元気になるメールマガジン!! 山口きらめーる
下関市・角島
目次 2005年8月26日[Vol.76]号 山口県広報広聴課
県外広報誌 逸 It’s やまぐち山口県広報誌 ふれあい山口やまぐち県民電子会議室 コミュニティー維新
お出かけガイド
  • 冒険・工作・料理・スポーツと楽しさ満載!「山口遊学校」で思い出を作ろう!
  • ピックアップ/県立施設情報
逸 It’s やまぐち 取材こぼれ話

県外広報誌「逸 It's やまぐち」の特集2のこぼれ話です。
おもしろ山口学

「廃止路線「岩日線」から蘇った錦川鉄道18年間の軌跡」 後編『「きらら夢トンネル」を行く』
トピックス・お知らせ
  • 映画「カーテンコール」が間もなく公開!
    - 佐々部清監督と出演者らが二井知事を表敬訪問 -
  • 県立宇部商業高等学校、甲子園ベスト4進出!
    - 監督と選手らが二井知事に結果報告 -
  • 2005年日本国際博覧会(愛称:愛・地球博)で「山口県の日」を開催
県庁最前線

報道発表「自動体外式除細動器(AED)の県有施設への設置について」から、山口県の“今”に迫ります。
いいもん山口

「リンゴ」読者プレゼント
編集室からメッセージ

お出かけガイド

冒険・工作・料理・スポーツと楽しさ満載!「山口遊学校」で思い出を作ろう!

山口遊学校 Wonderful!!YAMAGUCHI
山口遊学校

 皆さん、この夏、何か楽しい体験をされましたか?「う~ん」と答えに悩む方は「山口遊学校」へ。「遊学校」とは、普段なかなかできない体験を楽しんでもらおうと、県内32カ所で開催している体験施設のことです。遊学校では、いろいろな体験に挑戦できますが、子どもから大人まで楽しめる“手づくり”体験はいかがでしょう。
 例えば、NHK連続テレビ小説で使われて人気を集めた愛らしい「金魚ちょうちんづくり体験(柳井市)」、日本一広いカルスト台地「秋吉台」での「そば打ち体験(秋芳町)」、瀬戸内海を見下ろしながらの「陶芸体験(光市)」、オリジナルグラスを作れる「ガラスづくり体験(山陽小野田市)」など。夏休みの工作や思い出づくりにも、ぎりぎり間に合うかも?


ピックアップ

宇部(うべ)市 第5回ときわナイトフェスタ

ときわナイトフェスタ
【日時】

8月27日(土曜日)10時から21時まで

【場所】 ときわ公園
【内容】年に一度の夜間営業。昼は、特撮ヒーローショーやよさこい踊り、夜は、園内がライトアップされ、石炭記念館でのミステリーツアーや、旅行券が当たる大抽選会などでお祭りを盛り上げます。
【問い合わせ】 宇部市商業観光課 電話:0836-34-8354

柳井(やない)市 日積八朔(ひづみはっさく)踊り

日積八朔踊り
【日時】 8月27日(土曜日)19時から
【場所】 大帯姫(おおたらしひめ)八幡宮
【内容】柳井地方で江戸時代末期から続く伝統の盆踊り。音頭(おんど)師、太鼓師、踊り子などが多数参加してにぎわいます。
【問い合わせ】 柳井市商工観光課
電話:0820-22-2111

下松(くだまつ)市 笠戸島(かさどじま)イカダまつり

笠戸島イカダまつり
【日時】 8月28日(日曜日)10時から15時まで
【場所】 はなぐり海水浴場
【内容】手作りイカダで、はなぐり海水浴場と大城間の約1.5kmを往復。スピード、イカダのデザイン、パフォーマンスをアピールして競います。みんなで選手を応援しましょう。(レース参加募集終了)
【問い合わせ】 イカダレース運営事務局 電話:0833-41-1070

秋芳(しゅうほう)町 別府弁天(べっぷべんてん)まつり

別府弁天まつり
【日時】 9月3日(土曜日)、4日(日曜日)
昼過ぎから(予定)
【場所】 別府弁天池周辺
【内容】全国名水百選に選ばれている美しい湧水池、別府弁天池で行われる、豊年満作を願い、神の恵みである水に感謝するお祭りで、県の無形民俗文化財「別府念仏踊り」が奉納されます。
【問い合わせ】 秋芳町商工観光課 電話:0837-62-0304

長門(ながと)市 湯本温泉おとずれ夜市じゃらんじゃらん

湯本温泉おとずれ夜市じゃらんじゃらん
【日時】 9月4日(日曜日)18時から21時まで
*雨天の場合9月11日(日曜日)に延期(さらに11日が雨天の場合は中止となります。)
【場所】 音信川(おとずれがわ)河川公園
【内容】4月から11月まで毎月第一日曜日に行われるお祭り。アコースティックライブ、フリーマーケット、300個のキャンドルが灯される「音信あかりみち」などが行われます。
【問い合わせ】 長門市観光協会 電話:0837-25-3611

