コンテンツ2006年12月8日Vol.107 山口県広報広聴課

お出かけガイド
  • ふるさとの駅舎を光で包む「萩イルミネフェスタ」
  • ピックアップ/県立施設情報/参加者募集
  • 近県情報:福岡県北九州市/広島県廿日市市
おもしろ山口学
  • 山口フグ物語
    第2回 フグのまち下関の歴史と伝統の技「二枚引き」
県庁職場訪問-ちえみとゆかりのおじゃまします-
  • 山口健康福祉センター[前編]
トピックス・お知らせ
  • 山口でセカンドライフを始めませんか?「やまぐちセカンドライフセミナー&UJIターン相談会」を開催
  • 「やまぐちフラワーランド」でクリスマスイルミネーションを点灯中!
いいもん山口
  • 「ふく」のおいしい季節がやって来ました!
編集室からのメッセージ
お出かけガイド※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。

ふるさとの駅舎を光で包む「萩イルミネフェスタ」

萩駅舎前のイルミネーション クリスマスが近づくと、県内各地でイルミネーションのイベントが始まります。萩市では、大正時代に建築されたレトロなJR「萩駅舎」前で、「萩イルミネフェスタ」が12月10日(日曜日)から1月6日(土曜日)まで行われます。
 萩駅舎は、1925(大正14)年に国鉄美祢線(現在はJR山陰本線)長門三隅-萩駅間の開通に合わせて建築されたもので、欄間を持つ上下窓、入口ポーチ、棟先を落とした切妻屋根などに洋風の意匠をもつ点に特徴があり、現存する数少ない鉄道開通時の駅舎として、国の登録有形文化財に指定されています。
 萩イルミネフェスタは、こうした身近な文化財の理解と地域のまちづくりの一助にと地元の町内会青年部が中心となって行うものです。初日には地域の小学生も加わってイルミネーションに点灯。23日(祝日)・24日(日曜日)にはクリスマス気分を存分に味わえるオープンカフェが開かれるほか、サンタさんから子供たちにお菓子のプレゼントがあり、仮装で来られた方にも記念撮影のプレゼントが用意されています。
 萩は「日本の鉄道の父」井上勝(いのうえ まさる)を生んだまちでもあります。幕末、萩藩を脱藩してイギリスに密航して留学した「長州ファイブ」の1人であり、帰国後は明治政府に出仕して、新橋-横浜駅間の開通をはじめ日本の鉄道の礎を築いた井上勝。彼の生涯を萩駅舎の展示物でたどることもできます。
 また、JR須佐駅周辺でも1月10日(水曜日)まで「ふれあいステーション須佐イルミネーション」が開催されています。どちらもふるさとの駅舎への思いが込められた地域の手作りイベント。年末年始、やさしい光に包まれた駅舎がたくさんの人の訪れを待っています。
期間
12月10日(日曜日)から平成19年1月6日(土曜日)まで
問い合わせ
萩市観光課 電話:0838-25-3139
期間
平成19年1月10日(水曜日)まで
問い合わせ
萩市観光課 電話:0838-25-3139

県内各地でライトアップが行われています。

ピックアップ

周南市 周南冬のツリーまつり

徳山駅前
期間
12月28日(木曜日)まで
点灯時間
17時30分から22時まで
場所
JR徳山駅周辺
内容
市街地がレインボーイルミネーションで彩られ、多くの家族連れ、カップルたちでにぎわいます。土曜日はパフォーマンスやチャリティーイベントが行われ、23日(祝日)は「ファンタジックナイト」と称し、ファッションショーや聖歌隊の歌が披露されます。
問い合わせ
周南市商工観光課 電話:0834-22-8372

防府市 第37回防府読売マラソン

昨年の様子
日時
12月17日(日曜日) マラソン:12時02分スタート
場所
防府市陸上競技場(スタート・ゴール)
内容
全国的に知られたマラソン大会で、レベルの高い多くのランナーがタイムを競い合います。五十嵐範暁(いがらし のりあき)選手をはじめとする、国内外の招待選手13名の走りにも注目です。
問い合わせ
防府読売マラソン大会事務局 電話:0835-23-4510

