元気になるメールマガジン!!山口きらめーるHTML版

平成16年8月27日号(HTML版)VOL.52
山口県広報広聴課
きらら山口 ふれあい山口 やまぐち県民電子会議室 コミュニティー維新

目次
お出かけガイド
夏バテに喝!ナシ狩りに行って健康と若さを手に入れよう!
きらら山口 取材こぼれ話
「喝采・熱血チャレンジャー」取材のこぼれ話です。
おもしろ山口学
リレー随筆「SLやまぐち号 25年の軌跡」
最終回 『鉄道固有の技術を護る』
トピックス・お知らせ

知事記者会見

おめでとう阿武選手!アテネオリンピック柔道女子78kg級で金メダル!
県庁担当者にここが聞きたい
県議会事務局総務課の津田課長に聞きました。
プレゼント
「高原の町・阿東町の徳佐リンゴ」プレゼント
編集室からメッセージ
お出かけガイド

夏バテに喝!ナシ狩りに行って健康と若さを手に入れよう!

ナシ 健康にも美容にもいい果物、ナシの季節がやってきました。山口県でナシ狩りが楽しめる所といえば、秋芳町(主な栽培品種:二十世紀)、周南市(同:二十世紀・新水・幸水・豊水・新高・愛宕・新興)、阿東町(同:二十世紀・新水・幸水・豊水)、豊田町(同:二十世紀・豊水)、豊北町(同:二十世紀・新水・幸水・豊水)などがあります。今年は天候に恵まれ、糖度の高いおいしいナシが実っているようです。
 ところで、県内一のナシの産地・秋芳町には、今も二十世紀梨を実らせる木としては全国で最も古い、今年“百歳”を迎えたナシの木があります。今も2,000個余りの実をつけるほど元気なそのナシは「長寿梨」と呼ばれ、高級なナシとして珍重されています(長寿梨のナシ狩りはできませんので、あしからず)。
 愛情と手間をじっくりかけて育てた山口県産のナシを、どうぞどんどん食べてくださいね!

栽培品種やナシ園によって収穫期間・開園期間は異なります。詳しくは、それぞれの観光協会や市町村役場の観光担当課へ。
  • 周南市 須金観光協会 0834-86-2000
  • 阿東町 阿東町観光協会 08395-6-0983
  • 秋芳町 秋芳町観光商工課 0837-62-0304
  • 豊田町 豊田町企画振興課 0837-66-1056
  • 豊北町 豊北町農村整備課 0837-82-1930


ピックアップ 
※日程等が変更になる場合がありますのでご確認ください。

宇部(うべ)市 ときわナイトフェスタ
ときわナイトフェスタ
【日時】 8月28日(土) 15時から21時まで
【会場】 宇部市ときわ公園
【内容】今年で4回目を迎え、宇部の夏のイベントとして定着してきました。ライトアップされた夜の遊園地で各種イベントが催され、多くの人でにぎわいます。
【問合せ】 ときわ公園まつり実行委員会 0836-34-2050
((社)宇部観光コンベンション協会内)


柳井(やない)市 日積(ひづみ)八朔(はっさく)大踊り
日積(ひづみ)八朔(はっさく)大踊り
【日時】 8月28日(土) 19時30分から22時まで
【会場】 日積大帯姫(おおたらしひめ)八幡宮
【内容】約200年の歴史を持つ盆踊りで、浴衣の着納めとして多くの人でにぎわいます。かつて日積地方が岩国藩に属していたことから、独特の節回しの岩国音頭などを踊ります。
【問合せ】 柳井市商工観光課 0820-22-2111


美祢(みね)市 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン 第6戦
全日本選手権フォーミュラ・ニッポン
【期日】 8月28日(土)、29日(日)
【会場】 MINEサーキット
【内容】フォーミュラ・ニッポンとは、国内主要4カ所のサーキットとマレーシア・セパンサーキットを転戦するシリーズ戦(全9戦)として開催される国内最高峰の自動車レースです。その第6戦がMINEサーキットを舞台に繰り広げられます。
【問合せ】 MINEサーキット 0837-58-0321


下松(くだまつ)市 笠戸島(かさどじま)イカダまつり
笠戸島(かさどじま)イカダまつり
【日時】 8月29日(日) レーススタート:12時30分
【会場】 はなぐり海水浴場

【内容】趣向を凝らした手作りイカダで、タイム、デザイン、アピールを競います。その他にも「海上保安艇による放水」「ビーチフラッグ大会」「はなぐり浜大綱引き大会」など、県内外を問わず多くの人が参加します。

【問合せ】 笠戸島マリンイカダレース実行委員会
0833-41-1070 (下松商工会議所内)


