目次

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□■□□□■■■■■□□□□ 元気発信!! 山口きらめーる
□■□■□■□■□□□■□□□□           VOL.15[2003.2.14]
□■□■□■□■□□□■□□□□
□■□■□■□■□□□■□□□□ 発行:山口県広報広聴課
□■■■■■□■■■■■□□□□ 山口県HP http://www.pref.yamaguchi.lg.jp
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 2月4日の立春も過ぎ 、これからは春の気配が……。二十四節気では次が雨水。
 雪や氷がとけ始め、雨が降るようになる季節、今年は2月19日ごろです。
 立春、雨水、啓蟄、春分これらはとても季節を感じさせて、気持ちが和み、本当
に素敵な言葉だと思われませんか。
 古代中国で生まれた二十四節気は、1年を春夏秋冬の四つに分け、それをさらに
六つに分け、季節にふさわしい名前を付けたものです。農作業をする人たちにとっ
て季節を知り、仕事の準備をするための大切な暦であったようです。
 世の中がめまぐるしく移り変わる今日この頃、情緒ある東洋の暦を、今一度見直
してみたいものです。
 大内文化、明治維新等歴史の町山口も春間近です。萩(笠山)の椿まつり、光
(冠山)の梅まつりなど県内各地で春の行事が始まっています。
 歴史と自然いっぱいの「山口へおいでませ」。(N.F)

------------------------------------
 もくじ
------------------------------------
(1)おでかけガイド
  ○山口朝日駅伝競争大会
  ○毛利博物館 企画展「お雛さま」
  ○そば打ち教室
  ○しろ魚まつり
  ○山口県ふるさと凧あげフェスティバル
  ○平家雛流し神事
  ○美術館「小林和作と松田正平展」
      「金井精一展」
  ○山口博物館「教育博物館所蔵写真展」
  ○山口図書館「いじめがテーマの本」
  ○シンフォニア岩国「合唱作品初演演奏会4」
           「村上弦一郎ピアノリサイタル」
(2)きらめき山口情報
  ○関門海峡にまつわる観光地
(3)「きらら山口」物語
  ○冬の味覚の代表格「フグ」
(4)インフォメーション@やまぐち
  ☆お知らせ
   ○「岩国の味体験会」参加者募集
   ○「コンニャク交流会」参加者募集
   ○第6回「サンデー・インターナショナル・トーク」参加者募集
   ○維新百年記念公園「野鳥に親しむ会」参加者募集
   ○県民活動団体活動支援事業助成金の募集
  ☆トピックス
   ○周南2市2町が合併、周南市が誕生へ
   
------------------------------------
(1)おでかけガイド
------------------------------------
□萩市 第53回山口朝日駅伝競走大会
【日時】2月16日(日)9時~
 萩市役所前から下関北運動公園まで96.9キロを10区間で走る駅伝
【問合せ】萩市体育課 0838-25-7311

□防府市 毛利博物館 企画展「お雛さま」
【期 間】2月21日(金)~4月6日(日)まで
 幕末の奥方遺愛の「次郎左衛門雛」ほか、毛利家の婚礼道具を模した雛道具
を中心に、毛利家の女性にまつわる品々を展示  
【休館日】月曜日
【時 間】9時~17時
【問合せ】(財)防府毛利報公会 0835-22-0001
http://www.urban.ne.jp/home/mm1151/

□美川町 そば打ち教室
【日時】2月28日(金)10時30分~
 大水車「でかまるくん」で挽いたそば粉を使ってそば打ちをします。
【会場】美川ムーバレー特産加工室
【募集人員】16名(要予約)
【参加料】1,200円(そばの試食付き)
【問合せ】美川町役場企画係 0827-76-0330

□萩市 しろ魚まつり
【期日】3月2日(日)
【会場】JR東萩駅前
 しろ魚の「おどり食い」試食、無料
 四ツ手網漁体験、しろ魚即売、餅まきなどがあります。
【問合せ】(社)萩市観光協会 0838-25-1750
http://www.city.hagi.yamaguchi.jp/portal/taberu/sakana/spring/shirouo.html

