元気になるメールマガジン!!山口きらめーるHTML版
 


平成15年7月11日号(HTML版)VOL.25
山口県ホームページ

目次

お出かけガイド

海に恋する季節です!日本海VS瀬戸内海、あなたはどちら派?

土井ヶ浜  海に会いたい季節になりましたね。山口県は瀬戸内海と日本海という異なる表情の海を擁し、特に内海より波の荒い日本海側は海水浴だけでなくサーフィンに訪れる人も多く、美しい海に魅せられて県外から移り住んで漁師になった人もいるほどです。さて、今回ご紹介する海水浴場のうち、リゾート施設が整った「片添ヶ浜」、白砂青松の「虹ヶ浜」、夕日の美しさで知られる「きららビーチ焼野」は、瀬戸内海側。萩城すぐそばの「菊ヶ浜」、豊かな白砂の浜とコバルトブルーの美しい海で知られ、県内屈指の人気を誇る「土井ヶ浜」は日本海側に位置します。あなたが好きなのは、どちらの海?
  • 片添ヶ浜かたぞえがはま(東和町) 8月31日まで
    片添ヶ浜海水浴場管理事務局 0820-78-0500
  • 虹ヶ浜(光市) 7月18日~8月17日
    光市商工観光課 0833-72-1400(内線345)
  • 菊ヶ浜(萩市) 8月17日まで
    萩市観光課 0838-25-3139
  • きららビーチ焼野やけの(小野田市) 7月19日~8月31日
    きららビーチ焼野管理事務所 0836-88-4617
  • 土井ヶ浜(豊北町) 8月25日まで
    豊北町観光協会 0837-82-1914

ピックアップ ※日程等が変更になる場合がありますのでご確認ください。

下関市 耳なし芳一ほういちまつり
耳なし芳一まつり
【期日】 7月15日(火) 18:00~
【会場】 赤間(あかま)神宮
【内容】「耳なし芳一」とは、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)著「怪談」の中で紹介されている有名な平家伝説です。その芳一を弔うおまつりで、墓前祭、琵琶の演奏など様々なイベントが催されます。
【問合せ】 赤間神宮 0832-31-4138
秋芳しゅうほう町 秋吉台花火大会
秋吉台大花火大会
【期日】 7月19日(土) 20:00~ (雨天順延)
【会場】 秋吉台(カルスト展望台周辺)
【内容】日本最大のカルスト台地を舞台に繰り広げられる、珍しい山の花火大会です。台地での花火は反響音も大きく、目と耳の両方で楽しませてくれます。西日本では珍しい「2尺玉」は必見です。
【問合せ】 秋芳町観光商工課 0837-62-0304
長門ながと市 長門ヨットフェスタ
長門ヨットフェスタ
【期日】 7月20日(日)
【会場】 青海島(おおみじま)
【内容】海に感謝するとともに、利用者の増加している海洋レジャーの楽しさを知ってもらおうと、1994年から開催されています。クルーザーレース(青海島1周レース)、レース観戦クルーズ、巡視船「かつら」体験航海などイベント盛り沢山です。
【問合せ】 実行委員会 0837-23-1137
須佐すさ町 イカ祭り in 須佐
イカ祭り in 須佐
【期日】 7月27日(日) 9:00~15:30
【会場】 須佐漁港
【内容】活イカの直売市、公開せり市、するめ干し体験など、須佐でとれる新鮮な剣先イカ(みことイカ)を思いっきり堪能することができます。当日はシーカヤック競漕や和船競漕なども行われます。
【問合せ】 須佐町観光協会 08387-6-2219


県立施設展示情報

山口県立萩美術館・浦上記念館
ホノルル美術館所蔵 浮世絵風景画名品展
ホノルル美術館所蔵 浮世絵風景画名品展
【期日】 7月19日(土)~8月17日(日)
  9:00~17:00(入館は16:30まで)
  月曜日休館(ただし、7月21日は開館、22日は休館)
【会場】 山口県立萩美術館・浦上記念館
【観覧料】 一般 1,000円 学生 800円
  70歳以上、18歳以下および19歳以上の高等学校、盲学校、ろう学校、養護学校の生徒は無料
【内容】浮世絵の収蔵において、質、量ともに世界的に知られるホノルル美術館から、葛飾北斎や歌川広重を中心に、人気絵師が描いた風景画の名品300点を展示します。
【問合せ】 山口県立萩美術館・浦上記念館 0838-24-2400

