バックナンバー



                               2009.10.23
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□■□□□■■■■■□元気発信!! 山口きらめーる
□■□■□■□■□□□■□              VOL.176[2009.10.23]
□■□■□■□■□□□■□
□■□■□■□■□□□■□発行:山口県広報広聴課
□■■■■■□■■■■■□
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a11000/index/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


★☆「山口きらめーる」テキスト版をご利用の皆さまへ☆★
HTML版「山口きらめーる」へ移行される場合は、ご面倒ですが下記URL
より一度テキストメールを解除した後、HTMLメールに登録し直してくださ
い。
 https://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/regist.html


-----------------------------------------------------
 もくじ
-----------------------------------------------------


(1)お出かけガイド


  伊藤博文公没後100年記念事業「HIROBUMI ITO 100thフェスタ」
  ○光市 伊藤博文公没後100年記念事業


  ピックアップ
  ○宇部市 第58回宇部まつり
  ○岩国市 美和サンチャロウまつり
  ○下松市 稲穂祭(きつねの嫁入り)
  ○阿東町 長門峡もみじ祭
  ○美祢市 秋吉台リフレッシュパークまつり
  ○萩市 萩時代まつり
  ○萩市 特別展示 フランスの浮世絵師 アンリ・リヴィエール展


(2)おもしろ山口学


  ○数百年眠り続けた、大内氏の出版文化を物語る「大内版法華経板木」


(3)山口県発信!これに注目!


  ○やまぐちお試し暮らし制度:県地域政策課


(4)トピックス・お知らせ


  ○「ルーラルフェスタ」を開催します
  ○「おいでませ!山口国体・山口大会」のイメージソング、ちょるるソング
   のダンスを発表
  ○「美祢市里山暮らし体験」の参加者を募集
  ○「トップランナー」語り部セッションの参加者を募集
  ○知事定例記者会見


(5)いいもん山口


  ○ケンサキイカ加工品読者プレゼント


(6)編集室からのメッセージ


-----------------------------------------------------
(1)お出かけガイド
-----------------------------------------------------
 ※天候状況など、都合により日程が変更・中止になる場合があります。


伊藤博文公没後100年記念事業「HIROBUMI ITO 100thフェスタ」


 初代内閣総理大臣・伊藤博文(いとう ひろぶみ)が亡くなって、今年で100年に
なります。博文のふるさと・光市では、没後100年を記念し、10月31日(土曜日)
と11月1日(日曜日)に、生誕地に建つ伊藤公資料館や旧伊藤博文邸(県指定有形文
化財)などで「HIROBUMI ITO 100th(ひろぶみ いとう センチュリー)フェスタ」
が開催されます。
 フェスタ開催中は、伊藤公資料館が無料開放され、館内で映画「長州ファイ
ブ」が上映されるほか、旧伊藤博文邸内にはカフェが設けられます。さらに31日
にはライトアップされた旧伊藤博文邸の前庭で屋外舞踏会「平成鹿鳴館(ろくめ
いかん)」が、1日には唱歌劇「藤公の母」の上演や、没後100年の記念切手や特
産品の販売などが行われます。
 博文は1841(天保12)年、現在の光市束荷(つかり)で生まれました。数え年9歳
の時、萩へ。松下村塾(しょうかそんじゅく)で学んだ後、いわゆる長州ファイブ
(※)の一人としてイギリスへ留学しますが、萩藩が関門海峡で攘夷戦を決行した
と聞き、急きょ帰国。以後、開国・倒幕論の志士として奔走します。1885(明治
18)年には、初代内閣総理大臣に就任。晩年、博文は先祖供養の法要をふるさと
で行うための洋館の基本設計を自ら行いますが、その建築が始まった7カ月後、
1909(明治42)年10月26日に、中国のハルビン駅で狙撃され、亡くなります。博文
が完成を見ることなく亡くなった、この洋館こそが、今回の会場の一つとなる旧
伊藤博文邸です。
 また、伊藤公資料館では、11月29日(日曜日)まで博文ゆかりの品々を展示する
「伊藤博文公遺墨(いぼく)遺品展」を開催しています。
 博文のふるさとで、博文の生涯や生きた時代に思いをはせてみませんか。