□小野田市 山口県ふるさと凧あげフェスティバル
【期日】3月2日(日) 
【会場】きららビーチ焼野(やけの)
 手づくりの創作凧による競技大会。子どもの部、一般の部、大凧連凧の部が
あります。他にも県内外の伝統凧によるアトラクション、凧づくり教室を実施
します。
【問合せ】小野田市商工労働課 0836-83-2780
http://www.city.onoda.yamaguchi.jp/kankou/schedule/event_002.html

□下関市 平家雛流し神事
【期日】3月2日(日)
【場所】赤間神宮
 壇之浦の合戦で源氏に敗れた平家一門の慰霊のために手づくりの紙びなを
壇之浦の海岸に流す、優雅なお祭りです。
【問合せ】赤間神宮 0832-31-4138
 http://www.tiki.ne.jp/~akama-jingu/

■光市 梅まつり
【期間】3月2日(日)まで
【場所】光市冠山(かんむりやま)総合公園内梅の里(冠梅園)
 県内最大の梅園に30数種約2,000本の紅梅・白梅が咲き誇ります。
 期間中、特産品や土産品、梅の苗木・植木の販売、土・日・祝日には野点
(のだて)や芸能大会など各イベントが開催されます。
【問合せ】光市観光協会 0833-72-1400
 http://www.city.hikari.yamaguchi.jp/kankou/kankou/event1.html
(光市商工観光課)

■萩・椿まつり
【期間】2月15日(土)~3月21日(祝)
【場所】萩市笠山虎ヶ崎群生林
 約25,000本の椿が真っ赤な花を咲かせる。期間中の3月18日、19
日には、市制施行70周年記念行事として第13回全国椿サミットが開催され
ます。
【問合せ】萩市観光課 0838-25-3131 内線246
     萩観光ボランティア協会 0838-25-3527
 http://www.city.hagi.yamaguchi.jp/portal/event/winter/tubaki.html

■秋芳町 秋吉台山焼き
【日時】2月16日(日)9時30分(火入れ)
    ※雨天の場合2月22日(土)に延期(以降順延)
【見物】秋吉台展望台付近(山焼き区域内は立ち入り禁止)
 春を呼ぶ秋吉台の山焼きは例年2月に行われます。1,000人もの人が秋
吉台を取り囲み一斉に火を放ちます。枯れ草に火が放たれると、炎が風を巻き
起こして、広大な草原約1,500ヘクタールがたちまち炎の海になります。
※8時から13時まで、カルストロードへの車両進入禁止します。但し、延焼
 時間により変更があります。
【問合せ】秋芳町観光商工課 0837-62-0304

■岩国市 吉川(きっかわ)史料館「茶道具展」
【期 間】3月9日(日)まで
 当館収蔵の茶道具の名品50点にあわせて、ひな人形を初公開します。
【休館日】水曜日(祝日の場合その翌日)
【時 間】9時~17時(入館は16時30分まで)
【入館料】大人/500円、大・高校生/300円、小・中学生/200円
【問合せ】吉川史料館 0827-41-1010

☆セミナー&イベントカレンダー
  イベント等の詳しい情報は県ホームページで紹介しています。
  ▽市町村
  http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/chiiki/site/info/oshirase.htm
  ▽県関係
  http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/event/index.htm

☆山口県観光連盟のホームページ
  http://www.oidemase.or.jp

○県立施設展示情報

◇山口県立美術館
  ▽小林和作(こばやしわさく)と松田正平(まつだしょうへい)展
  ▽金井精一(かないせいいち)展
 【期間】3月30日(日)まで
 【休館日】毎週月曜日
 【料金】一般190円/学生120円
     70歳以上、18才以下および19歳以上の高等学校、盲学校、
     ろう学校、養護学校の生徒は無料
 【電話】083-925-7788
     http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/kenbi/

