元気になるメールマガジン!!山口きらめーるHTML版

平成16年8月13日号(HTML版)VOL.51
山口県広報広聴課
きらら山口 ふれあい山口 やまぐち県民電子会議室 コミュニティー維新

目次
お出かけガイド
わたしの才能、新発見?大人も子どもも「山口遊学校」へGO!
きらら山口 取材こぼれ話
「カラダにえぃよぅ」取材のこぼれ話です。
おもしろ山口学
リレー随筆「SLやまぐち号 25年の軌跡」
第2回 『山口線と鉄道文化遺産』
トピックス・お知らせ

ガンバレやまぐち!やまぐちゆかりの選手たち
~アテネオリンピック開幕~

今後4年間の県政を担う山口県知事が決まりました
県庁担当者にここが聞きたい
管財課の政木課長に聞きました。
プレゼント
「高原の町・阿東町の徳佐リンゴ」プレゼント
編集室からメッセージ
お出かけガイド

わたしの才能、新発見?大人も子どもも「山口遊学校」へGO!

山口遊学校 子どもたちにとって楽しい出会いや冒険は、宝物のようなもの。心の中でいつまでも輝き続けます。そういえば、子どものころ、夏休みっていうと、何か楽しいことがあるぞ…と、わけもなくワクワクしたものです。
 さて、山口県では今、冒険・工作・料理・スポーツなど、いろんな体験型観光を楽しめる「山口遊学校」を開催中です。岩国市の「岩国寿司づくり体験」、美川町の「砂金採り・木工体験」、防府市の「塩づくり体験」、萩市の「萩焼体験」、宇部市や長門市の「ちくわづくり体験」、下関市の「ふく料理づくり体験」など、山口県ならではの体験がいっぱいです。もちろん、子どもだけでなく、大人も参加OK!
 これを機に、あなたの中の新しい才能に出会えるかも?山口遊学校は11月30日まで開催中です。

山口遊学校ホームページ
  31カ所の楽しい学校で、さまざまな体験をすることができます。


ピックアップ 
※日程等が変更になる場合がありますのでご確認ください。

(はぎ)市 萩・万灯会(まんとうえ)
萩・万灯会(まんとうえ)
【期間】 8月13日(金)から15日(日)まで
【会場】 大照院(だいしょういん)、東光寺(とうこうじ)
【内容】毛利家の菩提寺である両寺院の境内には、家臣たちが寄進した石灯ろうが立ち並んでいます。大照院 約600基、東光寺 約500基の石灯ろうに灯がともされ、人々を幽玄の世界に誘います。
大照院(迎え火)  8月13日(金)、14日(土) 19時30分から 
東光寺(送り火)  8月15日(日) 19時30分から 
【問合せ】 (社)萩市観光協会 0838-25-1750


油谷(ゆや)町 油谷町夏まつり
油谷町夏まつり
【日時】 8月14日(土) 18時から
【会場】 油谷町総合運動公園
【内容】大声で思い思いの言葉を絶叫する「吠えスティバル」や「楊貴妃(ようきひ)花火ファンタジー」が行われます。今年の花火ショーは「花火・レーザー・音楽」の競演に、「炎」を加えた県内初の全く新しい花火ショーとして開催されます。
【問合せ】 油谷町夏まつり実行委員会 0837-32-1183
(油谷町商工会内)


長門(ながと)市 俵山(たわらやま)温泉納涼祭り
俵山温泉
【日時】 8月15日(日) 17時から21時まで
【会場】 熊野神社境内特設会場
【内容】湯治場として1100年の歴史を持ち、環境大臣により国民保健温泉地(全国21カ所)に指定されている「俵山温泉」で行われる納涼祭りです。大正琴の演奏会やカラオケ大会、ジャンケン大会など、真夏の夜を楽しむイベントが盛りだくさんです。
【問合せ】 俵山温泉納涼祭り実行委員会 0837-29-0052


上関(かみのせき)町 祝島(いわいしま)神舞(かんまい)
祝島神舞
【期間】 8月16日(月)から20日(金)まで
【会場】 上関町祝島
【内容】平安時代末期より伝わる4年に1度のお祭りで、大分県と山口県との海上約49キロメートルを御座船(ござぶね)が往復します。仮神殿では、古式ゆかしい33種類の神楽舞(かぐらまい)が5日間にわたって奉納されます。
【問合せ】 祝島神舞奉賛会 0820-66-2100


下関(しものせき)市 しものせき馬関(ばかん)まつり
しものせき馬関まつり
【期日】 8月21日(土)、22日(日)
【会場】 JR下関駅から唐戸(からと)までの各所
【内容】下関市民総参加のビッグイベントで、今年で27回目を迎えます。今や世界的に知名度を高めた「平家踊り」を、5,000人を超える踊り手が会場を埋め尽くして踊る「平家踊総踊り大会」や各種イベントが盛りだくさんです。
【問合せ】 下関まつり合同会議事務局 0832-31-1350
(下関市観光振興課内)



