元気になるメールマガジン!! 山口きらめーる
周防大島町
目次 2005年9月22日[Vol.78]号 山口県広報広聴課
県外広報誌 逸 It’s やまぐち山口県広報誌 ふれあい山口やまぐち県民電子会議室 コミュニティー維新
お出かけガイド
  • 目にも心にも花いっぱい!コスモスまつりに出かけよう!
  • ピックアップ/県立施設情報/参加者募集
逸 It’s やまぐち 取材こぼれ話

県外広報誌「逸 It's やまぐち秋号」の取材こぼれ話です。
おもしろ山口学

「土井ヶ浜遺跡は語る-かお、七変化-」 後編『中世人・義経はどんな顔?』
トピックス・お知らせ
  • 技能五輪・アビリンピック山口大会山口県選手団結団式を開催
  • 「長州・大江戸スタンプラリー」-山口ゆかりの地めぐり-参加者を募集中
県庁最前線

報道発表「山口宇部空港・中華航空チャーター便について」から、山口県の“今”に迫ります。
いいもん山口

「ワサビ」を使った特産品を読者プレゼント
編集室からメッセージ

お出かけガイド

目にも心にも花いっぱい!コスモスまつりに出かけよう!

コスモス

 休耕田にコスモスを植えて景観づくりなどに役立てている地域が近年、県内各地で増えています。
 田布施町「大波野コスモス広場」もその一つで、休耕田に約3万本を植えています。10月9日(日曜日)には地元の皆さんの主催で「東田布施コスモスまつり」を開催。民話紙芝居、かかし人気投票、芋堀りなど、ほのぼのとしたプログラムが人気です。
 美祢市「道の駅おふく」でも隣接する休耕田を約100万本ものコスモス畑に変えて、ドライバーの目を楽しませています。
 下関市「リフレッシュパーク豊浦」も、公園の敷地内だけでなく、休耕田も活用して約100万本を植えています。川棚川沿いにも約5kmにわたって約3万本が植えられ、訪れる人を、色とりどりのコスモスがやさしく迎えてくれます。

  • 美祢(みね)
    コスモス祭り 9月24日(土曜日)、25日(日曜日)
    道の駅おふく 電話:0837-56-5005
  • 下関(しものせき)
    豊浦コスモスまつり 10月8日(土曜日)から10月10日(祝日)まで
    豊浦コスモスまつり実行委員会 電話:0837-72-4001
  • 田布施(たぶせ)
    東田布施コスモスまつり 10月9日(日曜日)
    東田布施公民館 電話:0820-52-3786

ピックアップ

宇部(うべ)市 第21回現代日本彫刻展

第21回現代日本彫刻展
【期間】

10月1日(土曜日)から11月13日(日曜日)まで
9時から17時まで

【場所】 宇部市野外彫刻美術館(常盤公園内)
【内容】「ときめく宇部」をテーマに、野外彫刻20点および野外彫刻のための模型30点が展示されます。大賞から優秀賞までは9月30日の選考委員会、市民賞は、会期中の鑑賞者の投票にて決定します。芸術の秋です。芸術品に触れてみてはいかがですか。
*入場料金は無料(常盤公園駐車場1日200円)
【問い合わせ】 宇部市教育委員会文化振興課 電話:0836-34-8616

(はぎ)市 萩・田町(たまち)萩焼まつり

田町萩焼まつり
【期間】 10月7日(金曜日)から10月10日(祝日)まで
9時30分から17時30分まで
【場所】 田町商店街
【内容】31社が参加する萩焼ギャラリーにて「萩焼即売会」が行われるほか、酒造見学会、毎年恒例となるお宝展示、8日(土曜日)には、田町朝市(毎週土曜恒例朝市)が開催され、大変にぎわいます。
 また、合併した新萩市各地の特産品販売や名産・物産の展示もあります。
【問い合わせ】 萩商工会議所 電話:0838-25-3333


山口(やまぐち)市 第10回アートふる山口

第10回アートふる山口
【期間】 10月8日(土曜日)
10時から21時まで
10月9日(日曜日)
10時から16時まで
【場所】 一の坂川、竪小路(たてこうじ)周辺
【内容】“山口の街がまるごと美術館に。”毎年恒例となったアートふる山口は、今年「第21回国民文化祭・やまぐち2006」のプレイベントとして開催されます。当日は、各所でイベント、文化財の展示が行われます。
【問い合わせ】 山口市観光課 電話:083-934-2810
アートふる山口実行委員会事務局 
電話:083-934-3515