※長州ファイブ
伊藤博文、井上馨(いのうえ かおる)、井上勝(いのうえ まさる)、遠藤謹助
(えんどう きんすけ)、山尾庸三(やまお ようぞう)の5人。帰国後は政治、産業
などのさまざまな分野で活躍しました。


□光市 伊藤博文公没後100年記念事業


 HIROBUMI ITO 100thフェスタ


 【日時】10月31日(土曜日)18時から21時まで
     11月1日(日曜日)10時から15時まで
 【場所】旧伊藤博文邸、伊藤公資料館など
     ※伊藤公資料館はフェスタ開催時間中のみ無料開放


 伊藤博文公遺墨遺品展


 【期間】伊藤公ゆかりの品々
     《大磯・行橋》編:11月1日(日曜日)まで
     《日本の総理大臣の書》編:11月3日(火曜日・祝日)から29日(日曜
     日)まで
 【場所】伊藤公資料館
 【開館時間】9時から17時まで(入館は16時30分まで)
 【休館日】毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
 【入館料】一般420円、高校・大学生310円、小・中学生210円


 【問い合わせ】光市文化振興課 電話:0833-74-3607
 http://www.city.hikari.lg.jp/kyouiku/bunka/ito100-1.html


ピックアップ


□宇部市 第58回宇部まつり


 【日時】10月31日(土曜日) 前夜祭 17時30分から21時まで
     11月1日(日曜日) 本祭 10時30分から19時まで
 【場所】宇部市役所周辺
 【内容】石炭産業が栄えた宇部市で、1934(昭和9)年に「炭都祭」として始
     まった祭りです。31日の前夜祭は、ハーモニー広場(市役所裏駐車場)
     で、さまざまなステージイベントを開催。歌手で「山口ふるさと大
     使」の陣内大蔵(じんのうち たいぞう)さんのコンサートや、スト
     リートダンスコンテストなどが行われます。また1日の本祭では、山
     車(だし)が練り歩くパレード、アンガールズのステージショーなどが
     行われます。
 【問い合わせ】宇部まつり実行委員会 電話:0836-34-2050
 http://www.city.ube.yamaguchi.jp/shougyou/1/ubematuri58.html


□岩国市 美和(みわ)サンチャロウまつり


 【日時】11月1日(日曜日) 8時から16時まで
 【場所】弥栄湖(やさかこ)スポーツ公園
 【内容】この地方の方言「みちゃろう」(見てやろう)、「くうちゃろう」(食
     べてやろう)、「あるいちゃろう」(歩いてやろう)が“サンチャロ
     ウ”の由来です。地元の神楽保存会によるステージや栗ごはんの販売
     などが行われます。また、岸根(がんね)ぐりやお茶、山菜加工品など
     を販売する物産展も開催されます。
 【問い合わせ】美和サンチャロウまつり実行委員会 電話:0827-96-0132
 http://www.city.iwakuni.yamaguchi.jp/www/contents/1255564047093/index.html


□下松市 稲穂祭(きつねの嫁入り)


 【日時】11月3日(火曜日・祝日) 御神幸出発は14時から
 【場所】花岡福徳(はなおかふくとく)稲荷社
 【内容】五穀豊穣を祝い、実りの秋を感謝する祭りで、当日はみこしやきつね
     の嫁入り行列からなる、御神幸が町を練り歩きます。白狐の面をか
     ぶった新郎新婦の後ろに紋付袴姿の親族やお供が続く、神秘的なきつ
     ねの嫁入り行列をぜひご覧ください。
 【問い合わせ】下松市観光協会 電話:0833-45-1841
 http://kankou.kudamatsu.info/nenkan_g.html#shoko


