元気になるメールマガジン!!山口きらめーるHTML版

平成17年2月10日号(HTML版)VOL.63
山口県広報広聴課
きらら山口 ふれあい山口 やまぐち県民電子会議室 コミュニティー維新

目次
お出かけガイド
春はもうすぐ?春の気配を求めて梅園に出かけよう!

きらら山口 取材こぼれ話
「おいでませ山口へ」取材のこぼれ話です。

おもしろ山口学
リレー随筆「山口弁おもしろ話」
第2回 『「フグ(河豚)」を「フク」と言うこと』

トピックス・お知らせ
山口県フィルム・コミッションも支援!~映画「四日間の奇蹟」角島ロケがスタート~
大阪、東京地区のホテルレストランで山口の味覚を満喫!
県庁担当者にここが聞きたい
統計課の内山課長に聞きました。
編集室からメッセージ
お出かけガイド

春はもうすぐ?春の気配を求めて梅園に出かけよう!

瑠璃光寺五重塔と梅 寒い日であっても、梅の花に出会うと、春はすぐそこまで来ていることを感じます。梅の別名は「春告草(はるつげぐさ)」。春の香りを求めて出かけてみるのも、いいですね。
 今回は、山口県内の梅の名所をご紹介しましょう。
 国の名勝「錦帯橋」のほど近く、岩国市「吉香公園」には約200本、山口市にある国宝「瑠璃光寺(るりこうじ)五重塔」そばの「香山公園」には、約60本の梅の木があります。
 また、海が一望できる光市の「冠山総合公園」には、100種類約2,000本、「日本三天神」の一つ、防府市の「防府天満宮」には約1,200本、野外彫刻が立ち並ぶ宇部市の「ときわ公園」には約150本、高杉晋作(たかすぎ しんさく)の墓所を守る下関市の「東行庵」には約200本の梅の木があります。
 あなたも春の気配を求めてお出かけしてみませんか?



ピックアップ 
※日程等が変更になる場合がありますのでご確認ください。

(はぎ)市 萩・椿(つばき)まつり
萩・椿まつり
【期間】

2月19日(土)から3月21日(祝)まで

【場所】

萩市笠山

【内容】全国でも有数の約25,000本ものヤブツバキが群生する笠山で開催されます。開催初日と期間中の日・祝日には郷土芸能の披露、抹茶席が設けられ、明神池(みょうじんいけ)から会場までシャトルバスを運行します。

【問合せ】 萩市観光課 0838-25-3139


防府(ほうふ)市 企画展「お(ひな)さま」
企画展「お雛さま」
【期間】

2月10日(木)から4月3日(日)まで

【場所】

毛利博物館

【内容】毛利家に伝わる5段飾りの古今雛(こきんびな)やお雛道具2組、実際に女性が着用した衣装などを紹介し、旧大名家の豪華な雛の節句をご覧いただけます。

【問合せ】 毛利博物館 0835-22-0001


秋芳(しゅうほう)美東(みとう) 秋吉台の山焼き
秋吉台の山焼き
【日時】

2月20日(日) 火入れ:9時30分

天候などにより実施できない場合は2月26日(土)に延期
【場所】

秋吉台

【内容】カルスト台地の春を呼ぶ、秋吉台の山焼きが今年も開催されます。秋吉台国定公園内の草原部分1,500ヘクタールを一斉に焼き尽くす日本最大規模の山焼きです。

【問合せ】 秋芳町観光商工課 0837-62-0304
美東町観光課 08396-2-0343


山口(やまぐち)市 高倉荒神祭(たかくらこうじんさい)
高倉荒神社
【期日】

2月28日(月)

【場所】

高倉荒神社

【内容】お祭りの日は、豊作を祈るせん米を備えて護符(ごふ)を頂き、豊凶の占いの「お試し」を読みとり、今年の稲作の計画を立てます。参道には各種の苗木や種子もの、農具の店が立ち並びます。

【問合せ】 山口市観光課 083-934-2810
高倉荒神社 083-922-8535


長門(ながと)市 海上交通安全祈願祭
観光船による海上パレード
【日時】

2月27日(日) 10時30分から

【場所】

青海島観光汽船発着所

【内容】地元の八坂神社宮司による神事の後、深川(ふかわ)湾内の花津浦(はなづら)まで、約40分のコースで観光船による海上パレードが行われます。パレード船への乗船希望者も募集中です。

【問合せ】 長門市商工観光課 0837-23-1137
青海島観光汽船株式会社 0837-26-0834


ご紹介したイベント以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

県内各地のイベント情報(パワーアップガイド)
 下関市・下関ふるさと博覧会2005など、36件のイベントを掲載しています。
やまぐち イベント&セミナー情報
 山口県立美術館等の県立施設の催し物、山口県主催のセミナー・シンポジウムなどを掲載しています。
(社)山口県観光連盟のホームページ「おいでませ山口へ。」
 山口県内の観光情報・イベント情報・温泉情報などを掲載しています。


