元気になるメールマガジン!!山口きらめーるHTML版
 

平成15年12月26日号(HTML版)VOL.36
山口県ホームページ

きらら山口 ふれあい山口
目次
お出かけガイド

開運祈願!新年のスタートは初もうでから

 アララッという間に、新年の足音が近づいてきたようですね。お正月といえば初もうで。
 天満宮は学問や農耕の神、稲荷神社は商売繁盛・五穀豊穣、八幡宮は弓矢の神・諸願成就の神ともいわれています。
 山口県内で一番初もうでの人出が多いのは、学問の神・菅原道真公をまつる防府市の防府天満宮。ここは延喜4年(904)創建の日本最初の天満宮でもあります。
 下関市の赤間神宮も、初もうで客の多いことで有名な神社。水天宮と称えられ、安産・家庭円満・大漁豊満の神などとして信仰を集めています。
 周南市の遠石八幡宮は、推古天皇30年(622)創建といわれる県内屈指の歴史をもつ八幡宮で、旧徳山藩主も氏神としてあつく信仰したといいます。
 ほかにも宇部市の琴崎八幡宮、岩国市の白崎八幡宮など、それぞれの地で信仰を集めている神社は数多くあります。では、どうぞよいお年を!

岩国市 白崎(しらさき)八幡宮 宇部市 琴崎(ことさき)八幡宮
周南市 遠石(といし)八幡宮 下関市 赤間(あかま)神宮
防府市 防府(ほうふ)天満宮 下関市 住吉(すみよし)神社
山口市 山口大神宮 下関市 亀山(かめやま)八幡宮
萩市 松陰(しょういん)神社    


ピックアップ ※日程等が変更になる場合がありますのでご確認ください。

周南(しゅうなん)市 川端康成 文豪が愛した美の世界
川端康成 文豪が愛した美の世界
【日時】 平成16年1月12日(祝)まで
  9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
【休館日】 月曜日、年末年始(12月29日から1月3日まで)
ただし、1月12日(月)は開館
【会場】

周南市美術博物館

【内容】日本初のノーベル文学賞を受賞した川端康成は、美術にも深い造詣を持ち、本展は「美術コレクター」としての川端康成に光を当てる初の展覧会です。また、周南市出身の写真家・林忠彦との交流にも焦点をあて、林が間近に捉えた川端康成の姿とともに、ゆかりの資料をご紹介します。
【問合せ】

周南市美術博物館 0834-22-8880

田万川(たまがわ)町 暮の市
道の駅「ゆとりパークたまがわ」
【日時】 12月28日(日)から30日(火)まで 
9時から16時まで
【会場】

道の駅「ゆとりパークたまがわ」

【内容】新鮮野菜のセリ市、道の駅テント村で手作り弁当や地元特産品の販売、しめかざり・鏡餅などの正月用品の販売などが行われます。
【問合せ】

道の駅「ゆとりパークたまがわ」 08387-2-1150

平生(ひらお)町 大星山(おおぼしやま)で初日の出を迎えよう
大星山(おおぼしやま)で初日の出を迎えよう
【日時】 平成16年1月1日(祝) 日の出:7時18分頃
【集合場所】 佐賀小学校
【集合時間】 5時20分
【内容】ハイキングコースを登って、大星山展望台から荘厳な初日の出を迎えます。山頂では、ぜんざい・甘酒が振舞われます。(車での登山はご遠慮ください。)
【問合せ】

平生町佐賀公民館 0820-58-0211

岩国(いわくに)市 岩国藩鉄砲隊初撃ち
岩国藩鉄砲隊
【日時】 平成16年1月1日(祝) 14時頃から
【会場】

錦帯橋下河原

【内容】具足や旗差物を着た岩国藩鉄砲隊保存会会員の皆さんが、13時に岩国歴史美術館を出発し、太鼓を打ち鳴らしながら錦帯橋を渡って会場まで行進します。14時頃から火縄銃による空砲演武が披露されます。
【問合せ】

岩国市観光課 0827-41-1477

(はぎ)市 見島の鬼ヨーズ(大凧)あげ
見島の鬼ヨーズ
【日時】 平成16年1月1日(祝)から3日(土)の天候の良い日
【会場】

萩市見島

【内容】見島では、家に長男が誕生すると、その男児の将来を祝福するために大きなヨーズを張り、正月にあげてお祝いします。正月前に親戚・知人が手伝ってヨーズを作りますが、ヨーズの糸が切れたり、海に落ちたりするとその子は育たないと言われ、糸の吟味はもちろんのこと入念な制作がなされます。