 ◇山口県立山口博物館
  教育博物館所蔵写真展
 【期間】3月23日(日)まで
 【休館日】毎週月曜日
 【料金】一般130円/学生80円
     70歳以上、18才以下および19歳以上の高等学校、盲学校、
     ろう学校、養護学校の生徒は無料
 【電話】083-922-0294
     http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/4hakubut.htm#d

 ◇山口県立山口図書館
  いじめがテーマの本
 【期間】2月27日(木)まで
 【休館日】毎週月曜日
 【料金】無料
 【電話】083-924-2111
     http://www.library.pref.yamaguchi.lg.jp/

 ◇シンフォニア岩国
  ▽合唱作品初演演奏会4
   【日時】3月2日(日)14時開演
   【料金】前売券(全席自由)発売中
       一般1,500円/学生500円
   http://www6.ocn.ne.jp/~sinfonia/image2/chor2/chor2.html
  ▽村上弦一郎(むらかみげんいちろう) ピアノリサイタル
   【日時】3月16日(日)14時開演
   【料金】前売券(全席自由)発売中
       一般2,000円/学生1,000円
    http://www6.ocn.ne.jp/~sinfonia/image2/murakami/murakami.html
 【電話】0827-29-1600
 
 ◆山口県立萩美術館・浦上記念館
 ◎期間中同時開催
  ★幕末明治を生きた浮世絵師シリーズ(1)
   「落合芳幾(おちあいよしいく)の世界」
  【会 期】3月2日(日)まで
  ★華やかな明代陶磁器展
  【会 期】4月6日(日)まで
  【休館日】月曜日休館
  【料 金】一般500円、学生400円
       70歳以上、18才以下および19歳以上の高等学校、盲学校、
       ろう学校、養護学校の生徒は無料
 【電 話】0838-24-2400  
      http://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/

------------------------------------
(2)きらめき山口情報
------------------------------------
◇関門海峡(かんもんかいきょう)周辺の観光地

○巌流島(がんりゅうじま)
 ▽島を眺めるポイント
   巌流島を眺めるなら、海峡ゆめタワーが一番です。西日本一の高さを誇る
  地上143メートルの展望室からは巌流島を足下に見ることができます。も
  ちろん関門海峡をはじめ対岸の北九州や下関市街地、響灘(ひびきなだ・日
  本海)と360度の大パノラマをお楽しみいただけます。
 【営業時間】9時30分~21時30分(入館は21時まで)
 【展望料金】 大人600円/小・中学生300円
 【駐車場】乗用車150台
 【アクセス】JR下関駅から徒歩約7分
       中国自動車道下関ICから車で約15分
 【問合せ】(財)山口県国際総合センター 0832-31-5600  
  http://www.joho-yamaguchi.or.jp/messe/yum/index.html
http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kanko/ja/ganryujima/view.html

 ▽島へ上陸
  巌流島の整備が完了し、平成15年1月より上陸可能になりました。
  ・巌流島上陸認定証
    巌流島の上陸記念に上陸認定証付きのハガキをどうぞ!
    3月から実施予定
    【問い合わせ】下関市観光振興課 0832-31-1350
 http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kanko/ja/ganryujima/ebent.html
  ・巌流島決闘寸劇
    武蔵・小次郎の決闘を再現した寸劇を巌流島で上演します。
    3月21日から実施予定(※土・日・祝日のみ)
    【問い合わせ】下関市観光振興課 0832-31-1350
 http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kanko/ja/ganryujima/ebent.html

 ▽巌流島展
   巌流島の現状や歴史、武蔵の足跡や年表をはじめ、巌流島や武蔵・小次郎
  に関連した地元商品等を紹介する「巌流島展」を開催しています。
   展示場所は唐戸レトロ建築の一つ「旧秋田商会ビル」の1Fフロア。 
 【期間】12月28日(日)まで
 【開館時間】9時30分~17時
 【休館日】月曜日(休日の場合開館)
 【入場料】無料
 【アクセス】JR下関駅からバス約7分「唐戸」下車、徒歩約1分
 【問合せ】下関市観光振興課 0832-31-1350
 http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kanko/ja/ganryujima/ebent.html

