元気になるメールマガジン!! 山口きらめーる
目次 2005年11月25日[Vol.82]号 山口県広報広聴課
県外広報誌 逸 It’s やまぐち山口県広報誌 ふれあい山口やまぐち県民電子会議室 コミュニティー維新
お出かけガイド
  • 食欲の秋より芸術の秋!?山口の博物館・美術館を巡ろう!
  • ピックアップ/県立施設情報/参加者募集
逸 It’s やまぐち 取材こぼれ話

誰でも気軽に野鳥観察が楽しめる、県立きらら浜自然観察公園
おもしろ山口学

「サビエルと大内文化」後編『大内義隆時代の山口』
トピックス・お知らせ
  • 「ふるさと山口就職ガイダンス」を開催
  • ファンタジークリスマス in きららを開催
県庁最前線

報道発表「八代(やしろ)のツル渡来数回復対策事業に係るデコイの設置について」から、山口県の“今”に迫ります。
いいもん山口

「温州ミカン」読者プレゼント
編集室からメッセージ

お出かけガイド

食欲の秋より芸術の秋!?山口の博物館・美術館を巡ろう!

萩博物館(萩市)
萩博物館(萩市)

 深まりゆく秋!県内の博物館・美術館では、さまざまな企画展を開催中です。食欲の秋はちょっと忘れて、芸術の秋を満喫してみませんか?
 城下町・萩(はぎ)市にある萩博物館では、近年の発掘調査による約80万点もの遺物を基に「発掘された城下町」を開催中です。江戸時代の萩城下の活発な商いの様子が浮かび上がります。
 同じく萩市にある県立萩美術館・浦上(うらがみ)記念館では、中国山東(さんとう)省の出土品を中心に貴重な102面の銅鏡を一堂に展示する「シリーズ山東文物6 鏡の中の宇宙」を12月10日から開催します。
 周南(しゅうなん)市郷土美術資料館・尾崎正章(おざきまさあき)記念館では、常設展「私だけの赤」のほか、県ゆかりの現代芸術家の作品を紹介する「時を彩る作家たち」を開催中です。
 長門(ながと)市三隅(みすみ)の香月泰男(かづきやすお)美術館では、「<私の>海山展」を開催中。有名なシベリヤシリーズとは異なる世界に出会えます。
 下関(しものせき)市立美術館では、ロシア革命後の新しい国づくりに向けて、未来の子どもたちのために生み出された斬新な絵本を紹介する「幻のロシア絵本1920-30年代展」を開催中です。


ピックアップ

周南(しゅうなん)市 第21回周南冬のツリーまつり

冬のツリーまつり
【期間】 12月1日(木曜日)から12月28日(水曜日)まで
*点灯時間17時30分から22時まで
【場所】 御幸通(みゆきどおり)、青空公園ほか
【内容】4万個のレインボー電球が街路樹を彩る周南市の冬の風物詩です。1日には点灯式が行われ、23日には美しいイルミネーションの中、集中イベントが開催されます。
【問い合わせ】 徳山商工会議所 電話:0834-31-3000

防府(ほうふ)市 山頭火(さんとうか)生誕祭

山頭火生誕祭
【期日】 12月3日(土曜日)、4日(日曜日)
【場所】 防府市地域交流センター(アスピラート)ほか
【内容】「昭和の芭蕉」と呼ばれる漂泊の俳人、種田山頭火(たねださんとうか)の生誕を記念するイベントです。3日には、「第26回山頭火全国自由律俳句大会」が行われます。パネル展やグッズ販売、かるた大会など山頭火の魅力に触れられる2日間です。
おもしろ山口学「種田山頭火とふるさと」
【問い合わせ】 山頭火ふるさと会 電話:0835-26-5151


