元気になるメールマガジン!!山口きらめーるHTML版

平成16年12月10日号(HTML版)VOL.59
山口県広報広聴課
きらら山口 ふれあい山口 やまぐち県民電子会議室 コミュニティー維新

目次
お出かけガイド
イルミネーションの輝きを求めてクリスマス・イベントに出かけよう!

きらら山口 取材こぼれ話
「日本人のルーツの地から夢と文化を運んだ『海の道』へ」取材のこぼれ話です。

おもしろ山口学
リレー随筆「ふるさと山口の味」
第1回 『山口県の郷土料理』
トピックス・お知らせ
開催まで700日!「国民文化祭やまぐち」カウントダウンセレモニーを開催
知事定例記者会見
県庁担当者にここが聞きたい
山口県教育庁指導課の永冨課長に聞きました。
プレゼント
周防大島町「ぶちうま!みかん」プレゼント
編集室からメッセージ
お出かけガイド

イルミネーションの輝きを求めてクリスマス・イベントに出かけよう!

クリスマスナイトフェスティバル(阿東町) サンタさんの足音が聞こえてくる(?)季節になりましたね。山口県内の早いところではもうクリスマス・イベントが始まっています。
 中でもちょっとユニークなイルミネーションを楽しめるのが、光市「冠山総合公園」の「ひかり・ファンタジア2004 ~灯花祭~」です。すでに小型電球によるイルミネーションは灯されていますが、12月23日には竹筒に入ったろうそく2004本が園内に並べられ、幻想的な光景が浮かび上がります。
 周南市では毎年恒例「周南冬のツリーまつり」を12月28日まで開催中で、昨年を上回る4万個のレインボー電飾球が街路樹を彩ります。
 また、阿東町「クリスマスナイトフェスティバル」では、23日に高さおよそ28mと22mの巨大もみの木に光が灯されます。
 そのほか、柳井市では「麗都路クリスマスイルミネーション」、阿知須町の「県立きらら交流スポーツ公園」では「きらら☆イルミネーション」など、県内各地で開催中です。

  • 柳井(やない)市 麗都路(れとろ)クリスマスイルミネーション
    [点灯期間] 平成17年1月31日(月)まで 17時から22時まで
    [問合せ] 柳井駅通共栄会 0820-22-7270(土日を除く9時から12時まで)
  • (ひかり)市 冠山(かんむりやま)総合公園
    [点灯期間] 12月25日(土)まで 17時から22時まで
    [イベント] ひかり・ファンタジア2004 ~灯花祭(とうかさい)~
      12月23日(祝) 17時から20時30分まで
    [問合せ] 光市冠山総合公園 0833-74-3311
  • 周南(しゅうなん)市 周南冬のツリーまつり
    [点灯期間] 12月28日(火)まで 17時30分から22時まで
    [イベント] 集中イベント 12月23日(祝) 17時30分から21時まで
    [問合せ] 徳山商工会議所 0834-31-3000
  • 阿東(あとう)町 クリスマスナイトフェスティバル
    [点灯期間] 12月23日(祝)から平成17年1月10日(祝)まで 18時から22時まで
      (12月23日から25日、31日から1月3日、9日はオールナイト)
    [イベント] クリスマスナイトフェスティバル 12月23日(祝) 13時から20時まで
    [問合せ] クリスマスナイトフェスティバル実行委員会 08395-2-1266
  • 阿知須(あじす)町 きらら☆イルミネーション
    [点灯期間] 12月28日(火)まで 17時から22時まで
    [イベント] ファンタジークリスマス in きらら 12月23日(祝) 10時から19時まで
    [問合せ] きららイベント実行委員会 0836-65-6903
ここでご紹介した以外にも、山口県内ではさまざまなイルミネーション・ライトアップイベントが行われています。
「ライトアップ特集」 (社)山口県観光連盟 083-924-0462


ピックアップ 
※日程等が変更になる場合がありますのでご確認ください。

豊田(とよた)町 道の駅「蛍街道西ノ市(ほたるかいどうにしのいち)」オープン
蛍街道西ノ市
【期日】 12月14日(火) オープン:12時
【場所】

豊浦郡豊田町大字中村876番地4
(国道435号と主要県道下関長門線の交差点から車で約1分)