阿東町 クリスマスナイトフェスティバル

巨大ツリー
日時
12月23日(祝日) 13時から20時まで
点灯期間
12月23日(祝日)から平成19年1月8日(祝日)まで
点灯時間
18時から22時まで(12月23日から25日、12月31日から1月3日、1月8日はオールナイト)
場所
地福公民館前駐車場及びふれあい広場
内容
約35,000個の電飾で飾られた26メートルと22メートルの巨大クリスマスツリーが見事です。ステージイベントやお楽しみ抽選会が行われ、サンタから子どもたちへのプレゼントもあります。また、うどん、焼き鳥販売なども行われます。
問い合わせ
クリスマスナイトフェスティバル実行委員会
電話:083-952-1266

秋芳町 笑福亭仁鶴(しょうふくてい にかく)独演会県立施設情報

チラシ
日時
平成19年1月13日(土曜日) 13時30分開場、14時開演
場所
秋吉台国際芸術村
料金
全席自由
[前売り]一般2,000円、高校生以下1,500円
[当日]一般2,500円、高校生以下2,000円
内容
ほんわかした独特の話し方で、多くの人に親しまれている落語家の笑福亭仁鶴さん。上方を代表する仁鶴さんの生の落語を聴くことができるチャンスです。
問い合わせ
秋吉台国際芸術村 電話:0837-63-0020

秋芳町 第17回秋吉台カルスト高原健康マラソン大会参加者募集

秋吉台カルスト高原健康マラソン大会
日時
平成19年3月4日(日曜日) 8時受付 ※雨天決行
場所
秋芳町秋吉台家族旅行村(スタート)
内容
日本最大のカルスト台地、秋吉台の広大な自然の中で行われます。4種類のマラソンコースとウォークの部があり、完走者には「完走証」が後日郵送されます。
参加料
ファミリー・高校生以上 3,000円
小・中学生 1,500円、ウォークの部 1,500円
申し込み締め切り
平成19年2月2日(金曜日) 消印有効
問い合わせ
秋吉台カルスト高原健康マラソン大会事務局
電話:083-923-3200

 ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

近県情報

福岡県北九州市 レトロイルミネーション

旧門司関税
期間
平成19年3月25日(日曜日)まで
点灯時間
17時から22時まで(12月31日は翌日5時まで)
場所
門司港レトロ地区一帯
内容
ライトアップされたレトロ施設や、約30万個の電球で飾られた100本の樹木が門司港を彩ります。さまざまな照明パフォーマンスが行われ、中でも、照明デザイナー・石井幹子(いしい もとこ)氏プロデュースによる、幻想的ライトアップは必見です。
問い合わせ
門司港レトロ倶楽部 電話:093-332-0106

広島廿日市市 天長祭-舞楽奉奏-

天長祭
日時
12月23日(祝日) 9時から
場所
厳島神社
内容
天皇陛下の誕生日を祝う祭りです。起源は遠く1200余年の昔にさかのぼり、第49代光仁(こうにん)天皇の誕生日に、初めて天長節と称して祝賀行事が行われたのが始まりといわれています。10時から祭典が執り行なわれ、それに引き続いて舞楽奉納が催されます。
問い合わせ
(社)宮島観光協会 電話:0829-44-2011
厳島神社 電話:0829-44-2020