(はぎ)市 第13回シクラメンフェア

シクラメンフェア
【日時】 12月3日(土曜日)、 4日(日曜日)
いずれも9時から16時ごろまで
【場所】 道の駅「ハピネスふくえ」
【内容】福栄(ふくえ)地区の特産品・パステルカラーが美しいシクラメンをメインとした毎年恒例のイベントです。苗物の直売や栽培管理のアドバイスのほか、新鮮野菜の100円市、温かいシシ鍋の販売などもあります。
【問い合わせ】 福栄村商工会 電話:0838-52-0457


秋芳(しゅうほう)町 第58回山口県学校美術展覧会

会場となる秋吉台国際芸術村/Michihiro Ota
【期間】 12月9日(金曜日)から18日(日曜日)まで
開館時間:9時から17時まで
【場所】 秋吉台国際芸術村
【内容】県内の幼稚園・保育所、小・中・高等学校及び盲・ろう・養護学校の児童、生徒の絵画、彫刻などが展示されます。独創性の高い作品や心温まる絵画など、子どもたちの感性豊かな芸術作品に触れることができます。
【問い合わせ】 秋吉台国際芸術村 電話:0837-63-0020


下関(しものせき)市 しめなわ祭

しめなわ祭
【日時】 12月10日(土曜日) 9時30分から
【場所】 赤間神宮
【内容】関門海峡の冬の風物詩。壇之浦(だんのうら)の海中の大石にしめなわを張る神事です。昔、大雨、大風、火災、疫病と続いた折、神から「倒れている大石を起こせば災害がなくなる」とお告げを受け、大石を起こしたところ災害がなくなったという故事に由来しています。
【問い合わせ】 下関市観光振興課 電話:0832-31-1350
県立施設情報

シンフォニア岩国 
内山ふみ ヴァイオリンリサイタル

内山ふみさん

【日時】
2月19日(日曜日) 14時開演
【場所】
シンフォニア岩国 ミューズホール
【料金】
12月16日(金曜日)発売開始
一般 2,000円(当日 2,500円)、学生 1,000円
【内容】
クラシック界の次代を担う若きバイオリニスト・内山ふみのリサイタルです。通常のコンサートとはひと味違うサロン形式で行われ、より近くで生演奏が楽しめます。
【問い合わせ】
シンフォニア岩国 
電話:0827-29-1600


参加者募集

周防大島(すおうおおしま)町 第22回サザン・セト大島ロードレース大会

サザン・セト大島ロードレース大会

【期日】
2月5日(日曜日)*雨天決行
【場所】
周防大島町陸上競技場(開会式)
【内容】
“海と緑と太陽”をキャッチフレーズに、シドニーオリンピック(2000)7位の山口衛里(やまぐちえり)選手をゲストに迎え、ハーフマラソン、10km、5km、2kmファミリーコースに分かれて行います。
【募集人数】
定員なし
【参加料】
一般3,000円、高校・大学生2,500円、小・中学生1,500円
【申し込み締め切り】
12月14日(水曜日)*電話の場合
【問い合わせ】
サザン・セト大島ロードレース大会事務局
電話:0820-78-2512


ご紹介したイベント以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
その他のイベント情報は、以下のリンクをご覧ください。

 

県内各地のイベント情報(パワーアップガイド)

阿東町・和太鼓LIVE『鼓郷~ふるさと~2005』など、52件のイベントを掲載しています。

 

やまぐち イベント&セミナー情報

県立施設の催し物、県主催のセミナー・シンポジウムなどを掲載しています。

 

(社)山口県観光連盟のホームページ「おいでませ山口へ。」

県内の観光情報・イベント情報・温泉情報などを掲載しています。


目次へもどる >>

 
逸 It's やまぐち 取材こぼれ話

誰でも気軽に野鳥観察が楽しめる、県立きらら浜自然観察公園

ハシビロ(左:メス、右:オス)
ハシビロ(左:メス、右:オス)