長門(ながと)市 みすゞ(さん)(さん)SUN みすゞ夏祭り
    ガンバレ!アブラヤ!
ガンバレ アブラヤ
【日時】 8月29日(日)
みすゞ夏祭り: 18時から21時30分まで
ガンバレ!アブラヤ!: 23時からレース終了まで
【会場】 青海島シーサイドスクエア
雨天の場合は、長門市中央公民館・大講堂
【内容】1カ月間にわたって開催された「みすゞ燦参SUN」のファイナルイベントとして、さまざまな出演者によるステージイベント「みすゞ夏祭り」と油谷繁選手(長門市)が出場するアテネオリンピック男子マラソンを大型スクリーンで生応援する「ガンバレ!アブラヤ!」が開催されます。
【問合せ】 みすゞ夏祭り:長門市企画振興課 0837-23-1115
ガンバレ!アブラヤ!:長門商工会議所 0837-22-2266



県立施設情報

シンフォニア岩国
マリス・ヤンソンス指揮 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
首席指揮者:マリス・ヤンソンス MARISS JANSONS(Chief Conductor)
首席指揮者
マリス・ヤンソンス
MARISS JANSONS
(Chief Conductor)
【日時】 11月8日(月) 開場:18時30分 開演:19時
【チケット料金】
前売り券/
発売中
SS: 14,000円 S: 12,000円 A: 10,000円
B: 8,000円 C: 6,000円      
学生席: 3,000円 (小中高生は1,000円)
  当日券/ 学生席以外500円増
【内容】オランダが世界に誇る名門オーケストラが、首席指揮者 マリス・ヤンソンスとともに来日します。ベートーベン作曲の「交響曲第2番」とR.シュトラウス作曲の交響詩「英雄の生涯」が演奏されます。
【問合せ】 シンフォニア岩国 0827-29-1600


シンフォニア岩国 
ウクライナ国立キエフ・バレエ団 バレエ「くるみ割り人形」
ウクライナ国立キエフ・バレエ団 バレエ「くるみ割り人形」
【日時】 12月5日(日) 開場:17時30分 開演:18時
【前売り券】 9月8日(水)発売開始
【内容】130年の歴史を持つこのバレエ団は、旧ソビエト時代には「ボリショイ・バレエ」「キーロフ・バレエ」とともに三大バレエ団と称されました。「くるみ割り人形」は、「白鳥の湖」「眠れる森の美女」と並ぶチャイコフスキーの三大バレエのひとつであり、クリスマスにふさわしい夢のある演目です。
【問合せ】 シンフォニア岩国 0827-29-1600


ご紹介したイベント以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

県内各地のイベント情報(パワーアップガイド)
 阿東町・十種ヶ峰登山マラソン大会(&十種ヶ峰ウォーキング)など、91件のイベントを掲載しています。
やまぐち イベント&セミナー情報
 山口県立美術館等の県立施設の催し物、山口県主催のセミナー・シンポジウムなどを掲載しています。
(社)山口県観光連盟のホームページ「おいでませ山口へ。」
 山口県内の観光情報・イベント情報・温泉情報などを掲載しています。

▲目次へ

きらら山口

吉田(よしだ)松陰(しょういん)の志を受け継ぎ、社員へ直接教育 長州産業(株)岡本要社長

 県外広報誌「きらら山口」夏号の特集2では、長州産業(株)の岡本要社長の熱血チャレンジャーぶりをご紹介しています。
 お話を伺ったのは、山陽町にある同社のメカトロ製造工場。「平等、公平、相互扶助」を重んじる岡本社長は社長室を持たず、社長の席は、多くの社員の机が一同に並ぶ広いフロアの中央にありました。ここに座っていれば、社員の動きは一目瞭然。しかも、社長自らが社員の席に足を運んで指示されることも多いとか。「その方が速いから。時は金なり、ですよ。1時間いくら、というコスト意識を持ち、頭をフル稼働させて働くよう社員に示しているんです」ときっぱり。社員からの数字の報告も、メモ見ながら、は禁止。「完ぺきに記憶して私の席まで来て正確に伝えなさい、と言っています」。取材では社長自ら工場内を案内してくださいましたが、どの部署でも「いらっしゃいませ」と社員のみなさんの明るいあいさつに迎えられ、「あいさつは社内外にファンを増やし、ものづくりのノウハウを手に入れ、商談の機会を増やす最大の武器」という社長の信念が伝わってきました。独自の発想を生かした直接教育は、社員の能力を磨き、社長の気概を共有する効果をあげているようです。
 「尊敬するのは吉田松陰。潔く、我欲にとらわれず、圧倒的な行動力を持って維新の志士たちを育てた心意気を受け継ぎ、当社の運営にも生かしていきたいのです」と、語る口調にはいちだんと熱がこもっていました。

◆ 「きらら山口」夏号・「喝采・熱血チャレンジャー」はこちら きらら山口

▲目次へ

おもしろ山口学

リレー随筆「SLやまぐち号 25年の軌跡」 著/田丸 道男(JR西日本 山口鉄道部長)