 山口県は、下記の協議会に参加し、広域連携による観光振興を行っています。

▲目次にもどる

おもしろ山口学
山口フグ物語

【第2回】フグのまち下関の歴史と伝統の技「二枚引き」

ふぐ刺し
一番外側が二枚引きで、内側はすべて一枚引き
  フグの取扱高日本一の「南風泊(はえどまり)市場」を擁する下関。フグの本場として全国に知られるようになったのは、まず好漁場に近いこと、次に1888(明治21)年に全国に先駆けて山口県でフグが解禁されたことも理由に挙げられます。「大陸への窓口」として栄えた下関には政財界人などが数多く訪れ、フグ料理を堪能した彼らを通じて、評判は全国へ。同時に、素早く安全に「身欠き(※)」にする技や料理の技が磨かれていきました。
 そうした歴史があり、生きのいいフグが手に入る下関には、だからこそ生まれた伝統的な料理の技があります。それがフグ刺しの二枚引きです。フグの身には弾力があり、厚い刺し身にすると、かみ切りにくいため、薄く引きます。しかし、新鮮なフグは水分が多いため、朝、身欠きにしても夕方までに身が十分締まらず、薄く引けません。 そこで少し厚めに引いた身に、さらに包丁を入れて観音開きにする高度な技、二枚引きが生まれました。二枚引きは一度で引く一枚引きより薄く、幅が広く、その繊細な味にポン酢しょうゆがほどよく絡んで、うまみが倍加するといわれ、美食家の北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん)も賞味しています。
 現在は下関でも一枚引きが主流です。身欠きフグを下関から汽車で送ると、東京に着いたころほどよく身が締まり、一度で薄く引けたことから、下関でも一日熟成させて一枚引きにするようになったといいます。熟成させたフグには独特のうまみが生まれますが、大きさや時期などによってどれぐらい熟成させ、どう料理すればうまみを最も引き出せるかは異なります。それを見極めるのが、料理人の腕の見せどころなのです。

※身欠き
毒を持つ内臓などを取り除いた状態のこと。

取材協力/下関ふく連盟事務局長 岡田 薫治(おかだ くんじ)氏


関連リンク

 逸It'sやまぐち Vol.3

これまでのおもしろ山口学バックナンバー


▲目次にもどる

県庁職場訪問-ちえみとゆかりのおじゃまします-
山口健康福祉センター 県内には8つの健康福祉センターがあり、保健・医療・福祉・生活環境に関するさまざまな業務を行っています。そこで働く保健師さんがどんなことをしているのかが知りたくて、山口健康福祉センター健康増進課・渡邉洋子主査の職場におじゃましてきました!
ちえみ
[ちえみ]渡邉さんはどんなお仕事をされているんですか?
渡邉さん
[渡邉さん]私は今、難病班に所属しています。難病班は、特定疾患などの難病の方や心身障害児などに関する医療や日常生活上の相談に応じたり、訪問指導を行ったりしているほか、感染症予防活動なども行っています。
ゆかり
[ゆかり]感染症といえば「新型インフルエンザ」の発生が心配されていますね。
[渡邉さん]新型インフルエンザは従来のインフルエンザウイルスの遺伝子が変わることによって現れるもので、今のところまだ発生していません。でも、今、鳥インフルエンザが世界中に拡大し、インドネシアやベトナムなどでは感染した鳥との濃厚接触によって感染し亡くなられる方が増えています。そのため鳥インフルエンザウイルスが変異して、人から人へ感染する新型インフルエンザが発生する可能性が高まっているといわれています。
ちえみ
[ちえみ]新型インフルエンザへの対策って何かされていますか?
着用訓練の様子
[渡邉さん]していますよ。発生した場合の対応マニュアルを作成していますし、先日、所内研修会を行い、発生時の役割分担の確認や防護服を着用する訓練をしました。いざという時に迅速に正しく着用できないといけませんからね。
ちえみ
[ちえみ]感染が広がったらいけないから、着方や脱ぎ方って大事ですよね。
ゆかり
[ゆかり]事前に訓練すれば安心ね。渡邊さん、私たちが日常生活で予防するにはどうしたらいいですか?
手洗い・うがい
[渡邉さん]一般のインフルエンザの予防と同様に「外出後は手洗い・うがいをする。マスクを着用する。栄養に注意し、過労や不摂生を避ける。湯冷めやうたた寝を避ける。部屋の湿度を保ち、1時間に1回程度は窓を開け換気を行う。人混みへの外出を控える」こと。また「流行地への渡航を控える」ことも大事です。
ゆかり
[ゆかり]一般のインフルエンザにかからないように注意することが、新型インフルエンザの予防にもつながるんですね。
ちえみ
[ちえみ]ところで、エイズ予防のためのお仕事もされているそうですね?
HIVウイルス抗体検査の様子
[渡邉さん]はい。電話・来所相談のほか、匿名・無料でエイズの原因となるHIVウイルスの抗体検査を行っています。日本では今、HIV感染者がどんどん増えていて、先進国でHIV感染者が増えているのは日本だけなんです。山口健康福祉センターでは、昨年から、第1・3火曜日の昼間に完全予約制で、検査後30分で結果が分かる「迅速検査」を始めました。また、奇数月の第3火曜日の夜間には、3日後に結果が分かる通常の抗体検査も行っています。
ゆかり
[ゆかり]検査の時に心がけていらっしゃることはありますか?
[渡邉さん]エイズやHIVに関して正しい知識を持っていただけるよう、予防方法などについて説明をしています。HIV抗体検査で仮に陽性であっても、薬の進歩によってエイズの発症を遅らせることができるようになってきました。感染の不安がある方、県内のほかの健康福祉センターでも匿名・無料で検査ができますので(※)、できるだけ早く受けてくださいね!

