コンテンツ2006年8月11日Vol.99山口県広報広聴課

お出かけガイド
  • 国際都市・下関の熱気を「馬関まつり」で体感しよう!
  • ピックアップ/県立施設情報
  • 近県情報:広島県廿日市市/島根県津和野町
おもしろ山口学
  • 角島灯台物語
    第3回 角島の人々に親しまれた灯台長ジョセフ・ディック
県庁職場訪問-ちえみとゆかりのおじゃまします-
  • 県農業試験場
トピックス・お知らせ
  • UJIターン支援サイト「見つけて!やまぐちニューライフ」を開設
  • 「若者の出会い応援事業」の参加者を募集
いいもん山口
  • 100号目前!ペア宿泊券や県特産の果物詰め合わせをプレゼント!!
編集室からのメッセージ
お出かけガイド※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。

国際都市・下関の熱気を「馬関まつり」で体感しよう!

平家踊総踊り大会 軽快な三味線のリズムや勇壮な太鼓の音に合わせ、道いっぱいになってそろいの法被(はっぴ)や浴衣姿で舞う数千人もの踊り手たち。まち全体を祭りの熱気が包む毎年恒例の「馬関まつり」が、今年は8月19日(土曜日)と20日(日曜日)に開催されます。両日は市内各所で多彩なイベントが催され、2日目の「平家踊総踊り大会」で祭りはクライマックスを迎えます。 平家踊りとは、壇之浦の戦いで敗れた平家を供養する踊りに源を発し、全国各地の踊りが融合されて現在の形になったといわれるもので、下関を代表する郷土芸能です。
 また、下関は昔から東アジアとの交流が深い国際都市。室町時代から江戸時代にかけて、李氏朝鮮国が日本に派遣した外交使節団「朝鮮通信使」が、下関に立ち寄っていたことにちなんで、祭りの中でその行列が再現され、歴史ある友好の絆を確かめ合います。さらに、今年は「韓国釜山広域市・下関市姉妹都市締結30周年」に当たることから、19日(土曜日)にはその記念式が行われ、韓国の民俗芸能「サムルノリ」などが披露されます。
日時
8月19日(土曜日)、20日(日曜日) いずれも10時から21時まで
場所
JR下関駅から唐戸地区の沿道各所
問い合わせ
まつり合同会議事務局 電話:0832-31-1350
ピックアップ

萩市 陶器が語る来世の理想郷 中国古代の暮らしと夢-建築・人・動物県立施設情報

池中の望楼 緑釉陶 後漢時代 1-3世紀 高さ86.5センチメートル
池中の望楼 緑釉陶 後漢時代
1-3世紀 高86.5cm
期間
8月12日(土曜日)から9月24日(日曜日)まで
※月曜日休館
場所
県立萩美術館・浦上記念館
開館時間
9時から17時まで(入館は16時30分まで)
内容
人間の霊魂の不滅を信じた中国古代の人々が、死後の世界で不自由なく暮らせるよう墳墓に納めた副葬品の数々が展示されます。
問い合わせ
県立萩美術館・浦上記念館 電話:0838-24-2400

岩国市 周東 周防祖生(すおうそお)の柱松(はしらまつ)

周東 周防祖生の柱松
期日
8月15日(火曜日)、19日(土曜日)、23日(水曜日)
場所
中村地区(15日)、山田地区(19日)、落合地区(23日)
内容
牛馬安全の祈願を由来とし、五穀豊穣(ごこくほうじょう)や家内安全を願う火祭りです。高さ20メートルにも及ぶ柱松が夜空に燃え上がるさまは圧巻です。
問い合わせ
周東祖生公民館 電話:0827-85-0001

下松市 笠戸島イカダまつり

笠戸島イカダまつり
日時
8月20日(日曜日) 10時から開会式
レース開始 12時30分から
場所
はなぐり海水浴場
内容
多彩な手作りイカダにより熱いレースが繰り広げられます。スピード、デザインなどを競い、優秀なグループには各賞が贈呈されます。(レース参加募集終了)
問い合わせ
イカダレース運営事務局 電話:0833-41-1070

宇部市 ときわナイトフェスタ

ときわナイトフェスタ
日時
8月26日(土曜日) 10時から21時まで
場所
ときわ公園・ときわ遊園地
内容
年に1度、遊園地の夜間営業が行われます。午前中からキャラクターショーなどが行われるほか、夜には園内がロマンチックにライトアップされ、屋台村やオープンカフェも登場します。
問い合わせ
(社)宇部観光コンベンション協会
電話:0836-34-2050

秋芳町 第5回MTB race in 秋吉台

MTB race in 秋吉台
期日
8月27日(日曜日)
場所
秋吉台家族旅行村
内容
秋吉台を舞台に、白熱したマウンテンバイクレースが展開されます。会場には飲食ブースも出店されます。
問い合わせ
MTBレース実行委員会 電話:0837-62-0049

 ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

近県情報

広島県廿日市市 宮島踊りの夕べ

宮島踊りの夕べ
日時
8月17日(木曜日)、18日(金曜日) いずれも19時30分から
場所
厳島神社参道途中の御笠浜(みかさはま)
内容
古来より宮島に伝わる優雅な踊りで、厳島合戦で命を失った村上水軍や、海で亡くなった海人(かいじん)の霊を慰めます。
問い合わせ
(社)宮島観光協会 電話:0829-44-2011

島根県津和野町 灯籠流し

灯籠流し
日時
8月20日(日曜日) 20時から
場所
津和野大橋河川敷
内容
先祖の霊を送るために作られた灯籠(とうろう)を津和野川に流します。読経とともにろうそくの灯火が流れてゆき、幻想的な世界を醸し出します。
問い合わせ
津和野町観光協会 電話:0856-72-1771
本性寺 電話:0856-72-0481

 山口県は、下記の協議会に参加し、広域連携による観光振興を行っています。

▲目次にもどる

おもしろ山口学
角島灯台物語

【第3回】角島の人々に親しまれた灯台長ジョセフ・ディック

ジョセフ・ディック
 角島灯台のそばに小さな洋館があります。その建物は「吏員退息所」として灯台とともに竣工した県内最古のれんが造りの建築物。そこに1877(明治10)年までイギリス人の初代灯台長ウィリアム・ボエルズが、続いて1879(明治12)年までジョセフ・ディックが住み、日本人に灯台守の技術を教えていました。特にディックは角島の人々と親しくしていたようで、彼との交流から灯台にあこがれ、角島灯台長となった人もいました。 その人の名は平石大円(ひらいし だいえん)。島にある浄楽寺(じょうらくじ)で育ち後に住職も務めた人で、ディックが政府との契約終了で島を去った後は、彼愛用の碁盤を保管(現在は角島灯台記念館に展示)し手紙もやりとりしていたようです。
 角島を離れたディックは神戸へ。日本永住を決意し、友人と「ディック・ブルン商会」を設立。その間、日本人女性と結婚し、1913(大正2)年に72歳で亡くなるまで神戸で暮らしました。 彼の長女・山本あいさんは後年、父をしのんで「ジョセフ・ディック追想録」を著し、そこに古老の話として「デッキ氏はお歯黒をしていない女性を未婚の女性と心得、軽い冗談を語り好人物であった由、決して悪ふざけやからかったりすることはなく、紳士的であり、オランダ風の屋敷に住(ま)い大きな洋犬一匹を飼っていた」と角島での様子が紹介されています。 また、神戸では匿名で軍人遺族の家庭へ米穀類を送ったり、日曜日には家族全員で孤児院をビスケット持参で訪ねたりしていたそうです。
 そんな心優しいディックの在りし日の姿には、現在は「角島灯台記念館」となった吏員退息所で出会えます。船を安全に導くだけでなく、異国との交流の灯もともした灯台は、美しい自然とともに角島の宝。大切に守っていきたいものです。

取材協力/山口県史編さん調査委員・元山口県文書館副館長 戸島昭氏


これまでのおもしろ山口学バックナンバー


▲目次にもどる

県庁職場訪問-ちえみとゆかりのおじゃまします-
はなっこりー  「はなっこりー」ってご存じですか?中国野菜のサイシンを母親、ブロッコリーを父親として生まれた、山口県のオリジナル品種の野菜で、今、全国から注目を集めています。誕生までの汗と涙の物語を知りたくて、開発に取り組んだ県農業試験場の片川聖部長と岡藤由美子専門研究員の職場におじゃましてきました!
ちえみ
[ちえみ]どうしてはなっこりーの開発に取り組んだのですか?
片川部長
[片川さん]農家の高齢化が進む中で「お年寄りや女性に向く、軽くて収穫が楽な野菜」を作ろうと、消費者の10年先のニーズも考えながら開発を始めたものなんです。
ゆかり
[ゆかり]えっ?どうして10年先だったんですか?
[片川さん]品種の育成って10年はかかるものなんですよ。だから、10年先の社会を予測しながら開発に取り組まないとだめなんです。
ゆかり
[ゆかり]なるほど!じゃ、はなっこりーも10年かかったんですか?
[片川さん]平成元年から着手して平成11年に農林水産省へ正式に品種登録。やっぱり10年かかりましたね。
ちえみ
[ちえみ]中でも一番大変だったのは?
岡藤専門研究員
[岡藤さん]いろいろな野菜を使って交配した数万以上の個体の中から、責任を持って選ばないといけない。私にはそれが一番大変でした。くる日もくる日も畑で生のまま試食。これはきっとおいしいと予測しても、食べたらがっかりの連続…。実はサイシンとブロッコリーの組み合わせは、期待していなかったんですよ(笑)。
ゆかり
[ゆかり]へ~っ、意外だったんですネ!でも、それからは順調に?
[片川さん]いえ、種を増やすのも数年がかり。ほかにも何センチメートルで収穫して商品にするのがいいのかなど、経営として成り立つのかまで見極めないと農家の方に栽培を勧められないので課題が多くて大変でした。
[岡藤さん]ようやく店頭に出したら「おいしくない。これじゃ売れないよ」って言われて。あのときは本当に落ち込みました。
ちえみ&ゆかり
[ちえみ&ゆかり]えっ?でも、今はおいしいって評判ですよ!
出荷袋に入ったはなっこりー
[片川さん]店頭に置いている間に花が咲いて、花茎(かけい)が筋っぽくなってしまったことが原因でした。そこで鮮度を保ちながらも花を咲かせない、専用の袋を試験場で開発したことが転機に。また、おいしかったから栽培したいと女性の生産者グループが申し出てくれて一生懸命取り組んでくれたこともあって。やがてマスコミで全国に紹介され、評判が高まっていったんです。
ちえみ
[ちえみ]大変だけど、やりがいのあるお仕事ですネ!
[片川さん]ハイ!!そんな試験場の仕事を子どもたちに知ってもらおうと、8月19日(土曜日)に「第5回農・畜・林試験研究ウォッチング」を開催します。パンやバター作りなど楽しいことがいっぱい。ぜひ遊びに来てくださいネ!

