コンテンツ2006年7月14日Vol.97 山口県広報広聴課

お出かけガイド
  • 童謡詩人・金子みすゞのふるさとで詩の世界に触れ合おう
  • ピックアップ/県立施設情報/参加者募集
  • 近県情報:島根県津和野町/福岡県北九州市
おもしろ山口学
  • 角島物語
    第1回 日本の洋式灯台誕生のきっかけとなった長州藩の「下関事件」
県庁職場訪問-ちえみとゆかりのおじゃまします-
  • 県立山口博物館
トピックス・お知らせ
  • 遊んで学ぶ「山口遊学校」を開催!
  • 「ちょうちん祭りin広島」「やまぐち夏の涼味フェア」を開催!
いいもん山口
  • 100号目前!ペア宿泊券や県産果物の詰め合わせをプレゼント!!
編集室からのメッセージ
お出かけガイド※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。

童謡詩人・金子みすゞのふるさとで詩の世界に触れ合おう

みずゞを描いたモザイク画 口ずさみやすい言葉の奥に繊細で豊かな心の世界が広がる童謡詩人・金子みすゞの詩。彼女のふるさと長門市仙崎で、7月20日(木曜日)から8月31日(木曜日)まで「みすゞ燦参SUN 2006」というユニークなイベントが開催されます。
 中でもメインイベントとなる「プロジェクトM20000」は、「金子みすゞ記念館」来館者に長門市名産のかまぼこの板を配ってメッセージを書いてもらい、それを組み合わせて巨大なモザイク画を完成させようというもの。4回目を迎える今年は、昨年の6,500枚を大きく上回る20,000枚のかまぼこ板を用いて、彼女の詩「大漁」の世界を、立体的かつ幻想的に作り上げることに挑戦します。
 また、8月6日(日曜日)には、彼女が残した512編すべての詩を読破する企画に、ウォークラリーをドッキングした初の「みすゞよむHOO!!ウォークラリー」を開催。イベント期間中の土曜日・日曜日(8月27日を除く)には「みすゞのおもひで探訪ツアー」も行われます(できるだけ予約を)。“みすゞさん”のふるさとで、その優しい眼差しをあなたも感じてみませんか。
期間
7月20日(木曜日)から8月31日(木曜日)まで
場所
仙崎みすゞ通り一帯
問い合わせ
みすゞ燦参SUN実行委員会事務局 電話:0837-22-2266

その他にも県内では、さまざまな夏祭りが行われています。

期日
7月20日(木曜日)、24(月曜日)、27日(木曜日)
期日
7月29日(土曜日)
期日
7月29日(土曜日)、30日(日曜日)
期日
8月5日(土曜日)
ピックアップ

防府市 三田尻の女尻相撲大会

三田尻の女尻相撲大会
日時
7月22日(土曜日) 18時30分から
場所
老松(おいまつ)神社
内容
三田尻(みたじり)の「尻」にちなみ、平成8年から始まった女性だけの尻相撲大会です。白熱した戦いと「尻すかし」「尻押出し」などユニークな決まり手が会場を沸かせます。
問い合わせ
防府市観光協会 電話:0835-25-2148
老松神社 電話:0835-22-0796

下関市 海峡メッセ下関10周年記念イベント 国際交流フェスティバル県立施設情報

海峡メッセ下関
日時
7月22日(土曜日)、23日(日曜日) いずれも10時から
場所
展示見本市会場、イベントホール、海峡ゆめタワー(別途展望料金必要)
内容
オープン10周年を記念した、国際交流イベントが行われます。日中韓コンサートや県内で活動する国際交流団体によるバザーなどが行われ、さまざまな国の方との触れ合いが楽しめます。また、海峡ゆめタワーには世界の民族衣装試着コーナーが設けられます。
問い合わせ
海峡メッセ下関 電話:0832-31-5600

萩市 第8回イカ祭り in 須佐

イカ
日時
7月27日(木曜日) 9時から15時30分まで ※雨天決行
場所
須佐(すさ)漁港
内容
須佐で水揚げされるケンサキイカ「須佐 男命(みこと)いか」が主役のイベントです。活イカの直売やするめ干し体験のほか、活魚のオークションなど楽しいイベントが行われます。
問い合わせ
イカ祭り実行委員会 電話:08387-6-2219

下松市 米泉湖サマージャンボリー'06

米泉湖サマージャンボリー
日時
7月29日(土曜日) 18時20分から
場所
米泉湖(べいせんこ)公園内、野外ステージ「ビッグウィング」周辺
内容
「森と湖に親しむ旬間」に合わせ各種イベントが開催されます。タレントショー、太鼓公演、打ち上げ花火などたくさんの催し物が行われます。14時からは、ダムの見学会も行われます。
問い合わせ
米川公民館 電話:0833-53-0001

阿東町 第16回十種ケ峰登山マラソン大会参加者募集

十種ケ峰登山マラソン大会
期日
8月27日(日曜日)※雨天決行
場所
十種ケ峰(とくさがみね)
内容
小学生からマラソン、登山愛好家まで幅広い参加のあるマラソン大会です。十種ケ峰の自然を満喫したい人、思いっきり汗をかきたい人、思い思いに楽しむことができます。申し込み締め切りは8月4日(当日消印有効)。
問い合わせ
十種ケ峰登山マラソン実行委員会 
電話:083-956-0116

 ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

近県情報

島根県津和野町 津和野祇園祭(鷺舞神事)

鷺舞神事
期日
7月20日(木曜日)、24(月曜日)、27日(木曜日)
場所
津和野町内
内容
2羽の白鷺が寄り添ったり、向かい合って羽根を開いたりする優雅な舞です。疫病(えきびょう)をはらうために始まったもので、京都より山口を経過して伝わったといわれています。
問い合わせ
津和野町商工観光課 電話:0856-72-0650

福岡県北九州市 門司港フェスタ

門司港レトロ
日時
7月21日(金曜日)、22日(土曜日) 17時から21時まで
※小雨決行
場所
門司港レトロ「多目的広場」(国際友好記念図書館横)
内容
門司港レトロを訪れる観光客と地元住民がともに参加し、楽しめるイベントです。ビヤガーデンやバナナの叩(たたき)き売り、ジャズライブなど、レトロの夏の夜を満喫できます。
問い合わせ
北九州市門司区まちづくり推進課
電話:093-331-1881
門司港レトロ倶楽部 電話093-332-0106

 山口県は、下記の協議会に参加し、広域連携による観光振興を行っています。

▲目次にもどる

おもしろ山口学
角島物語

【第1回】日本の洋式灯台誕生のきっかけとなった長州藩の「下関事件」

角島灯台
 南国の海のようなコバルトブルーの海と白い砂浜。下関市豊北(ほうほく)町角島(つのしま)は、2000(平成12)年の「角島大橋」の開通以来、その自然豊かな風景で全国に知られるようになりました。その角島の象徴ともいえるのが、明治初期に造られた美しい石造りの「角島灯台」です。明治生まれの現役灯台が全国に67基ある中、国は特に歴史的・文化的価値の高い23基をAランクに定めて保存・整備に努めており、角島灯台はそのうちの1つに当たります。
 日本の洋式灯台の歴史には、山口県(長州藩)との深い関係があります。幕末の1863(文久3)年、長州藩は関門海峡で英・米・仏・蘭の四カ国の艦隊を砲撃します。その「下関事件」の賠償として幕府が四カ国と交わした「江戸条約」及び「大坂条約」の中に、外国船の航海安全を目的とした、全国15カ所(灯船も含む)へのいわゆる「条約灯台」の建設がありました。幕府はフランス人技師F・L・ヴェルニーにその建設を依頼しますが、明治維新で事業は新政府に引き継がれ、1869(明治2)年、ヴェルニーによって神奈川県横須賀市に日本初の洋式灯台「観音埼(かんのんざき)灯台」(現在は3代目)が完成します。
 その後、明治政府は条約灯台の本格的な建設を、イギリスのスティーブンスン社から派遣された技師R・H・ブラントンに委ねて完了させます。同時に灯台の必要性を痛感した明治政府の発注で、主要航路への建設も推進され、その中で角島灯台は日本海側で初の石造りの洋式灯台として1873(明治6)年に設計・着工され、1876(明治9)年に初点灯したのでした。

取材協力/山口県史編さん調査委員・元山口県文書館副館長 戸島昭氏


これまでのおもしろ山口学バックナンバー


▲目次にもどる

県庁職場訪問-ちえみとゆかりのおじゃまします-
伊原慎太郎専門学芸員  もうじき夏休み!山口市にある県立山口博物館には、大人はもちろん、好奇心でいっぱいのたくさんの子どもたちがやって来ます。その舞台裏を支える学芸員って、どんな仕事をしているのか知りたくて、歴史担当の伊原慎太郎専門学芸員の職場におじゃましてきました!
ちえみ
[ちえみ]学芸員の仕事ってどんなことをするんですか。
枯葉と虫を使って教材作り
[伊原さん]資料を集め、調べて展示するのが主ですが、ほかにも教材作りとか、学校教育にもいろんな形で協力していて…。そうそう!きょうは中学生が職場体験に来て勾玉(まがたま)作りに挑戦しているんですよ。
ゆかり
[ゆかり]面白そうですネ!ここには何人の学芸員がおられるんですか?
[伊原さん]天文・地学・植物・動物・考古・歴史・理工の7分野に、それぞれ1人ずつ専門学芸員がいます。
ちえみ
[ちえみ]伊原さんは、仕事の面白さってどんなときに感じますか?
伊原専門学芸員
[伊原さん]まだ誰も調べていない古文書を読む中で、新しい発見をしたときですネ。例えば、江戸時代、幕府から万一、島原の乱へ兵の派遣を命じられたときに備えて、長州藩が事前に作成していた戦陣図を見つけたことがあるんですよ。実際に長州藩から兵を派遣することはなかったのですが、その史料を発見したときは、すごくワクワクしましたネ!
ちえみ
[ちえみ]今一番興味を持っていることって何ですか?
[伊原さん]山口博物館の歴史です。実はここ、明治45年に防長教育博物館として発足した、地方としては極めて早い時期に誕生した博物館なんです。昔はどんな展示をしていたのか調べていくと、これが面白くて!
ゆかり
[ゆかり]面白いって、例えば?
[伊原さん]黒板消しや消しゴムまで展示していたころがあって(笑)。
ゆかり
[ゆかり]えっ?教育博物館だから?
[伊原さん]ええ。「業者に勧められるまま買ってはならぬ。道具は良いものを使うべし」といった意味だったんでしょうネ。乳幼児の月齢に合ったおもちゃやおしゃぶりまで展示していたころもあったんですよ。
ちえみ&ゆかり
[ちえみ&ゆかり]
へ~っ!何でもありの生活密着型博物館だったんだ!
伊原専門学芸員
[伊原さん]そんな博物館の歴史そのものを紹介する企画展を、ぜひいつかやってみたいと思っているんです!
ちえみ&ゆかり
[ちえみ&ゆかり]
面白そう!実現すると、いいですネ!