▲目次へ

きらら山口 取材こぼれ話

やまぐち文学回廊~DVD篇~
「ふるさとの文学者13人~語り部データ収集」

紅葉谷公園にて。宇野千代さんについて語る顕彰会会長・保田正子さん。
紅葉谷公園にて。宇野千代さんについて語る顕彰会会長・保田正子さん。
阿東町篠目・氏原大作生家にて父について語る次男・原大●氏
阿東町篠目・氏原大作生家にて父について語る次男・原大すけ

 県外広報誌『きらら山口』2004年冬号の〈おいでませ山口へ〉では、“やまぐち文学回廊”と題し、中原中也(なかはら ちゅうや)や金子みすゞ、種田山頭火(たねだ さんとうか)など山口県ゆかりの13人の近代文学者とゆかりの地を訪ねる回遊ルートをご紹介しています。その文学者ゆかりの方々へのインタビューをまとめたDVDがこの春発刊となります。
 これは、「ふるさとの文学者13人~語り部データ収集」(発行/山口県・監修/やまぐち文学回廊推進協議会)として、平成16年の夏から秋にかけて収録したもので、語り部として取材にご協力いただいたのは、 お子さんやお孫さんなどのご親族、知人、研究者など文学者の生前をご存知の方々。撮影は生家や旧宅、作品の舞台となった場所など県内のゆかりの地で行われ、実際に交流のあった方ならではのエピソードや心温まるお話からは、 作品や文書資料だけでは知ることのできない文学者の一人の人間としての姿が浮かび上がってくるものです。
 これら貴重なインタビューの詰まったDVDは完成後、県内の公立図書館や顕彰会などに配付される予定。来県の折には、文学の故郷とともに現地の図書館などを訪れ、DVDをご覧になってみてはいかがでしょうか。


◆ 「きらら山口」冬号・おいでませ山口へはこちら きらら山口

▲目次へ

おもしろ山口学

リレー随筆「山口弁おもしろ話」 著/森川 信夫(山口県方言研究家)

第2回 『「フグ(河豚)」を「フク」と言うこと』

 美味で知られる魚「フグ(河豚)」のことを、伝統的な山口弁では「フク」と言います。 若い人の間ではあまり聞かれませんが、老年層においては山口県全域で今も普通に「フク」と発音する人が少なくありません。島根・鳥取・岡山の各県や熊本県の一部などでも、老年層を中心に「フク」が使われています。
 古辞書の『本草和名(ほんぞうわみょう)』(918年頃成立)と『和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』(934年頃成立)には、いずれも和名の訓(よ)みが万葉仮名で「布久」と記されています。 また、日本イエズス会長崎学林編の『日葡辞書(にっぽじしょ)』(1603年~1604年成立)には、「Fucu」または「Fucut」というローマ字つづりの見出しに、 「ある魚であって、その中の毒を取り除いて、汁(Xiru)に入れて食べるもの」と、ポルトガル語の語釈が施してあります。 これらの例から、古くは中央語で「フク」と発音していたものが後に方言化し、現在に至っていることが分かります。
 「フク」の語源説には諸説がありますが、「怒ると腹が脹れる(フクレル)から」《『和名類聚抄』他》、「腹が脹れて(フクレテ)いるから」《『俚言集覧(りげんしゅうらん)』(1797年頃成立)他》というのが、常識的で妥当かと思われます。
 ちなみに、フグの水揚げ量日本一を誇る下関で昔から「フク」と発音しているのは、幸福の「福」に通じることからだとする説は、いつごろから言われるようになったのかよくわかりませんが、縁起を担いでの言葉遊び(洒落)なのでしょう。
予告
 第3回 『「背中や体側をもたせかける」ことを「すがる(縋る)」と言う』
バックナンバー
 第1回『「表の大通り」を「おーかん(往還)」と言うこと』

▲目次へ

トピックス・お知らせ

山口県フィルム・コミッションも支援!~映画「四日間の奇蹟(きせき)角島(つのしま )ロケがスタート~

撮影風景
出演者のみなさん
(写真をクリックすると大きいサイズでご覧いただけます。)
 下関市出身の佐々部清(ささべ きよし)監督の新作映画「四日間の奇蹟」の角島ロケが今月上旬から本格スタートし、主演の吉岡秀隆(よしおか ひでたか)さん、石田(いしだ)ゆり子さん、尾高杏奈(おだか あんな)さん、中越典子(なかごし のりこ)さん、西田敏行(にしだ としゆき)さんらメインキャストがそろう中、撮影風景が公開されました。
 この映画は、「奇蹟」を通して、「家族とは何か、人生を生きるとは何か」をすべての人々に問いかける、癒やしと感動の物語で、今年6月4日から全国の東映系劇場200館で公開される予定です。
 山口県フィルム・コミッションではこれからも、映画やテレビドラマ等のロケ撮影を誘致・支援し、映像を通じて山口県の魅力を国内外に発信してまいります。
※関連情報: しおかぜの里 角島
【問合せ】 山口県フィルム・コミッション(県観光交流課内) 
083-933-3170


大阪、東京地区のホテルレストランで山口の味覚を満喫!