○海響館(かいきょうかん)
 2001年4月にオープンした「海響館」は、単なる水族館ではなく、古くか
ら海と密接な関係を持つ下関ならではの「水産」や「生活」といった日常生活に
密着した海洋環境学習ができるようになっています。
 4階建ての館内には、潮流・波・渦潮等、関門海峡の自然を再現した「関門海
峡潮流水槽」をはじめ、下関周辺の自然や熱帯雨林の景観を再現した「ジオラマ
水槽」や、生物をとりまく多様な環境を展示した「水のいきものと海」、下関の
シンボル的存在でもあるトラフグや、世界中の50種類のフグにも出会える「フ
クの世界」など多彩な内容となっています。また「生態観察ゾーン」ではイルカ
やアシカのショーも楽しめます。(カリフォルニアアシカのムサシ君たちが武蔵・
小次郎の決闘シーンを再現してくれます。)
 さらに1階の「無料開放ゾーン」では、世界でも珍しい、日本では唯一のシロ
ナガスクジラの骨格標本(全長26メートル)が展示されています。
【開館時間】9時30分~17時30分
      ※繁忙期は時間の変更あり
【休館日】年中無休
【入館料】大人1,800円/小・中学生900円/幼児(3歳以上)400円
【駐車場】1,300台(1日/700円)
【アクセス】JR下関駅からバスで約7分「唐戸」下車、徒歩約4分
      中国自動車道下関ICから車で約15分 
【問合せ】(財)下関海洋科学アカデミー 0832-28-1100
 http://www.kaikyokan.com/

○下関市地方卸売市場 唐戸市場(からとしじょう)
 昔から山口県西部地域、北部九州地域の台所として親しまれてきた「唐戸市場」
が2001年4月、装いも新たにオープンしました。おさかなセンターや新鮮な
魚介類をふんだんに使用したレストランなどを備え、新鮮な海の幸を中心に、お
客様に水産都市下関ならではの楽しいショッピング体験を提供します。
【営業時間】平日・土 3時30分~12時まで
      日・祝日 7時~12時まで
【休日】不定期のため、下記までお問い合わせください。
   (月2回水曜日を休業する予定です)
【駐車場】572台(有料)
【アクセス】JR下関駅よりバスで約7分「唐戸」下車、徒歩約4分
      中国自動車道下関ICから車で約15分 
【問合せ】下関市地方市場課 0832-31-1440
http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kanko/ja/map/karato-area.html
 
○下関フィッシャーマンズワーフ「カモンワーフ」
 関門海峡を望む唐戸地区に、レストランゾーン、ショッピングゾーン、インフォ
メーション機能を併せ持ち、関門の海の幸を満喫できる下関フィッシャーマンズワ
ーフ「カモンワーフ」が2002年4月にオープンしました。店舗数はおよそ45
店舗で、ふくやクジラ専門のお店のほか、韓国食材のお店など下関らしさを全面に
打ち出しています。中にはウニを使ったソフトクリームなど、他ではお目にかかれ
ないものもあります。オープンデッキもあって開放的な雰囲気を味わえます。カモ
ンワーフは「海響館」から歩いて3分、「唐戸市場」からは歩いて1分です。
【営業時間】物販サービス 10時~20時
      飲食     11時~22時
【休日】年中無休
【駐車場】約90台(有料)
【アクセス】JR下関駅よりバスで約7分「唐戸」下車、徒歩約3分
      中国自動車道下関ICから車で約15分 
【問合せ】カモンワーフ事務局(下関フィッシャーマンズワーフ株式会社)
     0832-28-0330
http://www.kamonwharf.com/

○関連ホームページ
 山口県観光連盟(武蔵VS小次郎)
 http://www.oidemase.or.jp/musashi/musashi.html
 関門海峡観光GUIDE(関門海峡観光推進協議会)
 http://www.kanmon.gr.jp/

