元気になるメールマガジン!! 山口きらめーる
湯田温泉
目次 2006年1月13日[Vol.85]号 山口県広報広聴課
県外広報誌 逸 It’s やまぐち山口県広報誌 ふれあい山口やまぐち県民電子会議室 コミュニティー維新
お出かけガイド
  • ドライブがてら道の駅の温泉でホットひといき温まろう!
  • ピックアップ/県立施設情報/参加者募集
逸 It’s やまぐち 取材こぼれ話

山口県初の農家民宿は、バリアフリー
おもしろ山口学

「城下町・萩-土塀・石垣のひみつ再発見の巻-」前編『発見への第一歩』
トピックス・お知らせ
  • 平成17年度政策評価(事業評価)の結果を公表
  • 故郷味めぐり-山口県フェア-を開催(大阪地区)
県庁最前線

報道発表「新型インフルエンザ対策推進会議(第2回)の開催について」から、山口県の“今”に迫ります。
いいもん山口

全国に誇る山口県ブランド「フグ」
編集室からメッセージ

お出かけガイド

ドライブがてら 道の駅の温泉でホットひといき 温まろう!

下関市 道の駅「蛍街道西ノ市」蛍の湯
下関市 道の駅「蛍街道西ノ市」蛍の湯

 冬は温泉が恋しい季節!山口県には、温泉を併設した道の駅が少なくありません。
 国道191号沿いにある道の駅「阿武町」は、平成5年4月に県内第1号として開業した道の駅。施設内の日本海温泉「テルメ阿胡(あこ)」の湯船から眺める夕景は絶景です。
 国道316号沿い、美祢市にある道の駅「おふく」には、「於福(おふく)温泉」があります。天然石を使ったトルマリン風呂をはじめ、さまざまなタイプのお風呂が人気です。
 国道9号沿い、阿東町にある道の駅「願成就(がんじょうじゅ)温泉」。ここでは、毎月3日間、地元で育てたバラの花を女性露天風呂に浮かべる「ローズ風呂」がお目見えします(1月は21日(土曜日)から23日(月曜日)まで)。
 県道34号線沿い、下関市豊田町の道の駅「蛍街道西ノ市」には、温泉施設「蛍の湯」があります。伝統的な村落をイメージしたという、中庭にやぐらがそびえ立つ道の駅のつくりもユニークです。

※ここで紹介した以外にも、山口県内にはたくさんの温泉があります。お問い合わせは下記まで。

(社)山口県観光連盟 電話:083-924-0462
山口県温泉協会 電話:083-933-3020


ピックアップ

山口(やまぐち)市 山口お宝展

瑠璃光寺五重塔
【期間】 1月20日(金曜日)から2月12日(日曜日)まで
【場所】 瑠璃光寺五重塔、山口市菜香亭ほか
【内容】室町時代に京都に模した町づくりが行われ、「西の京」とうたわれる山口は、貴重な歴史的・文化的遺産が多く残っています。期間中には、神社仏閣などで日ごろは見ることのできないお宝を一斉公開。中でも、国宝瑠璃光寺(るりこうじ)五重塔内部の初公開は必見です。
【問い合わせ】 山口商工会議所 電話:083-925-2300


宇部(うべ)市 北向地蔵縁日(きたむきじぞうえんにち)

北向地蔵縁日
【期日】 1月24日(火曜日)
【場所】 北向地蔵尊
【内容】病気回復や進学、縁結びにご利益があるといわれています。毎月24日が縁日ですが、1月は大祭で「寒詣り」といい、露店なども並んで多くの参拝客でにぎわいます。
【問い合わせ】 宇部市商業観光課 電話:0836-34-8353
北向地蔵尊展示館 電話:0836-51-4053


下関(しものせき)市 馬関(ばかん)名物たこあげ大会

馬関名物たこあげ大会
【日時】 2月3日(金曜日) 15時から17時まで
【場所】 唐戸市場屋上
【内容】下関に春を告げる行事として親しまれ、多くの家族連れでにぎわいます。下関名物のフグをモチーフにした連凧や、「見島鬼揚子(みしまおにようず)」が空に舞います。
【問い合わせ】 下関市観光振興課 電話:0832-31-1350
亀山八幡宮 電話:0832-31-1323

(はぎ)市 萩城下の古き(ひな)たち-江戸・明治・大正・昭和のお雛さま-

萩城下の古き雛たち
【期間】 2月3日(金曜日)から4月3日(月曜日)まで
【場所】 旧久保田家住宅ほか
【内容】萩の歴史の中で大切に受け継がれてきた雛人形の移り変わりを見ることができるイベントです。4月3日には、藍場(あいば)川沿いで流し雛も行われます。
【問い合わせ】 萩市観光課 電話:0838-25-3139