 県外広報誌『逸 It's やまぐち』秋号では、県立きらら浜自然観察公園を紹介しています。
 阿知須(あじす)干拓地の中の30ヘクタールを整備して平成13年にオープンしたこの公園は、野鳥観察のメッカとして知られています。
 特に北側の土路石(どろいし)川河口では、秋から冬にかけて、北国で子育てをして戻って来たさまざまなカモたちの姿が見られます。カモの種類は、マガモ、オナガガモ、ヒトリガモなど20種を数え、公園中央のビジターセンターのフィールドスコープから観察することができます。餌をついばんだり、仲間同士戯れるカモたちの様子は、とてもかわいいもの。また、鳥たちの近くにカメラを設置してその姿をリアルタイムに映し出す映像では、鳥たちの表情までがじっくり観察できます。カモの種類が知りたくなったら、ビジターセンター内の模型と照らし合わせてみましょう。館内には、きらら浜で見られる約50種の野鳥の等身大模型が展示してあり、観察した野鳥の大きさや特徴などを確認することができます。鳥たちの声を種類別に聴ける音声情報データベースもあります。疑問点は、館内に常駐しているパークレンジャー(自然解説指導員)に尋ねましょう。野鳥観察が初めての人にも分かりやすくガイドをしてくれます。

 

観察ホール
観察ホール

関連リンク
県外広報誌 逸 It's やまぐち
「逸 It’s やまぐち」(やまぐち情報交差点)

目次へもどる >>

   
おもしろ山口学

サビエルと大内文化 著/山本一成(大内文化探訪会会長)

後編『大内義隆時代の山口』

大内義隆の肖像(長門市大寧寺(たいねいじ)所蔵)
大内義隆の肖像(長門市大寧寺(たいねいじ)所蔵)
 サビエルが「日本最大の領主」と記述した大内義隆(よしたか)は「七州の太守」で、周防・長門(現在の山口県)、豊前・筑前(福岡県)、安芸・備後(広島県)、石見(島根県西部)の守護職を兼ねていた。
 大内氏は14世紀の弘世(ひろよ)以来、約2世紀かかって都である京都から公家文化を移し、「西の京」の建設に営々と努めてきた。それは義隆時代に頂点に達し、京都から多くの公卿が山口に下向し、貴族趣味にあふれた大内文化が咲き誇っていた。
 大内氏による山口の町づくりの経済的基盤は対外貿易の利益であった。当時の東アジアは「海に開かれた時代」で、黄海・東シナ海で、盛んに交易や文化の交流が行われていた。大内氏は対外貿易の中継地である博多をおさえ、この海に積極的に進出していくことによって繁栄したのである。大内氏の眼は都である京都だけでなく、より熱く中国大陸や朝鮮半島、東南アジアなど海外に注がれていた。
 「唐人小路(とうじんしょうじ)」の地名にみられるように、山口には中国人・朝鮮人なども居住し、異国情緒にあふれていた。そこへサビエルたちキリスト教の宣教師がやってきて、西洋文化を伝え、山口はますます国際色豊かな都市になったのである。

 

現在の唐人小路(山口市上竪小路(かみたてこうじ)内)
現在の唐人小路
関連リンク

バックナンバー

前編『サビエルの見た山口』

バックナンバー >>
目次へもどる >>

   
トピックス・お知らせ

「ふるさと山口就職ガイダンス」を開催

就職活動
 平成19年3月に大学などを卒業予定で、県内に就職を希望される方を対象にした就職ガイダンスを開催します。
【期日】 12月14日(水曜日) 10時から16時まで
【場所】 山口グランドホテル(新山口駅新幹線口前)
【内容】 企業の人事担当者との交流会、就職基礎セミナー、個別カウンセリングなど
※事前に予約が必要なものがありますので、詳しくはお問い合わせください。
【問い合わせ】 県若者就職支援センター 電話:083-976-1145
県若者就職支援センター


ファンタジークリスマス in きららを開催

ファンタジークリスマス in きらら
 楽しいクリスマスイベントを開催します。12月1日から27日までの間、「きらら☆イルミネーション」がクリスマスムードを一層高めます。
【日時】 12月23日(祝日) 11時から17時まで
【場所】 県立きららスポーツ交流公園(山口市)
【内容】 ステージイベント(キャラクターショーなど)、きらら☆クリスマスリーグ(ソフトバレー)、キッズ王国(フワフワ(エアー遊具)など)、豚汁・ぜんざいの無料配布ほか
【問い合わせ】 県きららスポーツ交流公園管理事務所
電話:0836-65-6903
県立きららスポーツ交流公園

その他のトピックス・お知らせ

台風14号災害に係る義援金を配分

【県厚政課 電話:083-933-2710】

「コミュニティーe(維)新」(やまぐち県民電子会議室)新テーマ登場!