------------------------------------
(3)「きらら山口」物語
------------------------------------
○冬の味覚の代表格「ふぐ」
 県外広報誌『きらら山口』冬号では、山口県の旬の味を紹介する「カラダにえ
いよう」コーナーで、ふぐを紹介しています。
 寒さもピークのこの時期、山口県、わけても下関は全国のグルメたちから熱い
視線を浴びています。下関は冬の味覚の代表格「ふぐ」の本場として知られてい
るからです。山口では、幸福に通じるとして、ふぐは「ふく」と呼ばれています。
 市内彦島(ひこしま)にある南風泊(はえどまり)市場のふぐ水揚量は全国屈
指。早朝3時30分から始まるふぐのせりは「袋せり」と呼ばれ、仲買人とせり人
が袋に手を入れて金額を決める独特のスタイルです。南風泊市場では、毎年1月
4日にふぐの初せりを行い、「エーカ、エーカ」の威勢のいい掛け声とともに、
新年のスタートを切ります。また、毎年2月9日は「ふくの日」。漁の神様とし
て古くから信仰を集めている下関市の恵比須(えびす)神社で「下関のふく」の
豊漁と航海の安全、業界の発展を願う祈願祭が行われ、翌々日の2月11日には南
風泊市場で「下関ふくの日まつり」が開催されます。まつりではジャンボふく鍋
がふるまわれ、ふくや関連商品の即売も多くの人で賑わいます。
 ふく刺しにつきものの薬味といえば細ネギですが、これも下関市内で生産され
る安岡ネギが主流です。安岡ネギは、明治25年に下関市安岡の村崎新兵衛が東京
の千住ネギの種を取り寄せて栽培を始めたもので、ワケギのように細くて香り高
く、水分も少ないことから、ふく刺しの薬味に使われるようになりました。緑の
色も濃く、透き通るように薄くひいたふく刺しと、やはり薬味に欠かせないもみ
じおろしとの色の調和も見事です。ふく料理はこの時期、県内各地で予算に合せ
て楽しめますが、ふく刺し、空揚げ、ふくちり、雑炊、ヒレ酒などがそろったふ
くフルコースは、食通たちの憧れの的。南風泊市場では「ちりの後、ふくのうま
みがしみた雑炊こそ最高」との声も聞かれました。

<参考ホームページ>
 県外広報誌「きらら山口」~カラダにえいよう
 http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/backnum/02_winter/yeiyo_karada.html

------------------------------------
(4)インフォメーション@やまぐち
------------------------------------
□お知らせ
◇「岩国の味体験会」参加者募集
 「岩国の味体験会」の参加者を募集しています。
 岩国地域の特産「岩国れんこん」の収穫作業や料理体験、季節の献立の紹介
などを通じて、参加者に岩国地域の農産物への愛着を深めていただきます。
【期  日】 2月23日(日) ※雨天実施
【会  場】 岩国市地方卸売市場(岩国市尾津町5丁目)
【内  容】 (1)掘り取り体験コース
         「岩国れんこん」掘り取り体験
          ▽レンコン4キロの持ち帰りができます。
       (2)料理体験コース
          地元の食材を使った料理体験
        ※(1)または(2)のどちらかを選択
       (3)共通
          岩国地域の季節の献立の紹介
          講演「ごはんを食べて健康な生活を!~日本型食生活のすす
             め~」
【募集人員】 各コース40人
【参加料金】(1)掘り取りコース 2,000円(小学生以下1,500円)
      (2)料理体験コース 1,000円(小学生以下500円)
         ※追加料金1,000円でレンコン4キロの持ち帰りができます。
【募集締切】2月20日(木)※定員になり次第締切ります。
【申込み】 「岩国地域食と緑の県民フォーラム」事務局
       0827-29-1561
 http://www.nourin.pref.yamaguchi.lg.jp/hp/chiiki/iwakuni/index.htm

