公開され、訪れる人が今、増えている大津島。あなたも桜の季節に訪ねてみませんか。
日時
4月1日(日曜日) 12時から14時30分まで
場所
大津島小学校グラウンド
問い合わせ
周南市大津島支所 電話:0834-85-2001

県内にはほかにもたくさんの桜の名所があります。

ピックアップ

光市 長徳寺市

長徳寺市
期日
3月18日(日曜日)、19日(月曜日)
場所
長徳寺(ちょうとくじ)
内容
本尊十一面観音の縁日に行われる郷土色豊かな祭りです。陶器や植木などの露店が立ち並び、子どもから大人まで多くの人でにぎわいます。
問い合わせ
光市観光協会 電話:0833-72-1400
長徳寺 電話:0833-77-1646

山口市 2007年 SLやまぐち号 出発式

SLやまぐち号
日時
3月21日(祝日) 10時から10時40分まで
場所
JR新山口駅1番ホーム
内容
新山口駅-津和野駅間を結ぶ「SLやまぐち号」の運行が今年も始まります。出発式では、ブラスバンド演奏やテープカットなどが行われ、出発の合図とともに発車します。当日はSLやまぐち号C57-1号機(愛称:貴婦人)の製造70周年を記念して、公募により選ばれたオリジナルヘッドマークが使用されるほか、終点の津和野駅では12時30分から歓迎イベントが催されます。
問い合わせ
山口線SL運行対策協議会 電話:083-933-3170

萩市 第1回 萩の真ふぐ祭り

マフグの刺身
日時
3月25日(日曜日) 10時から13時まで
場所
萩魚市場、萩しーまーと
内容
萩市はフグ漁の歴史が古く、現在も山口県の天然フグの大半を漁獲しています。マフグ漁は2月から4月が最盛期で、トラフグより手ごろな価格で親しまれています。当日は、マフグ活魚展示即売のほか、マフグの刺身無料接待(先着500名)など、おいしさを堪能できるイベントが満載です。
問い合わせ
道の駅「萩しーまーと」 電話:0838-24-4937
萩市水産部水産課 電話:0838-25-2230

岩国市 美川さいさいフェア

マス釣りの様子
日時
3月25日(日曜日) 10時から15時まで
場所
地底王国美川(みかわ)ムーバレー「山ほたる」と周辺施設
内容
子どもから大人まで、美川の自然を満喫し楽しむことができるイベントです。そば打ち教室(定員20名、参加費1,000円)や豆腐作り体験(定員10名、参加費1,000円)、釣った魚をその場で焼いて食べることができるマス釣り(参加費500円)、カブトムシの幼虫探し(無料)、映画の試写会(無料)などが行われます。
問い合わせ
岩国市美川総合支所地域振興課 電話:0827-76-0314

長門市 大津あきら没後10年追悼企画 リーディングドラマ「輝きながら…」県立施設情報

大津あきら氏
大津あきら氏
日時
4月1日(日曜日) 14時から
場所
ルネッサながと
料金
全席自由 一般3,800円
内容
長門市仙崎出身の作詞家・大津(おおつ)あきら氏の没後10年を機に、夫人の根岸季衣(ねぎし としえ)氏、そして大津氏と生前親交の深かった風間杜夫(かざま もりお)氏、平田満(ひらた みつる)氏、石丸謙二郎(いしまる けんじろう)氏ら豪華俳優陣による舞台公演が行われます。第1部は朗読劇「輝きながら…」、第2部は特別企画「風間杜夫落語独演会」が上演されます。
問い合わせ
ルネッサながと 電話:0837-26-6001

 ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

近県情報

広島県廿日市市 宮島 清盛まつり

ポスター
日時
3月21日(祝日) 11時45分から15時まで
場所
宮島桟橋前広場-厳島神社-清盛神社
内容
平清盛(たいらの きよもり)公の威徳(いとく)をしのび、「平家一門の厳島神社参詣行列」を再現した祭りです。色鮮やかな衣装に身を包んだ稚児や武者などの行列が宮島を練り歩き、平安絵巻を繰り広げます。
問い合わせ
宮島清盛まつり実行委員会 電話:0829-44-2011

