コンテンツ2006年7月28日Vol.98 山口県広報広聴課

お出かけガイド
  • 「錦川水の祭典」で夜空に咲く大輪の花と錦帯橋の共演を楽しもう
  • ピックアップ/県立施設情報/参加者募集
  • 近県情報:島根県津和野町/広島県廿日市市
おもしろ山口学
  • 角島灯台物語
    第2回 角島灯台と「日本の灯台の父」ブラントン
県庁職場訪問-ちえみとゆかりのおじゃまします-
  • 県立山口博物館[後編]
トピックス・お知らせ
  • 第21回国民文化祭・やまぐち2006 開会式・閉会式の入場整理券の応募受付中!
  • 「周防大島に来てみんさい体験交流企画」参加者を募集
いいもん山口
  • 100号目前!ペア宿泊券や県産果物の詰め合わせをプレゼント!!
編集室からのメッセージ
お出かけガイド※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。

「錦川水の祭典」で夜空に咲く大輪の花と錦帯橋の共演を楽しもう

錦帯橋を照らす大輪の打ち上げ花火 夜空に浮かび上がる五連のアーチと、四方に散る艶やかな大輪の花火との共演が呼び物の岩国市「錦川水の祭典」。山口県を代表する花火大会の一つです。清流・錦川に架かる国の名勝「錦帯橋」周辺を会場に、今年は8月5日(土曜日)に開催されます。 午前9時からの水恩感謝祭に始まり、宝さがし大会・吹奏楽演奏会・クイズ!国民文化祭・岩国太鼓とお楽しみが続いて、いよいよ午後8時から花火大会がスタート。まず、今年3月に1市6町1村が合併して新しい岩国市が誕生したのを祝う仕掛け花火で幕を開けると、2つの煙火業者が腕を競い合いながら、6,000発に及ぶ花火を咲かせて、観客の目をくぎ付けにしてくれます。
 この花火大会は、花火それぞれの色や形はもちろん、音の迫力を楽しめるのも目玉の一つ。打ち上げ会場となる河原のすぐ近くに山が迫っているので、花火玉の炸裂する音が反響して、その迫力を全身で体感できます。
 なお、会場周辺は大変混雑します。公共交通機関を利用してお早めに会場へどうぞ。
期日
8月5日(土曜日) ※小雨決行
場所
錦帯橋周辺
問い合わせ
岩国市観光課 電話:0827-41-1477
(社)岩国市観光協会 電話:0827-41-2037

その他にも県内では、さまざまな花火大会が行われています。

ピックアップ

萩市 萩夏まつり

萩・日本海大花火大会
期間
8月1日(火曜日)から8月3日(木曜日)まで
[花火大会]8月1日(火曜日) 20時から21時まで
※延期の場合は8月4日(金曜日)
場所
1日:萩商港 菊ケ浜沖
2日、3日:吉田町通り・田町商店街ほか
内容
8,000発を打ち上げる「萩日本海大花火大会」を皮切りに、「市民総踊りヨイショコショパレード」や、海上安全を祈念する「お船謡(おふなうた)」などの伝統行事が行われます。
問い合わせ
萩夏まつり実行委員会 電話:0838-25-3333

阿東町 嘉年かかし祭り

昨年度のかかし大賞受賞作品
期間
7月30日(日曜日)から8月31日(木曜日)まで
場所
嘉年(かね)基幹集落センター周辺
内容
人気のキャラクターや、話題になった人物などをモデルにしたかかしがずらりと並びます。来場者の投票により、「かかし大賞」などの優秀作品が選ばれます。
問い合わせ
かかし祭り実行委員会 電話:083-958-0111

柳井市 金魚ちょうちんまつり

金魚ちょうちんまつり
期日
8月13日(日曜日)
場所
柳井市街地一帯
内容
柳井市の民芸品「金魚ちょうちん」をモチーフにしたお祭りです。街中に飾られた約3,000個の金魚ちょうちんの灯りが、幻想的な雰囲気を醸し出します。金魚ねぶたの引き回しなどイベントが盛りだくさん。前日には、金魚すくい選手権大会などプレイベントも行われます。
問い合わせ
金魚ちょうちん祭り協議会 電話:0820-22-2111

萩市 第3回萩・山口歴史ウォーク-萩往還を歩こう!-参加者募集

萩・山口歴史ウォーク
期日
9月9日(土曜日)、10日(日曜日)
場所
9日:萩市【主会場:萩城跡指月公園】
10日:山口市【亀山公園ふれあい広場】
内容
歴史の道「萩往還」の沿線に残された史跡や文化財を訪ね、自然や景観を楽しみながらウォーキングをします。8つのコースが設けられており、全国から参加者が集まります。
問い合わせ
萩市観光課 電話:0838-25-3131

長門市 巣林舎(そうりんしゃ)公演「出世景清(しゅっせかげきよ)」県立施設情報

出世景清
日時
9月2日(土曜日) 18時開演
9月3日(日曜日) 13時開演
場所
ルネッサながと
内容
「近松門左衛門」の世界を現代劇で描きます。壇之浦の合戦に敗れた平家の武士が命からがら落ちのび、源氏に一矢報いようとするお話です。
料金
一般2,500円、ペア4,000円、高校生以下1,500円
※前売り券発売中
問い合わせ
ルネッサながと 電話:0837-26-6001

 ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

近県情報

島根県津和野町 つわの鯉・恋・来いまつり

つわの鯉・恋・来いまつり
日時
8月12日(土曜日) 16時から23時まで ※雨天順延
場所
道の駅「津和野温泉なごみの里」、津和野大橋周辺
内容
つわの太鼓など多彩な芸能ステージと古都を彩る約3,000発の花火が見どころです。道の駅を中心に、町中がお祭り気分に包まれます。
問い合わせ
つわのまつり実行委員会 電話:0856-72-3131

広島県廿日市市 宮島水中花火大会

宮島水中花火大会
日時
8月14日(月曜日) 19時50分から20時50分まで
※雨天順延
場所
厳島神社沖合い海上
内容
水中花火船より海中に投げ込まれる水中花火が大音響とともに炸裂し、朱の大鳥居や厳島神社の社殿を幻想的に浮かび上がらせます。
問い合わせ
(社)宮島観光協会 電話:0829-44-2011

 山口県は、下記の協議会に参加し、広域連携による観光振興を行っています。

▲目次にもどる

おもしろ山口学
角島灯台物語

【第2回】角島灯台と「日本の灯台の父」ブラントン

夜空を照らす角島灯台
 角島灯台が日本海側で初の洋式灯台として誕生したのは、下関から日本海へ向かう船が針路を変える「変針点」という重要な位置に、角島が位置していることが主な理由でした。対馬海峡を航行する外洋船からも灯を認められるよう、角島灯台は巨大な第一等八面フレネルレンズを用いた(現在も当初のレンズ)、高さ29.6メートルの石造りの大型灯台として設計されました。明治政府初のお雇い外国人であり、「日本の灯台の父」と呼ばれる設計者のブラントンにとって、角島灯台はどんな作品だったのでしょう。
 イギリスでは鉄道などの土木技師だった彼は、3カ月間集中的に研修を受けて、1868(明治元)年27歳のとき、スティーブンスン社(以下S社)が作成した灯台の仕様書を携えて来日します。以来、日本で30基の灯台を設計。中でも角島灯台の初点灯は、彼が契約終了で帰国する半月前であることから、日本で実績を重ね、充実した時期に角島灯台は造られたと考えられます。
 また、彼は帰国後、イギリス土木学会誌に日本で設計した灯台4基を発表しています。その中で他の灯台は裁断図であるのに対し、角島灯台は彼が塔頂に入念に施した装飾的な切り込みなど、華麗なデザインが分かる姿図で紹介しています。しかも、多くの灯台は予算や場所などに応じて仕様書を変更しながら建設せざるを得なかった中で、角島灯台はS社の仕様書に最も忠実かつ堅牢に造られています。 これらのことから、離日直前の完成であった角島灯台は彼の自信作であると同時に、美しい角島の自然に合う美しい灯台を残せたという思いが彼の心にあったのではと推測したくなるのです。

取材協力/山口県史編さん調査委員・元山口県文書館副館長 戸島昭氏


これまでのおもしろ山口学バックナンバー


▲目次にもどる

県庁職場訪問-ちえみとゆかりのおじゃまします-
ポスターを手に、松尾学芸課長と伊原専門学芸員 毎年夏、子どもたちに大人気の企画展を行っている県立山口博物館。今年は7月28日(金曜日)から8月27日(日曜日)まで「大昆虫展」を開催します。ほかにも博物館の貴重な"お宝"が見られる企画展など、今年イチオシのイベントを伊原慎太郎専門学芸員に教えてもらいました!
ちえみ
[ちえみ]この夏注目のイベントは?
大昆虫展ポスター
[伊原さん]世界の約7万点もの昆虫たちが大集合する「大昆虫展」です。長さ8メートルの世界最大の標本箱をはじめ、昆虫フィギュアなど楽しい展示がいっぱい!たくさんの子どもたちに見に来てほしいですネ。
ちえみ
[ちえみ]伊原さん担当の歴史のイベントはありますか?
[伊原さん]ありますよ!「第21回国民文化祭・やまぐち2006」の協賛事業として、7月8日(土曜日)から「和漢書の世界展」が始まりました。
ゆかり
[ゆかり]あの~、和漢書って…?
甲冑の着方を説明した本
[伊原さん]江戸時代から明治にかけて出版された本のことです。教科書にも登場する宮崎安貞(みやざき やすさだ)の『農業全書(注1)』や林子平(はやし しへい)の『海国兵談(注2)』なども展示しているので、ぜひこの機会に本物を見て欲しいですネ。面白い本では、甲冑(かっちゅう)の着方の順番を絵入りで丁寧に説明した江戸時代の本もあって…。
注1:農業技術について説明した本
注2:海防について論じた本
ゆかり
[ゆかり]えっ?武士に甲冑の着方を教える本?本を見なきゃ着られないなんて、江戸時代って結構平和だったんだ(笑)。
昔の教科書
[伊原さん]そんな和漢書の面白さに触れてもらおうと、8月5日(土曜日)に「むかしの教科書を読もう」という夏休み子ども歴史教室を開く予定なんですよ。
ちえみ
[ちえみ]ほかに今年おすすめのイベントというと?
[伊原さん]国・県指定文化財などを展示する「山口博物館所蔵名品展」。10月25日(水曜日)から11月19日(日曜日)まで行います。
ちえみ
[ちえみ]中でも一番のお宝は?
[伊原さん]一つは江戸中期に作られた「防長土図(ぼうちょうどず)」で、南北3メートル、東西5メートルにも及ぶ巨大な立体地図です。大きすぎてごく一部しか展示できないのですが…。もう一つは朝鮮通信使から萩藩主が受納した応接の返礼品で、他藩と比べて珍しいのは、ほぼ目録どおり現物が残っていることです。
ゆかり
[ゆかり]長州人らしいなあ(笑)。
[伊原さん]ただ残念なことに、朝鮮人参だけは残ってなくて。使ってしまったんでしょうネ(笑)。ほかにも貴重な所蔵品がズラリと並びます。ぜひ見に来てくださいネ!