ホテルレストラン 大都市圏での「やまぐちの魚介類」のPRを目的に、大阪、東京地区のホテルレストランで県産魚介類などの食材を使用したフェアを開催します。
 期間中は、県産魚介類をはじめ、牛肉、鶏肉、鶏卵、野菜などの食材を産地から直送し、シェフが腕をふるった多彩な料理が提供されます(大阪地区は魚介類のみ使用)。
 大都会のホテルレストランで、ちょっとリッチな気分で山口の味覚を堪能してみませんか。
※事前の予約をおすすめします。
【大阪地区】
[場所] ホテルグランヴィア大阪(大阪市北区梅田)
レストラン『フレンチ&イタリアン「フルーヴ」』、『鉄板焼「季流」』
[期間] 2月28日(月)まで
[特典] フェアメニューを注文された方を対象に萩焼きのはし置きをプレゼントしています。(200個限定でなくなり次第終了)
[予約・お問い合わせ連絡先] 06-6344-1235(代表)
詳細はこちら
【東京地区】
[場所] ホテルオークラ東京ベイ(千葉県浦安市舞浜)
レストラン『フォンタナ』
[期間] 2月15日(火)から28日(月)まで
17時から21時まで
[特典] レストランが行うアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で、県水産加工品ブランドとして認定された「山口海物語」詰め合わせセットをプレゼントします。
[予約・お問い合わせ連絡先] 047-355-3333(代表)
詳細はこちら
【問合せ】 県水産課 083-933-3556


その他のトピックス・お知らせ

「やまぐち農山漁村女性起業統一ブランド」認定品が決定
 県ではこのたび、県内の農山漁村女性たちが暮らしの中で培った知恵や技、地域の資源を活用して生み出したこだわりの地域特産品34点を「やまぐち農山漁村女性起業統一ブランド」として認定しました。
【県経営普及課 083-933-3370】

第1回「丸太村里山文化の集い」の参加者を募集
 「里山」の再生と「里山文化」の創造を目指して「丸太村里山文化の集い」を開催します。
【県岩国農林事務所 0827-29-1567/里山活動拠点「丸太村」 0827-84-1213】

維新百年記念公園に「音声誘導案内システム」を整備
 県ではバリアフリーやユニバーサルデザインに配慮した公園づくりを進めています。
【県都市計画課 083-933-2728】

「消費者啓発の標語」を募集
 消費者の皆さんに消費生活に対する理解と関心を高めてもらえるよう、標語を募集します。
【県消費生活センター 083-924-2421】

▲目次へ

県庁担当者にここが聞きたい

統計課・内山課長 「あまり知られていない山口県に関する統計データをもとにしたコラムを、新聞で連載中です。どんなネタかは掲載までヒミツです!」と語るのは山口県地域振興部統計課の内山一好課長。 さすが厳しい情報管理が求められる統計課。折しも今年は5年に1回の「国勢調査」の年。そのことも含めて統計課の仕事について、内山課長に聞きました。


Q. 統計課ではどんな仕事をしているのですか?

Answer
統計資料 統計課の仕事は統計調査に関する事務が主なものですが、その調査には国から委託を受けて行うものや、県独自に行うものなどがあります。 国から委託を受けている調査としては、指定統計(※1)調査57件のうち23件とそれ以外に4件の、合わせて27件があります。 また、山口県が独自に行っている統計調査が11件あり、国と県を合わせると合計38件の統計調査を統計課では行っています。
 こうした統計調査の結果(※2)は、行政の施策立案等の基礎資料になるほか、民間企業等の経営戦略等に生かされるなど、さまざまな方面で利活用されています。

(※1)指定統計… 国又は地方公共団体が作成する統計のうち重要なものについて、総務大臣が指定したもの。
(※2)統計情報一覧 統計年鑑」「統計月報『県勢やまぐち』」 「山口県主要経済指標」「100の指標でみる山口県」など

以下、全文は ここをクリック ご意見・ご質問はこちら
このコーナーへのご質問をお寄せください。
受付中!!

▲目次へ

編集室からメッセージ

 駅伝大会に出場することになり目下調整中ですが、どうにも調子があがりません。原因はわかってます。トレーニング不足と晩酌による重量オーバーです。加えて風邪までひいてしまい…。大会まであと9日。体重をあと5キロ落とせたら「九日間の奇蹟」ですね。
 次回の配信は、2月25日です。

プレゼントの当選者 ◆
 平成16年12月24日号1月14日号1月28日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。
 フクの町・下関「ふく刺し・ふくちり・ふくの詰め合わせ」の当選者については、こちらをご覧ください。

▲目次へ


元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策局広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
TEL : 083-933-2566 FAX : 083-933-2598
E-mail : a11000@pref.yamaguchi.lg.jp

新規登録、登録変更・中止、バックナンバーの閲覧は以下のページからお願いします。
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/

元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002 All rights reserved.




<< もどる