県立施設情報

きらら浜自然観察公園
ツバメのねぐら入り観察会 ヨシ原の夕暮れ

空を埋め尽くすツバメの大乱舞
空を埋め尽くすツバメの大乱舞

【日時】
8月27日(日曜日)
17時30分から19時30分
*雨天中止
【場所】
きらら浜自然観察公園
【参加料】
無料
【内容】
 日没後に、ヨシ原に集まってくるツバメを観察し、ねぐら入りの様子を見学できます。普段見ることのできない夜の鳥の生態を見ることができるチャンスです。
【問い合わせ】
きらら浜自然観察公園
電話:0836-66-2030


参加者募集

やまぐち県民電子会議室「コミュニティー維(e)新」で「Oh!江戸*山口得ダネ広場」を開催中!

首都圏での山口情報 発信中!!募集中!!『Oh!江戸*得ダネ広場』

【問い合わせ】
県広報広聴課
電話:083-933-2566



ご紹介したイベント以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
その他のイベント情報は、以下のリンクをご覧ください。

 

県内各地のイベント情報(パワーアップガイド)

下関市・風鎮祭など、30件のイベントを掲載しています。

 

やまぐち イベント&セミナー情報

県立施設の催し物、県主催のセミナー・シンポジウムなどを掲載しています。

 

(社)山口県観光連盟のホームページ「おいでませ山口へ。」

県内の観光情報・イベント情報・温泉情報などを掲載しています。


目次へもどる >>

 
逸 It's やまぐち 取材こぼれ話

サザンセト地域・周防大島のグリーン・ツーリズム&ブルー・ツーリズム

苗の植え付け
苗の植え付け

 県外広報誌「逸 It's やまぐち」では、サザンセト地域・周防大島のグリーン・ツーリズム&ブルー・ツーリズムを紹介しています。
 今回取材した「すろーふーどスクール」は、周防大島の自然の中で農業体験を楽しむもので、NPO法人周防大島自然体感クラブが年5回開催しています。6月のスクールでは、周防大島町鹿家(ししのえ)の畑で「サツマイモ苗の植え付けと食の体験教室」が行われました。県内外から集まった参加者は、小学生から年配の方までと年齢層も幅広く、午前中はスコップやくわを手に、約150平方メートルの畑づくりを行いました。ウグイスの鳴き声をBGMに、「ああ、曲がっちゃった」「肥料はこれぐらい?」とにぎやかに畝(うね)を作り、イモを植える準備に汗をかきました。
 体を動かした後は、待望のお昼ごはん。この日は、特産のサツマイモを加えた「芋入り茶粥」を畑のそばで炊き、この畑で収穫した玉ネギを入れた焼きそばなどと共に味わいました。「茶粥は米の粘りが出ないうちに早く食べてくださいね」と説明する地元の主婦に、「うちでも作れるかしら」と県外から参加した主婦が調理法を尋ねるなど会話も弾みました。
 午後は、サツマイモの苗植えを行った後、おやつのかしわ餅を作りました。蒸し上がりを待つ間はスローフードをテーマにした紙芝居が披露されるなど、盛りだくさんな1日に、参加者は大満足の様子でした。

 

昼食は郷土料理
昼食は郷土料理

県外広報誌 逸 It's やまぐち
「逸 It’s やまぐち」ホームページ

目次へもどる >>

   
おもしろ山口学

廃止路線「岩日線」から蘇った錦川鉄道18年目の軌跡 著/清水晃一(錦川鉄道株式会社 専務取締役)

後編『「きらら夢トンネル」を行く』

トンネルを走る
とことこトレイン
トンネルを走るとことこトレイン

 「とことこトレイン」の開業後は珍しさに多くの観光客が訪れましたが、約6kmの行程で4箇所もトンネルがあり、観光客を飽きさせない新たな対策が必要となりました。
 「長野県に光る装飾石があるが、これでトンネルを装飾したらどうか」錦町の議員の提案で、平成15年3月に広瀬トンネル内にブラックライトに反応する「蛍光石」で装飾した壁画を制作し、国内に類のないトンネルが完成しました。遊覧車に乗らないと見ることができない不思議な壁画は、初めて見る人はびっくりし、その後はその美しさに見とれる方がほとんどです。暗い中から突然現れる壁画に子供やご婦人達の「キャー」「ワー」と言った感嘆の声やカメラのフラッシュが続き、お客様から素晴らしいと言葉をいただきます。
 遊覧車を「ガタくん」「ゴトくん」、トンネルを「きらら夢トンネル」と名付け、この新たな観光スポットが話題を呼び、再び多くの観光客が訪れることとなりました。
 平成16年3月には、壁画を延長し、総延長620mとなりました。実に3年間に7万3千人の観光客が錦町を訪れ、「とことこトレイン」という新たな観光資源によって鉄道利用が促進され、大幅に拡大した「とことこトレイン」の利益が鉄道の赤字を補填するなど、経営改善に大きく貢献しています。
 この取り組みが評価され、平成16年10月に国土交通省から「日本鉄道賞」鉄道活性化部門(地域活性化への貢献)において、「日本鉄道賞」を受賞し、地方の小さな鉄道会社が全国に誇れるものとなるとともに、鉄道沿線地域の誇りとなりました。