□阿東町 長門峡もみじ祭


 【日時】11月3日(火曜日・祝日) 10時から15時30分まで
 【場所】道の駅「長門峡(ちょうもんきょう)」
 【内容】紅葉の美しい長門峡で行われる祭りです。ステージでは阿東夢太鼓の
     演奏やカラオケ大会、洗心(せんしん)橋下の鮎広場では鮎(あゆ)のつ
     かみ捕りなどが行われます。イベント広場では特産品の販売やバザー
     なども行われます。
 【問い合わせ】長門峡もみじ祭実行委員会(篠生公民館) 電話:083-955-0011
 http://www.ato-town.com/event.htm


□美祢市 秋吉台リフレッシュパークまつり


 【日時】11月3日(火曜日・祝日) 10時から16時まで
 【場所】秋吉台リフレッシュパーク
 【内容】全国でも珍しい洞窟(どうくつ)コンサートが、鍾乳洞の景清(かげき
     よ)洞で行われます(入場料:当日券800円)。天然の洞くつでの音色
     は、独特の響きが特徴で、毎年多くの方が美しい演奏に酔いしれま
     す。そのほか、長登(ながのぼり)太鼓の演奏、特産品の販売、フリー
     マーケット、くじ引き大会など多彩な催しがめじろ押しです。
 【問い合わせ】美祢市美東観光事務所 電話:08396-2-0343
 http://www.c-able.ne.jp/~mitou-11/html/arakaruto/waku_event/parkmaturi/index.htm


□萩市 萩時代まつり


 【期日】11月15日(日曜日)
 【場所】市内各所[萩城跡指月公園、萩城城下町、萩市役所~御許町~金谷ほ
     か]
 【内容】見どころは、毛利氏の伝統を受け継ぐ「萩大名行列」。「イーサヨー
     シ」の掛け声とともに伝統の足踏み・六方を踏みながら槍や鳥毛(と
     りげ)を投げ、持ち手を交代しながら進む「平安古備組(ひやこそなえ
     ぐみ)」と、「旦那(だんな)」と呼ばれる男児が馬にまたがる姿がり
     りしい「古萩町(ふるはぎまち)大名行列」が、金谷(かなや)天満宮を
     目指して市内を練り歩きます。
 【問い合わせ】萩時代まつり実行委員会(萩市観光課内) 電話:0838-25-3139
 http://www.city.hagi.lg.jp/portal/bunrui/detail.html?lif_id=20043


□萩市 特別展示 フランスの浮世絵師 アンリ・リヴィエール展[県立施設情報]


 【期間】12月6日(日曜日)まで
 【場所】県立萩美術館・浦上記念館
 【開館時間】9時から17時まで(入館は16時30分まで)
 【休館日】毎週月曜日(ただし11月2日、11月23日は開館)
 【料金】一般1,000円、学生・70歳以上800円
     ※18歳以下は無料
     ※教育文化週間(11月1日から7日まで)は半額。
 【内容】パリの画家、アンリ・リヴィエール(1864~1951年)は、日本の浮世絵
     を愛し、北斎の「富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)」へのオ
     マージュ「エッフェル塔三十六景」を制作したことで知られていま
     す。世界初の回顧展となる本展では、エッチング、木版画、リトグラ
     フ、水彩画など約130点の作品と資料により、リヴィエールの生涯を
     紹介します。
 【問い合わせ】県立萩美術館・浦上記念館 電話:0838-24-2400
 http://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/tokuten/H21/riviere/riviere.htm


※ご紹介したイベント以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
 その他のイベント情報は、以下のリンクをご覧ください。


・県内各地のイベント情報
 http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a123003/powerup/pguide_top.html


・県主催の行事・イベント情報
 http://webnavi.pref.yamaguchi.lg.jp/event/


・県立施設情報(美術館、博物館など)
 http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/theme/guidance/institute.html
 
・(社)山口県観光連盟のホームページ「おいでませ山口へ。」
 http://www.oidemase.or.jp/


-----------------------------------------------------
(2)おもしろ山口学
-----------------------------------------------------