【内容】「湯ったり自然のおもてなし」をキャッチフレ-ズに、地域の農林産品やそれらを食材として提供する物販施設やレストラン、利用者がのんびりと過ごせる温泉施設などを完備してます。

【問合せ】 蛍街道西ノ市 0837-67-0241


防府(ほうふ)市 防府読売マラソン大会
防府読売マラソン大会
【日時】 12月19日(日) スタート:12時2分
【会場】

公認防府読売マラソンコース

【内容】師走恒例のマラソン大会として、また、新人の登竜門として全国的にも知られている大会です。防府市陸上競技場を発着点として市内を循環する平坦なコースで、高記録が期待されます。

【問合せ】 防府読売マラソン大会事務局 0835-23-3100


周南市 冬の花火 in かの
冬の花火 in かの
【期日】

12月25日(土) オープニング:

16時30分から
  花火打ち上げ: 19時30分から
【会場】

鹿野総合体育館周辺

【内容】ステージイベント(風船ツリーづくり、バンド演奏、ビンゴ大会など)で盛り上がった後、冬の澄んだ夜空に約800発の花火が大輪の花を咲かせます。

【問合せ】 周南市鹿野総合支所 0834-68-2331


秋穂(あいお)町 あいお道の駅まつり
あいお道の駅まつり
【日時】 12月28日(火) 9時から12時まで
【会場】

道の駅「あいお」

【内容】農産物、水産物、加工品の販売やお正月用品の展示即売、もちつきの実演販売などが行われ、毎年多くの人でにぎわいます。また先着200名には、ぜんざいが無料でサービスされます。

【問合せ】 秋穂町産業振興協会 083-984-2738



県立施設情報

山口県立萩美術館・浦上(うらがみ)記念館 小さな御仏(みほとけ)たち
小さな御仏(みほとけ)たち
【日時】

12月11日(土)から平成17年3月13日(日)まで
9時から17時まで(入館は16時30分まで)

【休館日】

月曜日(ただし、1月3日と10日は開館)、年末年始(12月27日から1月2日まで)、1月11日(火)

【観覧料】

一般 700円/学生 500円
70歳以上、18歳以下および19歳以上の高等学校、盲学校、ろう学校、養護学校の生徒は無料

【内容】山東省中北部、黄河下流の平原地帯に位置する龍華寺遺址(りゅうかじいし)から1983年9月に発見された、北魏(ほくぎ)から隋(ずい)に至る南北朝時代の金銅仏の中から、紀年銘があり、かつ美術史的価値の高い作例を中心に約70件を展示します。

【問合せ】 山口県立萩美術館・浦上記念館 0838-24-2400



参加者募集

周防大島(すおうおおしま)町 サザン・セト大島ロードレース大会
サザン・セト大島ロードレース大会
【日時】 平成17年2月6日(日) 開会式:9時から
【会場】 周防大島町総合体育館(開会式)
【申込期限】 12月17日(金) 消印有効

【内容】潮風薫る風光明媚なサザンセトロードを舞台に繰り広げられるロードレース大会です。今年は千葉真子(ちば まさこ)選手、井岡弘樹(いおか ひろき)選手が招待選手として参加します。

【申込・問合せ】 サザン・セト大島ロードレース大会事務局
0820-78-2511・0820-78-2512


ご紹介したイベント以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

県内各地のイベント情報(パワーアップガイド)
 光市・冬のネイチャーゲームなど、21件のイベントを掲載しています。
やまぐち イベント&セミナー情報
 山口県立美術館等の県立施設の催し物、山口県主催のセミナー・シンポジウムなどを掲載しています。
(社)山口県観光連盟のホームページ「おいでませ山口へ。」
 山口県内の観光情報・イベント情報・温泉情報などを掲載しています。


▲目次へ

きらら山口

俳優・川野太郎(かわの たろう)さんと「土井ケ浜遺跡・人類学ミュージアム」館長との「骨まで愛するトーク」?!

