元気になるメールマガジン!! 山口きらめーる
萩市・藍場川
目次 2006年5月26日[Vol.94]号 山口県広報広聴課
県外広報誌 逸 It’s やまぐち山口県広報誌 ふれあい山口やまぐち県民電子会議室 コミュニティー維新
お出かけガイド
  • 光舞うホタルたちの恋物語を見守りに出かけよう!
  • ピックアップ/県立施設情報/参加者募集
逸 It’s やまぐち 取材こぼれ話

イベント続々!好評です!花のさまざまな楽しみ方に出会える「やまぐちフラワーランド」!
おもしろ山口学

「鳥たちの楽園」後編『日本初!カイツブリの水上ハウス』
トピックス・お知らせ
  • 新規高等学校卒業者の就職率が2年連続「全国2位」に!
  • 「おいでませ山口館(広島)」開館3周年フェア・「おいでませ山口館(東京)」開館4周年記念フェアを開催!
県庁最前線

報道発表「平成18年度第1回『スクールガード・リーダー等連絡会議』の開催」から、山口県の“今”に迫ります。
いいもん山口

「柳井縞」読者プレゼント!
編集室からメッセージ

お出かけガイド

光舞うホタルたちの恋物語を見守りに出かけよう!

秋芳町 厚東川
秋芳町 厚東川
 今年も間もなくホタルの季節がやってきます。ホタルが光るのは、恋のパートナーを探すため。一般的によく飛び回っているのはオスで、メスは水辺の草などに止まっている場合が多いようです。
 卵から幼虫、サナギを経て成虫となるホタル。その一生は1年ほどで、成虫としての期間はわずか10日前後。その短い間に恋をして子孫を残し、一生を終えます。ホタルは明かりや音にも敏感な生き物。はかない恋を成就させるためにも、豊かな自然環境を守るとともに、そっと見守ってあげたいものです。
 県内にはホタルの名所がたくさんあり、ホタルまつりも行われます。6月10日(土曜日)には岩国市錦町で「府谷ホタルまつり」が行われ、錦川清流線の「ホタル列車」も運行されます(募集人員200名。満員になり次第締め切り)。そのほか6月10日(土曜日)に周南市和田で「トワイライトフェスティバル」、6月3日(土曜日)に秋芳町八代で「秋芳八代ホタル祭り」、6月3日(土曜日)と10日(土曜日)に下関市豊田町で「豊田のホタル祭り」が行なわれます。 (ホタルの成長状況によって日程が変更される場合があります。)
ピックアップ

岩国(いわくに)市 錦帯橋(きんたいきょう)のう飼い

錦帯橋のう飼い
【期間】 6月1日(木曜日)から8月31日(木曜日)まで
【場所】 錦川(錦帯橋周辺)
【内容】昨年の台風の影響で開催が懸念されましたが、今年も無事う飼いが行われます。かがり火のもと、鵜匠が巧みに鵜を操って伝統の技を披露します。観覧船(要予約)で食事を楽しみながら、のんびりとう飼の様子を間近で楽しむこともできます。
【問い合わせ】 岩国市観光課 電話:0827-41-1477
(財)錦川鵜飼振興会 電話:0827-41-0470


周南(しゅうなん)市 世界遺産写真展 3-THE WORLD HERITAGE-

モン・サン・ミシェルとその湾 文化遺産/フランス/1979年登録
モン・サン・ミシェルとその湾 文化遺産/フランス/1979年登録
【期間】 6月2日(金曜日)から7月17日(祝日)まで
*月曜日休館(ただし7月17日は開館)
【場所】 周南市美術博物館
【開館時間】 9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
【内容】世界中の著名な写真家によって記録されてきた世界遺産を、迫力のある写真で紹介します。
【問い合わせ】 周南市美術博物館 電話:0834-22-8880


(はぎ)市 おしくらごう

おしくらごう
【日時】 6月4日(日曜日) 10時から13時30分まで
【場所】 萩市玉江浦(橋本川下流域・常盤橋から玉江橋間)
【内容】藩政時代から受け継がれている伝統の和船競漕です。ねじりはちまきに下帯姿の若者たちが、和船に乗り込み掛け声あわせて白熱したレースを繰り広げます。
【問い合わせ】 萩市水産課 電話:0838-25-2230