※迅速検査は現在、岩国・周南・山口健康福祉センターで実施しています。

次回は、同センターの引きこもり対策事業についてご紹介します。


関連リンク

 県感染症情報センター

県庁職場訪問バックナンバー


▲目次にもどる

トピックス・お知らせ

山口でセカンドライフを始めませんか?「やまぐちセカンドライフセミナー&UJIターン相談会」を開催

チラシ
※クリックすると拡大します。
 首都圏及びその近郊にお住まいの方に、本県でのセカンドライフへ関心を持っていただくとともに、UJIターンに関するご相談に応じます。
日時
平成19年1月27日(土曜日)
13時30分から17時30分まで(受付は12時30分から)
場所
発明会館 地下ホール(東京都港区虎ノ門2-9-14)
内容
映画監督・佐々部清(ささべ きよし)氏の講演、本県へのUJIターン者によるパネルディスカッション、山口県のUJIターン支援制度の説明、個別相談会
参加費
無料
申し込み方法
「プログラム・参加申込書」に必要事項を記入の上、ファクスまたは電子メールでお申し込みください。
プログラム・参加申込書(PDF形式485KB)
[ファクス]083-933-2539
[メールアドレス]a12300@pref.yamaguchi.lg.jp
申し込み締め切り
平成19年1月22日(月曜日)
問い合わせ
県地域政策課 
電話:083-933-2546

「やまぐちフラワーランド」でクリスマスイルミネーションを点灯中!

クリスマスツリー
 やまぐちフラワーランドではクリスマスシーズンを迎え、イベントホールに高さ7メートルのクリスマスツリーを設置し、夜はセンタープラザ周辺をイルミネーションで装飾しています。クリスマスの思い出に、ぜひ、お越しください。
期間
12月26日(火曜日)まで
点灯時間
木曜日を除く16時から22時まで(庭園の観覧は9時から17時まで)
場所
やまぐちフラワーランド(柳井市新庄500-1)
問い合わせ
やまぐちフラワーランド 電話:0820-24-1187
その他のトピックス・お知らせ

▲目次にもどる

いいもん山口

「ふく」のおいしい季節がやって来ました!

かなとふぐ料理[写真提供/やまぐちの農水産物需要拡大協議会]
※画像はイメージです。
写真提供/やまぐちの農水産物需要拡大協議会
 山口県では「福を呼ぶ」と言うことから「ふく」と呼ばれているフグ。萩沖で捕れる「シロサバフグ」は別名「かなとふぐ」とも呼ばれ、県内の家庭で親しまれています。手ごろな価格や、たたき、みそ汁、から揚げなど多彩な調理方法で味わえるのも魅力のひとつとなっています。

 次号では、この「かなとふぐ」が当たる読者アンケートを行います。お楽しみに!

[温州ミカン読者プレゼント]
 11月24日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。当選者は、次回配信の「山口きらめーる」でお知らせします。

▲目次にもどる

編集室からのメッセージ
 もうすぐクリスマスですね。街のクリスマスの飾り付けを見ていると、心がとっても華やぎます。今回の「山口きらめーる」はクリスマス関連のイベント情報が盛りだくさん。クリスマスのすてきな思い出づくりに一役買ってくれることと思います!
 次回の配信は12月22日です。

▲目次にもどる

バックナンバー一覧へ>>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策局広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策局 広報広聴課のページへ
登録変更・中止、バックナンバーの閲覧
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
山口県の県外広報誌 ふれあい山口 VODやまぐち
やまぐち県民電子会議室「コミュニティー維(e)新」 ひとのくに山口ファンクラブ
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2006 All rights reserved.