川野さんと松下館長  県外広報誌「きらら山口」冬号では、山口県小郡町(おごおりちょう)出身の俳優・川野太郎さんが、豊北町(ほうほくちょう)を旅した様子を紹介しています。
 川野さんがまず訪ねたのは、「土井ケ浜遺跡・人類学ミュージアム」。そこは300体を超える弥生人骨が砂丘から出土した日本最大の埋葬遺跡で、最初はちょっとぎょっとした様子の川野さんでしたが、松下孝幸(まつした たかゆき)館長の楽しくて情熱いっぱいのトークに、いつしかすっかり夢中に。そんな中、弥生人骨をはじめ、これまで1万体以上の人骨を掘ってきたという館長の話に、「先生、そんなに骨を掘ってこられて、何か不思議な体験ってないですか?」と川野さん。 すると「いやあ、それが全くないんですよ。私は一度でいいから夢にでてきて欲しい、話がしたいと思っているんですが(笑)。でも、ただひとつ不思議と言えば、人骨を掘っている夢をみると、それから1週間以内にお呼びがかかるんです。『骨が出たので調査して欲しい』と。これがうれしくて!」と館長。さすが、日本人のルーツの地探しに情熱を傾ける形質人類学者ならではの言葉に、川野さんも大爆笑!和気あいあいの「黄泉(よみ)の国」取材となったのでした。


◆ 「きらら山口」冬号・特集1はこちら きらら山口

▲目次へ

おもしろ山口学

リレー随筆「ふるさと山口の味」~「ケ」ときどき「ハレ」~ 著/貞永 美紗子(郷土料理研究家)

第1回 『山口県の郷土料理』

ちしゃもみ
ちしゃもみ
(写真提供:KRY山口放送)
けんちょう
けんちょう
 山口県は三方を海に囲まれ、中央を緩やかな中国山地が横ぎっています。一部山間地を除いて気候は比較的温暖で、水産物、農産物には恵まれた地域といえます。
 食生活の面では華やかな大内文化よりも、その後の毛利藩の厳しい倹約令の影響が大きかったと思われます。人々はぜいたくをしない暮らしを心掛け、質実剛健の気風の中で手近な食材を上手に使う工夫をしました。 特徴としては、質素で飾り気がなく味わいも淡白でソフトなものが多いようですが、この特徴は、一面では目立たないということにつながり、山口県の郷土料理に対する認識を弱めていた節もあります。
 しかし、山口県全域で作られる「ちしゃもみ(ちさもみ、ちしゃなます)」は、畑から採ってきたちしゃをちぎって、いりこや木の芽をすり込んだ酢みそなどであえるという、簡単、新鮮さが身上のさわやかな料理で、先人の優れたセンスが感じられます。 かつては、山口県外で庭にちしゃが植えてある家には長州人がいると思えといわれた時代もあったとのことで、ちしゃもみは、山口県を代表する個性的料理ともいえます。 また、「けんちょう」は、大根と豆腐を主体としたしょうゆ味の煮物で、健康的な素材の組み合わせや煮返して食べられる便利さには先人の知恵が思われます。
 気候、風土、歴史に培われたふるさとの味は、地味な中にも家庭料理として素晴らしいものがたくさんあるのです。

予告
 第2回 『「ケ」の料理』
 第3回 『「ハレ」の日の料理』

▲目次へ

トピックス・お知らせ

開催まで700日!「国民文化祭やまぐち」カウントダウンセレモニーを開催

「国民文化祭やまぐち」カウントダウンセレモニー 平成18年に開催する「国民文化祭やまぐち」の700日前カウントダウンセレモニーを、12月3日、県庁で開催しました。
 当日は、関係者約150人が参加し、実行委員会会長の二井知事が「県民総参加で山口県丸ごと国民文化祭にしていきたい」と述べ、文化祭をPRする団体や個人に「文化維新おひろめ☆たい志」の認定証を授与したほか、ボランティアの募集、研修などを行う「国民文化祭やまぐちボランティアセンター」が県政資料館にオープンしました。
 国民文化祭やまぐちは、平成18年11月3日(祝)から11月12日(日)まで、県内各地で開催されます。
【問合せ】 県国民文化祭準備室 083-933-2850


知事定例記者会見

知事定例記者会見 知事定例記者会見が11月30日(火)に実施され、知事から国の三位一体改革全体像への所感や台湾観光客誘致代表団の訪台成果などの説明がありました。 また、記者の皆さんからは、三位一体改革への取り組みや道州制に関する考え方などについて、質疑がありました。
 この会見録は、現在、県のホームページに掲載しています。
【問合せ】 県広報広聴課 083-933-2560


