元気になるメールマガジン!! 山口きらめーる
周防大島町
目次 2005年10月14日[Vol.79]号 山口県広報広聴課
県外広報誌 逸 It’s やまぐち山口県広報誌 ふれあい山口やまぐち県民電子会議室 コミュニティー維新
お出かけガイド
  • 太陽サンサン!山口産ミカンのおいしさを、ミカン狩りで体感しよう!
  • ピックアップ/県立施設情報/参加者募集
逸 It’s やまぐち 取材こぼれ話

県外広報誌「逸 It's やまぐち秋号」特集2の取材こぼれ話です。
おもしろ山口学

「はなっこりー」誕生秘話 前編『はなっこりー、誕生!(1)』
トピックス・お知らせ
  • 映画「長州ファイブ」が間もなくクランクイン!
    -五十嵐匠監督らが二井知事を表敬訪問-
  • きらら物産・交流フェア2005を開催
県庁最前線

報道発表「平成17年度ふるさと特産加工開発コンクールの開催について」から、山口県の“今”に迫ります。
いいもん山口

優しい口当たりで、いつの時代も愛される伝統の銘菓「外郎」
編集室からメッセージ

お出かけガイド

太陽サンサン!山口産ミカンのおいしさを、ミカン狩りで体感しよう!

ミカン

 山口県を代表する果物の一つ、ビタミンCたっぷりの温州(うんしゅう)ミカンの季節がやってきました。県内には、「ミカンの島」周防大島町をはじめ防府市、下関市など、各地にミカン農園があります。
 山口県でミカン栽培が盛んな理由は、年間の気温差が小さく、温暖な気候が栽培に適しているからです。日がよく当たり、水はけの良いところほど甘いミカンが実ります。海から反射する光も当たる段々畑にミカン畑が多いのもそのため。最近増えている、果樹の根元にシートを敷いたマルチ栽培も、日の光を反射させ、一つひとつの実に光が下からも十分に当たるようにする工夫の一つで、余分な雨水を吸わせないためもあります。
 生産者はよりおいしいミカンを求めて、新品種や新たな栽培技術の導入、有機肥料による土づくりなど、さまざまな努力を重ねているそうです。ミカン狩りは、12月ごろまで楽しめます。


※各ミカン農園の詳細はこちらへ
「おいでませ山口へ。」 (社)山口県観光連盟 電話:083-924-0462

ピックアップ

岩国(いわくに)市 第49回岩国祭

岩国祭
【日時】

10月15日(土曜日) 11時から20時30分まで
10月16日(日曜日) 10時から17時まで

【場所】 JR岩国駅周辺お祭り広場
【内容】毎年10月第3土曜、日曜に行われる恒例行事です。市内各所で、祈願祭や伝統芸能、吹奏楽パレードなどを開催、岩国市全体がお祭り気分に酔いしれます。
【問い合わせ】 岩国商工会議所 電話:0827-21-4201

下関(しものせき)市 うに供養祭

うに供養祭
【日時】 10月20日(木曜日) 11時から
【場所】 赤間(あかま)神宮
【内容】フグとともに下関の名産であるウニの供養が行われます。下関市は、瓶詰めウニ(ウニのアルコール漬けを瓶に詰めたもの)の発祥の地でもあり、毎年10月20日に神事の後、感謝の意を込めて関門海峡にウニを放流します。
【問い合わせ】 下関市観光振興課
電話:0832-31-1350


周東(しゅうとう)町 周東町まちづくりフェスタ2005

メイン会場となるパストラルホール
【日時】 10月23日(日曜日) 9時30分から15時まで
【場所】 周東町文化の里
【内容】生涯学習作品展及び実技発表会やバザー、フリーマーケット、各小中学校の特色ある活動の紹介などが行われます。
【問い合わせ】 周東町教育委員会 電話:0827-84-7707

美東(みとう)町 秋吉台リフレッシュパークまつり

秋吉台リフレッシュパークまつり
【日時】 10月30日(日曜日) 11時から
【場所】 秋吉台リフレッシュパーク(景清洞(かげきよどう)トロン温泉前広場周辺)
【内容】「景清洞」内で行われる洞窟コンサート(有料)をメインに、長登太鼓(ながのぼりだいこ)の演奏、特産品即売、フリーマーケット、ミニ動物園の開設などの催しがめじろ押しです。第3回秋吉台グラウンド・ゴルフ大会も同時開催されます。
【問い合わせ】 美東町観光課 電話:08396-2-0343