ご紹介したイベント以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。

県内各地のイベント情報(パワーアップガイド)
 東和町・第10回サザンレク片添山口県知事杯ビーチバレー大会2003など、62件のイベントを掲載しています。
やまぐち イベント&セミナー情報
 山口県立美術館等の県立施設の催し物、山口県主催のセミナー・シンポジウムなどを掲載しています。

おいでませ山口情報満載の山口県観光連盟のホームページ
 山口県内の観光情報・イベント情報・温泉情報などを掲載しています。

きらら山口 取材こぼれ話

最終回「秋吉台あきよしだい 三億年の時間旅行」(全4回)
 夢先案内人/ミュージシャン 陣内じんのうち大蔵たいぞう

陣内大蔵さんと庫本正さん 県外広報誌『きらら山口』夏号では秋吉台を特集しています。
 今回の旅人、宇部市出身のミュージシャン陣内大蔵さんは取材中突然、思いがけないことを話し始めました。
 「僕の父は牧師で今、東京の教会にいるんですが、偶然にもその教会のメンバーに昔、秋芳洞発見に関わったE.ガントレットさんがいたそうなんですよ」。それを聞いた秋吉台科学博物館名誉館長、庫本正(くらもとただし)さんはびっくり。
  「それは奇遇ですね!秋芳洞が世に出たのは明治時代、秋吉台の鉱山を買った滋賀県出身の梅原文次郎という人が、当時『滝穴(たきあな)』と呼ばれていた秋芳洞の存在を知り、英国王立地学会会員で山口高等商業学校の教師だったガントレット氏に調査を依頼したのが始まりなんです。でも当時、滝穴は黄泉の国につながっていると地元の人から恐れられていましてね」。
  「昔は松明の火を頼りに、からだにロープを巻き付けたり、舟を使ったりして探検したとか。迷ってしまって生きて帰れないかもしれない中を進んで行ったガントレットさんは本当にすごいですね!」と陣内さん。
 ところで、そんな昔の洞窟探検のスリルを、照明を消した秋芳洞の中を懐中電灯の明かりだけを頼りに進んでいくアドベンチャ-ツアー「秋芳洞闇のロマン体験」で私たちもちょっと疑似体験できます。子どもにも大人にも大好評の闇のロマン体験。あなたも挑戦してみませんか?

●闇のロマン体験
7月20日~8月18日(受付19:00~19:30)、それ以外の期間は要予約
詳しくは秋芳町観光商工課へ
(闇のロマン体験は、秋芳町商工会のホームページで紹介しています)

◆「きらら山口」夏号はここをクリック

おもしろ山口学

リレー随筆  「必読・巌流島」著/武部忠夫(海峡座 主宰・梅光短大 講師)

最終回 『ナゾ深まる巌流島がんりゅうじまの決闘』(全4回)

巌流島 NHK大河ドラマの影響で、巌流島は全国的注目を浴びているがナゾはナゾを呼び、まるで歴史の探偵ごっこの様相だ。
 小次郎の出生は越前(えちぜん)説あり落胤(らくいん)説あり、武蔵の誕生地は三ヵ所におよぶ。
 巌流島を抱く下関彦島には「舟島伝説」があり、武蔵の幼名をもじった「弁」が登場する。つまり弁之助をカタカナに分解しムサシと読む。伝説では、ムサシは多数の門弟を引き連れ巌流島で小次郎を倒すが、追われて小倉で何者かに抹殺されたという。「小倉碑文」の記述は巌流島決闘から50年超、「二天記」に至っては100年以上過ぎた後世の記録。
 決闘の朝、武蔵が出陣した下関の船宿小林太郎左衛門は、女優田中絹代のルーツ説。絹代の実家は、下関の豪商小林家である。


バックナンバー

 第1回 『武蔵vs小次郎の決闘の場所はどこだったのか。』
 第2回 『巌流島を訪れた有名人』
 第3回 『見捨てられていた巌流島』

次回シリーズ
 「萩焼」(全3回) 著/石崎 泰之(山口県立萩美術館・浦上記念館 学芸員)

トピックス・お知らせ

第7回やまぐち県民文化祭(ふれあい夢フェスタ’03)

オープニング・フェスティバル
 「オープニング・フェスティバル」の開催
 

 日本最大の文化の祭典である「国民文化祭」の山口県開催まであと3年に迫ってきており、県民文化祭も新たな気持でスタートします。


【日時】 7月27日(日)15時開演(14時30分開場)
【会場】 山口県教育会館ホール(山口市大手町2番18号)
【内容】
(1) 和太鼓  吉敷鳳翩太鼓保存会(山口市)
(2) 講演  江上孝則(2002きらら浜「第九」演奏会指揮者)
(3) 文芸朗読  山口中央高等学校放送部 防府商業高等学校演劇部
(4) ジャズ&邦楽
 ジャズ/ 吉田卓以トリオ
 邦楽/ ユニット和音
【入場料】 無料ですが、整理券が必要です。
整理券は、下記県民文化祭実行委員会事務局あるいは、県内6県民局で受け取ることができます。
【問合せ】 やまぐち県民文化祭実行委員会事務局(県文化振興課内)
TEL 083-933-2610 FAX 083-933-4829