参加者募集

萩・山口歴史ウオーク ~萩往還(はぎおうかん)を歩こう!~
萩・山口歴史ウオーク
【期日】 9月11日(土) [萩ステージ]
  9月12日(日) [山口ステージ]
【スタート地点】 萩城跡指月公園 [萩ステージ]
  亀山公園ふれあい広場 [山口ステージ]
【参加費】 大人 1,800円(当日申込みは2,000円)
  小学生・中学生 500円
【申込期限】 8月20日(金)当日消印有効
大会当日まで受け付けますが、上記日程まで申し込まれた方は大会冊子に名前が掲載されます。
【内容】萩と防府の三田尻(みたじり)を結ぶ「萩往還」は、殿様の参勤交代の道として、また維新の志士たちが歴史の風に乗って駆け抜けた道として、国の史跡にもなっています。その「萩往還」を当時の人々に思いをはせながら、ウオーキングを楽しもうという大会です。
【問合せ】 第1回萩・山口歴史ウオーク実行委員会 083-934-1114


油谷(ゆや)町 油谷湾シーカヤックフェスティバル
油谷湾シーカヤックフェスティバル
【期日】 9月26日(日)
【会場】 伊上(いがみ)海浜公園オートキャンプ場、ボニーベイビーチ
【参加費】 1人 4,000円
 
前日の宿泊・食事などは参加者負担
【募集締切】 9月15日(水)まで
【内容】日本海側では珍しい内海で、穏やかなシーカヤックフィールドとして関心を集めている油谷湾で開催されます。1周18キロメートルの「油谷湾チャレンジコース」や1周8キロメートルの「油谷湾エンジョイコース」など、豊かな自然の中で楽しい交流が繰り広げられます。
【問合せ】 油谷町商工会 0837-32-1183


ご紹介したイベント以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

県内各地のイベント情報(パワーアップガイド)
 橘町・夢’橘ゆうゆう祭など、91件のイベントを掲載しています。
やまぐち イベント&セミナー情報
 山口県立美術館等の県立施設の催し物、山口県主催のセミナー・シンポジウムなどを掲載しています。
(社)山口県観光連盟のホームページ「おいでませ山口へ。」
 山口県内の観光情報・イベント情報・温泉情報などを掲載しています。

▲目次へ

きらら山口

おしょうゆとの相性抜群!!長門ユズキチは山口県オリジナルの柑橘(かんきつ)です

長門ユズキチ 県外広報誌『きらら山口』夏号の「カラダにえぃよぅ」のページでは、長門ユズキチを紹介しています。
 原産地の田万川町では、古くから庭先の果樹として栽培されていた長門ユズキチですが、萩地方の在来の品種と異なる新種として認定されたのはわずか40年ほど前、昭和42年のこと。鑑定にあたった田中諭一郎博士(元静岡県柑橘試験場長)の提案で「長門の国で生まれ、ユズより優れている」という意をこめ、地名を取り入れた『長門ユズキチ』の名が命名されました。
 以来、田万川町では長門ユズキチの栽培が本格的に始まり、平成9年に道の駅「ゆとりパークたまがわ」が開業されたのを機に地元産品を使った特産品として酢やジュースなどの加工品が開発され、広く一般に向けて知られるようになりました。また、平成10年頃からは長門市や豊北町などにも新産地が誕生。現在は田万川町とあわせ3つの産地で連絡協議会を結成し、栽培技術や販売面での交流、特産品の開発等が図られています。今年も8月29日に田万川町町民センターで「長門ユズキチ見本市 in 田万川」が開かれ、長門ユズキチを利用した料理の紹介や試食が行われる予定です。

見つめて.net
道の駅 ゆとりパークたまがわ

◆ 「きらら山口」夏号・「カラダにえぃよぅ」はこちら きらら山口

▲目次へ

おもしろ山口学

リレー随筆「SLやまぐち号 25年の軌跡」 著/田丸 道男(JR西日本 山口鉄道部長)