下関(しものせき)市 豊田(とよた)湖ワカサギ釣り大会

豊田湖ワカサギ釣り大会
【日時】 2月5日(日曜日) 6時30分から
【場所】 豊田湖
【内容】豊田県立自然公園内にある豊田湖で、ワカサギの最盛期の2月に行われる恒例の大会です。大人の部、子供の部に分かれて、釣り上げた総重量を競います。予約申し込み受け付け中で、当日の参加申し込みもできます。
*参加費:大人 1,000円、中学生以下 500円
【問い合わせ】 下関市豊田総合支所地域振興課 電話:0837-66-1056
県立施設情報

県立山口博物館 花鳥図の世界

寿老花鳥図(部分)
寿老花鳥図(部分)

【期間】
2月12日(日曜日)まで
※休館日:月曜日
【観覧料】
一般130円、学生80円(常設展観覧料に含む)
【内容】
同館の所蔵資料の中から、梅・桜などが描かれた花鳥図約20点を展示します。
【問い合わせ】
県立山口博物館 
電話:083-922-0294


参加者募集

下関(しものせき)市
第18回 下関内日(うつい)健康マラソン大会

下関内日健康マラソン大会

【日時】
3月21日(祝日) 10時40分スタート(ハーフマラソン)
*荒天中止
【場所】
内日中学校グラウンド(スタート・ゴール)
【内容】
自然豊かな、内日地区で行われるマラソン大会です。レース後は地元で取れた米で作ったおにぎりや、うどんが無料で振る舞われます。
【募集人数】
定員なし
【参加料】
・ハーフマラソン・10km 
 一般2,500円、高校生1,200円
・5km
 一般2,500円、高校生1,200円、中学生500円
・3km
 一般2,500円、高校生1,200円、中学生500円、小学生500円
【申し込み締め切り】
1月31日(火曜日)
【問い合わせ】
下関内日健康マラソン大会実行委員会
電話:0832-89-2011



ご紹介したイベント以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
その他のイベント情報は、以下のリンクをご覧ください。

 

県内各地のイベント情報(パワーアップガイド)

防府市・大寒みそぎなど、38件のイベントを掲載しています。

 

やまぐち イベント&セミナー情報

県立施設の催し物、県主催のセミナー・シンポジウムなどを掲載しています。

 

(社)山口県観光連盟のホームページ「おいでませ山口へ。」

県内の観光情報・イベント情報・温泉情報などを掲載しています。


目次へもどる >>

 
逸 It's やまぐち 取材こぼれ話

山口県初の農家民宿は、バリアフリー

戸口の様子

 県外広報誌『逸 It's やまぐち』冬号では、県北部地域のグリーン・ツーリズム&ブルー・ツーリズムを紹介しています。
 取材では、標高400メートル、阿武町福賀(ふくが)の山あいに建つ「樵(きこり)屋」を訪ねました。この樵屋は山口県で初の農家民宿です。
 一見するとごく普通の農家のたたずまいですが、和室2部屋の客室、風呂、トイレなどがあり、宿内部はバリアフリーとなっています。その設備への配慮は、経営者の白松博之(しらまつひろゆき)さん自身が車いすで生活していることから生まれました。
 地元で長年、農林業を営んできた白松さんは、8年前、枝打ち作業中の事故で脊髄(せきずい)損傷を負い、以後、車いす生活となりました。挫折感を克服してリハビリに励み、闘病記を書いたり、ホームページを開設するなど「車いすの自分にできることを探しては、実行していきました」と、当時を振り返る白松さん。やがて、長年の夢であった民宿の開業を決意したとき、内部をバリアフリーにすることは当然のこととして予定されたとか。「障害のプロとしての視点をこの民宿のみならず、今後は自分の係わるさまざまな分野に生かしていきたい」と、意欲的です。

 

樵屋
樵屋
県外広報誌 逸 It's やまぐち
「逸 It’s やまぐち」ホームページ

目次へもどる >>

   
おもしろ山口学

「城下町 萩-土塀・石垣のひみつ再発見の巻-」著/清水満幸(萩博物館 学芸員)

前編『発見への第一歩』

こども探検隊
  一昨年、萩開府400年を記念して開館した萩博物館では、開館準備の段階から、市民の皆さんと協働で萩再発見を進めるさまざまな活動を行ってきました。
 その一つに、小学生と実施したワークショップ「こども探検隊」があります。これは、博物館が整備される萩市堀内(ほりうち)地区を、こども探検隊員とともに、さまざまな角度から観察・記録・資料化しようとするものでした。
 この中で、30年前に撮影された堀内地区の町並み写真を持って地区内を歩き、撮影場所を探し出すという活動を行いました。同じ角度からインスタントカメラで、現在の町並みを撮影記録していくうちに、そこに多く残る土塀や石垣が、昔と変わっていないということに気付きました。興味は、石垣に用いられている基礎石の産地や分布状況にも広がり、急きょ、調査を行いました。成果を地図にまとめてみると、基礎石には、近くの指月山(しづきやま)から切り出された白っぽい花こう岩と笠山(かさやま)の黒っぽい安山岩の2種類があり、その分布状況には特徴があることが分かりました。
 そして、試みに江戸時代の城下町絵図に重ねてみたところ、当時の主要な街路や、屋敷地の表側と裏側、屋敷地の境界などが鮮やかに浮かび上がってきたのです。

