目次

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□■□□□■■■■■□□□□ 元気発信!! 山口きらめーる
□■□■□■□■□□□■□□□□           VOL.13[2003.1.10]
□■□■□■□■□□□■□□□□ 
□■□■□■□■□□□■□□□□ 発行:山口県広報広聴課
□■■■■■□■■■■■□□□□ 山口県HP http://www.pref.yamaguchi.lg.jp
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 あけましておめでとうございます。
 「山口きらめーる」は、山口県のさまざまな「元気」を県内外の皆様に発信して
いくため、昨年7月に創刊しましてから、今回で13回目をお届けすることとなり、
無事新年を迎えることができました。これもひとえに読者の方々の暖かいご支援の
たまものと感謝いたしております。
 さて、私は「元気で存在感のある」山口県の実現のため、「自立」「協働」「循
環」をキーワードに県内各地域の活性化を図り、県の総合力を高めていくことが重
要であると考え、そのためのいろいろな施策を展開しているところです。「山口き
らめーる」でも、県の取り組みについてお知らせしていきます。
 私は、多くの方がいろいろな山口県の「元気」を体験し、実感していただきたい
と思っています。そして多くの皆さんが元気になっていただきたいと思っていま
す。
「山口きらめーる」がその一助となれば幸せに存じます。
 最後になりましたが、皆様にとってすばらしい年となりますようにお祈り申し上
げます。
 山口県知事 二井 関成(にい せきなり)

------------------------------------
 もくじ
------------------------------------
(1)おでかけガイド
  ○中国山口駅伝競走大会
  ○文書館「明治期の絵ハガキ年賀状」
(2)きらめき山口情報
  ○幸福の魚“フク”
(3)「きらら山口」物語
  ○巌流島の謎その3
(4)インフォメーション@やまぐち
  ☆お知らせ
   ○海峡ゆめタワー「タワーサポーター」募集
   ○サービス向上アンケートを実施しています
  ☆トピックス
   ○知事年末、年頭記者会見
   ○平瀬発電所の建設着手

------------------------------------
(1)おでかけガイド
------------------------------------
□中国山口駅伝大会
【日 時】1月26日(日) 10時スタート
【コース】宇部市役所前スタート~県庁前~徳山市役所前ゴール
  一般の部(19チーム)、郡市の部(20チーム)、高校の部(16チーム)
が、宇部市から徳山市までの7区間、84.4キロを疾走します。
 実業団の強豪カネボウ(防府市)や全国高等学校駅伝競走大会優勝の西脇工業
高校(兵庫県)、地元山口市の西京高校など、中国地方を中心に有力チームが参
加して、レベルの高いレースを繰り広げます。
【問合せ】県保健体育課 083-933-4684

■岩国市 吉川(きっかわ)史料館「茶道具展」
 【期 間】3月9日(日)まで
   当館収蔵の茶道具の名品50点にあわせて、ひな人形を初公開します。
 【休館日】水曜日(祝日の場合その翌日)
 【時 間】9時~17時(入館は16時30分まで)
 【入館料】大人/500円、大・高校生/300円、小・中学生/200円
 【問合せ】吉川史料館 0827-41-1010
 
■防府市 毛利(もうり)博物館 企画展「正月飾り」
 【期 間】1月26日(日)まで
   毛利元就所用の「日の丸軍扇」や後水尾天皇(ごみずのおてんのう)下賜
 (かし)の「御重代太刀(ごじゅうだいたち)」からなる「正月飾り」のほか、
  晴れの衣裳および装身具など、毛利家伝来の品々を展示します。
 【休館日】月曜日
 【時 間】9時~17時
 【問合せ】(財)防府毛利報公会 0835-22-0001
  http://www.urban.ne.jp/home/mm1151/

☆セミナー&イベントカレンダー
  イベント等の詳しい情報は県ホームページで紹介しています。
  ▽市町村
  http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/chiiki/site/info/oshirase.htm
  ▽県関係
  http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/event/index.htm