最終回 『鉄道固有の技術を(まも)る』

SLやまぐち号 「C57-1号機」は昭和12年3月に誕生した。爾来(じらい)、67年かけて365万キロ走行している。東京~新山口間を3,500回走ったことになる。この間、部品の磨滅、磨耗、劣化や腐食、毀損(きそん)と格闘しながら、梅小路(うめこうじ)運転区と山口鉄道部の少ない練達の技師たちの高度な技術と入念な手入れに支えられ、また、ベテラン機関士や機関助士の卓越した操縦技術によって、まだまだ現役として活躍している。四半世紀25年間にわたり護り抜いてきたことは、驚異的なことといえる。
 蒸気機関車の運転室は他に類を見ない過酷な職場である。しかし、人の力、職人の技で動かすこの過酷な仕事には、今の仕事の中で味わうことの少なくなった達成感がある。機関士、機関助士は、冬季の寒風の吹き込む寒さ、夏季の60度以上の高温の中で、新山口駅を出て帰るまで人の力で約2トン以上の石炭を焚き、圧力の上がった蒸気を効率よく使い1000分の25の急勾配を登る。トンネルの中の熱気と煙、吹き出る汗、自信と誇りを持った二人の職人は全身全霊をかけ五感を働かせ、信頼と絶妙のコンビネーションでこの過酷な仕事をこなしていく。
 今では、蒸気機関車の仕事に携わった者は非常に少なくなった。「やまぐち号」には新しい部品は無い。不具合が生ずれば静態保存の車体からの借用か、技術者によって手作りをする。しかし練達の技術者は年々少なくなり、今では数名を残すのみとなった。130年間にわたって脈々と息づいてきた蒸気機関車は鉄道の原点であり、歴史的鉄道文化遺産である。多くの先達によって営々と築き上げられた整備と操縦という鉄道固有の技術と文化は、心に響きわたる汽笛の音、ドラフト音とともに途絶えさせることはできない。職人達の熟練の仕事は確実に後世に継承していかなければならないし、これは山口鉄道部の使命であると考えている。

バックナンバー
 第1回 『蒸気機関車への郷愁・復活』
 第2回 『山口線と鉄道文化遺産』
次回シリーズ
 「山口県の風景(仮)」 著/栗林 和彦(写真家)

SLやまぐち号HP SLやまぐち号と沿線の旅沿線マップやイベント、空席状況などの情報満載。

▲目次へ

トピックス・お知らせ

知事記者会見

知事記者会見 知事の3期目の就任に当たって知事記者会見が8月23日(月)に実施され、知事から今後4年間を懸案事項の解決に向けた「県政集中改革期」と位置づけ、県債発行の抑制に取り組む方針などの説明がありました。
 また、記者の皆さんからは、行財政改革への取り組みや三位一体改革に関し全国知事会がまとめた補助金削減案などについて、質疑がありました。
 この会見録は、現在、県のホームページに掲載しています。
【問合せ】 県広報広聴課 083-933-2560


おめでとう阿武(あんの)選手!アテネオリンピック柔道女子78kg級で金メダル!
ガンバレ!レスリング 小幡(おばた)選手!男子マラソン 油谷(あぶらや)選手 国近(くにちか)選手!

おめでとう!阿武教子選手阿武教子選手 アテネオリンピック柔道女子78kg級で、阿武選手が、見事、金メダルを獲得しました。
 激闘を制し、表彰台のトップに立った阿武選手の笑顔が金メダル同様まぶしく輝いていて、とても印象的でしたね。

 アテネでは、山口県にゆかりのある選手が大健闘。その勇姿は私たちに感動と勇気、そして元気を与えてくれました。
 さて、オリンピックも残すところあとわずかとなりましたが、まだまだ山口県勢の活躍は続きます。
 28日にはレスリング男子フリースタイル74kg級の小幡選手が、最終日の29日は、オリンピックのフィナーレを飾る男子マラソンの油谷選手、国近選手が出場します。
 ラストスパートです。アテネに私たちの祈りを込めて、みんなで精一杯応援しましょう!
アテネオリンピックに参加する選手にあなたの応援メッセージを伝えます。
選手への応援メッセージはこちら
【問合せ】 県保健体育課 083-933-4670


その他のトピックス・お知らせ

第8回やまぐち県民文化祭“ふれあい夢フェスタ’04”
「ミュージアム・コンサート in 県美展」を開催
 美術と音楽の融合による新たな芸術空間の創造を目指して、「山口県美術展覧会」の会場で、県内の音楽グループ12団体によるアンサンブルコンサートを開催します。
【ミュージアム・コンサート in 県美展実行委員会(県文化振興課内) 083-933-2610】