防府(ほうふ)市 特別展「国宝」

四季山水図(一部)
【期間】 11月1日(火曜日)から11月30日(水曜日)まで
【開館時間】 9時から17時まで(入館は16時30分まで)
※休館日:月曜日
【場所】 毛利博物館
【内容】国宝「四季山水図」が4年ぶりに公開されます。雪舟の作品の中でも、優れた作品の一つで、全長16mに及ぶ大作(巻物)です。
【入館料】 大人1,000円、小人500円
【問い合わせ】 毛利博物館 電話:0835-22-0001

「逸 It's やまぐち秋号」でも紹介しています。
県立施設情報

シンフォニア岩国
プラハ国立劇場オペラ フィガロの結婚

公演の様子

【日時】
2006年1月7日(土曜日)
開場:17時30分 開演:18時
【料金】
全席指定 前売/SS席14,000円、S席:12,000円、A席10,000円、B席7,000円、学生席3,000円
当日/500円増(学生席以外)
【内容】
指揮:ペテル・フェラネツ、演出:ヨーゼフ・プルーデク、舞台美術:ヤーン・ザヴァルスキー、プラハ国立劇場管弦楽団・合唱団・バレエ団出演。年始を飾るにふさわしい、豪華な舞台です。
【問い合わせ】
シンフォニア岩国
電話:0827-29-1609


参加者募集

由宇(ゆう)町
ツール・ド・ゆう 2ndステージ

ツール・ド・ゆう

【期日】
11月26日(土曜日)・27日(日曜日)
*小雨決行
【場所】
大将軍山(たいしょうぐんやま)
銭壷山(ぜにつぼやま)
【募集人数】
8.2kmコース180名、5.3km100名
【参加料】
4,000円(保険料、参加賞、当日昼食込み)
【参加資格】
中学生以上(11月27日現在13才以上)アマチュアで健康な人
【申し込み締め切り】
10月29日(土曜日)*当日消印有効
【内容】
ロードレーサーの部、MTBの部各々で競走が繰り広げられます。
【問い合わせ】
由宇町商工会 
電話:0827-63-0753


萩(はぎ)市
第6回維新の里 萩城下町マラソン

維新の里 萩城下町マラソン

【期日】
12月11日(日曜日)*雨天決行
【場所】
萩ウェルネスパーク
【募集人数】
1,200名
【参加料】
一般3,000円、高校生2,500円、中学生1,500円、小学生800円、ファミリーの部(1組)3,000円
【申し込み締め切り】
10月31日(月曜日)*当日消印有効
【内容】
2004年アテネオリンピック男子マラソン代表の国近友昭(くにちかともあき)選手をゲストに迎え、全国から集まったランナーが城下町で健脚を競います。
【問い合わせ】
維新の里 萩城下町マラソン大会実行委員会
電話:0838-25-7311


ご紹介したイベント以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
その他のイベント情報は、以下のリンクをご覧ください。

 

県内各地のイベント情報(パワーアップガイド)

宇部市・第20回宇部市民健康まつりなど、73件のイベントを掲載しています。

 

やまぐち イベント&セミナー情報

県立施設の催し物、県主催のセミナー・シンポジウムなどを掲載しています。

 

(社)山口県観光連盟のホームページ「おいでませ山口へ。」

県内の観光情報・イベント情報・温泉情報などを掲載しています。


目次へもどる >>

 
逸 It's やまぐち 取材こぼれ話

「とことこトレイン」で出会った銀河鉄道の幻?!