周防大島(すおうおおしま)町 第9回サザンセト片添(かたぞえ)・砂の祭典

第9回サザンセト片添・砂の祭典
【日時】 10月10日(祝日)
9時から14時まで*少雨決行
【場所】 片添ケ浜海浜公園
【内容】美しい砂浜に、砂の芸術作品が並びます。完成された作品を見るのもよし、また、大人から子どもまで、いろいろな人たちの手で作品ができあがっていく様子もぜひご覧ください。12時30分からは、宝さがしゲームも行われ、多くの人でにぎわいます。
【問い合わせ】 サザンセト片添・砂の祭典実行委員会
電話:0820-78-0848

周南(しゅうなん)市 永源山(えいげんざん)公園ゆめ風車まつり

****
【日時】 10月10日(祝日)
9時から16時まで
【場所】 永源山公園
【内容】公園のシンボル「ゆめ風車」前広場などを会場に、市民によるパフォーマンス、バザー、工作や多彩な出品でにぎわうフリーマーケットなどの楽しいイベントがめじろ押しです。
【問い合わせ】 ゆめ風車まつり実行委員会(永源山公園管理事務所内)
電話:0834-63-7899
県立施設情報

シンフォニア岩国
スタニスラフ・ブーニン ピアノリサイタル

スタニスラフ・ブーニン氏

【日時】
12月4日(日曜日) 15時開演
【前売り券】
各種プレイガイドにて発売中
全席指定 S席9,000円(売り切れ)、A席7,000円、B席5,000円、C席3,000円、小中高生(C席)1,000円
当日/500円増(小中高生を除く)、小中高生(C席)1,000円
【内容】
「オール・ショパン・プログラム」で行われるリサイタルです。予定曲目は、「ポロネーズ 変イ長調 作品61 幻想ポロネーズ」「バラード第4番 ヘ短調 作品52」「4つのマズルカ 作品33-1~4」などが演奏されます。
【問い合わせ】
シンフォニア岩国
電話:0827-29-1600


参加者募集

秋芳(しゅうほう)町
第2回秋吉台カルストウォーク2005

秋吉台カルストウォーク2005

【日時】
11月6日(日曜日) 8時から16時頃まで
*雨天決行
【場所】
秋芳町営駐車場(スタート・ゴール)
【募集人数】
先着1,200名
【参加料】
大人(高校生以上)1,400円、小中学生800円
【参加資格】
小学生以上(小学生は保護者同伴)
【申込締切】
10月5日(水曜日)まで
【内容】
遊歩百選に選ばれた秋吉台にて行われます。大会会場ではバザーや秋芳町特産品即売会も開催。カルスト草炎太鼓演奏がイベントを盛り上げます。
【問い合わせ】
秋芳町観光商工課
電話:0837-62-0304


下関(しものせき)市
豊浦ロードレース IN 下関2005

豊浦ロードレース IN 下関2005

【期日】
11月13日(日曜日)
【場所】
舟郡(ふなごおり)ダム(青龍湖)特設コース
【募集人数】
各クラスとも先着150名
[10キロの部]
一般男子(高校生も含む)
[5キロの部]
一般女子(高校生も含む)、シニア男子(40才以上)、中学男子
[3キロの部]
シニア女子(40才以上)、中学女子、小学男子(小学生は4・5・6年生)、小学女子
[駅伝]
小学生のみ(1.5キロ×4名)
【参加料】
駅伝4,000円(1チーム)、一般・高校2,000円、小中学生1,500円
*参加賞、川棚温泉入浴券他、保険料含む
【参加資格】
職場・学校などで健康診断を受け異常のない人なら誰でも参加できます。(小中学生は保護者の出場承諾書を提出)
【申込締切】
10月5日(水曜日)まで
【内容】
各クラスの優勝から3位までメダル及び副賞、4位から6位まで副賞。参加者全員に完走記録証並びに参加賞の表彰があります。
【問い合わせ】
下関市豊浦総合支所地域振興課
電話:0837-72-4003


ご紹介したイベント以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
その他のイベント情報は、以下のリンクをご覧ください。

 

県内各地のイベント情報(パワーアップガイド)

防府市・玉祖神社例大祭(占手神事)など、30件のイベントを掲載しています。

 

やまぐち イベント&セミナー情報

県立施設の催し物、県主催のセミナー・シンポジウムなどを掲載しています。

 