【県広報広聴課 電話:083-933-2566】

目次へもどる >>

   
県庁最前線

報道発表「八代(やしろ)のツル渡来数回復対策事業に係るデコイの設置について(県文化財保護課 平成17年10月7日発表)」から、山口県の“今”に迫ります。

ナベヅル
 周南市八代は、全国に2カ所しかないシベリアからのナベヅル渡来地として、国の特別天然記念物に指定されています。でも、渡来するツルの数は、昭和15年の355羽をピークに、今年11月21日現在2家族7羽に…。ツル渡来数を増やすため、県では専門家や地元の皆さんと、さまざまな取り組みを行っています。今回は、県教育庁文化財保護課に聞きました。

Q 「八代のツル渡来数回復対策事業」とは、どういう事業なんですか?

Answer
デコイ設置状況
デコイ設置状況
 平成6年、ツルの数が30羽を下回り、専門家から「今後いつゼロになってもおかしくない。大変危機的な状況で、何とかしなくては」という声が上がりました。そこで、渡来地の生息環境を調査して対策を検討しようということになったのが、この事業の始まりです。
 調査の結果、戦後の渡来数減少には、周辺の環境の変化が大きく関わっていることが分かりました。1つ目は、ねぐらとなる水田が、減反政策や過疎化・高齢化などで減少したこと、2つ目は、もう1つの渡来地である鹿児島県出水(いずみ)市への集中化が進んだこと。でも、直接的な減少原因は特定できませんでした。
 そこで、ねぐらの復元やエサまきといった取り組みの拡充のほか、平成10年度から、デコイによる誘引作戦を開始しました。これにより、上空を通過するツルをデコイにより誘引して降ろし定着させる、または、縄張り争いに負けて八代から飛び去るツルを引き留めることを期待したのです。

以下、全文は「県庁最前線」でご覧ください。

 

八代所在地
関連リンク

a11000@pref.yamaguchi.lg.jpあてのメール

このコーナーへのご質問をお寄せください。
受付中 !!


バックナンバー >>
目次へもどる >>

   
いいもん山口

日本人になじみ深く甘酸っぱい「温州(うんしゅう)ミカン」

※写真はイメージです。
ミカン
 県内産温州ミカンの本格的な栽培は明治時代と古く、瀬戸内海沿岸および響灘沿岸に産地が広がっています。
 出荷は10月頃から翌年2月中旬頃まで。特に年明けから出荷される貯蔵ミカンは、収穫後に貯蔵して酸味を減らし、酸味と糖度のバランスがちょうど良いと定評があります。ビタミンCやミネラル、クエン酸が豊富なミカンは、この季節は風邪の予防にもなります。

 今回はこの「温州ミカン」を読者クイズの正解者の中から抽選で5名様にプレゼントします。

 

【応募方法】
 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で5名様に「温州ミカン」をプレゼントします。
 締め切りは12月8日(木曜日)です。当選者は12月22日配信の「山口きらめーる」でお知らせします。
 皆さん、奮ってご応募ください。

ご応募はこちら

◆ プレゼントの当選者 ◆

外郎

10月28日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。
 「外郎」を使った特産品の当選者については、「アンケート結果・プレゼント当選者」のページをご覧ください。


目次へもどる >>

   
編集室からメッセージ

 早いもので、今年もあと1カ月。毎日寒い日が続きますが、風邪をひかないよう気を付けたいものですね。
 次回の配信は、12月9日です。

 

目次へもどる >>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想お問い合せはこちらまで!

<< もどる