県庁舎等における完全分煙(庁舎内全面禁煙)の実施

各階屋外に設置された「喫煙コーナー」

 健康増進法(平成14年法律第103号)の趣旨等を踏まえ、健康への悪影響を防ぐため、7月1日から庁舎内が全面禁煙となりました。
 実施にあたりましては、来庁者の皆さまにもご理解とご協力をお願いします。
 なお、喫煙の際には、各階屋外に「喫煙コーナー」等を設置しておりますのでご利用ください。

【問合せ】県管財課 083-933-2210


その他のトピックス・お知らせ

海峡ゆめタワー「有名人似顔絵クイズ」の実施
   山口県国際総合センター(海峡メッセ下関)で、有名人の似顔絵を展示し、名前を当てるクイズを実施しています。
  【(財)山口県国際総合センター 0832-31-5600】

平成15年度山口県職員採用中・初級試験等の実施
   県では、職員採用中・初級試験等の受験申込を受け付けています。
  【県人事委員会 083-933-4474】

秋吉台音楽アカデミー2003:AKIYOSHIDAIマスタークラス&コンサートを開催
   クラシック音楽界で著名な演奏家を講師に招き、マスタークラスを開講するとともに、講師及びマスタークラス受講生によるコンサートを開催します。
  【秋吉台国際芸術村企画課 0837-63-0020】

「ヤミ金融特別相談室」の開催
   「山口県ヤミ金融被害防止対策会議」では、6月から8月を「ヤミ金融被害対策強化期間」として、「ヤミ金融特別相談室」を開催しています。
  【県県民生活課 083-933-2601】

エコ・スタイル運動の実施
   県では、「山口県庁エコ・オフィス実践プラン」に基づき、7月1日から、「エコ・スタイル運動」(ノーネクタイなど)を実施しています。
  【県環境政策課 083-933-2690】

県庁担当者にここが聞きたい

古川暁課長

山口県環境生活部自然保護課の古川暁課長に以下の3点について聞きました。


Q. 平成16年5月に「全国野鳥保護のつどい」が阿知須町きらら浜で開催されますが、そのねらいは?

Answer
全国野鳥保護のつどい 自然というものは素晴らしいですね。私も山が好きで、県内の山によく登るのですが、山でお会いする皆さんが満足した顔というか、本当にいい顔をしていらっしゃいます。
 「全国野鳥保護のつどい」は、より多くの県民の皆さんが自然とのふれあいを通じて「山口県に住んでいて本当に良かったなあ」と心から感じ、そんな素晴らしい自然をさらに大切にしていただく、そうした循環を着実に進めていくための大きなきっかけにしたいと思っています。
 今年から県内各地で行っているプレイベントも含め、多くの皆さんに参加していただきたいと思っています。
 また、これを機に「山口県の自然環境保全のシンボルマーク」を全国からの公募により作成し、缶バッジも作りましたので、ふるさとの自然を大切にする想いの証として使っていただきたいと思います。

缶バッジは、きらら浜自然観察公園、つのしま自然館、秋吉台エコ・ミュージアム、県内各地の農林事務所、県自然保護課などで販売しています。(1個100円。売り上げ金は、自然環境保全活動の資金にあてさせていただきます。)

以下、全文は ここをクリック ご意見・ご質問はこちら
このコーナーへのご質問をお寄せください。
受付中!!
編集室からメッセージ

 梅雨明け間近。みなさん、お出かけ準備は整いましたか?
 混むとはわかっていながらも、そして疲れるとわかっていながらも、それでも行きたい海・山・お祭り!どうぞしっかり楽しんでください!

  ◆ プレゼントの当選者 ◆
   アンケート(5月13日号・6月11日号)にたくさんのご回答ありがとうございました。
 山口県特産品詰合せ「やまぐちの味」の当選者については、こちらからご覧ください。

元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策局広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
TEL : 083-933-2560 FAX : 083-933-2598
E-mail : a11000@pref.yamaguchi.lg.jp


登録変更・中止、バックナンバーの閲覧は以下のページからお願いします。
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/


元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002 All rights reserved.


<< もどる