(社)山口県観光連盟のホームページ「おいでませ山口へ。」

県内の観光情報・イベント情報・温泉情報などを掲載しています。


目次へもどる >>

 
逸 It's やまぐち 取材こぼれ話

鶴太郎、雪舟(せっしゅう)の肖像画と対面

雪舟の自画像を見つめる鶴太郎氏

 県外広報誌『逸It's やまぐち』秋号巻頭特集では、画家としても活躍中の俳優・片岡鶴太郎さんが、室町時代後期の著名な画家・雪舟ゆかりの地を歩きました。
 雪舟が作庭したといわれる山口市の常栄寺(じょうえいじ)雪舟庭を訪ねた鶴太郎さんは、庭を散策後、この寺が所蔵する雪舟の自画像を鑑賞し、「雪舟はどんな声や所作をする人だったのでしょうね。私は、俳優の笠智衆(りゅうちしゅう)さんのようだったのではないかと思います」と、想像を巡らせました。「実はここに描かれている雪舟は、京都の南禅寺の老師にそっくりだ、という意見もあります」という寺の方の説明にも大いに興味をそそられた様子でした。
 自画像といっても、この絵は雪舟自身が描いたものではなく、毛利藩の御用絵師(ごようえし)であった雲谷(うんこく)派の画家・雲谷等益(うんこくとうえき)(1591~1644)の筆によるもので、画の上部には玉舟宗*(ぎょくしゅうそうはん)という大徳寺の高僧が賛を書いています。実はこの絵とほぼ同じ図柄の雪舟の肖像画は他にも3点あり、藤田美術館(大阪市)、東京国立博物館と個人が所蔵しています。常栄寺所蔵のものを含めたこれら4点の絵は、いずれも雪舟自身が71歳のときに描いた自画像を後代の画家たちがそれぞれに写したものとされています。とはいえ、常栄寺所蔵の絵に押された雲谷等益の印章は、この肖像画が単なる模写ではなく、あくまでも等益自身の作品として描かれたものであることを物語っています。

※玉舟宗*の*は「王」へんに「番」

 

庭園を眺める鶴太郎氏
庭園を眺める鶴太郎氏

県外広報誌 逸 It's やまぐち
「逸 It’s やまぐち」ホームページ

目次へもどる >>

   
おもしろ山口学

土井ヶ浜遺跡は語る-かお、七変化- 著/松下孝幸(土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム 館長)

後編『中世人・義経はどんな顔?』

みもすそ川公園(下関市)にある義経像
みもすそ川公園(下関市)にある義経像
 中世人骨が最も多く出土しているのは神奈川県鎌倉市で、次いで多いのが山口県。下関市吉母浜遺跡からは107体の中世人骨が出土している。土井ヶ浜遺跡群(寺ヶ浴遺跡)からは白磁の碗(わん)と鉄刀を持った中世人骨が出土したが、身長がなんと169.67cmもあった。日本一身長が高い中世人である。豊北町(現下関市)をはじめとする響灘沿岸の遺跡からは輸入陶磁器(白磁・青磁)が大量に出土する。平家は日宋貿易を盛んにおこなっていた。そのためには関門海峡を死守しなくてならなかった。壇ノ浦で最後の戦いに挑んだのはそこに文明の十字路-関門海峡があったからである。
 壇ノ浦の源平合戦で、平家は滅亡し、源氏を頂点とする武家社会が到来した。歴史の表舞台にはなばなしく登場した義経や静御前はどのような容貌をしていたのであろうか。じつは中世人の容貌には、想像を絶する特徴がみられるのである。まず、鼻が著しく低い。横から見ると鼻骨がほとんど隆起していない。鼻の高さが日本人の歴史の中で最低になる。しかも、反っ歯で上顎の切歯群(前歯)が水平になってしまい、下顎の歯とはかみ合っていない。ちょうど赤塚不二夫氏原作の漫画「おそ松くん」出てくる「イヤミ」氏の容貌そのものである。このような特徴は日本全体で同時におきた不思議な現象である。

 

関連リンク

バックナンバー

前編『長州顔と薩摩顔』

バックナンバー >>
目次へもどる >>

   
トピックス・お知らせ

技能五輪・アビリンピック山口大会山口県選手団結団式を開催

結団式の様子
 10月に山口県で行われる「技能維新!きらら山口2005」(第43回技能五輪全国大会・第28回全国障害者技能競技大会(アビリンピック))に参加する県選手団の結団式が9月16日に山口市で開催され、選手132人が出席しました。
 結団式では、二井知事のあいさつの後、島田県議会議長から激励のことばが送られ、選手代表からは「県代表として全力を尽くす」と力強い宣誓がありました。
 大会は、10月28日から31日の4日間、県維新百年記念公園など県内7会場で開催され、山口県選手団は、技能五輪32職種136人、アビリンピック21職種38人の過去最多の参加者が大会に臨みます。
【問い合わせ】 県技能五輪・アビリンピック推進室
電話:083-933-3257