次にお邪魔するのは県農業試験場。
県オリジナルの野菜「はなっこりー」やユリ「プチソレイユ」についてのお話をご紹介します。お楽しみに!


関連リンク

 県立山口博物館

県庁職場訪問バックナンバー


▲目次にもどる

トピックス・お知らせ

第21回国民文化祭・やまぐち2006 開会式・閉会式の入場整理券の応募受付中!

ガイドブック
 11月3日(祝日)から12日(日曜日)まで第21回国民文化祭・やまぐち2006が県内各地で開催されます。
 現在、県民手作りのミュージカル『燦めきの地 やまぐち二千年』が上演される「開会式・オープニングフェスティバル」、バンブーオーケストラ演奏やダンスパフォーマンスなどが披露される「閉会式・グランドフィナーレ」の入場整理券の応募を受け付けています。
 なお、国民文化祭の見どころをはじめ、観光地や特産品など山口県の魅力をわかりやすく紹介したガイドブックを下記配布先で入手することができます。
 ぜひ、山口県で文化の秋を体感してみませんか?

第21回国民文化祭・やまぐち2006

応募締め切り
8月31日(木曜日) ※応募者多数の場合は抽選
ガイドブック配布先
都道府県及び県内市町の文化担当窓口、県内の文化施設、金融機関及び書店など
問い合わせ
第21回国民文化祭山口県実行委員会 
電話:083-933-2850

「周防大島に来てみんさい体験交流企画」参加者を募集

みかん収穫体験
 美しい自然に恵まれた周防大島町で、農林漁業の暮らしを体験してみませんか?
 「みかん収穫体験とジュースづくりコース」や大島の郷土料理を作る「いぎす豆腐づくりコース」など7つのコースをご用意しています。
問い合わせ
県田布施農林事務所農業部 電話:0820-52-2546
周防大島くらし体験ネットワーク(周防大島町農林課内)
電話:0820-79-1002
その他のトピックス・お知らせ

▲目次にもどる

いいもん山口

祝!山口きらめーる配信100号まであと2回!!

下関の夜景
まるごと!やまぐちの農水産物ロゴ
※画像はイメージです。
 8月25日の配信で「山口きらめーる」は、100号を迎えます。そこで、読者の皆さんに感謝の気持ちを込めてペア宿泊券を3組、県産果物の詰め合わせを5名様にプレゼント。本日配信号と次号でアンケートと併せて募集し、第100号で当選者を発表します。たくさんのご応募をお待ちしています!
  • 下関市「海峡ビューしものせき」ペア宿泊券(1泊2食付)を3組にプレゼント!
    ※宿泊・食事はスタンダードプランをご用意しています。
  • 県産果物は、二十世紀梨、ブドウ(巨峰)、長門ユズキチをセットにして5名様にプレゼント!(協力:全農やまぐち)
[応募方法]
 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選でペア宿泊券・県産果物の詰め合わせをプレゼントします。
 締め切りは8月17日(木曜日)です。当選者は8月25日配信の「山口きらめーる第100回記念号」でお知らせします。
 皆さん、奮ってご応募ください。

ご応募はこちら

[プレゼントクイズ当選者]
 6月23日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。
 「車エビ」の当選者については、「アンケート結果・プレゼント当選者」のページをご覧ください。

▲目次にもどる

編集室からのメッセージ
 県内の花火大会をすべて見たいと思っているのですが、目標達成にはまだまだ時間がかかりそうです。今年はどこへ行こうかと思案中です。
 次回の配信は、8月11日です。

▲目次にもどる

バックナンバー一覧へ>>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策局広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策局 広報広聴課のページへ
登録変更・中止、バックナンバーの閲覧
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
山口県の県外広報誌 ふれあい山口 VODやまぐち
やまぐち県民電子会議室「コミュニティー維(e)新」 ひとのくに山口ファンクラブ
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2006 All rights reserved.