数百年眠り続けた、大内氏の出版文化を物語る「大内版法華経板木」


 墨で真っ黒になった古い板から浮かび上がる、左右反転の精緻な文字…。県文
書館の所蔵品に、大内氏の栄華の時代を物語る国指定重要文化財「大内版法華経
板木(おおうちばんほけきょうはんぎ)」があります。大内版法華経板木とは、室
町時代、山口市にある大内氏の氏寺(うじでら)・氷上山興隆寺(ひかみさんこう
りゅうじ)で法華経の経典を出版するため、全8巻28品(ほん)からなる経文を59枚
の板の両面に浮き彫りにした板木のこと。1枚の大きさは、およそ縦25センチ、
横94センチ、厚さ2センチ足らずのものです。
 大内氏は室町時代、山口を本拠地とし、明(中国)などとの貿易による財力や武
力を背景に栄えた西国一の守護大名。文化への関心も高く、国内外の貴重な書籍
を収集し、出版事業まで手掛けていました。その大内氏によって出版された書籍
類を「大内版」といい、興隆寺で開版(※1)された法華経板木は大内版の一つで
す。室町時代は、出版が中央だけでなく地方でも、特に一部の有力な大名や寺院
によって行われ始めていった時代。大内氏が出版を行っていたことは、文化を普
及させようという高い見識を持ち、地方から出版という文化を発信していた証し
でもあります。
 板木に刻まれた文字から、59枚のうち55枚は、大内政弘(おおうち まさひろ)
の時代の、1482(文明14)年から1490(延徳2)年までに開版されたことが分かりま
す。残り4枚は、損傷した初版の板木を補うため、1572(元亀3)年から1578(天正
6)年にかけて作られたもの。この時すでに大内氏は滅亡し、山口は毛利元就(も
うり もとなり)の領地となっていました。
 板木は印刷を重ねるにつれ摩耗し、棄てられるため、古い板木が残ることはま
れです。しかし、大内氏の滅亡と共に、大寺院だった興隆寺も衰退したため、大
内版法華経板木は忘れられ、興隆寺の天井裏で眠ったままに。それがかえって幸
いして数百年間無事に永らえたのかもしれません。そして1998(平成10)年、大内
版法華経板木は開版の時期や願主(※2)、彫った僧侶の名前なども分かる上、開
版から500年以上を経た今も、すべての板木がそろった全国的にも非常に貴重な
ものとして、国の重要文化財に指定されたのでした。


※1 出版のための板木を作ること。
※2 願いを立てた人。


 ・関連リンク
  県文書館
  http://ymonjo.ysn21.jp/
  大内版法華経板木展(県文書館開館50周年記念事業)
  http://ymonjo.ysn21.jp/events/eve_days.html


 バックナンバー
 これまでのおもしろ山口学
 ・第139号から最新号
  http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/back-08zuihitu.html
 ・第97号から第138号
  http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/back-07zuihitu.html
 ・第22号から第96号
  http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/back-zuihitu.html


-----------------------------------------------------
(3)山口県発信!これに注目!
-----------------------------------------------------


 山口県では、「住み良さ日本一の元気県」の実現に向けて、さまざまな取り組
みを進めています。そうした取り組みの中から特徴あるものを取り上げ、毎月第
4週目の配信号で、県の担当者が紹介していきます。


やまぐちお試し暮らし制度:県地域政策課


都会で暮らす団塊の世代を中心として、地方へのUJIターン(※1)を検討する人が
増えています。県では、そうしたUJIターンを検討中の皆さんに、山口県をよく
知っていただくために、ぜひ活用していただきたい「やまぐちお試し暮らし制
度」を設けています。今回はこの制度に注目して、県地域政策課の古谷勉(ふる
や つとむ)さんに話を聞きました。


やまぐちお試し暮らし制度って、どういう制度なんですか?