 

基礎石について学ぶ
基礎石について学ぶ
関連リンク

予告
後編『身近に残された歴史の鍵』


バックナンバー >>
目次へもどる >>

   
トピックス・お知らせ

平成17年度政策評価(事業評価)の結果を公表

イメージ
  県では、県の施策や事業の状況を自らが評価し、県民の皆さんに分かりやすく説明するとともに、県民の視点に立った改善・見直しに生かすため、「政策評価システム」を導入しています。
 この度、平成17年度事業について、必要性、有効性、効率性等の観点から評価した事業結果の報告を公表しました。
【問い合わせ】 県政策企画課 電話:083-933-2516


故郷(ふるさと)味めぐり-山口県フェア-を開催(大阪地区)

イメージ
  大阪地区における県産水産物の認知度向上と販路拡大を図るため、市内のホテルレストランで県産魚介類をはじめ、県産農畜産物を使用したランチやディナーを提供(有料)するイベントを開催しています。
【開催期間】 2月28日(火曜日)まで
【営業時間】 各店舗により異なります
【会場】 ホテルグランヴィア大阪(JR大阪駅直結)
19階レストランフロア(6店舗)
【問い合わせ】 県水産課 電話:083-933-3556

その他のトピックス・お知らせ

高潮防災情報を公開

【県港湾課 電話:083-933-3820】

「おもしろ・エキサイト科学実験」を開催-参加者を募集-

【県光青年の家 電話:0833-72-5512】

コミュニティーe(維)新(やまぐち県民電子会議室)好評開催中!

【県広報広聴課 電話:083-933-2566】

目次へもどる >>

   
県庁最前線

報道発表「新型インフルエンザ対策推進会議(第2回)の開催について(県厚政課・健康増進課 平成17年12月22日発表)」から、山口県の“今”に迫ります。
 

※クリックすると拡大します(PDFファイル:920KB)
ポスター
  最近、世界的に新型インフルエンザの発生が懸念されています。そんな中、県ではその発生に備えて「県新型インフルエンザ対策行動計画」を策定しました。今なぜ新型インフルエンザ対策が必要とされているのか、予防するにはどうすればいいのかなど、県健康福祉部健康増進課に聞きました。

Q 今なぜ新型インフルエンザ対策が必要とされているのですか。高病原性鳥インフルエンザとの関係はあるのですか。

Answer
鳥インフルエンザと新型インフルエンザとの関係
(クリックすると拡大します)
鳥インフルエンザと新型インフルエンザとの関係
  新型インフルエンザは、今までなかった型のインフルエンザウイルスが出現することによって発生するもので、出現すると、まだ新しい型への免疫ができていないため、世界中で大流行する可能性があります。これまで大正7年(1918)に世界で約4千万人、日本で約39万人もの人が死亡した「スペインかぜ」、昭和32年(1957)の「アジアかぜ」など、世界中で大流行した例があります。
 新型インフルエンザは今、まだ発生しているわけではありません。しかし、高病原性鳥インフルエンザが世界各地で発生しており、そのウイルスは本来、鳥にしか感染しないのですが、東南アジアでは感染した鳥と濃厚接触していた人に感染し、中には死亡例も出ています。
 そこで、世界保健機構(WHO)では、鳥インフルエンザウイルスが変異して人から人へ感染する新型インフルエンザが発生する危険性が高まったとして警戒しています。これを受け、国が昨年11月に策定した「新型インフルエンザ対策行動計画」に沿って、この度、県でも「県新型インフルエンザ対策行動計画」を策定したというわけです。

以下、全文は「県庁最前線」でご覧ください。

 


a11000@pref.yamaguchi.lg.jpあてのメール

このコーナーへのご質問をお寄せください。
受付中 !!


バックナンバー >>
目次へもどる >>

   
いいもん山口

全国に誇る山口県ブランド「フグ」

※写真はイメージです。
フクちり
  本州の最西端に位置する下関市は、好漁場が近く、フグ食の長い歴史があり、フグの水揚量日本一を誇っています。
 いまや全国に誇る山口県ブランドとなった「フグ」。どんな料理方法にも合うその淡泊な味わい、独特な食感は、冬の味覚の王者として、幅広く愛されています。

 次号では、「フグちりセット」が当たる読者アンケートを行います。お楽しみに!

 

「大内塗」製品読者プレゼント

大内塗

12月22日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。当選者は、次回配信の「山口きらめーる」でお知らせします。


目次へもどる >>

   
編集室からメッセージ

 2006年初の山口きらめーるです。今年もどうぞよろしくお願いします。
 気象庁によると、西日本・東日本の12月の平均気温が戦後最低を記録したとのこと。インフルエンザも全国的に流行の兆しを見せています。日ごろからの予防をしっかり行いたいですね。
 次回の配信は、1月27日です。

 

目次へもどる >>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想お問い合せはこちらまで!

<< もどる