元気になるメールマガジン!! 山口きらめーる
 
目次 2005年9月22日[Vol.78]号 山口県広報広聴課
県外広報誌 逸 It's やまぐち山口県広報誌 ふれあい山口やまぐち県民電子会議室 コミュニティー維新

県庁最前線

報道発表「山口宇部空港・中華航空チャーター便について(県観光交流課 平成17年8月31日発表)」から、山口県の“今”に迫ります。

山口宇部空港ターミナル
 外国人観光客を乗せた「初」の国際チャーター便が9月2日、山口県の空の玄関口「山口宇部空港」に到着しました。県と県観光連盟では、同空港到着ロビーで「歓迎式」を開催。そのときの様子や今後の外国人観光客の誘致などについて、県商工労働部観光交流課に聞きました。


 


Q そもそもどういういきさつで海外からの「初」のチャーター便となったのですか?

Answer
到着ロビーへ設置された歓迎ゲート
 国(国土交通省)では2003年から、日本を訪れる外国人観光客を2010年までに1,000万人に倍増しようという「ビジット・ジャパン」キャンペーンを、官民一体となって展開しています。
 県では、これまで中国山東省を対象に観光客の誘致を図ってきましたが、対象地域をさらに広げようと、県・市町村・県観光連盟など関係機関で今年、「東アジア地域観光誘致キャンペーン実行委員会」を発足させ、中国山東省・韓国・台湾へ、重点的に観光客誘致を進めているところです。そんな中、海外からの観光客を乗せた「初」のチャーター便を迎えることになったというわけです。
 

Q 山口宇部空港「初」の国際チャーター便で来られた外国人観光客の皆さんを迎えて、どんな歓迎式が行われたのですか?

Answer
花束贈呈
花束贈呈
 今回来られたのは、中華航空のチャーター便で、台湾から3泊4日で観光に来られた155人の皆さんです。
 県と県観光連盟では、歓迎の意を込めて、機長と客室乗務員に「山口県観光フレンズ」の女性2人から花束を贈呈。観光客の皆さん全員に、山口県には錦帯橋や城下町・萩などたくさんの魅力的な観光地があることを知っていただこうと、県の観光パンフレットや萩焼の小皿をプレゼントしてお迎えしました。陶磁器に関心のある方もおられて、皆さん、プレゼントをとても喜んでくださったようです。
 観光客の皆さんはその後、九州へ。長崎のハウステンボスや福岡で買い物などを楽しまれた後、最終日に山口県に戻って、下関の赤間神宮などを観光。山口宇部空港からのチャーター便で台湾へ帰られました。
 

Q 外国人観光客誘致に向けた今後の予定は?

Answer
台湾の雑誌
台湾の雑誌
 去年6月に広島空港から台湾への直行便が就航しましたし、福岡空港には以前から台湾との定期便があります。ということは、広島県から山口県を巡り、福岡県から帰国するという観光コースも考えられるわけです。そこで、広島県と連携して、今年11月下旬、台湾の旅行会社やマスコミ関係者を招いて、そのコースを実際に体験していただこうと準備を進めています。今後も、そうした定期便を活用して山口県に観光に来ていただく方法に加えて、山口宇部空港へのチャーター便を利用した外国人の観光客誘致にも、できる限り取り組んでいきます。
 特に台湾では山口県や中国地方の観光について、あまりご存じない方が多いようです。そこで、人気のある旅行雑誌へ記事の提供などを行い、積極的な誘致活動を続けていくこととしています。