[古谷さん]現在、県外にお住まいで、山口県へのUJIターンをお考えの方を対象
     としている制度です。移住地や就職先を探す際、ホテルなどに長期間
     滞在すると費用がかさみます。また、いきなり移住すると、生活し始
     めてから戸惑うことも多いかと思います。そこで、(社)山口県宅地建
     物取引業協会の協力により、山口県に移住される前に、安価にアパー
     トの部屋をお貸しして、山口県での暮らしをできるだけ長く、しかも
     気軽に体験していただき、また、その間に移住地や就職先などを探し
     ていただこうという制度を実施しています。山口県の良いところも悪
     いところも知ってもらった上で、移住していただきたいですからね。


お試し暮らしの利用期間や、部屋の間取り、費用などはどうなっていますか?


[古谷さん]利用期間は2週間で、さらに2週間の延長が可能です。間取りは1Kで、
     8帖洋室・5.5帖キッチン・バス・トイレ付きです。費用は家賃・共益
     費・駐車場代も入れて、2週間で28,000円です。光熱費と火災保険料
     は借りる方の負担となりますが、すぐに「お試し暮らし」ができるよ
     う、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン・カーテン・ふとん・ガス
     コンロなども完備しています。


1日あたり2,000円だから、ずいぶんお得ですね。それに写真を見ると、なかなか
いいお部屋ですよね!


[古谷さん]はい!使用後にはクリーニングしているので、実際とてもきれいなん
     ですよ。場所は山口市内で、車で3分の所に中国自動車道の山口イン
     ターチェンジがあり、県内のさまざまな市町を訪れるのに、とても便
     利です。また、移住後どういう暮らしをしたいのかを事前にご相談い
     ただければ、その希望に応じた「やまぐちUJIターン応援団」のメン
     バーをご紹介したりもしているんですよ。


その、やまぐちUJIターン応援団って、どういう方たちなんですか?


[古谷さん]県や県内20市町のほか、仕事・住まい・地域活動など各分野の専門機
     関の方などで構成された、UJIターンのご相談に応じる応援団です。
     例えば、就農を希望される方には(財)やまぐち農林振興公社などを、
     就漁を希望される方には県漁業者確保育成センターなどを、ボラン
     ティア活動に関心のある方にはやまぐち県民活動支援センターなどを
     ご紹介しています。


ほかにもUJIターンを検討中の方に活用をお薦めしたいことがありますか?


[古谷さん]はい!県では、山口銀行のご協力をいただき、首都圏・関西圏に在住
     の方を対象に、山口県へのUJIターン後の生活設計などに関するアド
     バイスを行う「やまぐちセカンドライフプランアドバイザー制度」を
     設けています。ご相談を希望される方は、まず東京・大阪にある県の
     UJIターン相談窓口(※2)にご連絡ください。そのほか、県内では、中
     山間地域などの空き家を紹介する「空き家バンク」や、移住に関する
     奨励金を設けている市町もあります。詳しくは県のUJIターン支援サ
     イトをぜひご覧ください!また、11月7日(土曜日)に東京ビッグサイ
     トで開催される「海外ロングステイ・国内デュアルライフフェア
     2009」に、県と県内の市町が相談ブースを出展し、セミナーも開催し
     ます。セミナーでのアンケートにお答えいただいた方には、山口の特
     産品であるふぐ茶漬けを差し上げます。ぜひご来場ください!


※1 Uターンは、出身地に帰って暮らすこと。Jターンは、出身地の近隣地域に
  帰って暮らすこと。Iターンは出身地に関係のない地域に移住すること。
※2 【東京】おいでませ山口館 電話:03-3231-1863
  【大阪】山口県大阪事務所 電話:06-6341-0755


 


 ・関連リンク
  UJIターン支援サイト「見つけて!やまぐちニューライフ」
  http://www.ymg-uji.jp/
  県地域政策課ホームページ
  http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a12300/index/
  海外ロングステイ・国内デュアルライフフェア2009
  http://www.dokodekurasu.jp/
  おいでませ山口館
  http://www.oidemase-t.jp/oidemase/index.html


 バックナンバー
 山口県発信!これに注目!
 http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/back-chumoku.html
 「山口ふるさと大使」に聞きました
 http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/back-taishi.html
 