阿武(あぶ)町 第15回道の駅まつり

道の駅まつり
【日時】 6月4日(日曜日) 9時から15時まで
【場所】 道の駅 阿武町
【内容】道の駅全国第1号の「道の駅 阿武町」で行われるお祭りです。魚の供養祭・放魚祭では、地元の保育園児たちが、カサゴの稚魚1000匹を海に放ちます。よさこいや吹奏楽の演奏、鮮魚・活魚の販売なども行われます。
【問い合わせ】 道の駅「阿武町」 電話:08388-2-0355


長門(ながと)市 みすみハーブを(たの)しむ日

みすみハーブを愉しむ日
【期日】 6月4日(日曜日)
【場所】 香月泰男美術館東側ふれあい広場一帯
【内容】ハーブグッズや苗の販売、ハーブが味わえるカフェなどハーブ一色の一日が過ごせます。ハーブクラフト、木工&薫製などの体験も楽しむことができ、バザーも催されます。
【問い合わせ】 長門市三隅総合支所経済課 電話:0837-43-0221
県立施設情報

県立美術館
第29回伝統工芸新作展

大和祐二(やまとゆうじ)
窯変掛分皿(ようへんかけわけざら)
大和祐二/窯変掛分皿

【期間】
6月4日(日曜日)まで
【料金】
一般300円
【内容】
萩焼、赤間硯、金工、木工、漆芸の5部門、合計117点の伝統工芸の新作が展示されます。
【問い合わせ】
県立美術館 電話:083-925-7788

その他の県立施設情報


参加者募集

周防大島(すおうおおしま)町
第13回サザンレク片添(かたぞえ)山口県知事杯ビーチバレー大会2006

サザンレク片添山口県知事杯ビーチバレー大会

【日時】
7月9日(日曜日) 9時から
*雨天決行
【場所】
片添ケ浜海浜公園
【内容】
「日本の快水浴場百選」にも選ばれた片添ケ浜で行われるビーチバレー大会です。毎年、県内外から多くの参加があり、白い砂浜で熱戦を繰り広げます。
【募集チーム数】
男子1部(2人制) 30チーム
男子2部(2人制) 80チーム
女子の部(2人制) 30チーム
男女混合の部(4人制) 30チーム
【参加料】
1チーム3,000円(男女混合の部は6,000円)
【申し込み締め切り】
6月20日(火曜日) 当日消印有効
*各種目とも定数に達し次第締め切ります。
【問い合わせ】
周防大島町総合体育館
電話:0820-78-2512



ご紹介したイベント以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
その他のイベント情報は、以下のリンクをご覧ください。

 

県内各地のイベント情報(パワーアップガイド)

山陽小野田市 ねたろうの里ほたる祭りほか、41件のイベントを掲載しています。

 

行事・イベント情報

県主催の行事・イベントなどを掲載しています。

 

(社)山口県観光連盟のホームページ「おいでませ山口へ。」

県内の観光情報・イベント情報・温泉情報などを掲載しています。


目次へもどる >>

 
逸 It's やまぐち 取材こぼれ話

イベント続々!好評です!花のさまざまな楽しみ方に出会える「やまぐちフラワーランド」!

やまぐちフラワーランド

 県外広報誌『逸It'sやまぐち』春号では、柳井市に4月にオープンした「やまぐちフラワーランド」を紹介しています。
 やまぐちフラワーランドは、県民や観光客の皆さんに「花と緑に親しむ場を提供するとともに、花の消費拡大を図る拠点」として、県が柳井市新庄(しんじょう)に整備したもので、総面積12ヘクタールの園内には、花のある暮らしや花壇づくりを提案する多種多彩な施設があります。
 でも、実は取材したときはまだオープン前の冬で、準備が懸命に進められている最中でした。担当者の方が「これからの天候も心配ですし、いつでもいろんな花を楽しめるようにしたいので、これからが大変です」と言われていたので、開園後、たくさんの来場者でにぎわっている様子は、うれしいものです。
 また、「花のさまざまな楽しみ方を紹介していきます」と伺ったとおり、今、子どもから大人まで楽しめるさまざまな展示会・イベント体験教室が続々と開かれています。5月26日(金曜日)から31日(水曜日)までは「初夏の山野草と山アジサイ展」を開催。6月2日(金曜日)から4日(日曜日)まではバラの展示会「バラフェア」が開催され、即売のほか、プリザーブドフラワーやビーズアクセサリー、フラワーアレンジメントなどの日替わり体験教室も行われます。戸外の花壇では、色とりどりの花で組み合わされたパッチワークのような彩りが、花壇づくりのヒントや花を楽しむ喜びを教えてくれます。あなたもぜひどうぞ!