「長州・大江戸スタンプラリー」-山口ゆかりの地めぐり-参加者を募集中

昨年のイベントの様子
昨年のイベントの様子
 東京都内の山口県と山口県出身者のゆかりの地を、スタンプラリー方式で巡回するイベントを開催します。5つのポイントのうち3カ所以上を巡った方に記念品をプレゼント。さらに、東京から山口までのペア往復航空券のほか、特産品などが当たる抽選もあります。
【日時】 10月23日(日曜日) 9時から15時まで
【場所】 日比谷公園「長州藩上屋敷跡」スタート、松陰神社(世田谷区)ゴール
【参加料】 無料
【定員】 1,000名(先着順)
【応募方法】 はがきに住所、郵便番号、名前、電話番号、メールアドレス(お持ちの方のみ)を記入し、おいでませ山口館までお送りください。また、インターネット(おいでませ山口館(東京))でもご応募できます。
【募集期間】 10月17日(月曜日)まで(当日消印有効)
【問い合わせ・申し込み】 〒103-0027 東京都中央区日本橋2-3-4日本橋プラザビル1階「おいでませ山口館」
電話:03-3231-1863

その他のトピックス・お知らせ

公の施設の指定管理者を募集中

【県人事課 電話:083-933-2036】

『感動!親子で野外活動-山の幸遊びとさつまいもでほっかほか-』を開催-参加者を募集中-

【県萩青年の家 電話:0838-22-4730】

台風14号の被災者支援のための義援金の受付について

【県厚政課 電話:083-933-2710】

山口県議会9月定例会

【県財政課 電話:083-933-2170】

知事定例記者会見

【県広報広聴課 電話:083-933-2560】

目次へもどる >>

   
県庁最前線

報道発表「山口宇部空港・中華航空チャーター便について(県観光交流課 平成17年8月31日発表)」から、山口県の“今”に迫ります。

山口宇部空港ターミナル
 外国人観光客を乗せた「初」の国際チャーター便が9月2日、山口県の空の玄関口「山口宇部空港」に到着しました。県と県観光連盟では、同空港到着ロビーで「歓迎式」を開催。そのときの様子や今後の外国人観光客の誘致などについて、県商工労働部観光交流課に聞きました。


Q そもそもどういういきさつで海外からの「初」のチャーター便となったのですか?

Answer
到着ロビーへ設置された歓迎ゲート
 国(国土交通省)では2003年から、日本を訪れる外国人観光客を2010年までに1,000万人に倍増しようという「ビジット・ジャパン」キャンペーンを、官民一体となって展開しています。
 県では、これまで中国山東省を対象に観光客の誘致を図ってきましたが、対象地域をさらに広げようと、県・市町村・県観光連盟など関係機関で今年、「東アジア地域観光誘致キャンペーン実行委員会」を発足させ、中国山東省・韓国・台湾へ、重点的に観光客誘致を進めているところです。そんな中、海外からの観光客を乗せた「初」のチャーター便を迎えることになったというわけです。

以下、全文は「県庁最前線」でご覧ください。

 

a11000@pref.yamaguchi.lg.jpあてのメール

このコーナーへのご質問をお寄せください。
受付中 !!


バックナンバー >>
目次へもどる >>

   
いいもん山口

県内の名水と自然が育んだ、山菜の王様「ワサビ」

※写真はイメージです。
ワサビ
 ワサビには、渓流で栽培される「沢ワサビ」と、水田や畑を利用して栽培される「畑ワサビ」がありますが、山口県は、特に畑ワサビが有名で、全国第5位の栽培面積を誇ります。
 ワサビは高い殺菌力があることから、寿司や刺身につけて食べますが、胃腸内の毒素消散や食欲増進、ビタミンCの酸化防止に役立つことから、美容・健康にも効果があると言われています。

 今回はこの「ワサビ」を使った特産品を読者クイズの正解者の中から抽選で5名様にプレゼントします。

 

【応募方法】
 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で5名様に「ワサビ」を使った特産品をプレゼントします。
 締め切りは10月13日(木曜日)です。当選者は10月28日配信の「山口きらめーる」でお知らせします。
 皆さん、奮ってご応募ください。

ご応募はこちら

◆ プレゼントの当選者 ◆

リンゴ

8月26日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。
 「リンゴ」の当選者については、「アンケート結果・プレゼント当選者」のページをご覧ください。


目次へもどる >>

   
編集室からメッセージ

 先日、台風14号による大きな被害に遭った美川町に、災害ボランティアとして参加してきました。
  現地では家屋から搬出された土砂を土のう袋に詰めたり、流木を撤去する作業を行いましたが、現場で、子ども達までが重いスコップを持って作業している姿がとても印象に残っています。
 次回の配信は、10月14日です。

 

目次へもどる >>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想お問い合せはこちらまで!

<< もどる