☆山口県観光連盟のホームページ
  http://www.oidemase.or.jp

○県立施設展示情報
 ◆山口県文書館
  明治期の絵ハガキ年賀状-田中義一のロシア留学時代-
 【会期】1月30日(木)まで 日曜・祝日休館
 【料金】無料
   萩出身の田中義一(第26代内閣総理大臣)が明治31年から5年間ロシア
  に派遣されていた時の絵ハガキアルバムから新年の年賀状を35点ほど展示し
  ます。100年前のロシア、ドイツ、フランス、イギリス各国と日本製の絵ハ
  ガキを比較しながら、美意識や印刷技術の違いを見るのも面白いでしょう。
 【電話】 083-924-2116
  http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/4monjo.htm

 
 ◆山口県立美術館
  マン・レイ写真展
 【会 期】2月2日(日)まで
 【休館日】月曜日休館(ただし1月13日は開館、1月14日は休館)
 【料 金】一般1000円、学生800円
      70歳以上、18才以下および19歳以上の高等学校、盲学校、ろう
      学校、養護学校の生徒は無料
 【電 話】083-925-7788
  http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/common-files/kenbi/kikakuten.html

 ◆山口県立萩美術館・浦上記念館
  ◎期間中同時開催
   ★北斎・広重・国芳 富士の風景
   【会 期】1月26日(日)まで
   ★華やかな明代陶磁器展
   【会 期】4月6日(日)まで

   【休館日】月曜日休館(ただし1月13日は開館、1月14日は休館)
   【料 金】一般500円、学生400円
       70歳以上、18才以下および19歳以上の高等学校、盲学校、
       ろう学校、養護学校の生徒は無料
   【電 話】0838-24-2400  
    http://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/

 ◆シンフォニア岩国
  ★ウィーン・シュトラウス・フェスティヴァル・オーケストラ
  【出演】ヴィリー・ビュッヒラー(指揮・ヴァイオリン)
      錦織 健(テノール)
      頼近 美津子(ナビゲーター)
  【曲目】喜歌劇「こうもり」序曲、トリッチ・トラッチ・ポルカ、
      ワルツ「美しく青きドナウ」、クラッフェンの森にて ほか(予定)
  【日時】1月24日(金)19:00開演
  【料金】前売り券発売中
      S席/5,000円、A席/4,000円、B席/3,000円、
      学生席/1,500円(小中高生/1,000円)
      当日 学生席以外は500円増
   http://www6.ocn.ne.jp/~sinfonia/ev1.htm

------------------------------------
(2)きらめき山口情報
------------------------------------
◇幸福の魚“フク”
 山口県では、幸福の福につながるということから、フグをフクと呼び「県の
魚」に指定しています。
 主な漁場は、黄海や東海、瀬戸内海などです。徳山市の給島(すくもじま)
は、フグはえなわ漁の発祥の地といわれています。
 フグの本場・下関の南風泊(はえどまり)市場には、全国からフグが水揚げ
され、平成9年度の取扱量は2,700トン、取扱金額約77億円で全国第1
位となっています。
 フグは、黒い袋の中で仲買人がせり人の指を握って競り落とす、「袋せり」
といわれる独特の方法でせり落とされ、全国の市場に向けて出荷されます。ま
た、山口県で処理されたフグはアメリカへも輸出され、ニューヨークでも「ふ
ぐさし」が食べられます。
 最近は、天然物のフグ水揚げが減少している一方で、フグ養殖が盛んになり、
南風泊市場の総水揚げのうち、養殖物が占める割合は70%にも及んでいます。
 【フグは食べたし命は惜しし】
 ところで、フグには「テトロドトキシン」という猛毒があり、フグの調理に
は免許が必要です。山口県では「ふぐの処理の規制に関する条例」で定めてい
ますが、フグの本場山口県で条例が制定されたのは昭和56年と、割と最近の
ことです。大阪では昭和23年、東京では昭和24年に定めていますから、他
県と比べるとかなり遅かったことが分かります。本場であるがゆえその調理に
自信を持っていたのかもしれませんが、条例は他県と比べても厳しくなってお
り、きちんと処理されたフグは安心して食べることができます。

※下関市唐戸(からと)市場では、3月までの第2・4日曜日に「袋せり教室」
を開催しています。
 問い合わせは下関卸売市場地方市場課(0832-31-1440)