 山口県は、下記の協議会に参加し、広域連携による観光振興を行っています。

▲目次にもどる

おもしろ山口学
伊藤博文物語

【第2回】イギリス人との出会い

長州ファイブ
長州ファイブ
写真提供
光市商工観光課
 攘夷派として行動していた伊藤博文。彼を開国論へと変えたのは、イギリス留学の体験でした。留学を志したのは、軍備の充実なしに外国と戦うことは難しく、そのためには、まず、西洋の知識や技術を学ぶことが必要と考えるようになったからでした。そして、そのころ同じ志を抱いて長州藩主にイギリス留学を願い出た井上聞多(いのうえ もんた=後の井上馨(かおる))らとともに、伊藤は留学を決意。後に長州ファイブ(※)と呼ばれた5人の若き長州藩士は1863(文久3)年5月、イギリスへ旅立ちます。
 しかし、伊藤と井上の留学はわずか半年で終わります。長州藩が関門海峡で攘夷戦を開始したと知り、留学で西洋の強さを知った2人は無謀な戦いをやめさせようと、急きょ帰国したためでした。横浜で2人はイギリス駐日総領事オールコックに面会。総領事は藩主説得の希望を託し、長州に近い姫島(大分県)まで軍艦で送り届けます。そのとき2人はイギリス人通訳、アーネスト・サトウと出会い親しくなります。
 奔走虚しく、藩主説得は実現せず、英米仏蘭の四カ国連合艦隊は1864(元治元)年8月に下関を報復攻撃。長州藩は敗北します(下関戦争)。講和談判の際、藩の使節として連合軍の軍艦に乗り込んだ高杉晋作(たかすぎ しんさく)に伊藤と井上は通訳として同行し、サトウも連合軍通訳として立ち会いました。
 講和談判後、伊藤はサトウを下関で食事に招きます。そのときのことをサトウは『一外交官の見た明治維新』(訳・坂田精一、岩波文庫)に書いています。「伊藤はわざわざヨーロッパふうの食事を用意しようと、大いに骨折っていた。(中略)よく切れる長いナイフ、凹(くぼ)みの少ない平ぺったい真鍮(しんちゅう)のスプーンとを置き、一対の箸をそのわきに添えた」。料理は、煮たクロハゼ、焼いたウナギ、スッポンのシチューなど。「つぎに、米でつくった甘いビール(味醂)につけた未熟な柿を、皮をむいて四つ切りにしたのが出たが、これは素敵にうまかった」とサトウ。一部不評なものもあったようですが、留学体験を生かした伊藤の精一杯のもてなしでした。

※長州ファイブ
伊藤・井上のほか、井上勝(いのうえ まさる)、山尾庸三(やまお ようぞう)、遠藤謹助(えんどう きんすけ)。帰国後、さまざまな分野で活躍しました。

取材協力/伊藤公資料館 館長 河村雅義(かわむら まさよし)氏


これまでのおもしろ山口学バックナンバー


▲目次にもどる

県庁職場訪問-ちえみとゆかりのおじゃまします-
ゆめほっぺ  周防大島町にある「県大島柑(かん)きつ試験場」で誕生した県オリジナル柑きつ「ゆめほっぺ」がいよいよ今年、県内で販売されます。「とにかくとってもおいしいらしいよ!」といううわさを聞き、その気になる“未体験の味”を知りたくて、同試験場専門研究員・岡崎芳夫さんの職場におじゃましてきました!
ちえみ
[ちえみ]岡崎さん、私、「ゆめほっぺ」って、ミカンの一種だと思い込んでいたんですが、ミカンとは別のものだそうですね?
ゆかり
[ゆかり]ええっ?ミカンじゃないんですか?!
岡崎さん
[岡崎さん]はい。柑きつには、温州(うんしゅう)ミカンやポンカンなどのミカン類、夏ミカンやハッサクなどの雑カン類、ネーブルオレンジなどのスイートオレンジ類といった、たくさんの分類があるんですよ。
ちえみ&ゆかり
[ちえみ][ゆかり]へーっ、勉強になりますねえ!でも、正直ちょっとややこしい(笑)。で、問題のゆめほっぺは、何になるのですか?
[岡崎さん]ミカンとオレンジの雑種でタンゴール類といいますが、一般的には温州ミカン以外のものは「中晩柑(ちゅうばんかん)」(1月ごろから出荷される柑きつ類の総称)と呼ばれるので、中晩柑と覚えてください。
ゆかり
[ゆかり]中晩柑?なるほどー。ところで、ゆめほっぺって、県大島柑きつ試験場で誕生した“山口県オリジナル柑きつ”だそうですね?
[岡崎さん]はい。「清見(きよみ)」を母親に、「吉浦(よしうら)ポンカン」を父親として交配し育成したもので、「せとみ」という名前で2004(平成16)年3月に品種登録されました。
ちえみ
[ちえみ]品種名は、せとみ?じゃ、ゆめほっぺっていう名前は?
ゆめほっぺ
[岡崎さん]愛称です。販売を前に、皆さんに親しんでもらえる愛称をつけてもらおうと公募したんです。全国から3215点の応募作品が寄せられ、審査の結果、広島県の方の作品“ゆめほっぺ”を採用し、2004年12月に商標登録しました。名付け親さんによれば「新種のミカンに新しい夢を託すとともに、甘くてほおが落ちそうな言葉を組み合わせてみた」とのこと。実際にその方に食べていただいたところ、「本当に甘くて、ほおが落ちそうなくらいおいしい!」という感想をいただいたんですよ。
ちえみ&ゆかり
[ちえみ][ゆかり]ほおが落ちそうなくらい?ホントですか?!
[岡崎さん]はい!とても甘くて独特の歯ごたえがあることが特徴なんです。
ちえみ
[ちえみ]とても甘くて独特の歯ごたえ?!どんな味なのかな?
ゆかり
[ゆかり]だけど、どうして新しい柑きつを開発することになったんですか?
[岡崎さん]周防大島町をはじめ山口県は温州ミカンの名産地として知られてきましたが、全国で栽培面積が拡大したため価格が暴落してしまったんです。そこでそれに代わる品種を開発しようと、当試験場の職員が休日も返上しながら1981(昭和56)年から研究に取り組んだのが始まりです。
ちえみ
[ちえみ]というと、品種登録まで23年!ずいぶん時間がかかったんですね!
ゆめほっぺの収穫風景
[岡崎さん]はい。担当は私で3代目です。新品種の育成は、交配して何千何万もの種の中からいいものを選んで育て、成長したら接ぎ木をし、果実がなったらそれを食べてさらに選抜し、これは世に出せる!となったら苗木を作り、生産農家さんに販売…という流れになるので、最短でも約10年はかかるんです。おいしい柑きつの新品種育成って、奇跡に近いようなものなんですよ。
ゆかり
[ゆかり]じゃ、ゆめほっぺの誕生ってスゴイことなんですね!
[岡崎さん]昨年4月に初めて東京の有名デパートへ出荷したところ、1個400円近い値がつき、「こんなおいしさ、食べたことがない!もっとたくさん出してほしい」と大好評だったんですよ。
【ゆめほっぺをとっても食べてみたくなった二人】
ちえみ&ゆかり
[ちえみ][ゆかり]へーっ、そんなにおいしいんですか?!!でも、あのー、実はですね…、恥ずかしながら私たち、まだ食べたことがなくて…。
[岡崎さん]ハハハ。そうでしょうね。実は県内デビューはこの3月からなんですよ。周防大島町をはじめ県内各地で栽培面積が拡大されつつありますが、まだ収穫量が少なくて。だから、食べたことのある人は多くなく、そんな中で日本一食べている人といえばきっと私(笑)。もちろん研究のためですが…。じゃ、そろそろ、ゆめほっぺ、食べてみますか?
ちえみ&ゆかり
[ちえみ][ゆかり]ホ、ホントですか?ありがとうございます!!ヤッター!