とことこトレイン

 県外広報誌『逸It's やまぐち』秋号では、錦川水系のグリーン・ツーリズム&ブルー・ツーリズムを紹介しています。
 錦町を走る「とことこトレイン」を取材したときのことです。「とことこトレイン」とは、国鉄時代に工事が中断し、列車が走らないままになっていた廃線の跡地を活用して、平成14年から走り始めたトロッコ遊覧車のこと。6色の光る石で描かれたトンネル内の手作り壁画が人気と聞き、ある日の最終便に乗車しました。
 錦町駅を出発したとことこトレインがガタゴトとトンネルに入ると、光る壁画が次々と出現。絵に込められたたくさんの人たちの思いが伝わってきて思わずジ~ン。やがて最後の壁画が近づくと名残り惜しくなり、ふと後ろを振り返りました。すると、今そこにあった光の世界が、こつ然と暗闇に消えてしまったのです。それはまるで銀河鉄道の幻を見ていたかのような不思議な一瞬…。後で聞けば、最終便だったため、壁画を照らすブラックライトのセンサーのスイッチがとことこトレイン通過後自動的に切れ、壁画が消えたのだそうです。
 雙津峡(そうづきょう)温泉駅に到着後、周囲を見渡していると、折り返しの便まで休憩中だった運転手さん、乗務員さんと目が合いました。いすとお菓子を勧められ、「秋の雙津峡もいいよ。またおいで!」。取材したのは夏のこと。やさしい触れ合いに満ちた旅を思い出すと、また出かけたくなりました。

 

次々と現れる光の壁画
次々と現れる光の壁画

関連リンク
県外広報誌 逸 It's やまぐち
「逸 It’s やまぐち」ホームページ

目次へもどる >>

   
おもしろ山口学

「はなっこりー」誕生秘話 著/岡藤 由美子(県農業試験場育種開発部園芸育種グループ)

前編『はなっこりー、誕生!(1)』

側枝の伸長状況
側枝の伸長状況
 「はなっこりー」は「お年寄りや女性に向く、軽くて収穫が楽な野菜」として、県農業試験場で生まれました。中国野菜のサイシンを母親、ブロッコリーを父親として生まれた「はなっこりー」ですが、誕生するまでにはさまざまな試みが行われました。
 目標の花茎を食べる野菜を作るために、サイシンやブロッコリーの他にもいろいろな野菜を両親に使って交配しました。その組み合わせは95通り、4万以上の個体の中から選ばれたのが「はなっこりー」です。しかし、同じアブラナ科野菜といっても、サイシンはハクサイの仲間、ブロッコリーはキャベツの仲間で、簡単には一人前の植物に育ってくれません。胚珠培養というバイオテクノロジーを利用して作り出しました。さらに、味を比べるための試食は栽培している畑で、生のまま行いました。試食した中には、期待していた組み合わせなのに、苦いものや硬いものもあり、まずくてがっかりしました。そして、意外な組み合わせからほんのり甘くておいしい「はなっこりー」ができました。

 

商品となる花茎部
商品となる花茎部
関連リンク

予告
後編『はなっこりー、誕生!(2)』


バックナンバー >>
目次へもどる >>

   
トピックス・お知らせ

映画「長州ファイブ」が間もなくクランクイン!
五十嵐(いがらし)(しょう)監督らが二井知事を表敬訪問-

二井知事(左)、五十嵐匠監督(中央)、松田龍平さん(右)
二井知事(左)、五十嵐匠監督(中央)、松田龍平さん(右)
 山口県とイギリスを舞台に撮影される映画「長州ファイブ」の撮影開始を前に、10月11日、五十嵐匠監督、出演者の松田龍平(まつだりゅうへい)さんほか関係者が知事を表敬訪問しました。
 撮影は今年12月上旬から開始され、県内(萩市・下関市)やロンドンでロケ、平成19年(2007年)春に全国公開される予定です。
ニ井知事(中央)と長州ファイブ(左から前田倫良さん、山下徹大さん、松田龍平さん、北村有起哉さん、三浦アキフミさん)
ニ井知事(中央)と長州ファイブ(左から前田倫良さん、山下徹大さん、松田龍平さん、北村有起哉さん、三浦アキフミさん)
映画「長州ファイブ」
 明治維新前、英国に密航して近代技術を学んだ「日本工学の父」山尾庸三ら「長州ファイブ」と呼ばれた県出身の5人の英雄を取り上げた映画
主な出演者:松田龍平(山尾庸三 役)、山下徹大(やましたてつお)(野村弥吉=井上勝 役)、北村有起哉(きたむらゆきや)(志道聞多=井上馨 役)、三浦アキフミ(伊藤俊輔=伊藤博文 役)、前田倫良(まえだみちよし)(遠藤謹助 役)、原田大二郎(村田蔵六=大村益次郎 役)(敬称略)
【問い合わせ】 県観光交流課 電話:083-933-3170