◇「コンニャク交流会」参加者募集
 錦町の特産品である「コンニャク」を通じて多くの皆様に農林業や農山村への
理解を深めてもらおうと、手作りコンニャクの加工体験や加工グループとの交流
を図る「コンニャク交流会」が開催されます。
【日  時】 3月1日(土) 10時~15時
【会  場】 錦ふるさとセンター(錦町広瀬)
【内  容】 ▽手作りコンニャクの加工体験(コンニャクは持ち帰りできます)
       ▽交流会  ・加工グループによるコンニャク自慢大会
             ・自慢のコンニャク料理の試食会
             ※昼食は弁当を準備します。
【募集人員】 50人
【参加料金】 1,000円(小学生以下 500円)
【募集締切】 2月26日(水)※定員になり次第締め切ります。
【申込み】 「岩国地域食と緑の県民フォーラム」事務局
       0827-29-1561
【その他】  岩国総合庁舎から会場まで、送迎バスを運行します。
       往復利用料金 1,000円
 http://www.nourin.pref.yamaguchi.lg.jp/hp/chiiki/iwakuni/index.htm

◇第6回「サンデー・インターナショナル・トーク」参加者募集
 (財)山口県国際交流協会では平成14年度“グローバル山口”外国文化講座
第6回「サンデー・インターナショナル・トーク」を開催します。
 「日本がEUから学べること-新しい挑戦を続けるヨーロッパ」と題し、講師
に山口県立大学助教授の小川秀樹氏を招いて、座談会方式で現在のヨーロッパ情
勢について学びます。
【日 時】2月23日(日) 14時~16時
【場 所】海峡メッセ下関4F「グローバル・サロン」
【受講料】一般 300円 ※当日お支払いください
     当協会賛助会員 無料
【申 込】受講希望講座実施日、住所、氏名(ふりがな)、年齢、性別、職業、
     電話番号を記入の上、ハガキ、FAX、Eメールでお申し込みくださ
い。
     ※当協会賛助会員の方は会員番号もご記入ください。
【主 催】(財)山口県国際交流協会
【問合せ】(財)山口県国際交流協会 下関分室 グローバル・サロン
      〒750-0018
      下関市豊前田町3-3-1 海峡メッセ下関403号
      電話 0832-31-5770 FAX 0832-33-3522
      Eメール gsalon@yiea.or.jp
 http://www.yiea.or.jp/what_new/030114/sit.html

◇維新百年記念公園「野鳥に親しむ会」参加者募集
 維新百年記念公園内で、日本野鳥の会山口支部会員の指導により、野鳥観察を
行います。
 詳しくはホームページをご覧ください。
 http://www6.ocn.ne.jp/~ishin100/
【日 時】3月8日(土)8時30分~
【会 場】山口市 維新百年記念公園・山口県スポーツ文化センター
【参加料】無料
【申込み】電話、はがき、FAXにて、氏名、住所、電話番号をお知らせくださ
い。
【申込先】維新百年記念公園管理事務所 指導課
     電話 083-922-3712 FAX 083-928-3374
     〒753-0811
     山口市吉敷北河内3995-1
【締切り】3月5日(水)※定員になり次第締め切ります。