○関連ホームページ
Web新鮮やまぐち(山口県の魚ふくのページ)
 http://www1.sphere.ne.jp/shinsen-yg/shinsen003.htm


------------------------------------
(3)「きらら山口」物語
------------------------------------
○巌流島の謎その3
 巌流島の元々の名は「船島」。それがなぜ敗者である佐々木巌流小次郎の名を
とって、巌流島と呼ばれるようになったのでしょうか。下関は平家終焉の地とい
うこともあり、どちらかといえば判官びいきな土地柄で、それ故に小次郎を一層
憐れんで巌流島と呼ぶようになったのではという説があります。そういえば取材
の折、武部忠夫(たけべただお)さんから「巌流島の母島の彦島では『船島伝説』
という興味深い物語が語り継がれているんですよ」とうかがいました。その伝説
によれば、長門国に棒術使いの眼龍、九州豊前に大刀使いの弁という人がいて、
船島で雌雄を決しようと一対一で闘うことになった。しかし、弁は多くの門弟を
連れて島へ渡り、一人で立ち向かった眼龍を倒してしまう。勝った弁もその後、
何者かに小倉で殺されてしまった…というのです。「弁」という名は、武蔵の幼
名「弁之助」からきているという説があり、下関に伝わる伝説では、武蔵があま
りよく思われていない節がうかがえます。また、『沼田家記』には次のようなこ
とが記されています。小次郎は小倉城下で取り立てられて出世したが、何か不都
合なことがあって、藩の意志で船島の試合にかこつけて謀殺された。勝った武蔵
も、細川藩の謀殺と知った小次郎の弟子たちに追われたが、門司城代沼田氏のと
ころへ逃げ込んで助けられた…と。
 巌流島という島の名に何が込められているのか。さて、あなたはどうお考えで
しょうか。

(参考文献/絹の道の会『しものせき・人・物語(四)』、
高田泰史『宮本武蔵玄信の実像』他)

<参考ホームページ>
 山口県観光連盟 「武蔵VS小次郎」
 http://www.oidemase.or.jp/musashi/musashi.html
 下関市
 http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp
 岩国市
 http://www.city.iwakuni.yamaguchi.jp

※ 県外広報誌「きらら山口」のホームページはこちらから。
 http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp

------------------------------------
(4)インフォメーション@やまぐち
------------------------------------
□お知らせ
◇海峡ゆめタワー「タワーサポーター」募集
 山口県国際総合センター(愛称 海峡メッセ下関)では、下記のとおり「タワー
サポーター」を募集します。
【資 格】海峡ゆめタワーを応援してくださる個人及び企業・団体等
【特 典】サポーター証を交付します。
     「タワーサポーター」が観光案内等で、1名以上の同伴者(有料)を伴
     って海峡ゆめタワーを利用される場合に、「タワーサポーター」の入場
     料が無料になります。
【役 割】海峡ゆめタワーのPR及び同伴者との入場による利用促進に努めてくだ
     さい。
【任 期】(1)個人 
       平成15年4月1日から平成16年3月31日までの1年間
     (2)企業・団体等
       平成14年度の施行日から平成16年3月31日まで(更新可)
【応 募】(1)個人
       「海峡メッセ下関」に対する意見、提案、要望を400字以内に
       まとめ、住所、氏名、年齢、電話番号を併記の上、FAX、
       Eメール、郵便でご応募ください。
     (2)企業・団体等
       FAX、Eメール、郵便で応募してください。
      ※個人については応募者の中から50名程度を選ばせていただきま
       す。
【締 切】(1)個人 
       平成15年1月末まで
     (2)企業・団体等
       平成15年1月末まで(それ以降も応募可能)
【問合せ】 〒750-0018 下関市豊前田町3-3-1
       海峡メッセ下関1階インフォメーションセンター
       電話 0832-31-5600 FAX 0832-31-5598
       E-mail messe@joho-yamaguchi.or.jp