次号では県農業試験場で開発されたユリ「プチソレイユ」をご紹介します。
お楽しみに!


関連リンク

 県農業試験場

県庁職場訪問バックナンバー


▲目次にもどる

トピックス・お知らせ

UJIターン支援サイト「見つけて!やまぐちニューライフ」を開設

ホームページ
 豊かな自然と温暖な気候風土に恵まれた山口県で、ニューライフを始めてみませんか?
 このたび、山口県にUJIターンを考えておられる皆さんへの支援サイトを開設しました。既にUJIターンされた方々の経験談をはじめ、仕事や住まい、仲間づくりなど、役立つ情報が満載です。
問い合わせ
県長寿社会課 電話:083-933-2788
生涯現役社会づくり学会 電話:083-928-4776

「若者の出会い応援事業」の参加者を募集

イメージ
 独身男女の出会いの場となる楽しいイベントの参加者を募集しています。
イベント1
「周防大島ムービー協同制作」で島内LOVE
「島ムービー」の制作や上映会、バーベキューをとおして、独身男女の出会いの場を設定します。
[参加資格]
18歳以上(高校生を除く)40歳未満の県内在住の独身男女
[申し込み・問い合わせ]
島内恋愛のすすめプロジェクトチーム
電話:0820-78-2000
イベント2
海の男とハニカミ・プラン
ビーチバレーや海鮮バーベキューなど、海でのさまざまなイベントをとおして、参加者の交流・親睦を深めます。
[参加資格]
18歳以上(高校生を除く)40歳未満の県内在住の独身女性
[申し込み・問い合わせ]
県漁協青壮年部連合会防府支部
電話:0835-22-1506
問い合わせ
県こども未来課 電話:083-933-2754
その他のトピックス・お知らせ

▲目次にもどる

いいもん山口

祝!山口きらめーる配信100号まであと1回!!

下関の夜景
まるごと!やまぐちの農水産物ロゴ
※画像はイメージです。
 いよいよ次号8月25日の配信で「山口きらめーる」は、100号を迎えます。そこで、読者の皆さんに感謝の気持ちを込めてペア宿泊券を3組、県産果物の詰め合わせを5名様にプレゼント。前回配信号よりアンケートと併せて募集し、次回配信第100号で当選者を発表します。たくさんのご応募をお待ちしています!
  • 下関市「海峡ビューしものせき」ペア宿泊券(1泊2食付)を3組にプレゼント!
    ※宿泊・食事はスタンダードプランをご用意しています。
  • 県産果物は、二十世紀梨、ブドウ(巨峰)、長門ユズキチをセットにして5名様にプレゼント!(協力:全農やまぐち)
[応募方法]
 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選でペア宿泊券・県産果物の詰め合わせをプレゼントします。
 締め切りは8月17日(木曜日)です。当選者は8月25日配信の「山口きらめーる第100回記念号」でお知らせします。
 皆さん、奮ってご応募ください。

ご応募はこちら

▲目次にもどる

編集室からのメッセージ
 読者プレゼントの「長門ユズキチ」をご存じですか?カボスやスダチの仲間(香酸柑橘類)で、爽やかな香りと酸味が特徴です。魚との相性が抜群で、古くより焼魚や刺身に果汁をかけて食されてきました。焼酎や炭酸水に果汁を加えて、風味を付けるのもオススメです。この機会にぜひご賞味ください。
 次回の配信は8月25日です。

▲目次にもどる

バックナンバー一覧へ>>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策局広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策局 広報広聴課のページへ
登録変更・中止、バックナンバーの閲覧
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
山口県の県外広報誌 ふれあい山口 VODやまぐち
やまぐち県民電子会議室「コミュニティー維(e)新」 ひとのくに山口ファンクラブ
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2006 All rights reserved.