第2回 『山口線と鉄道文化遺産』

篠目駅にある煉瓦造りの給水塔前を通るSL「やまぐち号」。手前には腕木式信号機も見える。 山口線は大正12年に全線が開通した。鉄橋、トンネルなどの構造物は当然、大正時代のものである。新山口~津和野間に木戸山、田代、白井トンネルなどがあるが、出入口付近を目を凝らして見ると煉瓦で造られていることがわかる。アーチは煉瓦構造、側壁は石と煉瓦構造となっている。煉瓦は深みのある時の流れを感じさせるものを持っている。また、車内からは見えないが、田代トンネル両出入口上部に漢詩の額が嵌(は)めてある。仁保側には「柔遠能邇 正毅」(※1)、篠目側には「造化譲功 素水」(※2)と、いずれも山口県が生んだ軍人で宰相となった、寺内正毅と田中義一の揮毫(きごう)(※3)によるものである。
 今年の春、松本清張の「砂の器」がテレビで放映された。木次(きすき)線亀嵩(かめだけ)駅として篠目駅が撮影の舞台となった。篠目駅には大正11年に建設された煉瓦造りの給水塔がある。その給水塔付近には機能はしていない腕木(うでぎ)式の信号機も建っており、開通当時の風景を見ることができる。「砂の器」の舞台として、格好のロケ地となった。放映されて4カ月以上たった今も、多くの人が篠目駅を訪れ、給水塔を背に写真を撮っている。
 津和野駅には蒸気機関車など車両の向きを換える転車台車がある。大正12年製で80年以上経過している。今なお現役である。昨年10月の天皇皇后両陛下津和野行幸啓の折、5両編成のお召列車を全て方向転換させるという重要な役割も果たした。また、復活25周年記念事業の一環として、上り出発信号機付近と転車台付近に腕木式信号機を建植した。この腕木式信号機は、昭和56年9月の津和野駅腕木式信号機廃止後、津和野町に貸与された蒸気機関車「D51-194号機」とともに建植されていたものであるが、大正から昭和初期の原風景を再現するとともに、鉄道文化遺産としての腕木式信号機を末永く保存するため移設したものである。
 山口線には大正時代のものが多く残されている。2時間かけた「やまぐち号」の旅もよいが、途中下車をしてゆっくり往時の鉄道文化遺産を訪ねる旅もいいものである。

※1 柔遠能邇… トンネルが開通したために遠くの人も近くの人も便利になり、幸せになるだろう。
※2 造化譲功… 万物を創造する神(造化の神)も功を譲った。
※3 揮毫(きごう)… 毛筆で文字や絵をかくこと。特に、知名人が頼まれて書をかくこと。

予告
 第3回 『鉄道固有の技術を譲る』
バックナンバー
 第1回 『蒸気機関車への郷愁・復活』

SLやまぐち号HP SLやまぐち号と沿線の旅沿線マップやイベント、空席状況などの情報満載。

▲目次へ

トピックス・お知らせ

ガンバレやまぐち!やまぐちゆかりの選手たち
~アテネオリンピック開幕~

 いよいよアテネオリンピックが開幕します。
 山口県にゆかりのある選手が多数出場します。みんなで元気いっぱい応援しましょう!
陸上
(男子マラソン)
油谷(あぶらや) 繁(しげる)さん
油谷(あぶらや) (しげる)さん
長門市出身
陸上
(男子マラソン)
国近(くにちか) 友昭(ともあき)さん
国近(くにちか) 友昭(ともあき)さん
光市出身
サッカー
(男子)
高松(たかまつ) 大樹(だいき)さん
高松(たかまつ) 大樹(だいき)さん
宇部市出身
サッカー
(男子)
田中(たなか) 達也(たつや)さん
田中(たなか) 達也(たつや)さん
周南市出身
バレーボール
(女子)
栗原(くりはら) 恵(めぐみ)さん
栗原(くりはら) (めぐみ)さん
防府市(高校時代在住)
レスリング
(男子フリースタイル74kg級)
小幡(おばた) 邦彦(くにひこ)さん
小幡(おばた) 邦彦(くにひこ)さん
柳井市出身
セーリング
(男子ミストラル級)
見城(けんじょう) 元一(もとかず)さん
見城(けんじょう) 元一(もとかず)さん
光市(現勤務地)
柔道
(女子78kg級)
阿武(あんの) 教子(のりこ)さん
阿武(あんの) 教子(のりこ)さん
福栄村出身
写真提供:浦和レッドダイヤモンズ(田中達也さん)
☆アテネオリンピックに参加する選手にあなたの応援メッセージを伝えます。
選手への応援メッセージはこちらから
【問合せ】 県保健体育課 083-933-4670


今後4年間の県政を担う山口県知事が決まりました

初登庁する二井知事 アテネオリンピックに先駆けて、知事に金メダル
初登庁する二井知事 アテネオリンピックに先駆けて、知事に金メダル!
 8月8日の県知事選挙の結果、現職の二井知事が3選を果たしました。
 翌日、多くの職員に迎えられ登庁した二井知事は、当日行われた記者会見で選挙を終えての感想などを述べました。
 この会見録は、現在、県のホームページに掲載しています。
※選挙結果はこちら
【問合せ】 県広報広聴課 083-933-2560