◇「サービス向上アンケートを実施しています!」
 県では、昨年10月から、県民の皆さんと県との接点におけるサービスについ
て、より満足していただけるよう「県民の視点に立ったサービスの提供」をテーマに、
“3つのもっと運動(“もっと分かりやすく”“もっとスピーディーに”“もっと
しなやかに”)”を展開しています。 
 皆さんの声をこの運動に反映させ、取組を一層進めるためにサービス向上に関す
るアンケートを実施していますので、ご協力をお願いします。
【期 間】平成15年1月7日(火)~1月31日(金)
【方 法】(1)期間中、来庁(本庁、出先機関)された方へアンケート用紙を配
        布
     (2)期間中、県ホームページにアンケートコーナーを掲載
        なお、県ホームページでのアンケートはこちら
        URL http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/jinji/anke.htm
【問合せ】県人事課  電話 083-933-2036 FAX 083-933-2059
      E-mail a10200@pref.yamaguchi.lg.jp

◆かぐや姫の里・竹林オーナー募集
 山口県西部森林組合では、下関市王喜(おうき)地区において、地元住民と
都市住民の交流・連携による里山再生活動「かぐや姫の里づくり」を展開して
おり、この取組の一環として契約により都市住民に竹林を開放する「かぐ
や姫の里・竹林オーナー制度」を創設し、オーナーを募集しています。
 竹林オーナーは、契約区域の竹林を適正に管理することで、竹材やタケノコ
の収穫が可能になります。
【制度概要】
 ▽募集区画数 20区画(1区画は300平方メートル)
 ▽契約期間  平成15年4月1日~平成18年3月31日
 ▽年間利用料 1区画1万円(契約時に3カ年分を一括納入)
【募集期間】 募集中 2月14日(金)まで
【申込・問合せ】 山口県西部森林組合
         TEL 0837-66-0180 FAX 0837-66-0332
 http://www.rettou.ne.jp/jouhou/shinrin/

◆第3回キラリンピックのスローガン募集
 平成15年度に開催される山口県障害者スポーツ大会「第3回キラリンピック」
の大会スローガンを募集します。
【募集期間】募集中 1月17日(金)まで
【応募資格】山口県内に居住している方
【募集内容】小学生部門、中学生部門、高校生・一般部門
      なお、作品は未発表のものに限り、障害者スポーツ大会にふさわし
      いものとします。
【応募方法】市町村・県健康福祉センター福祉部に備え付けの応募用紙、
      又はハガキ、メールにスローガン、住所、氏名(フリガナ明記)、
      年齢、職業(児童・生徒は学校名、学年)電話番号を明記して、
      次の宛先に送付してください。一人何点でも応募できます。
【応募先・問合せ】〒753-8501 山口市滝町1-1
         山口県健康福祉部障害福祉課内
         山口県障害者スポーツ大会運営委員会事務局
         TEL 083-933-2765 FAX 083-933-2779
         メール a14100@pref.yamaguchi.lg.jp
 http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/shogai/pararin.htm

◆看護学生募集
 県立衛生看護学院と県立萩看護学校の看護学生を募集します。
 ▼県立衛生看護学院(防府市)
  ・第一看護学科(修学年限3年)
  【募集人員】50人
  【試験日】1月30日(木)、1月31日(金)
  ・第二看護学科(修学年限2年)
  【募集人員】50人
  【試験日】1月28日(火)、29日(水)
 ▼県立萩看護学校(萩市)
  ・第一看護学科(修学年限3年)
  【募集人員】40人
  【試験日】2月4日(火)、5日(水)
  ・第二看護学科(修学年限3年)
  【募集人員】25人
  【試験日】2月6日(木)、7日(金)
【願書受付期間】 1月6日(月)~20日(月)当日消印有効
 なお、受験資格、願書請求方法など、詳しくはそれぞれの学校にお問い合わせ
ください。
【問合せ】 県立衛生看護学院 0835-23-1920
      県立萩看護学校  0838-26-6500

