平成15年8月22日号(HTML版)VOL.28
山口県ホームページ

 
   
 

山口県商工労働部観光交流課の金澤卓雄課長に以下の4点について聞きました。

 


 
Q. 今、開催中の「山口遊学校」とは? どんなことが体験できるのですか?

Answer
 昨年から小・中学校では土曜日がお休みになりましたね。休みが増えたので、ご家族で観光に行ってもらいたいのですが、最近の観光は、ただ見て歩くだけでなく、五感に訴える体験型観光に人気があります。そこで、主に親子を対象に、近くの県から山口県にもっと気軽に遊びに来てもらおうと、昨年から「山口遊学校」というのを始めたんです。
 これは、県内にある主な体験施設を山口遊学校として選び、そこで参加・体験した人に「オリジナル缶バッジ」をプレゼントしようというものです。山口遊学校は26種類31カ所。洞くつ探検、砂金取り、ちくわづくり、萩焼づくり、金魚ちょうちんづくり、大内塗、ふく料理づくりなど、山口県ならではの体験がいっぱいです。しかも、体験施設ごとにバッジのデザインが違うので、いろんなバッジを集めるのもきっと面白いと思いますよ。
 でも、見ているだけではバッジはもらえないので、しっかり体験してください。また、参加・体験後、アンケートに答えてくださった方には毎月抽選で10名様に「山口県の豪華特産品セット」をプレゼントしますので、こちらもお楽しみに!

※山口遊学校の開催期間・・・ 7月20日(日)から11月30日(日)まで
※山口遊学校のガイドブック・・・ 県観光交流課、県観光連盟、おいでませ山口館(広島)、「山口遊学校」対象施設、関係市町村等で入手できます
※「山口遊学校」ホームページ開設・・・ http://www.oidemase.or.jp/yugakko
 


 
Q. NHKの大河ドラマの影響で今、巌流島が話題ですね?

Answer
 はい。いよいよ9月21日に「巌流島の決闘」が放映されることになりました。下関はここ数年で、巌流島だけでなく、カモンワーフや唐戸市場、海響館など、いろいろと整備されましたので、観光客にとても人気があるんですよ。県でもPRに力を入れていますが、JR西日本でも関西を中心に観光キャンペーンに力を入れておられますので、相乗効果で観光客がとても増えているんです。
 巌流島では、決闘を再現した寸劇を11月30日までやっていますので、皆さんもこの機会にぜひ行ってみてください。武蔵と小次郎の銅像も巌流島で待っていますよ!
 また、県内には他にも小次郎が「つばめ返し」を編み出した地といわれる岩国の錦帯橋や、阿武町には「佐々木古志らう」と記された小次郎の墓といわれるものもあります。実は私もそのお墓へ行ってみたんですが、ちょっと歴史のロマンを感じましたね。皆さんも武蔵・小次郎ゆかりの地を訪ねてみてはいかがですか?

※巌流島の決闘を再現した寸劇・・・ 9月30日(火)までは毎日。
以後、11月30日(日)まで土・日・祝日
※NHK山口放送局・・・ http://www.nhk.or.jp/yamaguchi/musashi/index.html
 




 
Q. 10月1日から新幹線「のぞみ」が停車するようになりますね。どれくらい便利になるんでしょうか?

Answer

 JR西日本が秋のダイヤ改正を発表し、いよいよ10月1日から新幹線「のぞみ」が、「新山口駅」に改称される小郡駅と、徳山駅に停車することになりました。「のぞみ」の停車本数は上下合わせて新山口駅には12本、徳山駅には4本。これによって東京-新山口間は、広島で「のぞみ」に乗り換えるより23分短縮され、約4時間30分に。名古屋など中部圏からの所要時間も短縮され、ダイヤ改正に合わせてJR西日本では新たな割引きっぷも発売されますし、やはりなんといっても乗り換える手間が解消されるのは便利です。
 また、空の便も山口宇部空港が昨年7月1日からダブルトラック化(全日空・日本航空)されて便数が増え、航空運賃も安くなりました。アクセスがよくなったのを機に、山口県へもっと気軽に観光にいらしていただけたらうれしいですね! 
 首都圏の方に尋ねると、山口県の観光というと萩などの人気が高いようなんですね。実は私も最近、萩のまちをボランティアガイドさんの説明を聞きながら改めて歩いてみたのですが、それまで知らなかったことをいろいろと学べて、とても感動したんですよ。見どころいっぱいの山口県へ、皆さんどうぞお越しください!
 


 
Q. 首都圏観光キャンペーンのホームページができたそうですね。その見どころは?

Answer

 7月18日に首都圏観光キャンペーンの一環として、観光サイト「やまぐち日和」(11月30日まで)を立ち上げました。山口県の観光・イベント情報を中心に「金子みすゞ」「佐々木小次郎」など旬の情報が満載です。一番の見どころは、ホームページ上で、佐々木小次郎や金子みすゞゆかりの地の景色を、360度のパノラマビューで見られることで、疑似観光体験を楽しめるようになっているんです。他にも、アンケートに答えて下さった方には、抽選で「山口の旅」または「金子みすゞ童謡詩集」をプレゼントする企画も行っています(プレゼント内容は期間によって変わります)。首都圏在住者以外の方も、ぜひ「やまぐち日和」をご覧になって下さい。
 そのほか、首都圏観光キャンペーンでは、駅などにポスターを貼り出したり、雑誌にキャンペーン広告を出したり、さまざまなキャンペーンを行っています。朝日新聞夕刊(首都圏のみ)では毎週土曜日に計12回、みすゞさんの詩の一部を掲載して、観光キャンペーンを展開しているんですよ。