次号では、いよいよ気になる「ゆめほっぺ」の味や試験場の中をご紹介します。お楽しみに!


県庁職場訪問バックナンバー


▲目次にもどる

トピックス・お知らせ

おいしい山口召し上がれ-『まるごと!やまぐちインターネット商店街』を開催中!

『まるごと!やまぐちインターネット商店街』トップページ
 県内のおいしい農水産物や加工品を全国の皆さんに知っていただくため、『まるごと!やまぐちインターネット商店街』を開催し、商品の紹介や販売を行っています。この機会に、山口県の「おいしいもの」をぜひご賞味ください。
開催期間
3月25日(日曜日)まで
開催場所
インターネット商店街「JAタウン」
問い合わせ
県流通企画室 電話:083-933-3395

山口県職員になりませんか?平成19年度山口県職員採用試験実施計画を発表

イメージ
 平成19年度県職員採用試験実施計画を発表しました。
 実施日程、受験案内・申込書の請求方法など、詳しくはホームページをご覧ください。
募集職種・人数等
各試験の募集職種・人数、職種ごとの受験資格、試験内容、受験手続きなどの詳細については、各試験の公告日に発表します。
問い合わせ
県人事委員会 電話:083-933-4474
その他のトピックス・お知らせ

▲目次にもどる

いいもん山口

日本一の生産量!山口県の瓶詰ウニ

ウニ加工品
※画像はイメージです。
 山口県の特産品の一つに瓶詰ウニがあります。その生産量は全国の約4割と、日本一。また、下関市はアルコール漬け瓶詰ウニの発祥の地といわれています。

 次号では、「瓶詰ウニ」が当たる読者アンケートを行います。お楽しみに!

[山口県産野菜セット]
 2月23日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。当選者は、次回配信の「山口きらめーる」でお知らせします。

▲目次にもどる

編集室からのメッセージ
 山口市を流れる椹野(ふしの)川の土手には、所々に菜の花が咲いていて、暖かい日にはのんびりと散歩をしたくなります。桜の開花も待ち遠しい今日このごろ。桜が咲いたらお弁当を持ってお花見に行きたいなあと思っています。
 次回の配信は3月23日です。

▲目次にもどる

バックナンバー一覧へ>>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策局広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策局 広報広聴課のページへ
登録変更・中止、バックナンバーの閲覧
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
山口県の県外広報誌 ふれあい山口 VODやまぐち
やまぐち県民電子会議室「コミュニティー維(e)新」 ひとのくに山口ファンクラブ
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2007 All rights reserved.