 

関連リンク
県外広報誌 逸 It's やまぐち
「逸 It’s やまぐち」ホームページ

目次へもどる >>

   
おもしろ山口学

鳥たちの楽園 著/原田量介(県立きらら浜自然観察公園チーフレンジャー)

後編『日本初!カイツブリの水上ハウス』

水上ハウスとカイツブリの親子
 カイツブリは全国の湖沼に生息する体長26センチメートルほどの水鳥です。一生のほとんどを水面で過ごし、エサは小魚・エビ・水生昆虫などで、巧みに水に潜って捕らえて食べます。昔はどこの池にでも生息していた鳥ですが、近年、全国的に生息数が減っています。池の護岸改修やブラックバスなどの外来魚の増加が主な原因といわれています。
 カイツブリは水面に水草などを集めて浮き巣を作ります。きらら浜自然観察公園にある3ヘクタールの淡水池では毎年5~7つがいのカイツブリが繁殖をしていますが、せっかく巣を作って卵を産んでも、カラスに盗られたり、強い風が吹くと波が立ち、巣や卵が水没してしまうという悲しい出来事が続いていました。そこで、何とかカイツブリの繁殖が成功するようにと、公園のレンジャーがいろいろな人工巣台を作り設置してきましたが、台風や大雨には打つ手がありませんでした。
 しかし、昨年ついに発泡スチロールの板とビニール製の苗帽子を利用した究極の巣台が完成しました。次々と襲ってきた台風にも平気で、カイツブリはこの水上ハウスの中で抱卵や子育てをし、設置した5個の水上ハウスすべてでかわいいヒナを見ることができました。カイツブリ用の水上ハウス(人工巣台)は全国でも初めての試みです。
 今年も公園の淡水池には5個の水上ハウスが浮かんでいます。6月下旬ごろにはかわいいヒナをたくさん見ることができるでしょう。

 

カイツブリ
カイツブリ
関連リンク

バックナンバー

前編『山口県は渡り鳥の交差点』

バックナンバー >>
目次へもどる >>

   
トピックス・お知らせ

新規高等学校卒業者の就職率が2年連続「全国2位」に!

イメージ
 文部科学省の取りまとめによると、県の平成18年3月末の新規高等学校卒業者の就職率(97.6%)が、昨年に引き続き「全国2位」となりました(1位は福島県の98.7%、全国平均は92.8%)。
【問い合わせ】 県高校教育課 電話:083-933-4632

「おいでませ山口館(広島)」開館3周年フェア・「おいでませ山口館(東京)」開館4周年記念フェアを開催!

 県のアンテナショップ「おいでませ山口館」では、広島で開館3周年、東京で開館4周年を迎えるのを機に、感謝の気持ちを込めてイベントを開催します。ぜひご来館ください。

おいでませ山口館(広島)
【開催期間】 6月6日(火曜日)まで
【開催時間】 10時から18時まで
【内容】広島からのドライブコースである周防大島町の特産品の販売や観光情報の紹介をします。
 2,000円以上お買い上げの方には「萩のあまなつ」もしくは「萩焼小皿」のプレゼントが、また、500円以上お買い上げの方には周防大島町のホテルのランチ付温泉入浴券などが当たる「幸せます宝くじ」のプレゼントがあります。
【問い合わせ】 おいでませ山口館 電話:082-504-7001

おいでませ山口館(東京)
【開催期間】 6月5日(月曜日)から6月10日(土曜日)まで
【開催時間】 10時から18時まで(初日のみフェアは11時から)
【内容】県内各地の銘菓や海の幸などを販売します。3,000円以上お買い上げの方にはもれなく萩焼を進呈します。
【問い合わせ】 おいでませ山口館 電話:03-3231-1863

その他のトピックス・お知らせ

公立学校教員採用候補者選考試験を実施

【県教職員課 電話:083-933-4550】

“WEBで気軽に井戸端会議”コミュニティーe(維)新に参加してみませんか?