-----------------------------------------------------
(4)トピックス・お知らせ
-----------------------------------------------------


□「ルーラルフェスタ」を開催します


  農山漁村の女性や高齢者の活躍の場となっている、朝市・直売所などを路線
 で結んだイベント「ルーラルフェスタ」が県内5路線の会場で行われます。各
 会場では新鮮な農産品などが販売されるほか、お楽しみイベントも開催され、
 毎年多くの人でにぎわいます。
  
  【期間】10月24日(土曜日)から11月30日(月曜日)まで
      ※会場により開催期間が異なります。
  【場所】県内各地(国道315号・376号沿線 ほか)
  【問い合わせ】県農林水産政策課 電話:083-933-3370
  http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/press/200910/014292.html


□「おいでませ!山口国体・山口大会」のイメージソング、ちょるるソングの
 ダンスを発表


  2011(平成23)年に開催する第66回国民体育大会「おいでませ!山口国体」、
 第11回全国障害者スポーツ大会「おいでませ!山口大会」のイメージソング
 「君の一生けんめいに会いたい」と、ちょるるソング「ファイト!ちょるる」
 のダンスが完成しました。
  これらのダンスは、両大会をダンスを通じて身近に感じていただくために制
 作したもので、今後イベント会場などさまざまな場面で披露されます。


  【ダンスの概要】・イメージソングダンス
           体操の動きを取り入れた、子どもからお年寄りまで踊れ
           るダンスです。
          ・ちょるるダンス
           ちょるるのかわいらしいイメージを表現した、みんなで
           楽しく踊れるダンスです。
          ※ダンスはWebサイトからご覧いただけます。
  【問い合わせ】おいでませ!山口国体・山口大会実行委員会
         電話:083-933-4793
  http://www.choruru.pref.yamaguchi.lg.jp/kokutai/dance/


□「美祢市里山暮らし体験」の参加者を募集


  本県への定住のきっかけづくりとして、県外にお住まいの方を対象に、美祢
 (みね)市で2泊3日の里山暮らし体験を開催します。ツリーハウスづくりや里山
 クッキング体験、空き家見学会や地元の人々との交流会などを予定していま
 す。
  
  【期間】11月21日(土曜日)から23日(月曜日・祝日)まで
  【場所】森の駅(美祢市大嶺町)
  【募集人数】10人程度
  【参加費】13,000円(小学生未満無料、高校生以下8,000円)
  【応募方法】詳しくは、県ホームページに掲載している募集要項をご覧くだ
        さい。
  [Wordファイル:76KB]
  http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/press/200909/014053_f1.doc
  【申し込み締め切り】11月17日(火曜日)
  【問い合わせ】県森林企画課 電話:083-933-3460
  http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a17700/sato-teiju/top.html


□「トップランナー」語り部セッションの参加者を募集


  県内の各分野で活躍中の方をお迎えして、トークセッションを行います。


  【内容】[テーマ] これからの社会に必要なリーダー
      [ゲストスピーカー](株)カシワバラ・コーポレーション
               代表取締役社長 柏原伸二(かしわばら しんじ)
               氏
  【日時】12月5日(土曜日) 10時30分から12時まで
  【場所】県セミナーパーク研修室101(山口市秋穂二島)
  【募集人数】先着90人
  【参加費】無料
  【応募方法】Eメールに講演名「柏原伸二氏 講座」、氏名、住所、連絡先
        を記載し、 kenmingakushu@hito21.jp あてに送信してくださ
        い。
        ※10月27日(火曜日)から受け付け開始
  【問い合わせ】(財)山口県ひとづくり財団県民学習部 電話:083-987-1710
  [PDFファイル:414.79KB] http://www.hito21.jp/pdf/200910/kashiwabara.pdf


□知事定例記者会見


  知事定例記者会見が10月16日(金曜日)に実施され、知事は新潟国体や国の概
 算要求の見直し状況などについて発表しました。
  また、記者の皆さんからは、これらに関するものや政府要望、新政権の評価
 などについての質問がありました。
  詳しくは、県ホームページに掲載している知事記者会見録をご覧ください。