その他のトピックス・お知らせ

きららサマーカーニバルの開催について
 県立きららスポーツ交流公園で、きららサマーカーニバルを開催します。
【きららイベント実行委員会 0836-65-6903】

「第21回国民文化祭・やまぐち2006」展示コーナーの設置について
 平成18年に山口県を舞台に開催する「第21回国民文化祭・やまぐち2006」の展示コーナーを、県庁エントランスホールに設置しました。
【県国民文化祭準備室(県政資料館2階) 083-933-2850】

やまぐち県民電子会議室がリニューアルオープン!
 「やまぐち県民電子会議室」がデザインを一新、さらに使いやすくなってオープンしました。
【県広報広聴課 083-933-2566】

▲目次へ

県庁担当者にここが聞きたい

管財課・政木課長 「管財課には、直接、県政を左右するような事業や施策はないのですが、他の事業や施策を支援しバックアップできる、言ってみれば触媒のようなところだと思っています。これからの時代は、『攻めの管理』が大事だと思うんです」と語るのは、山口県総務部 管財課の政木永光課長。新時代を展望した管財課の取り組みについて聞きました。


Q.

「攻めの管理が大事」というのは、面白いですね。具体的にどういうことなのか、教えてください。


Answer
 これからは、県の土地や建物をただ保守管理したり、決まり通り運営していればいいという時代ではありません。もっとみなさんに見えるようにして、ニーズを調べ使い方をこちらから提案する、一歩踏み込んだ「攻めの管理が大事」です。発想を変えアイディアを出して面白く仕事をしたいですね。
 例えば、県の庁舎の会議室などは、夜間はほとんど使われていませんよね。だったら、空いている時間は地域のコミュニティ活動などに使っていただいたらいいのではないでしょうか。働いていらっしゃる方々の集会は夜7時や8時頃から始まる場合が多いので喜ばれるし、使用料が入ってくれば施設管理費も助かります。でも、もともとそういうつくりをしていませんので、セキュリティの問題などがあって難しい場合が多いのです。そこで、現在建て替えている「周南総合庁舎」は、本来県行政のためのものではあるのですが、最初から「開放する」ことを前提に、地域の意見を伺いながらつくってきました。
 そのほか、未利用地の売却にも一生懸命取り組んでいますが、こういう時代ですから売却も難しい。でも、このような土地をきちんと管理し必要なときには返していただくという約束で、地域のコミュニティ活動のために無償でお貸ししているケースもあります。喜ばれるし管理費は必要なくなるので一石二鳥です。これからは地域のニーズを積極的に知る努力をして、地域活動を応援し県民負担の軽減にもつなげていかなければいけません。
 ただ申込みを待つのではなく、「こんな使い方ができます。ご利用される人はいませんか」と積極的にこちらから提案する。庁内では、応援できる事業や施策はないか知る努力をする。それが「攻めの管理」です。これからの施設や財産の管理のあり方だと思っています。
 希望やアイディアがあれば、管財課へご連絡ください。

以下、全文は ここをクリック ご意見・ご質問はこちら
このコーナーへのご質問をお寄せください。
受付中!!

▲目次へ

プレゼント

「高原の町・阿東町の徳佐リンゴ」読者プレゼント!!

リンゴ
※写真はイメージです。
 リンゴの「シャキッ!」とした歯ごたえを楽しむなら、“もぎたて”が一番。今回は阿東町徳佐の“もぎたてリンゴ”を「山口きらめーる」読者にプレゼント。
 阿東町徳佐の観光リンゴ園は西日本一の規模。約30種のリンゴが栽培され、9月のつがる、ジョナゴールドから、10月の陽光、新世界、王林、そして、晩秋のふじまで、さまざまなリンゴを味わうことができます。
 どの品種が届くかはお楽しみ!その時期一番食べごろのリンゴを厳選してお届けします。
【応募方法】
 応募方法は、こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から、抽選で5名様に「高原の町・阿東町の徳佐リンゴ」をプレゼントします。締め切りは9月23日(祝)までです。当選者は10月8日配信の「山口きらめーる」でお知らせします。
 皆さん、奮ってご応募ください。ご応募はこちら

▲目次へ

編集室からメッセージ

 クーラーのかけ過ぎのせいか、我が家の子どもたちは風邪をひいてしまい、お出かけも休止状態。残暑の厳しい日が続きますが、健康管理には十分気を付けて、残りの夏を思いっきり満喫しましょう。
 次回の配信は、8月27日です。

▲目次へ


元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策局広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
TEL : 083-933-2566 FAX : 083-933-2598
E-mail : a11000@pref.yamaguchi.lg.jp

登録変更・中止、バックナンバーの閲覧は以下のページからお願いします。
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/

元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002 All rights reserved.




<< もどる