【県広報広聴課 電話:083-933-2566】

「若年者の就職を考える保護者セミナー」を開催

【県若者就職支援センター 電話:083-976-1145】

平成18年度夏季資金(運転資金)の融資を実施

【県経営金融課 電話:083-933-3188】

6月3日は「あじの日」です。

【県流通企画室 電話:083-933-3556
県漁業協同組合連合会指導管理課 電話:0832-31-2212】

目次へもどる >>

   
県庁最前線

報道発表「平成18年度第1回『スクールガード・リーダー等連絡会議』の開催(県学校安全・体育課 平成18年5月9日発表)」から、山口県の“今”に迫ります。

スクールガードの活動風景
 全国で相次ぐ子どもたちの悲惨な事件・事故…。そんな中、今、県内で「スクールガード」の輪が急速に広がり始めています。「スクールガード」とはどんなことをするのか、参加する方法など、県学校安全・体育課に聞きました。

Q 「スクールガード」って何をする人たちなのですか?

Answer
ステッカーを貼った自転車
 「スクールガード」とは、子どもたちの安全を守るため、登下校時に見守ったり、地域をパトロールしたりするボランティアの皆さんのことで、以前は「学校安全ボランティア」と呼ばれていました。
 その活動内容はさまざまで、樹木が茂って昼間でも見通しの悪いところを剪定(せんてい)したり、空き家に人が入れないようにして危険箇所の改善に取り組んでいる地域や、自転車に「パトロール中」と書かれたステッカーを貼って、買い物などに出かける際にパトロールしたり、犬の散歩をしながらパトロールする、“ながらパトロール”というかたちで活動している地域もあります。
 県内の全小学校区におけるスクールガードの組織率は、昨年2月末現在では35%でしたが、今年3月末現在で91%と、“地域ぐるみで子どもたちを守っていこう”という活動が今、急速に広がっています。県では、県内すべての小・中学校区にスクールガードを組織しましょうと今後も呼びかけていきます。

以下、全文は「県庁最前線」でご覧ください。

 

a11000@pref.yamaguchi.lg.jpあてのメール

このコーナーへのご質問をお寄せください。
受付中 !!


バックナンバー >>
目次へもどる >>

   
いいもん山口

庶民の味方、素朴な伝統織物「柳井縞(やないじま)

※写真はイメージです。
柳井縞
 柳井縞は、あい染めによる縦じま柄が特徴の木綿の織物です。江戸時代には、柳井周辺の農家で大半が機織りを生計の足しにしていました。紺色が美しく丈夫なため、全国規模で活動していた柳井商人が各地に売り込み、庶民の普段着として広く愛用されました。

 今回はこの「柳井縞」を読者クイズの正解者の中から抽選で5名様にプレゼントします。

 

【応募方法】
 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で5名様に「柳井縞」をプレゼントします。
 締め切りは6月8日(木曜日)です。当選者は6月23日配信の「山口きらめーる」でお知らせします。
 皆さん、奮ってご応募ください。

ご応募はこちら

◆ プレゼントの当選者 ◆

夏ミカン

4月28日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。
 「夏ミカンの丸漬け」の当選者については、「アンケート結果・プレゼント当選者」のページをご覧ください。


目次へもどる >>

   
編集室からメッセージ

 カイツブリのヒナ、かわいいでしょうね。ヒナが卵から孵(かえ)ったときのレンジャーさんたちの喜びを思うと、胸が温まります。ヒナたちに会いに公園へ行きたくなりました。
 ところで、トピックスで紹介した「コミュニティーe(維)新」ではちょっと面白い山口県情報が見つかったりします。皆さんぜひのぞいてみてください。
 次回の配信は6月9日です。

 

目次へもどる >>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想お問い合せはこちらまで!

<< もどる