  【問い合わせ】県広報広聴課 電話:083-933-2560
  http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a11000/interview/091016.html


 ・県政ワンショット
  大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介しま
  す。
  http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a11000/shot/


 ・県ホームページの注目サイト
  今回は、新たに開設したサイトと、特集で取り上げた今年没後100年になる
  伊藤博文に関するサイトを紹介します。
  
  ▼ご存じですか?「山口県民の歌」
   昭和37年に制定された「山口県民の歌」の歌詞と楽譜を見ることができま
   す。
   http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a11000/song/song.html
  ▼県広報誌「ふれあい山口」2007年3月号元気キッズレポート「初代内閣総
   理大臣 伊藤博文!」
   伊藤博文の歩みを地元中学生の皆さんが学びました。
   http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/
   fureyama/backnumber/2007-03/html/03_kids01.htm


-----------------------------------------------------
(5)いいもん山口
-----------------------------------------------------


ケンサキイカ加工品読者プレゼント


 ケンサキイカは、肉厚でありながら身が柔らかく、甘みのある「イカの女王」
とも呼ばれる最高級のイカです。萩市の須佐漁港では、地名の由来ともいわれて
いる「須佐之男命(すさのおのみこと)」の伝説にちなんで「須佐 男命(すさ み
こと)いか」、イカ釣り漁により長門市の仙崎市場に水揚げされたものを「仙崎
イカ」と呼ぶなど、各地でブランド化され販売されています。
 新鮮なケンサキイカは刺身がおすすめです。また、塩辛やスルメなどの加工品
にも向いており、贈答品として重宝されています。


[関連リンク]
山口県産こだわりの逸品「ケンサキイカ」
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/kanko/bussan/03suisan-ns.html
「やまぐちイカ海道マップ」の発行について
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/press/200807/010461.html
まるごと!やまぐち第4号(やまぐちの農水産物需要拡大協議会ホームページ)
http://www.marugoto-y.net/kohoshi/18.html


 今回は、「ケンサキイカ加工品」を読者クイズの正解者の中から抽選で5名様
にプレゼントします。


[応募方法]
 こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で「ケンサキイカ
加工品」をプレゼントします。締め切りは11月12日(木曜日)です。当選者は12月
25日配信の山口きらめーるでお知らせします。皆さん、奮ってご応募ください。
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/html/20091023/05iimon.html


[プレゼントクイズ当選者]
 9月25日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただきありがとう
ございました。「記念館の見える街 with UBE DOG ロボくん」当選者については
「アンケート結果・プレゼント当選者」のページをご覧ください。
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/anke-result/anke-result174.html


-----------------------------------------------------
(6)編集室からのメッセージ
-----------------------------------------------------


 「おもしろ山口学」でご紹介した大内版法華経板木。500年以上も前に彫られ
た板木のすべてが、今も残っていることにとても驚きました。この大内版法華経
板木が10月31日(土曜日)から12月27日(日曜日)まで、県立山口図書館ふるさと山
口文学ギャラリーで展示されます。大内氏の高い文化を今に伝える貴重な板木
を、この機会にぜひご覧ください。


 次回の配信は11月13日です。


∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞
元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!


山口県総合政策部広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
TEL:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail: a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞
新規登録、登録変更・中止、バックナンバーの閲覧は以下のページからお願いし
ます。
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを
禁止します。
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2009 All rights reserved.
∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞

バックナンバー一覧へ>>



元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策部広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566 FAX:083-933-2598
E-mail:a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
山口県総合政策部 広報広聴課のページへ
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを禁止します。
[リンク集]
ひとのくに山口ファンクラブ ひとごこち山口 VODやまぐち
つくろう!住み良さ日本一 やまぐち元気寄附金 おいでませ山口館(東京) おいでませ山口国体・山口大会
UJIターン支援サイト 見つけて!やまぐちニューライフ 山口県フィルム・コミッション
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002-2010 All rights reserved.