◇平成15年度やまぐち県民活動きらめき財団県民活動団体活動支援事業助成金
 の募集
 個性豊かな地域社会の実現に寄与することを目的に、県民活動団体等が行う、自
主的・主体的な活動に必要な経費を助成します。
 助成対象事業は県民活動スタートアップ支援事業及び県民活動パワーアップ助成
事業です。
 助成の額、要件等詳しい内容については、(財)やまぐち県民活動きらめき財団
までお問い合わせください。
 ☆県民活動スタートアップ支援事業
  県民活動団体が新たに取り組む普及啓発、活動の拠点整備、ネットワークの形
  成、研修及び人材養成などの事業
 ☆県民活動パワーアップ助成事業
  県民活動団体が新たに取り組む広域ネットワークの構築、ネットワーク活動に
  必要な拠点の整備、ネットワークを活用した地域の課題に対する先駆的・実験
  的な取組みなどの事業
【対象者】 ▽県内に事務所を置くNPO法人
      ▽コミュニティ活動、ボランティア活動、NPO活動を行う団体であ
      って組織の運営に関する規則(会則等)があり、継続的に活動を行う
      見込みのあること。
【助成額】 ▽県民活動スタートアップ支援事業 助成限度額  10万円
      ▽県民活動パワーアップ助成事業  助成限度額 100万円
【募集期限】▽県民活動スタートアップ支援事業
       ・前期 2月28日(金)当日消印有効
       ・後期 8月31日(日)当日消印有効
      ▽県民活動パワーアップ助成事業
           3月31日(月)当日消印有効
【募集件数】▽県民活動スタートアップ支援事業
       ・前期 50件
       ・後期 50件
      ▽県民活動パワーアップ助成事業
            4件
【問合せ】 (財)やまぐち県民活動きらめき財団
      〒753-8555 山口市大手町9-6 山口県社会福祉会館4F
      電話 083-924-9090  FAX 083-924-9096
      E-mail:kirazd@nifty.com
 http://homepage3.nifty.com/kirameki/

◆平成15年度県政モニター募集
 県では県民の皆様のご意見やご提言を県政に反映させるため、平成15年度
県政モニターを募集しています。
【応募資格】県内にお住まいの20歳以上の方
      (公務員等、過去2年以内のモニター経験者を除く)
【募集人員】80人
【任期】  委嘱日~平成16年3月31日
【主な仕事】アンケートへの回答、モニター会議への出席、県政に関する提言
【応募方法】応募の動機を300字程度にまとめ、住所、氏名、年齢、性別、
      職業、電話番号を記入し、郵便、FAX、Eメールにて送付して
      ください。
      ホームページでのお申し込み
 http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/monitor/monitor.htm
【応募期限】3月3日(月)必着
【問合せ】 県広報広聴課 083-933-2560
 http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/monitor/index.htm


□トピックス
◇周南2市2町が合併、周南市の誕生へ
 2月3日(月)発行の官報において、徳山市、新南陽市、熊毛町及び鹿野町
を廃し、その区域をもって周南市を設置することについて、総務大臣により告
示されました。
 これにより、地方自治法に基づく合併の手続きが完了し、平成15年4月
21日に周南市が誕生することとなります。
【問合せ】県市町村合併推進室 083-933-2303


☆☆☆お詫びと訂正☆☆☆
 前号(Vol14,1月24日配信)のインフォメーション@やまぐち、
トピックスでお知らせしました、『ふぐ魚醤の開発』の記事中、担当者の
名前に誤りがありました。誤「柏木 亨」 正「柏木 享」となります。
お詫びして訂正いたします。

※※
<<ひとのくに山口ファンクラブのご案内>>>
 県では、県外にお住まいの方を対象に、ひとのくに山口ファンクラブの会員を募
集しています。会員になると、県特産品プレゼント、県外広報誌の進呈、観光情報
の提供や各種施設の利用料金の割引が受けられます。年会費は1,500円です。
 興味のある方は下記アドレスのホームページをご覧ください。

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/03.htm


編集後記
 花粉症の季節がやってきました。今年は早めに医者に行ったところ、今年の花粉
量は昨年の1.5倍になると言われました。くしゃみ、鼻水、目のかゆみと、まさ
に三重苦ですが、なによりつらいのは外出時に花粉を避けるために、マスク、専用
めがね、黒のフリースの帽子のその姿は、とっても怪しい人になってしまうことで
す。
次回の配信は、2月28日です。(M)


∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞
元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策局広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
TEL:083-933-2560 FAX:083-933-2598
E-mail: a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞
登録変更・中止、バックナンバーの閲覧は以下のページからお願いします。
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを
禁止します。
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002 All rights reserved.
∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞

<< もどる