きらら物産・交流フェア2005を開催

ポスター
 毎年恒例となった「きらら物産フェア」「やまぐちいきいきエコフェア」「やまぐち新製品フェア」「やまぐち住宅フェア」を中心に各種イベントが同時開催される県内最大規模のイベントです。農林水産加工品から商工産品まで多彩な県産品の展示・実演販売、乳搾りやアユのつかみ取りなどが行われます。
【日時】 10月15日(土曜日) 9時から16時まで
※8時40分から9時までオープニングイベントを開催
10月16日(日曜日) 9時から15時まで
【場所】 県立きららスポーツ交流公園(山口市阿知須・きらら浜)
【問い合わせ】 県地域政策課 電話:083-933-2537

やまぐちいきいきエコフェア
やまぐち住宅フェア

その他のトピックス・お知らせ

やまぐち森林づくりフェスタを開催

【県林政課 電話:083-933-3460】

「大島みかんサポーター」募集について-みかん収穫体験会を開催-

【県田布施農林事務所大島支所 電話:0820-77-0333】

山口県議会9月定例会

【県議会事務局議事調査課 電話:083-933-4130】

目次へもどる >>

   
県庁最前線

報道発表「平成17年度ふるさと特産加工開発コンクールの開催について(県経営普及課 平成17年9月20日発表)」から、山口県の“今”に迫ります。

最優秀賞に輝いたはなっこりー肉まん
最優秀賞に輝いたはなっこりー肉まん
 地域の農水産物を利用したユニークな加工品がズラリ!毎年恒例「ふるさと特産加工開発コンクール」の審査が9月28日に行われ、阿東町「ひまわりグループ」の「はなっこりー肉まん」が最優秀賞(知事賞)に輝きました。今回は、そのコンクールの目的などについて、県農林部経営普及課に聞きました。

Q ふるさと特産加工開発コンクールって、どんなコンクールなんですか?

Answer
淡い黄緑色が食欲をそそりそう!
淡い黄緑色が食欲をそそりそう!
 このコンクールは、「山口県生活改善実行グループ連絡協議会」と県の共催で、地域の農水産物を利用し、伝統的な技術に新しい技術による創意工夫を加えて研究開発された加工品を対象に、地域活動・グループ活動の一層の促進を図るとともに、地域の顔づくりを進めることを目的に毎年行われていて、今年で31回目を迎えました。
 今年度出品されたのは84点。最優秀賞(知事賞)に選ばれた「はなっこりー肉まん」は、はなっこりーを中のあんに入れるだけでなく、生地に練り込んで仕上げたものです。県オリジナル野菜のはなっこりーを用いて地産・地消に取り組んでいることが分かりやすく、味も工夫されておいしいことなど、技術・普及性・デザインの総合的な面から高く評価されました。

以下、全文は「県庁最前線」でご覧ください。

 

a11000@pref.yamaguchi.lg.jpあてのメール

このコーナーへのご質問をお寄せください。
受付中 !!


バックナンバー >>
目次へもどる >>

   
いいもん山口

優しい口当たりで、いつの時代も愛される伝統の銘菓「外郎(ういろう)

※写真はイメージです。
外郎
 山口県の外郎は、大内氏が栄えていた時代から600年余年たった今も愛されている歴史あるお菓子です。特徴は、わらび粉をベースにした、きめ細やかでもちもちとした食感。ようかんとも米粉を使用する名古屋の外郎とも味が異なります。茶人の間では上品な甘さと抹茶、小豆、柚子などの風味が珍重され、しばしば茶席に利用されています。

 次号、山口県の「外郎」が当たる読者アンケートを行います。お楽しみに!

 

「ワサビ特産品」読者プレゼント

ワサビ

9月22日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。当選者は、次回配信の「山口きらめーる」でお知らせします。


目次へもどる >>

   
編集室からメッセージ

 朝夕めっきり涼しくなりました。県庁の木々も一部色づきはじめ、ふと漂うキンモクセイの香りに本格的な秋の訪れを感じる今日この頃です。
 次回の配信は、10月28日です。

 

目次へもどる >>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想お問い合せはこちらまで!

<< もどる