 

 

蛍光石で装飾した壁画
蛍光石で装飾した壁画
関連リンク

バックナンバー

前編『錦川鉄道の誕生と「とことこトレイン」』

バックナンバー >>
目次へもどる >>

   
トピックス・お知らせ

映画「カーテンコール」が間もなく公開!
- 佐々部(ささべ)(きよし)監督と出演者らが二井知事を表敬訪問 -

二井知事(左)、佐々部監督(右)、藤村志保さん(中央)
二井知事(左)、佐々部監督(右)、藤村志保さん(中央)
 下関市出身の佐々部清監督の最新作「カーテンコール」。下関市などでロケが行われた同映画が、全国に先駆け9月17日(土曜日)より県内で公開されます。
 これに先立ち、8月25日(木曜日)、同監督と出演者らが二井知事を表敬訪問しました。監督からの地元の人々の協力に対する感謝に対し、知事からは、県の観光振興につながることに対するお礼と、今後も新作のロケ地の誘致や製作支援の意向が伝えられました。

映画「カーテンコール」
 昭和30年代に実在した下関の映画館を舞台に繰り広げられる幕間(まくあい)芸人とその家族の絆を描いた感動作。
 主な出演者:伊藤歩(橋本香織役)、藤井隆(安川修平役)、鶴田真由(安美里役)、藤村志保 (宮部絹代役)

【問い合わせ】 県観光交流課 電話:083-933-3170

下関フィルムコミッション

県立宇部商業高等学校、甲子園ベスト4進出!
- 監督と選手らがニ井知事に結果報告 -

宇部商の応援風景
宇部商の応援風景
監督と選手らが県庁を訪問(24日)
監督と選手らが県庁を訪問(24日)
 今年も熱闘が繰り広げられた甲子園で、県立宇部商業高等学校(以下「宇部商」)が数々の強豪をうち破り、ベスト4進出を果たしました。球場では、知事(準々決勝・18日)、副知事(準決勝・19日)も宇部商の生徒と一緒に応援しました。
 準決勝で、惜しくも強豪京都外大西(京都府)に敗れましたが、その奮闘する姿は、私たちに元気を与えてくれました。宇部商の皆さんお疲れさまでした。

2005年日本国際博覧会(愛称:愛・地球博)で「山口県の日」を開催

二井知事(中央)、「きららバンド」(右)、愛・地球博キャラクター「モリゾーとキッコロ」(左)
二井知事(中央)、「きららバンド」(右)、愛・地球博キャラクター「モリゾーとキッコロ」(左)
おいでませ山口宣伝隊長に任命された波田陽区さん(18日)
おいでませ山口宣伝隊長に任命された波田陽区さん(18日)
 8月22日(月曜日)に、EXPOドームで「山口県の日」を開催しました。
 来年開催の「第21回国民文化祭・やまぐち2006」のPRステージや、下関市民ミュージカルの会による源平絵巻等の上演、県内の観光地や特産品を題材にしたビンゴゲームを行うなど、山口県の「元気」と「魅力」を国内外に向けて発信しました。
 また、県の首都圏キャンペーンで「おいでませ山口宣伝隊長」に任命された下関市出身のタレント、波田陽区さんのライブも行われ、3千人収容のEXPOドームは2回の公演とも超満員で、大盛況のうちに幕を閉じました。
【問い合わせ】 県政策企画課
電話:083-933-2420
県観光交流課
電話:083-933-3179

彩会(さいかい)・山口(首都圏観光PRキャンペーンホームページ)
任命式の様子やネット限定ネタを動画で配信中!
おいでませ山口館(東京)