【問合せ】

見島観光協会 0838-23-3311

ご紹介したイベント以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

県内各地のイベント情報(パワーアップガイド)
 秋芳町・秋吉台新春歩け歩け大会など、41件のイベントを掲載しています。
やまぐち イベント&セミナー情報
 山口県立美術館等の県立施設の催し物、山口県主催のセミナー・シンポジウムなどを掲載しています。
(社)山口県観光連盟のホームページ「おいでませ山口へ」
 山口県内の観光情報・イベント情報・温泉情報などを掲載しています。
きらら山口 取材こぼれ話

吉川史料館、「もうひとつのお宝」

吉川史料館 「きらら山口」冬号「ココロにえぃよぅ」のコーナーに登場した吉川史料館では、周防岩国藩の旧藩主・吉川家きっての英雄の肖像画「吉川元春(きっかわもとはる)像」をご紹介いただきましたが、実は、取材の直前まで国宝の「太刀 狐ケ崎(たち きつねがさき)」とどちらにしようか迷われたようです。
 「太刀 狐ケ崎」は、鎌倉末期の刀工・為次(ためつぐ)の作で、品質に定評のある備中古青江の作中、最も古いものでありながら完全な形を保存しています。
 源頼朝(みなもとよりとも)没後の正治2年(1200)、鎌倉で乱を起こした梶原景時(かじわらかげとき)一党を、駿河(静岡県)の吉香小次郎友兼(こじろうともかね)一族が同国狐ケ崎で討伐した際に使った刀です。
 友兼は吉川家の二代当主に当たり、この刀で梶原景茂(かげしげ)を倒しましたが、自身も深手を負い、翌日死去しました。しかし、このときの功績によって吉川家は播磨(兵庫県)の福井庄の地頭となり、その後安芸の大朝庄の地頭を経て、五代経高(つねたか)から安芸(広島県)に本拠を移し、慶長5年(1600)、十七代広家(ひろいえ)が初代岩国藩主となりました。
 太刀は、その戦場にちなんで「狐ケ崎」と命名され、吉川家代々に大切に受け継がれてきました。太刀の長さは78.5cm、反り3.4cm 。刃文は小乱(こみだ)れに小丁子(こちょうし)を交え、藩主の宝器にふさわしい、長大で堂々とした太刀姿を示しています。

◆ 「きらら山口」冬号はこちら きらら山口

おもしろ山口学

リレー随筆 「種田山頭火とふるさと」 著/富永鳩山(書道家・山頭火ふるさと会 会長)

第2回 ふるさとの句』(全3回)

其中庵(小郡町)
其中庵(小郡町)
 山頭火の句は「自由律俳句」です。五七五や季語(きご)から解放されて「単純化・自己純化・生命律・内在律・自然律・印象の象徴化・刹那(せつな)の永遠・結晶・求心的・道として、行として句作せよ」と山頭火の言葉です。
 山頭火は九州・四国から北は岩手県の平泉(ひらいずみ)まで全国を歩いていますが、とりわけ其中庵(ごちゅうあん)(小郡町)や風来居(ふうらいきょ)(山口市)等に庵を結び「ふるさと防府」にまるで糸につながれているように歩き回っています。子供の頃夢中になって遊び廻った大屋敷、母の温もりの残る場所、しかし帰れば大種田の没落・母の自殺・ボロ法衣を身にまとった托鉢僧となったことへの嘲笑でしか迎えてくれないふるさと。でもやはり離れがたいのです。山口県のあちこちを歩き続けています。そして防府天満宮のお祭りには必ずといっていいくらい人垣にまぎれてそっと帰って来ました。
 ちなみに山頭火がふるさと山口県内で作った句の一部を次に紹介してみましょう。

予告

 第3回 『防府と山頭火』

バックナンバー

 第1回 『その人生』
トピックス・お知らせ

海峡ゆめタワー「元旦早朝営業」

海峡ゆめタワー  山口県国際総合センター(愛称:海峡メッセ下関)では、元旦の「初日の出」にあわせて、海峡ゆめタワーの早朝営業を行います。
 また、当日は特別ライトアップも行います。7色に色を変えるタワーをぜひご覧ください。
【日時】
平成16年1月1日(祝) 午前6時30分から(通常9時30分から)
メッセ駐車場(有料)は午前6時からご利用いただけます。
  ※タワー入館者は1時間無料です。
ライトアップの時間は午前0時から2時までと、午前6時から7時までです。
【展望料金】
大人(高校生以上)600円、小人(小・中学生)300円
【問合せ】
(財)山口県国際総合センター インフォメーションセンター
TEL 0832-31-5600 FAX 0832-31-5598