その他のトピックス・お知らせ

山口県議会12月定例会
 12月議会が12月1日に招集されました。会期日程は12月1日から17日までで、平成16年度一般会計補正予算など22の議案が審議されています。
【県財政課 083-933-2170】

ワクワク!ドキドキ!!周防大島に来てみんさい第2弾!~参加者募集~
 周防大島の農漁業者の皆さんと、ふれあいながら楽しめる体験イベントが盛りだくさんです。
【周防大島くらし体験ネットワーク 0820-77-0333】

▲目次へ

県庁担当者にここが聞きたい

教育庁指導課・永冨課長 子どもたちに仕事の意味や魅力をどう伝えていけばいいのか。 それが今、社会的に大きな課題になっています。山口県教育庁指導課 永冨康文課長は、もともと高校の先生。「今話題になっている若者向けに職業等を紹介した本を、私も読みました。 まず大人が自分の仕事を自信をもって語ることが大事ではと感じましたね」と熱く語る永冨課長に、「キャリア教育」先進県の山口県の取り組みについて聞きました。


Q. 「キャリア教育」という言葉は、まだあまりなじみがないのですが、どういう意味なのですか?

Answer
 今、フリーターやニート(NEET)(※)といわれる人、就職してもすぐに辞める人が増えています。 そのような中で「キャリア教育」(PDF形式)が始まったのですが、文部科学省のキャリア教育に関する調査研究協力者会議では、「端的にいえば、児童生徒一人ひとりの勤労観、職業観を育てる教育」と定義されています。
 私は、子どもたち一人ひとりに、働くことの大切さ、学ぶことの楽しさを実感させ、自分にふさわしい生き方を実現していこうとする意欲や態度、能力を育てる教育と考えています。
 県教委では、今年度が「山口県教育ビジョン」の計画期間の中間年にあたりますので、新たに「一人ひとりの夢の実現」という中期目標を掲げていますが、その目標を達成するためには、「キャリア教育」が重要だと思っています。
 今年6月には、学識経験者や産業界・学校関係者などに委員をお願いして、「山口県キャリア教育推進協議会」を立ち上げました。各界から広くご意見をお聞きしながら、今後のキャリア教育の進め方について検討しています。

※ニート(NEET)… 「Not in Education,Employment or Training」の頭文字をとったもの。学校にも行っていない、働いてもいない、職業訓練にも参加していない若者(15歳から34歳まで)をさす言葉。

以下、全文は ここをクリック ご意見・ご質問はこちら
このコーナーへのご質問をお寄せください。
受付中!!

▲目次へ

プレゼント

周防大島町「ぶちうま!みかん」読者プレゼント!!

みかん
※写真はイメージです。
 山口県東南部、瀬戸内海に浮かぶ周防大島町は、たっぷりの太陽と潮風を浴びて育つ県内最大の温州みかんの産地。
 JA山口大島管内でシートマルチ栽培(人工的に乾燥状態を作り糖度を上げる技術)された糖度13度以上の温州みかん「ぶちうま!みかん」を「山口きらめーる」読者にプレゼントします。
 甘くておいしい、そしてちょっとぜいたくな「ぶちうま!みかん」を、ぜひご賞味ください。
【応募方法】
 応募方法は、こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から、抽選で5名様に周防大島町「ぶちうま!みかん」をプレゼントします。締め切りは12月16日(木)までです。当選者は12月24日配信の「山口きらめーる」でお知らせします。
 皆さん、奮ってご応募ください。ご応募はこちら

▲目次へ

編集室からメッセージ

 12月の恒例といえばクリスマス。5歳になる我が家の娘は、今年こそサンタさんに直接会ってプレゼントをもらうつもりでいるようです。「お父さん、どうして起こしてくれなかったの?自分だけずるい!」なんて責められたのは昨年のこと。子どもの夢を大切にするためにどうしたらいいのか、あと2週間じっくり考えてみたいと思います。
 次回の配信は、クリスマス・イブの12月24日です。

▲目次へ


元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策局広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
TEL : 083-933-2566 FAX : 083-933-2598
E-mail : a11000@pref.yamaguchi.lg.jp

新規登録、登録変更・中止、バックナンバーの閲覧は以下のページからお願いします。
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/

元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002 All rights reserved.




<< もどる