その他のトピックス・お知らせ

首都圏の販売協力店で「やまぐち食の祭典」を開催中

【県生産流通課 電話:083-933-3395】

リーフレット「安全に住まうために~住まいの地震・防災対策~」を作成

【県住宅課 電話:083-933-3883】

メールマガジン「やまぐち企業ループねっと!」登録のご案内

【県商政課 電話:083-933-3117】

参加しよう みんなの政治に 投票で

【県選挙管理委員会 電話:083-933-2320】

知事定例記者会見

【県広報広聴課 電話:083-933-2560】

目次へもどる >>

   
県庁最前線

報道発表「自動体外式除細動器(AED)の県有施設への設置について(県医務課 平成17年7月28日発表)」から、山口県の“今”に迫ります。

自動体外式除細動器(AED)
自動体外式除細動器(AED)
 心停止患者の命を救う「自動体外式除細動器(AED)」。テレビドラマなどでご存じの方も多いかもしれませんね。このたび、県ではこの機器を県有施設31カ所に設置を完了しました。AEDとはどんなものなのか、県健康福祉部医務課に聞きました。



Q 自動体外式除細動器(AED)とは、どんなものですか?

Answer

県庁1階エントランスホールに設置されたAED(中央)
県庁1階エントランスホールに設置されたAED(中央)
 AED(Automated External Defibrillato)とは、突然、心停止状態に陥った人の心臓に電気ショックを与えて、心臓の働きを正常な状態に戻す救命のための医療器械のことです。
 心臓突然死で亡くなられる方は、国内で年間約5万人。家庭、仕事場、デパート、遊園地、駅や空港など場所を選ばず発生しています。
 心疾患(心筋梗塞、不整脈)による突然死には、心室細動(※)による心停止が大きく関わっており、心室細動を正常な状態に戻すには一刻も早いAEDによる救命措置(除細動)が不可欠です。心室細動が起きると、1分間に10%ずつ救命率が低下するため、救急車が到着するのを待っていては、救命率は非常に低くなってしまいます。
 そこで、昨年7月から、医療従事者のみでなく、発生現場に居合わせた一般の方でも、AEDを使用できるようになりました。

※心室細動…心臓の心室がけいれん状態になって、脳やからだに血液を送り出せなくなる状態のこと。


以下、全文は「県庁最前線」でご覧ください。

 


a11000@pref.yamaguchi.lg.jpあてのメール

このコーナーへのご質問をお寄せください。
受付中 !!


バックナンバー >>
目次へもどる >>

   
いいもん山口

西日本一の生産量!山口県の気候が育んだ甘~い「リンゴ」

※写真はイメージです。
りんご
 戦前は韓国でリンゴの栽培を行っていた創業者が、終戦直後に山口県に帰国しました。そして、県内でもリンゴの栽培を行おうと、下関・広島・福岡の過去10年間の気象データを基に、栽培に適した土地を分析。昭和21年、冷涼な気候で台風が少ないなど条件に適した阿東町・徳佐で栽培を開始しました。
 徳佐はJR山口線や国道9号線が通り、観光名所の津和野(島根県)に行く通り道となっています。観光バスの行き来が多くなった昭和32年頃「リンゴをお客様に直接収穫してもらい、楽しんでもらいたい」と、当時では斬新な「リンゴ狩り」が始まりました。そのため、夏リンゴから、観光シーズンの秋に合わせて秋リンゴの栽培へと切り替えました。
 現在、県内産のリンゴは約30品種、東北で栽培されるリンゴよりも「糖度が高く、果肉が柔らかい」のが特徴です。

 今回はこの「リンゴ」を読者クイズの正解者の中から抽選で5名様にプレゼントします。

 

【応募方法】
 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で5名様に「リンゴ」をプレゼントします。
 締め切りは9月8日(木曜日)です。当選者は9月22日配信の「山口きらめーる」でお知らせします。
 皆さん、奮ってご応募ください。

ご応募はこちら

◆ プレゼントの当選者 ◆

甘露醤油

7月22日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。
 「甘露醤油」の当選者については、「アンケート結果・プレゼント当選者」のページをご覧ください。


目次へもどる >>

   
編集室からメッセージ

末廣理美さん 8月22日から26日までの5日間、インターンシップ生として広報広聴課で受け入れをしていただきました、私、熊本県立大学3年の末廣理美(すえひろさとみ)と申します。
 期間中は、「逸It'sやまぐち」の色校正の場に同席させていただき、宇部商メンバーによる知事への報告会の取材にも同行させていただきました。他にも県政ラジオ番組の見学や、「ふれあい山口」の表紙撮影に同行させていただいたりしましたが、5日間、とにかく楽しんで学べました。
 また、職員の皆さんにはとても親切にしていただきました。皆さん、それぞれに“こだわり”をお持ちで、真剣に、そして楽しそうに仕事をしていらっしゃる姿が印象的でした。
 そんな皆さんが作られた広報誌・メールマガジンには、県内の情報がいっぱいで、県内の方はもちろん、県外の方にも満足していただけるはずです。ぜひ、隅々までご覧になってください。
 次回の配信は、9月9日です。

 

目次へもどる >>

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想お問い合せはこちらまで!

<< もどる