21世紀の松下村塾 in セミナーパーク イベント参加者を募集中
 人材育成の拠点「(財)山口県ひとづくり財団」の設立を記念した「21世紀の松下村塾 in セミナーパーク」のイベント参加者を募集しています。
【(財)山口県ひとづくり財団 県民学習部 083-987-1710】

▲目次へ

県庁担当者にここが聞きたい

県議会事務局総務課・津田課長 皆さん、県議会を傍聴・見学したこと、ありますか?「開かれた県議会づくり」に取り組む県議会事務局 総務課の津田良之課長に県議会のしくみを話してもらうとともに、「県議会の舞台裏」を、今回特別に案内していただけることになりました。閉会中とはいえ、限られた人しか足を踏み入れられない場所だけにこちらも興味津々!9月から始まる「県議会のインターネット中継」の話題と併せて、ご紹介しましょう。


県議会とは?

 山口県を明るく住みよい所としていくためには、県の課題や問題に対応した計画や予算、条例などを話し合い、実行していかなければなりません。
 しかし、県民みんなが1カ所に集まって話し合うわけにはいきませんので、私たちの代表者を選挙で選んで、いろんな問題について審議し議決してもらいます。
 県民の代表者が県議会議員で、現在53名の議員さんが活躍されており、この議員さんの集まりが県議会です。

県議会は、どんなしくみになってるの?

 県議会は、議員全員で構成する「本会議」と少人数で専門的に審査・検討する「委員会」があります。
 議会は、年4回定例的に開かれる「定例会」と臨時に開かれる「臨時会」があり、委員会には、6つの「常任委員会」と特別な問題を審議する「特別委員会」とがあります。

誰もいない本会議場、それでも緊迫感が伝わってきます!

 テレビで見るよりもずっと狭く感じます。議員席と執行部席の距離も近く、静寂の中に本番の緊迫した雰囲気が漂っています。県議会は、県民の代表によって県政の重要事項を審議する「厳粛な場」なんだということをまさに身をもって感じました。

議長席の後ろって、どうなってるの?

 テレビで見ていると、議長席の後ろって、突き当たりの壁になっているように見えませんか?実はその後ろにはドアがあり、各控室へ通じる廊下に出るようになっているんです。議場のすぐ裏にはパソコンを備えたコントロールルームがあり、9月から始まるインターネット中継は、そこから中継するそうです。

津田課長と温度計の切っても切り離せない深~い関係?

 「本会議中、私がいつも持ち歩くのが、これです!」と、津田課長が議場の机の中から取り出したのは温度計・湿度計。「この議会棟が造られて、もう29年。設備の老朽化に加えて天井も高いため、議場を適温に保つのが、とても難しいんです。夏場だと、吹き出し口近くの席は風が当たってとても寒いのに、そこから離れた席はかなり暑い。皆さんに快適な議場にするのは本当に難しくて…」と津田課長は苦笑い。ちなみに、寒い席の議員さんには、膝掛けまで用意してありました。

以下、全文は ここをクリック ご意見・ご質問はこちら
このコーナーへのご質問をお寄せください。
受付中!!

▲目次へ

プレゼント

「高原の町・阿東町の徳佐リンゴ」読者プレゼント!!

リンゴ
※写真はイメージです。
 リンゴの「シャキッ!」とした歯ごたえを楽しむなら、“もぎたて”が一番。今回は阿東町徳佐の“もぎたてリンゴ”を「山口きらめーる」読者にプレゼント。
 阿東町徳佐の観光リンゴ園は西日本一の規模。約30種のリンゴが栽培され、9月のつがる、ジョナゴールドから、10月の陽光、新世界、王林、そして、晩秋のふじまで、さまざまなリンゴを味わうことができます。
 どの品種が届くかはお楽しみ!その時期一番食べごろのリンゴを厳選してお届けします。
【応募方法】
 応募方法は、こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から、抽選で5名様に「高原の町・阿東町の徳佐リンゴ」をプレゼントします。締め切りは9月23日(祝)までです。当選者は10月8日配信の「山口きらめーる」でお知らせします。
 皆さん、奮ってご応募ください。ご応募はこちら

▲目次へ

編集室からメッセージ

 今年の夏は記録的な猛暑となりましたが、それでもお盆を過ぎた頃から朝晩がめっきり涼しく過ごしやすくなりました。
 夕暮れ時に子どもから「あの鳴き声は何?」と聞かれ、耳を澄ますとそれはスズムシの声。季節はもう秋なんですね。
 次回の配信は、9月10日です。

▲目次へ


元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策局広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
TEL : 083-933-2566 FAX : 083-933-2598
E-mail : a11000@pref.yamaguchi.lg.jp

登録変更・中止、バックナンバーの閲覧は以下のページからお願いします。
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/

元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002 All rights reserved.




<< もどる