◆山口県の自然環境保全のキャッチフレーズ・シンボルマークの募集
 平成16年5月に第58回愛鳥週間「全国野鳥保護のつどい」が山口県で開催さ
れることになり、これを契機に山口県の自然環境保全のシンボルに今後使用できる
ような、また、この大会が参加者に身近で親しみを感じさせるようなキャッチフレ
ーズとシンボルマークを募集します。
【応募資格】特になし
【作品の形態等】野鳥等の自然と人との共生などが表現されていれば、文字数、
        表現形態等は問いません。
        ・自作、未発表のものに限ります。
        ・応募点数に制限はありません。
        ・シンボルマークについては、用紙の余白に製作意図を記載
         してください
【応募方法】官製ハガキ又はハガキ大の用紙1枚に作品1点(キャッチフレーズ
      とシンボルマークは別々)とし、郵送に限ります。
      住所、氏名、年令、電話番号を明記してください。
【締切】1月31日(金)当日消印有効
【賞】 最優秀賞 キャッチフレーズとシンボルマークに各1点
         (賞状及び副賞10万円)
    優秀賞 キャッチフレーズとシンボルマークに各5点
         (賞状及び副賞1万円)
※小中学校及び高等学校の児童生徒が入賞者の場合には、副賞は相当額の図書券
 とします。
【問合せ】県自然保護課 「全国野鳥保護のつどい」係
     083-933-3060
 http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/shizen/bosyu.htm

□トピックス
◇知事年末、年頭記者会見
 知事年末、年頭記者会見がそれぞれ12月27日(金)、1月6日(月)に
実施されました。年末の会見では、知事から「今年1年を振り返って」、年頭
の会見では「年頭に当たって」の所管が述べられました。質疑は市町村合併や
豊北町角島沖の座礁船問題などがありました。これらの会見録は、下記のホー
ムページに掲載されています。
 (年末)
 http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/chiji-kaiken/2tijip12.htm
 (年頭)
 http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/chiji-kaiken/3tijip1.htm
 
【問合せ】県広報広聴課 083-933-2560

◇平瀬(ひらせ)発電所の建設着手
 県企業局では、発電過程において二酸化炭素を排出しない環境に優しいクリーン
なエネルギーの電源開発に取り組んでおり、錦町に新たに建設されるダムの落差を
利用する水力発電の可能性を検討してきましたが、このたび、国の補助事業に採択
され、平成24年4月の運転開始を目指し平瀬発電所の建設に着手します。
1 発電所概要
 (1)建 設 場 所:玖珂郡錦町広瀬(ひろせ)
 (2)最 大 出 力:1200kW
 (3)最大 使用 水量:4.00立方メートル/S
 (4)発 電 方 式:ダム従属式(注)
 (5)年間発電電力量:586万kWh
 (6)建設費(予定):約9億円(消費税込み)
(注)ダム直下に設置した発電所で、ダムからの下流維持放流水を使い発電する
   方式
2 建設のスケジュール
平成  15 年度 水利使用許可等の申請    
 平成16~22年度 共同施設(ダム本体、選択取水設備等)工事
 平成21~22年度 発電専用施設(建屋、水車、発電機等)工事
 平成  23 年度 試験運転
 平成  24年4月 運転開始
【問合せ】 県企業局 083-933-4030

※※
<<ひとのくに山口ファンクラブのご案内>>>
 県では、県外にお住まいの方を対象に、ひとのくに山口ファンクラブの会員を募
集しています。会員になると、県特産品プレゼント、県外広報誌の進呈、観光情報
の提供や各種施設の利用料金の割引が受けられます。年会費は1500円です。
 興味のある方は下記アドレスのホームページをご覧ください。

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/03.htm


編集後記
 久々の冬将軍の到来で風邪をひいてしまう方も多いようです。皆様も健康には十分
ご注意されますよう。
次回の配信は、1月24日です。(K)


∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞
元気発信!!「山口きらめーる」についてのご感想・お問い合せはこちらまで!

山口県総合政策局広報広聴課
〒753-8501 山口県山口市滝町1-1
TEL:083-933-2560 FAX:083-933-2598
E-mail: a11000@pref.yamaguchi.lg.jp
∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞
登録変更・中止、バックナンバーの閲覧は以下のページからお願いします。
http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/
∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞
元気発信!!「山口きらめーる」に掲載された記事を許可なく転載することを
禁止します。
Copyright(C) Yamaguchi Prefecture 2002 All rights reserved.
∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞∽∞

<< もどる