県庁舎、総合庁舎のオストメイト対応多目的トイレの整備

パウチ洗浄水栓、手荷物棚、衣服フック、汚物入れ等の設置
ベビーシート等の設置
案内表示の設置
 このたび県では既存施設のトイレを改修し、オストメイト(人工肛門保有者、人工膀胱保有者)の方や乳幼児連れの方などの利用にも配慮した、多目的トイレの整備を行いました。
 誰もが利用しやすい環境の整備を目指す「ユニバーサルデザイン」の考え方を踏まえた福祉のまちづくりを推進するため、本年度、モデル的に実施したものであり、民間施設等での取組につながることを期待するものです。
【実施箇所】
(1) 県庁舎本館棟(3箇所〈1階、5階、15階〉)、議会棟(2箇所〈1階、4階〉)
(2) 岩国、柳井、防府、山口、宇部、下関、萩の各総合庁舎(各1箇所)
【改修内容】
(1) パウチ(蓄便袋、蓄尿袋)洗浄水栓、手荷物棚、衣服フック、汚物入れ等の設置
(2) ベビーシート等の設置
(3) 案内表示の設置
【事業費】
約900万円(12箇所の合計)
【問合せ】
県障害福祉課 083-933-2760
県管財課 083-933-2237

その他のトピックス・お知らせ

県の今冬に向けた重症急性呼吸器症候群(SARS)対策及び対策行動計画第三版の策定

   SARSの心配のある方は、医療機関を受診する前に、最寄りの健康福祉センター(保健所)に連絡・相談し、速やかに健康福祉センターから紹介された医療機関を受診してください。
  【県健康増進課 083-933-2956】

「山口県とスペイン・ナバラ州共同写真展」の開催

   山口県とナバラ州は、11月11日に、スペイン・ナバラ州にて、姉妹提携の締結を行いましたが、その記念事業として、両県州の共同による写真展を開催します。
  【県国際課 083-933-2343】

全国初の本格的な職業情報システム・「やまぐちジョブファイル」の運用を開始

   県では、求職者の適職探しを支援することを目的として、さまざまな職業に関する情報をインターネット上で閲覧できるWEBページ「やまぐちジョブファイル」の運用を開始しました。
  【県雇用能力開発課 083-933-3254】
県庁担当者にここが聞きたい

水産課・池永課長

 「自分が買って帰った魚は、おいしく食べるために、できるだけ自分がさばくようにしています」と笑う、魚大好きの山口県水産部 水産課の池永忠恭課長。水産課イチオシの山口県の魚・水産加工品について聞きました。


Q. 山口県の魚といえばフグ! それ以外に山口県を代表する魚というと?

Answer
 山口県は水産県。今、主に「瀬つきあじ・甘だい・ハモ・タコ太刀魚」の5つに力を入れていて、特に「やまぐちの瀬つきあじ」は関東などでかなり知られてきているんですよ。アジはもともと回遊魚ですが、特に対馬暖流の影響を受ける萩の見島沖の瀬は餌が豊富で、そこにつくアジは脂のよく乗ったおいしい魚に育つわけなんです。その中でも4月から8月の旬の時期に取れるものだけを「やまぐちの瀬つきあじ」と呼んでいて、つまり期間限定商品。塩焼きにすると、そのおいしさが一番分かっていただけるのでは。
 高級魚の一つ「甘だい」も山口県を代表する魚で、全国2位の漁獲量。最近、輸送方法を改善し、注目を集めています。
 夏の魚「ハモ」も全国2位の漁獲量なんですよ。
 「周防瀬戸の太刀魚」は秋が旬。鮮度が良ければ、刺身が一番おいしいと私は思いますね。
 「周防瀬戸のタコ」もお薦めです。「寒ダコ」といって一番の旬は11月から3月頃。瀬戸内海は島が多いので潮が早く、餌も豊富なので、いいタコがとれ、特に平郡島周辺はタコ壷漁が盛んです。刺身もいいですが、大畠や祝島には干しダコというのがあって、かめばかむほど、いい味が出るんですよ。

以下、全文は ここをクリック ご意見・ご質問はこちら
このコーナーへのご質問をお寄せください。
受付中!!
編集室からメッセージ

 今年も、残り少なくなってきました。年末は何かと気ぜわしくなってきますが、交通事故や体調維持に注意して、明るく楽しい新年を迎えましょう!
 来年も「山口きらめーる」をよろしくお願いします。


元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策局広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
TEL : 083-933-2566 FAX : 083-933-2598
E-mail : a11000@pref.yamaguchi.lg.jp


登録変更・中止、バックナンバーの閲覧は以下のページからお願いします。
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/


元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002 All rights reserved.


<< もどる