次号では山口博物館の今年の目玉企画をご紹介します。お楽しみに!

▲目次にもどる

トピックス・お知らせ

遊んで学ぶ「山口遊学校」を開催!

ガイドブック
 この夏、山口県で「体験型観光」を楽しんでみませんか?今年も、県内のさまざまな施設で、萩焼体験やシーカヤック体験など、いろんな体験ができる「山口遊学校」を開催します。ホームページでは、フグ刺しセットや夏みかん加工品セットが当たるプレゼントキャンペーンを7月15日(土曜日)から実施します。まずは、ホームページへアクセスしてみてください!
期間
7月15日(土曜日)から11月30日(木曜日)まで
体験内容
萩焼体験、洞くつ探検、ちくわづくり、大内塗り体験、シーカヤック体験など32種
仕組み
(1)ガイドブックを見て体験施設を選ぶ。
(2)体験(32種37施設)
(3)体験修了者に、オリジナル缶バッジをプレゼント
ガイドブック
県観光交流課、県観光連盟、おいでませ山口館(広島)、各県民局、道の駅などで入手できます。
問い合わせ
県観光交流課 電話:083-933-3170

「ちょうちん祭りin広島」「やまぐち夏の涼味フェア」を開催!

ちょうちん祭りin広島
●「ちょうちん祭りin広島」
 「おいでませ山口館(広島)」では、山口市・柳井市のちょうちんまつりなどの夏祭りや、海水浴場など、夏の観光スポットを紹介し、両市にちなんだ商品の特別販売を行います。
 商品ご購入の方に、後日抽選により、湯田温泉ペア宿泊券1組をプレゼント。また、1,000円以上ご購入の方には、先着100名様にもれなく山口のお菓子などをプレゼントします。
開催期間
7月20日(木曜日)から8月1日(火曜日)まで
※26日(水曜日)は休館
開催時間
10時から18時まで
問い合わせ
おいでませ山口館(広島) 電話:082-504-7001
おいでませ山口館(東京)
●「やまぐち夏の涼味フェア」
 「おいでませ山口館(東京)」では、季節感あふれる特別企画として、山口県のアイスクリームなどの涼味を集めた「やまぐち夏の涼味フェア」を開催します。地元で大人気のシャーベットを味わうこともできます。「おいでませ山口館」に涼みにおいでませ!
開催期間
7月24日(月曜日)から7月29日(土曜日)まで
開催時間
10時から18時まで(初日のみ11時から)
問い合わせ
おいでませ山口館(東京) 電話:03-3231-1863
その他のトピックス・お知らせ

▲目次にもどる

いいもん山口

祝!山口きらめーる配信100号まであと3回!!

下関の夜景
まるごと!やまぐちの農水産物ロゴ
※画像はイメージです。
 8月25日の配信で「山口きらめーる」は、100号を迎えます。そこで、読者の皆さんに感謝の気持ちを込めてペア宿泊券を3組、県産果物の詰め合わせを5名様にプレゼント。次号と第99号でアンケートと併せて募集し、第100号で当選者を発表します。たくさんのご応募をお待ちしています!
  • 下関市「海峡ビューしものせき」ペア宿泊券(1泊2食付)を3組にプレゼント!
    ※宿泊・食事はスタンダードプランをご用意しています。
  • 県産果物は、二十世紀梨、ブドウ(巨峰)、長門ユズキチをセットにして5名様にプレゼント!(協力:全農やまぐち)

▲目次にもどる

編集室からのメッセージ
 リニューアルした山口きらめーる、いかがでしたか?「近県情報」「県庁職場訪問」といった新コーナーも登場しました。
 もうすぐ夏本番。体調に気を付けて、夏を思いっきり楽しみたいですね。お出かけの予定がまだの方は山口遊学校にぜひ参加してみてください。

▲目次にもどる

バックナンバー一覧へ>>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策局広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策局 広報広聴課のページへ
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
山口県の県外広報誌 ふれあい山口 VODやまぐち
やまぐち県民電子会議室「コミュニティー維(e)新」 ひとのくに山口ファンクラブ
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2006 All rights reserved.